ミスティ 2話 あらすじと感想 チ・ジニ:カン・テウク役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミスティ  미스티 全16話

第2話 視聴率5.074%

marikoさん

第2話あらすじ

ケビン・リーは、かつてヘランが激しく愛した男だった。しかし成功を手に入れたかったヘランは、“稼ぐ甲斐性のない“ケビンを捨てたのだ。別れの時、ケビンはヘランを見返してやることを誓っていた。

空港で再会したヘランとケビン・リー、そして妻のウンジュ。ヘランは出来過ぎた偶然が信じられなかったが、ケビンの韓国名がイ・ジェヨンだと聞き、かつての恋人だと確信する。ウンジュはヘランとの再会が嬉しくて仕方がないが、ヘランは衝撃の大きさを隠せない。そんなヘランを見て、ケビンは不敵な笑みを浮かべるのだった。

その後、母の葬儀場に到着したヘラン。葬儀場に着いても、ヘランの目からは涙1滴も出てこない。同僚たちはそんなヘランを見て悪口を言う。そんな時、ヘランは葬儀場の食事をありったけ口に放り込んで、周囲を驚かせる。呼ばれて来た夫テウクは、そんな妻を励まそうと外に連れ出すのだった。しかしヘランの口から出てくるのは、夫の出世のことばかり。テウクはそんな妻に呆れるしかないのだった。

その日の9時のニュースはジウォンが担当することに。ヘランは視聴者の反応も良いと聞いて、怒りに震えていた。ヘランは震えた手でウンジュに電話をかけ、夫ケビン・リーと会わせて欲しいと願い出るのだった。

ケビン・リーを9時のニュースに出演させることで、アンカーに復活したヘラン。しかしヘランにとっては大切なインタビューでも、ケビンにとってはヘランを翻弄させる時間に過ぎないようだ。控室でヘランに体を近づけてみたり、ヘランの心を揺さぶろうとする。クァク記者は、偶然にその様子をカメラで撮影してしまっているのだった…。本番でもケビン・リーは意味深な発言をしながら、ヘランを困惑させる。その放送を観ていたテウクは、妻の表情の変化に気付くのだった。

ケビン・リーの頭の回転の速さと人気を見た局長は、ケビン・リーをドキュメンタリー番組の第1回目のゲストとして迎えることを提案する。ケビン・リーは、「ヘランさんと一緒なら」と条件をつけるのだった。ヘランはケビン・リーを連れてくることで実力を見せたものの、アンカーからは降りるよう命じられてしまう。

一方、国選弁護人の仕事で刑務所を訪問したテウク。その際偶然ぶつかった男は、テウクの顔を見てハッとする。男はヘランとテウクの結婚式記事をスクラップしているのだが…?

ヘランは親しい記者と手を組んで、ケビン・リーとジウォンを近づけていた。そしてヘランの思い通り、ジウォンはケビン・リーに近づき、情事を撮影されてしまう。情事の様子が撮られた写真を見た局長はジウォンに激怒し、ヘランをアンカーに戻す。ヘランの罠にはめられたと気付いたジウォンは、ヘランに「ケビン・リーと先輩はどういう関係なんですか?」と聞くが、ヘランは「あの写真がインターネットに出ることを望んでいるの?人の旦那に簡単に手を出すなんて」と答えるだけだった。

そして交通事故後も、ヘランは刑事の質問に「ノーコメント」を貫いていて…。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話感想

一瞬も見逃せない展開!見ていて気持ちがいいです!ケビン・リーがかなりゲスっぽいんですが…。ジウォンを近づけたヘランも悪いけど、あんなに良い奥さんがいながら簡単に若い子と浮気しちゃう旦那なんて、最低です。ヘランからフラれ、世間から馬鹿にされた人生の間に、心が屈折してしまったのでしょうか…?

ケビン・リーこと、イ・ジェヨンを演じる俳優コ・ジュンさん。私はコ・ジュンさんが出ている作品を観るのは初めてなのですが、あの不敵な笑みと、意味深なまなざしが、なんともゾッとします。いくら激しく愛し合った仲でも、別れの最後はお互いに気持ちよく別れないと、後が怖いなぁなんて思ってしまいました…。

妻ウンジュを演じるチョン・ヘジンさんも、“無垢な妻”を上手く演じています。彼女がただの“騙されて可哀相な妻”なのかどうか、今後の描かれ方が楽しみです。ヘランの夫テウクを演じるチ・ジニさんのキャラクターが濃く描かれるのも、きっとこれからなのでしょう。チ・ジニさんが演じるとなれば、かなり重要な役なのだろうなという予感がします。

また、刑務所内で出て来たイム・テギョンさんは、歌手なのだそうです。なぜかヘランとテウクの結婚式の新聞記事をスクラップしているし、何かカギを握る人物っぽい雰囲気がぷんぷんです。

ケビン・リーとの再会から交通事故まで一体何があったのか、次回の放送が待ちきれません!

チ・ジニ 지진희 池珍煕
カン・テウク役 コ・ヘランの夫、弁護人
出典:http://news.jtbc.joins.com/
生年月日1971年6月24日 身長178cm体重71kg 血液型B型
宮廷女官チャングムの誓い – ミン・ジョンホ役
ソナギ〜雨上がりの殺意〜 – 日韓共同制作ドラマ(フジテレビ)、米倉涼子と共演。
波乱万丈ミスキムの10億作り – パク・ムヨル役 (2004年 SBS演技大賞ドラマスペシャル部門 演技賞)
結婚できない男 – チョ・ジェヒ役  2006年日本で放送された同名作のリメーク (2009年 韓国KBS2)
楽園 – 小学校教師イルホ役  2時間ドラマ(劇場上映も)テレビ朝日と韓国SBS 共同制作 (2010年日本放送)
温かい一言 – ユ・ジェハク役 (2013年~2014年 韓国SBS)
ブラッド – イ・ジェウク役 (2015年 韓国KBS)
最後から二番目の愛 コ・サンシク役(2016年)
『宮廷女官チャングムの誓い』は、アジアのみならず世界中で放映され、代表作となった。

ミスティ 3話・4話 あらすじと感想

ミスティ(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー