メランコリア 11話・12話 あらすじと感想

メランコリア



メランコリア 멜랑꼴리아 2021年放送 tvN水木 全16話

第11話視聴率2.741%

neroさん

第11話あらすじ

図書館で泣きじゃくるチ・ユンス(イム・スジョン)を、優しく抱きしめるペク・スンユ(イ・ドヒョン)。そんななか、2人の姿をカメラに収める怪しい人影が。物音に気付き、すかさずスンユがその後を追いますが、車に乗って逃走する男。その後、ユンスを見送ってチェ・シアン(シン・スヨン)のもとへ向かったスンユは、眠りにつくユンスの父ヒョンウクに、ユンスのことが好きだと告白します。

一方、ユンスとスンユが図書館で会っていたと報告を受けるノ・ジョンア(チン・ギョン)。先ほど図書館の前で2人の様子を撮影していたのは、他でもないジョンアが送り込んだ男だったのです。さらにユンスが娘ジナの講師だと知り、憤りを隠せないジョンア。

翌日、ジョンアの父ノ・イニョン(チャン・グァン)は、財団の理事の席が1つ空いたとし、ジョンアと妹のヨヌ(オ・ヘウォン)どちらかにその席を任せるつもりだと話します。ユンスとスンユの件を聞いたソン・ミンジュン(チャン・ヒョンソン)は、すぐにでもスンユを学校から追い出すようにと言いますが、それを断るジョンア。次期理事長の席を手に入れる為には、今はまだスンユが必要だと言います。

そんななか、シアンが投稿したスンユの問題の解答が盗作ではないかと問題になります。実は昨夜、ヒョンウクに頼んで一緒に問題を解いてもらったシアン。そこに使われた数式は、かつてヒョンウクが書いた論文の一部分と同じだったのです。

その頃、ユンスはスンユが執筆した書籍のサイン会へ。花束を持って現れたユンスを見て、驚くスンユ。花束のお礼にと食事を奢ることにしたスンユ。レストランに入ったスンユは、記念にと言ってユンスとツーショット写真を撮ります。ユンスと別れたスンユは、その足で両親が待つ実家へ顔を出すことに。久々に息子の顔を見た両親は、再会を喜びます。4年前、ユンスとの件が問題になって以来、両親とも距離を置いていたスンユ。

シアンを呼び出したジョンアは、論文について本当に知らなかったと証明できるかと尋ねます。言葉に詰まるシアンに向かって、ユンスの名前を挙げるジョンア。シアンから事情を聞いたユンスは、学校へ。「怖がっているのは私だけかと思っていましたが、校長先生も私が怖かったんですね。嬉しいです。」そう言うと、ユンスはジョンアの娘ジナの窃盗癖に関して言及します。これには思わず表情管理が出来なくなるジョンア。校長室を後にしようとするユンスに向かって、ジョンアは耳元で何やら囁きます。

しばらくして、ユンスが学校へ来たと知ったスンユがユンスの後を追います。スッキリしたと話し、その場を去るユンス。その足でユンスが向かったのは、ジョンアの妹ヨヌが校長を務めるアソン国際高校でした。ユンスがヨヌに会いに行ったと聞き、眉をひそめるジョンア。

一方、ジョンアからユンスの件を聞いたクリニックの院長は、シアンへの奨学金を取り消します。院長室へ向かったユンスは、ジョンアに関して気を付けるべきだと忠告。これ以上クリニックへ通うことができなくなったシアンに対しては、個人レッスンを行うと約束します。

昼間、学校でジョンアに言われた言葉を思い出すユンス。「ペク・スンユは違うでしょう?あの子を奈落へ突き落すのは、勿体ないと思わない?」これ以上スンユを巻き込むわけにはいかないと考えたユンスは、リュ・ソンジェ(チェ・デフン)と会い、スンユを今回の件から外すと言います。そんなユンスに、「ペク・スンユはお前にとって何だ?男か?」とソンジェ。

アソン高では数学博物館に関する記念行事が開かれ、会場には大勢のマスコミと関係者の姿が。遅れて会場に到着したスンユは、予定通り壇上でスピーチを行います。すると、4年前の一件について語り始めるスンユ…。

第11話感想

大勢のマスコミの前で、自ら4年前のスキャンダルについて言及するスンユ!

第11話のラストでは、スンユが自分こそが4年前のスキャンダルの主人公だと告白する姿が登場しました。このタイミングでスンユが4年前の件に言及することが、正解なのかどうか。果たしてスンユの狙いとは一体…?

そんなスンユが今もなおユンスと会っていることが、不愉快でしょうがないイェリン。実際に2人が一緒にいる場面を目撃したイェリンは、不安をあらわにします。なんだか4年前と似たような状況…。またしてもイェリンが問題を起こすのではと不安がよぎります。一方、相変わらず自分の利益の為なら手段を選ばないジョンア。今回、ジョンアとユンスが4年ぶりに再会を果たす場面が登場し、緊張感が走りました。ユンスも負けていないと言った感じですが、やはりジョンアも一筋縄ではいきません。2人の一騎打ちに注目です。

そして第11話では、またしても大人の争いに巻き込まれてしまったシアン。ユンスの父ヒョンウクに手伝ってもらって問題を解いたシアンでしたが、それが盗用だと騒がれてしまいます。正直、高校生の数学の問題に盗用も何もないと思うのですが…。それよりも不正入試など、学校自体の不正をもっと厳しく取り締まって欲しいと思うばかりです。

第12話視聴率2.260%

neroさん

第12話あらすじ

「当時、アソン高で起こった不適切なスキャンダルの主人公は、この僕です。」スンユの発言に、会場は騒然。シアンから送られてきたメールのURLを開いたユンスは、そこに映るスンユの姿を見て驚きます。誰が何の為に自分たちを陥れようとしたのか、真実を突き止めるつもりだとカメラの前で宣言するスンユ。

スンユの暴露に唖然としたユンスは、スンユを呼び出します。こんな風にスンユの未来を台無しにするわけにはいかないと憤るユンスでしたが、スンユには納得がいきません。「この4年間、死ぬ気で数学だけをやってきた。僕にはそれしかないから。やっとあなたを見つけたのに、俺には数学しかないなんて言わないでくれ!」スンユの言葉に、ユンスは返す言葉が見つからず。そんななか、自分たちを狙うパパラッチの姿を目にしたユンスは、その場を後にします。

翌日、スンユは両親のもとへ行き、4年前に自分とユンスのスキャンダルが問題になったのは、当時全校1位だったイェリンの不正行為をもみ消しにする為だったと説明。自分の未来を棒に振ってまで復讐をしようとするスンユに、父ミンシクは怒りをあらわにします。「もう二度とあの女とは会うな。」ミンシクの言葉に、黙って家を後にするスンユ。

記念行事での一件を受けて、スンユは懲戒処分を受けることに。するとジョンアは、愛しているということも数学で証明することができるかと尋ねます。さらにソン・イェリン(ウ・ダビ)を呼び出すと、これまで撮りためたスンユとユンスの密会現場の写真を渡し、好きなように使っていいとジョンアは言います。

その頃、ユンスは先日のジョンアと院長の会話を録音したファイルを持って、ヨヌのもとへ。するとそこへ、ソンジェが現れます。ヨヌからソンジェと結婚する予定だと聞き、席を立つユンス。携帯電話を置き忘れたユンスに気付き、慌てて後を追うソンジェでしたが、既にユンスは去った後でした。

ジョンアから2人の写真を見せられて動揺を隠せないイェリンは、スンユに告白。しかし、イェリンは自分が好きなのではなく、手に入らないのが気に入らないだけだとスンユ。

店を出たスンユがユンスに電話を掛けると、電話に出たのはユンスではなくソンジェでした。ユンスが携帯を忘れて行ったと知り、それを取りに向かうスンユ。去り際、「知ってるか?一番大きな傷は、一番近くにいる人が与えるもんだ。」とソンジェは言います。ソンジェから預かったユンスの携帯を届けに、ユンスのアパートへ向かったスンユ。バイクの音を聞いて窓の外に目をやったユンスは、スンユのバイクの後をつける怪しい車を発見します。

ユンスから尾行について聞かされたスンユは、ひとまずユンスを部屋に戻し、自分を尾行する車を路地裏におびき寄せます。男が手に持ったカメラを奪おうとするスンユでしたが、男はそんなスンユを突き飛ばして逃走。連絡を受けて病院へ駆け付けたユンスは、ベッドに横になるスンユを見て愕然とします。涙を流しながら、そっとスンユの手を握るユンス…。

父ヒョンウクの容態が思わしくないと聞き、施設へ駆け付けたユンス。そこでユンスは、例の解けない問題を愛してしまったようだと話します。そんなユンスに、「問題の中には、愛さなければ解けない問題もある。」とヒョンウク。同じく施設にやってきたスンユは、ユンスを抱きしめ、もう少しだけ待って欲しいと言います。

一方、嫉妬心を抑えることが出来ないイェリンは、ジョンアのもとへ。イェリンが差し出した“何か”を見て、満足げに微笑むジョンア…。

計画通り、告発状を持って警察署へ向かったスンユ。しかし、ジョンアに買収された記者の1人がとある音声ファイルを差し出します。そこに録音されていたのは、「俺が先生を愛してるんだ」と話すスンユの声でした。

第12話感想

最後のシーンで記者が流した音声ファイルは、イェリンがジョンアに渡した物。イェリンはスンユとの会話を内緒で携帯に録音していたのです。これによって、またしても窮地に立たされたスンユ…。

4年前とまったく同じ状況に、なんとももどかしい気持ちになりました。ジョンアが言っていたように、ちょっと学習能力がなさすぎな気も、、

結局、ユンスを愛するスンユは、自らの発言によって計画を台無しにしてしまいました。せめて告発が無事に終了するまでは、感情に流されるようなことは避けて欲しかったですね。それにしても、こういう時だけ生き生きとするマスコミ。もっと違う方向に目を向けていれば、そもそもこんな問題は起きなかったのでは?と悔しさが残ります。前回のシアンの件といい、今回もスンユがパパラッチを追って怪我をしたのですから、これは立派な犯罪ではないでしょうか。他人を怪我させても罪に問われず、教師を愛しただけで犯罪者扱いですからね、ちょっと納得がいきません。

前回に引き続き、今話も苛立ちが募る内容となりました。最終話に向けて必要な過程だとはわかっていながらも、モヤモヤが残る結果に。。ここまでモヤモヤさせたのだから、最後は絶対にハッピーエンドで終わって欲しいです!

メランコリア 13話・14話 あらすじと感想

メランコリア 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP