ミスティ 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミスティ  미스티 全16話

第9話 視聴率6.870%

marikoさん

第9話あらすじ

手錠をかけられたヘラン。局長を振り返りながら、ヘランは「私じゃないです。殺していません」と言い残すが、局長はヘランの逮捕を速報で流すよう指示するのだった。

ヘランは弁護士としてテウクを呼ぼうとするが、ヘランの電話に出ないテウク。ケビン・リーとヘランの動画の会話を思い出し、1人酒におぼれていた。

翌朝、検察がヘランの家にやってきて、関連したものを押収していく。テウクはそれでヘランが逮捕されたとようやく知るのだった。さらにテウクは時間までにヘランに会いに行けなかったため、ヘランは弁護士事務所が送った頼りない弁護士の弁護を受けることに。

報道局にも検察が押収にやって来る。ジウォンたちは建設会社の癒着の証拠を隠そうとするが、検察はヘランのことにかこつけて、すべてを押収しようとする。ジウォンはUSBを守ろうとするのだが、結局は局長に没収され、ニュースに流せなくなってしまう。

テウクはヘランの無罪を暴くため、ヘランと親しい記者に会いに行く。そして、ヘランが建設会社の癒着の報道のせいで逮捕されたと知るのだった。

検察は、ヘランが犯人だという立場から取り調べをしていた。ウンジュは検察に、不倫現場を見たと嘘をついていたのだ。ウンジュは「昔からヘランそういう子だったから」と証言する。

一方ヘランは、ジウォンを呼び出す。そしてジウォンに、「2003年のケースと同じと局長に伝えろ」と局長に伝言を頼むのだった。2003年のケースとは、大物の不都合な報道をしたために、ヘランと親しい記者が左遷された事件…。

それを聞いた局長は、テウクにニュースに出演するよう要請。テウクは世論を味方につけるのだった。

ウンジュはヘランとケビン・リーがキスしている動画を検察に提出しようとし、テウクが動画を消したことに気付く。テウクの元に怒鳴り込みに行くが、テウクは「僕はヘランを愛している」と言い張るのだった。ヘランの逮捕から48時間が経ち、ヘランは釈放される。そして玄関には、テウクが迎えに来ていて…。

第9話感想

テウクの愛がすごいです。そしてヘランも、テウクを信じているように見えます。愛っていろんな形があると思うのですが、ヘランがテウクを信じているのも愛だと思います。でもテウクの立場では、奥さんが違う男とキスしてる動画を見せられたらキツイですよね~。

今回、ヘランが逮捕された理由が大物の不正を暴こうとしたからだということが分かりました。そこに男女の愛憎が含まれていて、面白い展開になりそうです。

ウンジュは頭に血が上って、ヘランを引きずり降ろそうとしているようですが、まだ邪魔してくるのでしょうか?ウンジュの最強の持ち駒だった動画が削除されてしまったし、これからウンジュがどう仕掛けてくるのか気になります。大人しそうな顔をしてすごいことをするので、気になる存在です。

そしてミョンウの存在がまだまだ暴かれませんが、いつ頃ミョンウの話が出てくるのでしょうか?テウクが雇った探偵のようなことをしていますが、何のためにそこまでやるのか…。ミョンウもただヘランを愛している…というだけの動機なのでしょうか?

それぞれの登場人物の愛の形が描かれていくドラマなようです!人それぞれ愛の形も様々…ということで、次回のストーリーが楽しみです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


第10話 視聴率7.693%

marikoさん

第10話あらすじ

ウンジュは検察官に「推測だけでは逮捕できない」と言われてしまう。どうしてもヘランを逮捕してもらいたいウンジュだが、家に帰るように促されるのだった。茫然自失としたウンジュは、帰り道に腹痛で倒れてしまう。流産してしまったウンジュ。ウンジュは自分は全部失ったのに、ヘランは無事であることを、心底許せないのだった。

大物たちの策略で逮捕されたと気付いたヘランは、彼らと正面対決することを決める。ヘランと親しい記者はヘランを心配してそれを止めるがヘランの意思は固く、さらにジウォンと後輩がその作戦に乗るのだった。3人の作戦が功を成し、議員の性売買の現場を押さえることに成功。警察に通報してインターネットでライブ配信する。局長は歴史に残ると言って、上層部からの脅しにも屈せず9時のニュースでも流すことを決定するのだった。

一方、ヘランが殺害したという証拠を見つけられなかった検察は、上司からキレられる。警察は、ケビン・リーが最後に通話したのがジウォンだと知り、ジウォンを調査し始める。

ひと仕事終えたヘランは、放送局に帰って同僚たちからの応援メッセージを見て、感動する。そして親しい記者に電話をかけ、「今回の手柄はあなたよ。あなたは2004年に何もできなかったわけじゃない」と言って、感動を分かち合うのだった。放送局を出ようとするヘランは、迎えに来てくれたテウクに気付く。すると、そこには病院を抜け出したウンジュが待ち構えていた。フォークで襲い掛かるウンジュ。しかしそれを止めたのはミョンウだった。ミョンウが「やめろ」というと、ウンジュは力なくフォークを落とす…。

翌日テウクはウンジュに会いに行く。アメリカに発つように言い、ヘランはケビン・リーの事件と関係ない、と言い放つ。それを聞いたウンジュは呆れた表情を浮かべ、「ヘランが殺人をしたのが今回が初めてじゃなかったら?19年前の事件を見てみて。ヘランに片思いしていた馬鹿みたいな男がいたの…」とウンジュは言うのだが…?

第10話感想

やっとミョンウとの話が出てきました!“ヘランを一途に思った馬鹿な男”とウンジュは言っていましたが、ヘランのために刑務所に行ったなら、本当にすごい人ですよ…。好きな人のためとはいえ、代わりに監獄に入るなんて…大変すぎる!!ヘランのことをスクラップしていたし、ちょっとストーカーっぽい一面も感じるんですが、果たしてただの良い人なのでしょうか?

そして、ヘランが逮捕された理由が大物たちの陰謀だということも確定しました。韓国ドラマでありがちな、大物が諸悪の根源…という話に展開していくのでしょうか?ヘランが人生の中で恋をした3人の男たちのストーリーがもっとオリジナリティが出てくれればいいのになぁと思います。ただの勧善懲悪だったらつまらないですもんね。

闇の陰謀を暴くこと、ヘランの男性関係、そして女同士の嫉妬…これらの要素がうまく絡み合って、最終回まで勢いよく進んで欲しいです!

今気になるのは、ジウォンがどうしてケビン・リーに連絡をしたか、ですよね。ジウォンはヘランと仲良くなった風ですが、これからどうなるのでしょう…。警察も大物たちがヘランを逮捕するために自分たちを利用したと気付いたようだし、これからはちゃんとした調査をお願いします!

ミスティ 11話・12話 あらすじと感想

ミスティ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー