マネーゲーム 3話・4話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

マネーゲーム 머니게임 2020年放送 tvN 全16話

【韓国放送期間】2020年1月15日から3月5日まで

第3話視聴率1.850%

hg@さらんさん

第3話 あらすじ

「不正の暴露」
ヘジュンは書類を手に経済ニュースを見て数値を見比べた。BIS比率の違いは明らかに低く発表されている。これはいったいどういうことなのだろう。もしBIS比率が8%の基準を下回れば、銀行として危険があるということになる。

イホンはジョンイン銀行の頭取に会うが、数値の改ざんを頑として認めなかった。政府発表では銀行が投資した会社の株式にも改ざんが見られる。銀行に協力を得られないため、金融委員会内で関連書類を探して歩く。そんなとき監査部から呼び出しが。売却計画書とジェヨン銀行との賄賂問題で追求される。

ジョンイン銀行の問題のため、経営が傾きかけたウジン造船海洋では従業員の自主退職を募り労組側と話し合いが重ねられるが、折り合わずストライキに突入する。ジョンイン銀行が売却されれば、このような経済への影響は避けられない。

ジェヨン銀行の賄賂を受け取っていたのは、ホ委員長派のクク政策局長だった。すでに返済していることから内部で処理しようと監査部は提言するが、ホ委員長は冷徹な態度で検察に告発を指示する。クク局長を見せしめにする気だろう。

イホンは企画財政部の事務官として出向になった。ナ企画財政部局長は厄介なお荷物を引き受けたという顔だ。ヘジュンと同じ国際金融課に配属になり、ヘジュンとイホンの歓迎会が開かれる。ナ局長が帰った後の少数の二次会でヘジュンにBIS比率に関する質問を受ける。万一銀行がウォール街に渡れば、韓国市場にストローを差すようなものと表現する。それを防ぐにはBIS比率調査書がいると。

ヘジュンは銀行売却にバハマが関わるというニュースを聞く。バハマのために父は…書類を見てしばらく考え込んだが、それをイホンに手渡して…

第3話 感想

国が行う金融政策はいつだって海外を向いていて、国民の側を向いていない。IMF危機の時も国民は国の危機を救うため、銀行になけなしの金【きん】を差し出したのに、そんな国民らが何かをしようと銀行に頼っても、その手は振り払われてしまう。なのに、官僚たちは自分たちが国を救ったつもりだと。

ヘジュンの叔母夫婦の借金問題もそうした背景があってのこと。そして、ヘジュンの父も。あの時と同じように銀行売却にバハマが絡んでいることから、ヘジュンは危ない橋を渡る覚悟をしたのですね。

チェ教授の息子イホンも道は父と違えども同じ血が流れているらしく。国民の側に立って経済を立て直したいと考える二人が出会って何が起こるでしょうか?

 



第4話視聴率1.293%

hg@さらんさん

第4話 あらすじ

「大統領とバハマ」
BIS比率の書類が報道され、ジョンイン銀行の数値の改ざんの疑いが強まる。ホ委員長は急ぎ青瓦台に向かう。国会も銀行も金融政策局もてんてこまいだ。企画財政部のナ局長は、自分のパソコンのBISのファイルを開けたのがヘジュンだと気づく。警察内部の友人に内密に調査を依頼する。

ホ委員長は一日中秘書の部屋で大統領を待ち、やっとで直接説明する機会を得る。しかし、大統領に数値は改ざんしていないと嘘を言う。金融が立ち遅れた国は金融の強い国に食いものにされる。しかも、チェ教授が生きていたら自分を支持してくれるはずと。

ヘジュンは内部文書をマスコミに売ったと警察に連行される。マリと会った喫茶店の映像が証拠として示された。マリは自分の従妹で貸したお金を返してもらっただけと説明する。しかし、まだ調査の段階で二人の映像とニュースが流される。ホ委員長の差し金だ。が、マリの証言で嫌疑なしと開放される。

イホンは警察署の前でヘジュンが出てくるのを待ち、小さなレストランに連れて行く。ヘジュンの人生と頑張りにねぎらいと感謝を込め、温かい食事を作りふるまう。ヘジュンが気を遣わず食べられるようにしてあげる。思わず涙するヘジュン。

イホンにヘジュンのことを頼む一方で、儲かる株取引の商売をしようと人を集めて説明するスホ。ヘジュンの立場をさり気なく担保に匂わす。

バハマのシャノンとジョンイン銀行の頭取はすり合わせを行う。ホ委員長は渋い顔でこれが最後だと宣言する。バハマの好きにさせるつもりがないようだ。真の担当者を名乗るユジンはホ委員長とビジネスしようと約束する。

ヘジュンが懲戒委員会で企画財政部から追い出されると聞き、急いで駆けつけるイホンだが…

第4話 感想

ヘジュンが大変なことになってしまいました。一人で何とかしますと警察に行ったヘジュンでしたが、本当は心細かったはず。マリが証言してくれたから良かったものの、ホ委員長にはものすごく腹が立ちます。懲戒委員会ではクビにされそうだし、どうしたらいいのでしょうか。苦しい思いをして公務員になったヘジュン。頑張ってる人を成り上がりとかいう社会ってなんだろう。

ヘジュンを助けてと言いながら、スホはまたまた変な事業を用意してて、たとえ今ヘジュンがクビにならなくても、後から困ったことになりそうで心配です。

イホンは熱いだけじゃなくて温かい人。ヘジュンをとても気にかけてくれます。かっこよく駆けつけて何を言ってくれるのかな…?

マネーゲーム 5話・6話 あらすじと感想

マネーゲーム(韓国ドラマ)キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率 





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー