ハピネス 7話・8話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ハピネス 7話・8話 あらすじと感想

「広告」


ハピネス 해피니스 Happiness 2021年放送 tvN 全12話

第7話視聴率3.539%

neroさん

第7話あらすじ

1501号室の住人キム・セフン(ハン・ジュヌ)がネクストを購入したと聞き、慌てて15階へ向かったチョン・イヒョン(パク・ヒョンシク)。無理矢理部屋の中へ入ったイヒョンは、そこでおいしそうに戦闘糧食を食べるユン・セボム(ハン・ヒョジュ)の姿を見て、ほっとします。イヒョンからネクストの件を聞いても、セフンは大丈夫だろうと話すセボム。

イヒョンとセボムが15階へ行っている間、501号室に1人残ったパク・ソユン(ソン・ジユ)のもとへ、インターホンが鳴り響きます。最初は無視していたソユンでしたが、何度も鳴るので慎重に扉を開けてみると、そこには口元が血だらけになった隣の棟の住人が。ちょうど戻ってきたセボムらのおかげで、難を逃れたソユン。隣の棟の感染者が101棟に侵入した理由を突き止める為、セボムらは下の階へと向かいます。

その頃、スポーツトレーナーのスンボムは、目の前で兄スミンが感染者に噛まれる姿を見てパニックになるナ・ヒョンギョン(パク・ヒボン)に、自分は安全だと声を掛けます。自由の身になったスンボムは、すかさず浄水器の前へ。異常な勢いで水を飲み干すスンボムを見て恐怖にかられたヒョンギョンは、急いで地下駐車場へと逃げます。そんなヒョンギョンの前に現れた、謎の人影…。

ジムの様子を見に来たイヒョンとセボムは、いくら水を飲んでも喉が渇くと話すスンボムを警戒します。次の瞬間、狂人病が発病し、2人に襲い掛かるスンボム!窮地に追い込まれた2人を救ったのは、軍服に身を包んだハン・テソク中領(チョ・ウジン)でした。スンボムの頭目がけて数発の銃弾を撃ち込むテソク。感染者を殺すのは最後の手段だと考えていたセボムは、この行動に憤りを隠せません。

実は先ほど駐車場でヒョンギョンの前に現れたのも、テソクでした。彼がアパートへ来た理由は、外の状況を皆に知らせる為だといいます。アパートの住人を集めたテソクは、今や狂人病の脅威が都市全体に広まっており、じきに市全域が封鎖されると伝えます。さらに今夜には、電気の復旧も途絶えるだろうとテソク。その後、テソクと話をする為に屋上へ向かったセボムは、彼がここに来た本当の理由を知ることになります。実はテソクがアパートに来たのは、他でもないセボムの体内で形成された抗体を手に入れる為でした。



一方、フィットネスクラブからスンボムの遺体が消えたことを受け、CCTVを確認するイヒョン。するとそこには、スンボムの遺体を速やかに運び出す軍人たちの姿が。テソクの狙いがセボムだと知ったイヒョンは、2人の後を追います。テソクによって睡眠薬を注射されたセボムでしたが、まったく効果はなく。事情を知ったセボムは、自分の血液を提供する代わりに武器と食料を手に入れることに。

その頃、スンボムの車からネクストを持ち帰った601号室のオ・ジュヒョン(ペク・ヒョンジン)は、水の入ったペットボトルに注射器でその中身を注入。そんななか、ヒョンギョンの部屋のインターホンが鳴ると、そこに立っていたのは兄のスミンでした。首から血を流しながらも、自分は大丈夫だと言って妹を安心させるスミン。その後、市全体が停電になると、アパート内は暗闇に包まれます。すると駐車場で佇むスミンに向かって、誰かがそっとドアを開ける…。

第7話感想

前回、ペントハウスに住むセフンがネクストを購入した疑惑が浮上し、ハラハラしたエンディングとなりましたが、幸い彼は感染していないようです。このドラマで登場する狂人病は、発病した場合いわゆるゾンビ化してしまうのですが、一度発病しても一定時間が過ぎるとふたたび正常に戻るという特徴があります。その為、一見誰が感染者で誰が非感染者か見分けがつきません。感染した人々も最初は感染を隠そうとするので、これまた厄介な展開に。

そんななか、狂人病を発病する恐れがあると言われているネクストを手に入れたオ・ジュヒョンは、それを飲み物に注入。本当に毎話毎話、ぞっとする展開がつづきます。恐らくオ・ジュヒョンの狙いは、それをイヒョンとセボムに飲ませ、自らの罪を逃れようという魂胆。2人がいなくなれば、アパート内で彼の犯行を気に掛ける人はいなくなりますからね。これまでも他のゾンビ作品を見ていると、だいたいどの作品もこういった自己中なキャラクターが登場しますが、オ・ジュヒョンはその中でもトップクラスだと思います。

一方、隣の棟の感染者に噛まれて自らも感染が疑われるスミン。インターホン越しで妹のヒョンギョンと会話する姿は、何だか胸が痛くなりました。普段はどこか頼りない兄といった印象のスミンでしたが、誰にも迷惑かけたくないと駐車場に残る姿にじーんとしました。そんなスミンに、ドアを開けてあげる謎の人物。これは妹のヒョンギョンでしょうか。今はまだ発病していないと言え、感染者に噛まれた場合は100%感染すると言われているので、心配です。

果たして、イヒョンとセボムを含め、アパートの住人たちの運命は?

第8話視聴率3.291%

neroさん

第8話あらすじ

古傷から雨の予報を察知したイヒョンとセボムは、屋上にバケツを置きに行きます。そんななか、住人たちの間では202号室を利用する掃除業者が別の階に移りたいと話すも、それを断固として許そうとしない1202号室のオ・ヨンオク(ペ・ヘソン)。結局、掃除業者の夫婦は2階にとどまることに。

一方、感染者に噛まれたスミンをこっそりと101棟へ連れ込んだヒョンギョンは、空室となっている1102号室にスミンを隠しますが、非常階段で血のついたタオルを発見したイヒョンとセボムに見つかってしまいます。実際にスミンの様子を見て安全を確認した2人は、他の住人らには黙っておくことに。その頃、対策本部では、セボムではない別の人の体内から検出された抗体による1次検査の結果が、比較的良好だと報告を受けるテソク。

302号室のキム・ドンヒョン(カン・ハンセム)は、自分の母親が感染しているのではないかと不安がります。実は母親の携帯に残る、背中の傷痕を撮影した写真を目にしていたドンヒョン。一緒に住むスーパーの店員イ・ボラム(ハン・ダソル)にこの事実を伝えるドンヒョンでしたが、母親の心配ではなく自分の身を心配するドンヒョンに呆れるボラム。

予定していた封鎖終了日当日、集まった人々の前にペットボトルが入ったクーラーボックスが置かれます。なんの疑いもなくそのペットボトルを口にする住人たち。何か嫌な予感を感じたイヒョンだけはそれに口をつけず、同じくセボムにも飲むなと言います。やっと外に出られると喜ぶアパートの住人たちでしたが、政府から発表されたのは無期限延期の知らせ。これに疲弊した人々は、次第に神経質になっていきます。

やりたい放題のヨンオクにしびれを切らしたイヒョンとセボムは1202号室へ乗り込むも、そこに置かれていたのは最低限の家具のみ。まるで生活感のない室内を見た2人は、ヨンオクが金の為に入居者代表の座を狙っていることに気付きます。セボムらの存在が気に食わないヨンオクは、偶然目にしたセボムの傷痕を使ってキム・ジョングク(イ・ジュンヒョク)の不安を煽ることに。

そんななか、1202号室へ向かったオ・ジュヒョンは、ヨンオクを連れてスミンがいる1102号室へ。何も知らずに部屋の中に入ったヨンオクは、そこに佇むスミンを見て悲鳴を上げます。ジュヒョンのこの行動に我慢がならないイヒョンとセボムは、602号室へ。するとジュヒョンは、2人に例のネクストが混入されていると思われるペットボトルを差し出します。3人が同時にペットボトルの水を口に含み、しばらくして慌てて先ほど飲みこんだ液体を吐き出すジュヒョン。そしてジュヒョンは、ペットボトルにネクストを混入したと明かします。

しかし、ジュヒョンがネクストだと思っていたその薬は、実はイヒョンが予めすり替えておいたただの胃腸薬。スンボムからネクストの在りかを聞いたイヒョンは、もしかするとと薬をすり替えておいたのです。イヒョンがジュヒョンを連れて廊下に出ると、そこには銃を構えたジョングクの姿が。ヨンオクに言いくるめられたジョングクは、感染の疑いがあるイヒョンとセボムを監禁すると言います。

対策本部では、結果が良好と言われていた抗体を手に入れ、満足げな会長と仲間たちの姿が。しかし、テソクが試しに生身の人間を差し出すと、急に豹変する感染者たち。そんなテソクのもとへ、先ほど会長らが接種した抗体が2次検査に失敗したとの報告が届きます。実はこうなることをわかっていて、わざと効果がまだ確証されていない抗体の情報を流していたテソク。

第8話感想

アパートの封鎖が無期限で延期されると聞き、絶望に暮れる人々・・・

次第に理性を失っていく人々の様子が、リアルに描かれた第8話。オ・ジュヒョンが用意したネクスト入りのペットボトルを皆が疑いもせずに飲み干すシーンは、なんとも緊張感が走りました。スンボムから事前にネクストの在りかを聞いていたにも関わらず、なぜイヒョンがそのまま放置したのかとずっと疑問でしたが、最初からジュヒョンを疑ってのことでした。まんまとイヒョンの策に引っかかったジュヒョンは、胃腸薬とも知らずにそれをペットボトルに混入。これを受けてジュヒョンを隔離しようと考えるイヒョンでしたが、そこへこれまたトラブルメーカーのヨンオクが現れます。

偶然セボムの手に平についた引っ掻き傷を見たヨンオクは、セボムが感染していると騒ぎます。いつかこんな日が来るとは思っていましたが、本当に厄介ですね、オ・ジュヒョンとオ・ヨンオク。。

一方、対策本部では先日持ち帰ったセボムの血液については公表せず、まだ効果の確証がとれていない別の抗体について情報を流したテソク。これまた金の力で抗体を根こそぎ手に入れた会長は、仲間たちと一緒にそれを接種します。しかしその抗体は、まったく効果がなく…。確実な抗体が出現したとわかれば、一般人に出回る前に全てを買い占める勢いの会長。これを案じたテソクは、セボムの抗体については秘密を貫き通すのでした。着々とすすめられるテソクの復讐の行方にも注目です。

ハピネス 9話・10話 あらすじと感想

ハピネス (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー