ダリとカムジャタン 5話・6話 あらすじと感想

ダリとカムジャタン



ダリとカムジャタン  달리와 감자탕  2021年放送 KBS 2TV水木 全16話

第5話視聴率5.1%

daisySSさん

第5話あらすじ

ホテルにチェックインしたはずのキム・ダリ(パク・ギュヨン)がホテルから姿を消したことから、彼女を心配するジン・ムハク(キム・ミンジェ)。言葉では借金を返済してもらうまでキム・ダリを監視する必要があると語るも、本心は酔っぱらった彼女が姿を消したことが心配。

美術館の職員たちの給料を払うため、ホテル代をセーブしたいキム・ダリは、美術館の事務所で夜を越すために戻ります。美術館に侵入者がいることに気づかないまま、キム・ダリの身に危険が及んだと思った瞬間、ジン・ムハクが現れ、美術館のオフィスをホテル代わりに使おうとするキム・ダリに厳しい一言!

「既に数十億の借金があるのに、1泊くらいホテルで過ごしたとしても、借金が極端に増えるわけでもない・・・」と彼女をホテルまで送ります。キム・ダリがチェックインしたのを確認、ホテルの部屋に入ることまで確認すると、安心してホテルをあとにする。

しかし、職員たちに支払うべき給料を無駄にできないキム・ダリは、すぐにチェックアウトをすると、部屋代の返金を求めます。返金してもらったお金を持って一人、安い宿のモーテルを訪れたダリは、フロントの受付の男のまでお金入った封筒を見せてしまう。

その夜、眠るキム・ダリの部屋に侵入した受付の男は、ダリの持っていた現金の入った封筒を持ち去ります。その過程で、ダリは激しい抵抗をしますが、暴力を受けてモーテルの廊下でノックダウンしてしまいます。

応急処置を受けたキム・ダリの連絡を受けて駆け付けた刑事のチュ・ウォンタク(ファン・ヒ)は、パジャマ姿で顔にあざを作ったキム・ダリを見つけると、強い衝撃を受けます。家を処分していくあてのないキム・ダリが、職員たちに支払う給料を強盗から守ろうとしたことを知ったチュ・ウォンタク(ファン・ヒ)。しばらくの間、彼の自宅で過ごすことになったダリ、、、翌朝、チュ・ウォンタクの車で美術館に到着したダリを偶然目撃したジン・ムハクは、彼女と一緒にいる男を警戒するよう観察します。

強盗に遭遇したことを職員たちに打ち明けられないキム・ダリは、目のまわりにできたあざを隠すため会議もサングラスをかけたままで参加。その後、給料を支払うことができないことを職員たちに打ち明けるキム・ダリ、、、職員のナ・コンジュはダリの衣類やはいている靴がすべて高級ブランド品であることを指摘すると、職員の給料を支払えないことを強く批判します。

ダリが強盗に遭遇したことを知らない職員たちとジン・ムハクは、チョンソン美術館が資金難で経営が困難の中、経営者であるキム・ダリは優雅な私生活を送り、男とホテルに宿泊したとの記事が流れ、、、チョンソン美術館のイメージに大きな打撃を与える出来事が発生します。

ダリが強盗の被害にあったことを知ったジン・ムハクは、命を落とす危険な状況でお金を守ろうと抵抗したキム・ダリを心配しますが、ダリはキム・ムハクの言葉を誤解。。。

第5話感想

今話、父が亡くなって以降、厳しい現実に直面するキム・ダリの姿が描かれ、切なさがプラスされた一話でした。お金が入った封筒をモーテルの受付の男の前で見せた時は、正直驚きました!このシーンからキム・ダリに危険が及ぶ可能性があることが予想できてハラハラ。

強盗に会う前、一人ホテルで過ごすダリを心配して電話を掛けてきたジン・ムハクの優しい姿が登場します。

借金の回収のためにキム・ダリを監視すると口癖のように発していることから、キム・ダリはジン・ムハクの気持ちに気づかず、彼を誤解するような発言をするところで今話が終わり、二人の間に誤解が解けることを願いたいです。

チュ・ウォンタク(ファン・ヒ)刑事は養護施設で育った人物で、ダリの父とダリが彼にとっては家族のような存在のようですが、チュ・ウォンタクもダリに片想いしている人の一人ですが、今後、ジン・ムハクとは恋のライバルになるというよりは、協力し合う関係へと発展しそうです。ちょっとしたブロマンスが見られるといいですね。

ダリを車で送ってきたチュ・ウォンタクを目撃したジン・ムハクは、彼の存在が気にあり、嫉妬するような姿を見えましたが、警戒すべき人物はチュ・ウォンタクではなく、元婚約者のチャン・テジン(クォン・ユル)の存在だとまだ気づいていない、、、今後、本格的にチャン・テジンが登場することになるようです。

キム・ダリの自宅と美術館に忍び込んだ不審者は、美術館の職員ナ・コンジュでした。キム・ダリの従兄妹キム・シヒョン(イ・ジェウ)に協力し、何かを探していた様子ですが、ダリの父が亡くなった事件と関係があるのでしょうか。

ミステリアスな展開が少し加わるだけで、ラブコメでもメリハリがつけられ、ドラマを面白く視聴する刺激となります!

第6話視聴率5.4%

daisySSさん

第6話あらすじ

チョンソン美術館の財務状態が悪化したことから閉館なる可能性が噂されて、館長のキム・ダリ(パク・ギュヨン)がモデルの男性とモーテルにいたことまで含め彼女のプライバシーを侵害する記事が流され慌てる美術館の職員たち。

一方、記事を通じてキム・ダリ(パク・ギュヨン)が強盗事件に遭遇したことを知ったジン・ムハク(キム・ミンジェ)は、彼女が心配になり駆け付けながらも優しい言葉を掛けることができず、「君は芸能人でもないのに、私生活が記事になるほど価値のある人、、、必ず返済してもらわないといけないので、自分を大事にしろ」と語る。

同じくキム・ダリが強盗事件に巻き込まれたことを知ったチャン・テジン(クォン・ユル)も、彼女を心配し、美術館に駆け付けます。キム・ダリの側にいる男ジン・ムハク(キム・ミンジェ)の正体を調べ、彼が高利貸しではなく、ドンドンF&Bの専務だと知ります。

キム・ダリのサングラスを外して彼女の目のまわりのアザを確認すると、チャン・テジン(クォン・ユル)は、「僕が何をすればよい?借金を返済しようか?それとも嘘の記事を書いた記者に罰を与える?」等と声を掛けます。これまで自分が知っていた元婚約者の姿とは違うチャン・テジンの姿にキム・ダリは驚きながらも、彼に何かをお願いします。

セギグループの跡取りチャン・テジンが所有するセギ百貨店に彼と共に訪れたキム・ダリ、、、セギブランドのジュエリーブランドを訪れると、ネックレスとピアスを選ぶと、イニ―シャルを交換して欲しいとお願いします。約束した通り、チャン・テジン(クォン・ユル)は彼女の望み通りに2時間でイニ―シャルを変更するよううなずきます。

これまでチョンソン家の令嬢としてマスコミに姿を現すことがなかったキム・ダリは、その日、記者会見を開くと語ると美術館の職員たちを驚かせます。開かれた記者会見、普段のキム・ダリとは違い、派手なスーツ姿に、オーダーしたネックレスとピアスなどの高級アクセサリーを身に着け、サングラス姿で現れます。

キム・ダリに関する嘘の記事を作成した記者がモーテルに一緒にいたモデルの男性が誰なのかを質問すると、プライバシーにかかわるため返事をすることができないと語るキム・ダリ、、、その直後、モーテルに一人でチェックインする彼女の姿が映る監視カメラの映像が流れ、、、ダリに関する記事がすべてデマだったことが明かされます。

記者会見で隠していた目のアザまで披露したキム・ダリは、すべては彼女の計画通りの結果をだすことになります。記者会見後、キム・ダリが付けていたジュエリーに関心が集まり、ネックレスのイニ―シャルが「SPACE」だったことから、チョンソン美術館で開催を準備しているイベントへの関心まで合わせて集め、プロモーションまで成功。

その夜、ジン・ムハク(キム・ミンジェ)は、間違って「好きです」とダリにメッセージを送ってしまい、間違って送信したことを伝えるメッセージを更に送りますが、全く既読されることなく、その夜眠ることができない。早朝、美術館に到着したジン・ムハクは、美術館の敷地内に置かれた不要ゴミを発見すると、一人ですべて片します。

その後、イベントのため運ばれた作品が姿を消したと慌ただしく動く美術館の職員たち、、、監視カメラの映像を確認すると、ジン・ムハクが作品を移動させている姿が映り、現代美術への理解のないジン・ムハクは作品をゴミ扱いし、彼の発言を耳にした作家を怒らせてしまいます。

強盗事件の犯人が逮捕されたとの連絡を受けたダリは、ジン・ムハクに送られ警察署に到着。「俺を通報した女を見つけたら、ただじゃおかない!」と語る言葉に、ダリは不安を感じ、、、犯人が逮捕されたとの連絡を受けたチュ・ウォンタク(ファン・ヒ)は、怒りが爆発し、周囲の刑事たちが彼を阻止、、、そんな中、犯人にキックを加えたのは、ジン・ムハク。

過激な犯人の発言に、彼に暴力を振るおうとした時、ダリが彼を後ろから抱きしめ、「ジン先生、だめです」と語ります。

第6話感想

ジン・ムハクのダリへの告白!

記者会見を利用して噂をしずめ、開催予定のイベントのプロモーションまで成功させたキム・ダリ、、、意外な姿を見せてくれました。今後訪れる困難を乗り越える力がついたと判断することもできますね。

記者にダリに関する嘘の情報を流していたのは従兄妹のキム・シヒョン(イ・ジェウ)でした。そのことにダリも気づいているようですが、キム・シヒョンの本当の目的にはまだ気づいていないため、今後、ダリをチョンソン美術館の館長の座から追い出そうとする彼の目的は、美術館の土地を売買するためのようです。

今話、新たに政治家が登場しました。この政治家に協力しているのが、キム・シヒョン(イ・ジェウ)とジン・キチョルのようなので、ダリの父の死亡にどのようにかかわっているのか、今後新たな展開を迎えることになるのでしょうか。登場した政治家はアン・チャクヒ(ヨヌ)の父でした。

ジン・ムハクとキム・ダリの胸キュンするシーンも登場します。本格的な三角関係がスタートすることになる!!

ダリとカムジャタン 7話・8話 あらすじと感想

ダリとカムジャタン 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【第8回投票開始】

パク・シフ ドラマ ランキング

【第4回投票開始】

イ・ジョンソク ドラマ ランキング



【放送情報】


【パフューム~恋のリミットは12時間~】

●BS朝日(2022/8/15から)月~金曜日8:30から 字幕

パフューム~恋のリミットは12時間~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【逆境の魔女〜シークレット・タウン〜】

●BSテレ東 全67話(2022/8/16から)月~金曜日8:53から 字幕

逆境の魔女〜シークレット・タウン〜 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【女神降臨】

●BS日テレ 全22話(2022/8/16から)月~金曜日11:30から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ


【王女の男】

●BS松竹東急 全24話(2022/8/16から) 月~金曜日12時から 字幕

王女の男 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図(外部リンク・姉妹サイト)


【夕食、一緒に食べませんか?】

●BS12 トゥエルビ 全24話(2022/8/17から)月~金曜日早朝5:30から 字幕

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 全話あらすじと感想


【あやしいパートナー~Destiny Lovers~】

●BS-TBS 全20話(2022/8/17から)月~金曜日7時から 字幕

あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【花郎】

●テレビ愛知 (2022/8/17~) 月~金 9:30~

花郎(ファラン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 (外部リンク・姉妹サイト)


【浮気したら死ぬ】

●BS12 トゥエルビ(2022/8/19から)全21話 金曜日16時から2話連続放送 字幕

浮気したら死ぬ キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率


【緑豆の花】

●BS日テレ 全24話(2022/8/24から)月~金曜日13時から 字幕

緑豆の花 キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ(外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP