ラン・オン それでも僕らは走り続ける 13話・14話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ラン・オン それでも僕らは走り続ける 13話・14話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


ラン・オン それでも僕らは走り続ける 런 온 Run On 2020年放送 JTBC 全16話

第13話視聴率2.716%

hg@さらんさん

第13話あらすじ

ミジュは涙ながらにソンギョムを諦めると。「別れたいということ?僕から別れを言わせるなんて、それは違うよ」とソンギョム。2人はいったん冷却期間を置くことに。

一晩まんじりとせず悶々とするソンギョム。日課のランニングにも行かず、すっかり気落ちしている。ウキウキとダナのことを考えるヨンファと対照的だ。

全国2位に陥落したヨンイルはウシクの練習の手伝いに。追い抜かれるのは悪くなかったと言いながら、少し残念そうな様子を見せる。ソンギョムはその背中を叩き慰労する。

ジョンドは大統領選挙を控えて忙しくなる。ソンギョムの監視もやめておけと命じる。ジウは大統領夫人より女優としての自分が一番大事だと語る。

ダナはカフェの前でヨンファを切なげに見送るイェジンの姿を見て、イェジンにヨンファを好きなのかとストレートに訊ねる。

ジウ主演の映画をミジュが翻訳することに。また干渉を受けるかもしれないと心配するメイ。ミジュは仕事だと割り切れるのに恋愛だと割れない、捨てられるのは親だけでいいと。

ソンギョムはウシクの代理人として実業団を回るが歓迎されない。無力感にため息をつき、ミジュに会いたくなる。家の前で陰からそっとミジュの様子を見守る。一人映画を見に行っては再びミジュを思う。



ウンビの練習を見守っていたダン理事は、ウンビが精神的なダメージで体に支障が出るという状況を見抜く。ダナを交えて相談する3人。

ダナの誕生祝をやめさせようとヨンファに詰め寄るテウン。ジヒョンとイェジンも加わって四つ巴の大騒動に。騒動をよそにソンギョムとミジュは時間を忘れて見つめ合う。

ソンギョムは陸上部員スビンの暴力問題で連絡を受け、保護者の矛先はソンギョムに向かう。事情を訊ねるために寒空の下スビンを待ち続ける。一方、ミジュは薬局でスビンに会い、スビンの謝罪に悪態をつく保護者に圧をかける。

スビンを送って帰ろうとするミジュの前に現れたソンギョム。背中を向けたミジュを追いかけたソンギョムは後ろから抱きしめる。そして、このまま自分を好きでいてと涙をこぼし…。

第13話感想

何度も聞いて見てしまった2人の別れのシーン。わかる限りで韓国語のセリフを直訳で再現してみます。ずっと敬語のソンギョムが時々ため口になるなんて、ミジュに対して初めてなんですよ。感情的になって別れるそぶりを見せるミジュにちょっと怒ったソンギョムのセリフです。

ソ「別れるつもりですか?」ミ「私、ほんとに卑怯でしょう。ソンギョムさんの口を借りて、そんな言葉を言わせるなんて。」ソ「別れるつもりなんだね。」ミ「……」ソ「……どうして僕には礼儀が守れないんですか?いくら卑怯でも僕が先に言うのは違うだろ。ミジュさんの間違いはそこです、他でもなく。僕に先に言わせること。」ミ「……」

ソ「今日じゃなかったら良かったってことじゃないか」ミ「……」ソ「僕たち少し時間を置きましょう。僕に対してそのくらい礼儀を守ってください。そのくらいの間柄ではないですか。それもだめかい?」ミ「大丈夫です、大丈夫です。」ソ「そう、そうか。それならいいです、今日は帰ります。」

第14話視聴率3.145%

hg@さらんさん

第14話あらすじ

ミジュはソンギョムをしかと抱きしめる。ソンギョムはひとしきり泣いた後、ミジュがスビンを呼びに行こうとしていたと知る。自分を恥ずかしがりながらもスビンを力づけてくれたミジュに感謝する。

ソンギョムが気持ちを正直に吐露したことで2人は仲直りし、ミジュはソンギョムを家に誘う。ベッドに並んで座り語らう2人。ソンギョムはただミジュが側にいてくれたら嬉しいと話す。2人は甘いあまい時間を過ごし、ソンギョムは朝帰りする。

ヨンファは絵を描きながら、誕生祝の一件をダナが許してくれるかを悩む。ダナはヨンファのメールに私的な話は禁止を突き付ける。朝帰りしたソンギョムもろくに話もしないで出かけてしまう。

仕事に気合が入るミジュはふたたびダナに邪魔される。ヨンファと連絡が取れなくなり、彼女なりの悩みを打ち明ける。酔ったミジュが寝ているうちに拉致して、ヨンファの元に向かうダナ。

ヨンファは両親の手伝いで実家にいたところでダナの来襲に面食らう。ヨンファが仕事を終えて一緒に過ごすうち、ダナは初めてヨンファの名前を呼ぶ。民宿で待ち疲れて眠いヨンファに引き寄せられたダナは穏やかに眠りに落ちる。

ソンギョムはミジュとの関係を邪魔をしないようにいうために、ジョンドを何度も訪ねるが門前払いを受ける。マラソン当日にジョンドに呼ばれ、新たに作る実業団にウシクを受け入れる条件でダナの父に謝罪をするが、話はだんだんとダナとの結婚話へ。

チャリティーマラソンで順調にスタートを切ったミジュとダナ。ダナは途中で体調を崩し、ボランティア中のヨンファに救助される。つらくても人目を気にし、病院にもすぐに行けないダナにヨンファは胸を痛める。

ミジュは最後の走者となり苦しくて何度も足を止めそうになるが、頭の中のソンギョムの声が足を前に運ばせる。そして、誰もいないゴールにはソンギョムが待っていてくれて…。

第14話感想

ソンギョムが本気で泣いてミジュにバックハグ❤ ずっと会いたかった思いが溢れちゃいました。ミジュに誘われて家に寄りベッドで2人並んで座ってる時の、ソンギョムのめっちゃぎこちなさがまたキュンポイントでした。そのまま朝帰りってね…❤

ジウも女優の道を邪魔されるのに、我慢ならないところまで来ているようでもあり。以前、ソンギョムにどうしてジョンドと結婚したのかと聞かれた時、「愛してたし、まだ愛してるから」って。なのに、その気持ちを無視するようなジョンドを虚しく思っているようです。

ウンビがイップスを患ってそのケアも欲しいということで、ソンギョムはダン理事からエージェントに応募してほしいと声がかかりました。これはいい予感です。

豆知識:「イップス」とは精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレーや意識が出来なくなる症状。本来はゴルフの分野で用いられた言葉で、現在ではスポーツ全般、またスポーツ以外の分野においても使われるようです。

ラン・オン それでも僕らは走り続ける 15話・16話(最終回) あらすじと感想

ラン・オン それでも僕らは走り続ける キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー