ミスティ 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミスティ  미스티 全16話

第5話 視聴率5.390%

marikoさん

第5話あらすじ

ヘランの車搭載カメラを探っていた警察。しかし、監視カメラのチップはすでに無くなっていた。ヘランも車搭載カメラがどこにあるのか知らないと言う。

一方テウクは、ブローチがケビン・リーの車中に落ちてたということは、一緒にいたということだと言い、ヘランを信じられずにいた。ヘランに「アリバイを証明してくれる人を探そう」と言う。しかしヘランは、「自分を信じてくれない弁護士とは一緒に戦えない」と答える。「夫なら自分の気持ちを察して欲しかった」と…。

9時のニュースには、違うアナウンサーが抜擢されていた。しかし視聴率の下落で、局長は上層部から大目玉をくらう。局長は視聴率をアップさせるためにヘランをアンカーに戻すのだった。ヘランはニュースの生放送で、真実が明らかになるまで自分がアンカーを務めると明らかにする。こうして番組の視聴率は大幅アップするのだった。

警察は、ウンジュにケビン・リーの解剖をしてよいかどうか確認する。そしてウンジュが薬指に結婚指輪をしていないことに気が付く。また、現場の写真からケビン・リーも指輪をしていないことが分かるのだった。

テウクはヘランと親しい記者に会い、ケビン・リーとヘランが浮気をしていたのかどうか尋ねる。それを知って、失望するヘラン。ヘランはテウクに「ケビン・リーを殺してないし、浮気もしてない」と言うが、昔ケビン・リーと恋人だったことは話さない。どうしても信じられないテウクだが、ヘランが世間から噂されているのを目の当たりにし、自分がヘランを守ることを決意するのだった。帰宅したテウクは、ヘランに「自分が助けられるよう、自分に頼って欲しい」と言う。抱き合う2人…。

しかしヘランは、ケビン・リーと車中で話した場面を思い出していた。愛し合っていたことを綺麗な思い出として残したいと言うヘラン。ケビン・リーは、「今の夫をどう思っているのか」と聞き、「ありのままの私を愛してくれる人。必要な人なのと答える」とヘランは答える。沈黙の後、キスをする2人。それを撮っている車内カメラ。一体車内カメラのチップはどこへいってしまったのか…?

警察は、事故当日ウンジュがヘランの車から降りてくる動画を見つける。ウンジュはジウォンから、ヘランとジウォンの二股だったと聞かされ、ヘランを呼び出していたのだ。車を運転中に「うちの夫と寝たの?」と聞かれてガードレールに車をぶつけてしまうヘラン。ウンジュに会ったヘランは、ケビン・リーから写真を撮られ脅迫を受けているという事実を伝えるのだった。ところがウンジュは妊娠しているのだという。それを聞いたヘランは、「何事もなかったかのようにアメリカに帰れ」と言うのだった。

ケビン・リーの葬式の日。ヘランとウンジュの親しい様子を見て、警察は違和感をおぼえる。そして2人が共犯である可能性を考え出すのだが…?

第5話感想

今回もヘランを演じるキム・ナムジュさんのオーラがすごかったです。特に、警察から出てきて多くの報道陣の前で堂々と話す姿、そして階段を下りる姿には圧倒されました。そして、こんな事件に巻き込まれているのに9時のニュースで自分の潔白を話すヘラン。カッコよかったです。

ところで、ヘランはどうしてケビン・リーと昔恋人同士だったことを頑なに隠すのでしょうか?変に隠すと全部疑われるようになりそうで、観ているこちらがドキドキしてしまいます。

そして容疑者の疑いをかけられるウンジュ。私としては、ヘランよりもウンジュが怪しいと思ってしまいます。脅迫していたのは夫だとしても、ヘランへの嫉妬心は絶対あると思います。だから、夫を殺してヘランを罠にかけたのではないでしょうか?だとしたら、もう犯人が大体予想できてしまうので、まだまだ一波乱あるのでしょうね。ケビン・リーの元浮気相手ジウォンも葬式にやって来たし、また修羅場が起こりそうです。

後半部分では、例の刑務所の男がついに出所してきた様子が描かれていました。刑務所の中でヘランを心配しているような様子だった、男。ヘランとはどういう関係なのか?そして今後ストーリーにどう絡んでくるのかが気になります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


第6話 視聴率7.081%

marikoさん

第6話あらすじ

刑事は、解剖医に「本当に事件性はないのか」としつこく聞く。医師はしぶしぶ“事故直前にできたと思われる、手首のあざ”があることを答える。まるで喧嘩でもしていたのかのようなあざ…。

ウンジュは夫のことが噂になるのが嫌だと、警察に捜査をして欲しくないと言う。ヘランもウンジュがアメリカへ帰り、お腹の子どものことだけを考えて生きることを勧めるのだった。

そんな時、ヘランの携帯に「お前が殺した証拠がある」というメッセージが入る。局長にも同じメッセージが入り、局長はヘランの代わりにジウォンを呼び戻すことにするのだった。

ケビン・リーが死んだ日のことを思い出すウンジュ。ウンジュはケビン・リーが練習生活に戻ることを望んでいて、休みたいケビン・リーと口論していた。やがて口喧嘩はケビン・リーの浮気のことに発展する。「どうしてヘランなの?」と泣き叫ぶウンジュに、呆然とするケビン・リー。電話がかかってきて外出しようとするケビン・リーに、ウンジュは「今出て行ったら、私たちの関係は終わりよ」と言いながら指輪を外す。しかしケビン・リーも指輪を外して、外出してしまうのだった。

ウンジュはケビン・リーの荷物を整理しながら、偶然にチップを見つける。ウンジュがパソコンにチップを刺すと、その映像がヘランの車搭載のカメラだということが分かる。画面を見たウンジュは、驚きで固まってしまい…。

一方テウクは、ヘランのために大物が集まるパーティーに行って、お偉いさんにヘランを助けてくれるよう根回しをしようと提案する。ヘランはテウクに遠慮する素振りを見せるが、実はヘランもそれを狙っていた。テウクはテレビ局のトップに、検事時代の話を持ち出して弱みを揺さぶる。そしてヘランを守ってくれるように頼むのだった。

パーティーの最中、刑務所の男が店の外からヘランを見ている。そしてその時、どこからかヘランを見ているようなメッセージが入る。ヘランは怪しい男を追いかけるが、取り逃がしてしまう。テウクは監視カメラを確認し、ケビン・リーの元マネージャーだと確信する。

脅迫メッセージを送ったのはケビン・リーの元マネージャーだと気付いたヘランは、彼の姉が入院している病院へ先回りしていた。そして「病院費用は払ったから、写真原本を持って来い」と元マネージャーを脅す。

テウクの事務所には、刑務所にいた男が面接に来て、居座っていた。テウクは、男にケビン・リーの元マネージャーを探すよう命じる。

そんな時、ウンジュはヘランをカフェに呼び出していた。ヘランに「もらった分だけ、お返しする」と意味深なことを言うウンジュ。戸惑うヘランの前には、テウクが到着して…。

第6話感想

元マネージャー、たちの悪い男のようです。そしてケビン・リーも、浮気が今回だけじゃなかったような話題が出てきました。ケビン・リー、最後の最後まで嫌な男でした。ウンジュはヘランの車で2人が熱いキスをしている映像を観てしまったのでしょうか!?ウンジュが何を企んでいるのかが気になります。

ジウォンもまたソウルに戻ってきたし、9時のニュースのアンカーという名誉がそんなに欲しいのでしょうか?登場人物それぞれがなにかを求めていて、それを得るために一線を越えていっている気がします。出世、愛…、本当のそれを手にするのは誰でしょうか?テウクを妬んでいる検事も、何かしでかしそうです。

それにしても、刑務所から出てきた男…。面接の場にずっと居座るなんて、怖すぎです。そしてそんな男に危ない仕事を任せるテウクも…。テウクは唯一まともな人だと思っていたのですが、だんだんテウクの性格も変わってきているように思えます。みんなが少しずつ狂っていく様子が怖いです。

テレビ局のトップ役の俳優さん、「秋のカノン」に出てきたお父さんでした。秋のカノンでの優しいお父さんの印象が強いので、ドロドロしたテレビ界の重鎮というイメージがあまりしないです(笑)

ミスティ 7話・8話 あらすじと感想

ミスティ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー