ダリとカムジャタン 11話・12話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

ダリとカムジャタン 11話・12話 あらすじと感想

「広告」


ダリとカムジャタン  달리와 감자탕  2021年放送 KBS 2TV水木 全16話

第11話視聴率4.9%

daisySSさん

第11話あらすじ

ジン・ムハク(キム・ミンジェ)に誘われ泊まる準備をしたキム・ダリ(パク・ギュヨン)、、、しかし、アン・チャクヒ(ヨヌ)が突然ジン・ムハクの自宅を訪れ、ムハクの計画は失敗に終わり残念な表情を見せる。

ジン・ギチョルは再開発の都市計画が中断される危機を迎えた理由がジン・ムハクのせいなのかを尋ねると怒りを見せます。ドンドンF&Bは土地の売買及び建設会社を買収したことから、計画が順調に進められないと打撃を受ける可能性があることから、父ジン・ベクウォン(アン・ギルカン)は、ムハクがキム・ダリに協力した可能性があると疑い。ムハクはアン・サンテの上で計画を操っているトップが誰なのかを調べ始めます。

アン・サンテ議員は、キム・ダリに打撃を与えるため、キム・シヒョンの父に連絡をすると韓国に緊急帰国、、、キム・ダリが父キム・ナクチョンの実の娘ではなく、養女だったことを明かす記者会見を開き、チョンソン美術館を相続する権利がないと主張。

チャン・テジン(クォン・ユル)は、キム・ナクチョンの弟キム・ウンチョンの記者会見の記事を目にすると、ダリを心配して美術館に現れます。しかし、記者会見のあと連絡が取れなかったダリと発見することができない。同じくダリと連絡が取れないムハクは、ダリを発見するために美術館を訪れます。

ムハクはダリが美術館にいることに気づくと、彼女の名前を呼ぶムハクの姿に、ムハクの前に姿を見せます。キム・ナクチョンの実の娘ではないことを気にするダリに、「この世には様々な形の親子関係や家族の形があります。こんなに綺麗な人が館長の娘のはずが、、、キム・ダリさんは、どんなことがあっても変わらずキム・ダリ・・・です」と語り、明るい言葉で彼女を慰めます。



優しいムハクの言葉に涙を見せるダリ、、、そんな彼女をムハクは笑顔で見守ります。ダリは安堵した表情を見せるとムハクを抱きしめ、再び微笑みを見せます。

連絡が取れないダリを心配するチャン・テジン(クォン・ユル)は、どこからか聞こえてくるダリの泣き声に気づくと、その音をたどります。ジン・ムハクと一緒にいるダリを発見すると怒りを覚える。アン・サンテに連絡すると「計画通り進めてください」と指示する。

第11話感想

キム・ダリはチョンソン家の実の娘ではなかったことが明かされました。

アン・サンテ議員の計画通り、キム・ダリの叔父を利用してダリを攻撃することに成功します。しかし、このことをチャン・テジン(クォン・ユル)は知らされていなかったようで、勝手な行動を取ったアン・サンテに怒りをぶつける姿が描かれました。しかし、ジン・ムハクとキム・ダリが一緒にいる姿を発見すると、怒りのあまりチョンソン美術館を買収するための、更なる圧力を加えることになるようですね。

第1話で出会った時からストレートに発言するキム・ダリにも常に優しかったジン・ムハクですが、今話でもムハクは優しかったです。ダリに恋する気持ちが徐々に熱くなるようで、この二人のロマンスは理想的!

過去、チャン・テジン(クォン・ユル)が結婚式の前、ダリを振った理由が明かされました。彼はダリがチョンソン家の実の娘でないことを知り、破談を伝える。雨の中、ダリに残酷な言葉を浴びせていたチャン・テジンが今になって再び彼女の前に現れるとは、、、チャン・テジンではなくジン・ムハクに惹かれるダリの気持ちが理解できます。

アン・チャクヒ(ヨヌ)がムハクの自宅に現れた理由は、父アン・サンテから暴力を受けたからでした。アン・チャクヒがアン・サンテの娘だと気づいていないキム・ダリは、突然現れた彼女の姿に、動揺。ムハクは一途に恋するスタイルのようなので、アン・チャクヒ、ムハクとダリの三角関係は成立しない気がします。

ムハクに内緒でジン・ベクウォン(アン・ギルカン)と共に多額の投資をしていたジン・ギチョルは、ムハクのせいで事業が中止になることを恐れ、ジン・ベクウォンはムハクがダリを助けるためにドンドンF&Bに損失を与えた際には、ムハクからすべての財産を奪うと忠告。お金がすべてだと考えるジン・ムハクが今後どのような行動を取るのか気になります。

ダリの父が亡くなった夜、何かを目撃したジン・ギチョルですが、彼が何を目撃した、このことをどのように利用するのか、チョンソン美術館の買収問題に関して、本格的にムハクと父が対立することになるようで、ダリに更なる危機が訪れることになるようです。

第12話視聴率5.4%

daisySSさん

第12話あらすじ

美術館で開かれた展示会が成功したと喜ぶ美術館の職員たち、、、しかし、利益が少ないことを皮肉るジン・ムハク(キム・ミンジェ)の言葉に、ソン・サボン(ウ・ヒジン)は不快感を見せます。会議の後、二人きりになったジン・ムハクとキム・ダリ(パク・ギュヨン)。ムハクの言葉にダリは思わず彼にキス、、、「可愛いから」と語るダリの言葉にムハクは笑顔、その後、「大人のキスとは・・・」と語ると、ダリにキスします。

ムハクとダリがお互いに惹かれ合っていることに気づかない美術館の職員たちは、ダリがムハクにいじめられていると勘違いする出来事が起き、その後、全員で会食に出かけます。偶然、テレビを見ていたダリは、従兄妹のキム・シヒョン(イ・ジェウ)が髪を脱色して、警察署の前で記者会見をする姿を見ると強いショックを受けます。

父キム・ナクチョンが麻薬を常習的に使用し、美術館を通じて海外から麻薬を入手し、持ち込んでいたと告発する内容で、キム・ナクチョンは既に死亡した状況、自ら警察に出頭し検査を受けたキム・シヒョンの体からは麻薬成分が検出されず、再び危機を迎えたダリ。

刑事のチュ・ウォンタク(ファン・ヒ)はキム・ナクチョンが麻薬事件と無関係であることを証明するために奮闘しますが、美術館が家宅捜査を受けることになります。アン・サンテ議員はソン・サボン(ウ・ヒジン)とハン・ビョンせ(アン・セハ)とコンタクトを取ると、館長のキム・ナクチョンの言動が怪しかったと証言をする代わりにお金を渡すと約束。

家宅捜査後、美術館に展示していた作品をアーティストたちが回収する出来事が起き、落ち込むダリをムハクが優しく抱きしめます。

アン・サンテ議員はドンドンF&Bとの契約を破棄し、ジン・ギチョルは酷く落ち込みます。その姿を見たジン・ギチョルの母が美術館に現れると、息子の事業を邪魔したと声を上げ、ダリに暴力を振るい始めます。

その時、チャン・テジン(クォン・ユル)が現れ彼女を助ける。麻薬事件は必ず自分が解決するとダリに約束するチャン・テジンですが、キム・シヒョン(イ・ジェウ)が警察に出頭したすべてはチャン・テジンが命令したこと。。。

チャン・テジンから継母ソ・グムジャがダリに暴力を振るったことを知ったムヒョクは、その足で実家に戻ります。ダリに暴力を振るったかを確かめるムハクの言葉に、父ジン・ベクウォン(アン・ギルカン)は、ムハクを平打ち。病気の母がいるにも拘わらず、ソ・グムジャと浮気をしていたこと、、、父を許すようにと最後の言葉を残した母の気持ちを察して、これまで父を理解しようとしたムハクは、これまで抑えていた感情を爆発させ、父との関係を絶つと決めダリのもとに向かいます。

一方のキム・ダリは、現れたムハクを発見すると悲しい表情を浮かべる。

第12話感想

第1話から困難続きのダリ、、、ムハクと両想いだったことで幸せな日々を送るはずが、大きな決断を強いられる状況となりました。

キム・シヒョン(イ・ジェウ)の嘘の告発のせいで、ダリの亡くなった父キム・ナクチョンは麻薬常習犯と濡れ衣を着せられ、美術館は家宅捜査まで受けるまでになりました。すでにキム・ナクチョンが死亡しているため、彼の無実を晴らすことが難しい状況。キム・シヒョンは髪の毛を脱毛し、体の毛をすべて処理した後、麻薬検査を受けたため薬物は検出されることなく、彼が麻薬の常習犯であることを示す証拠はない状況。

キム・シヒョンがつるんでいた友人たちを警察が探すも発見されない。その理由は、すべてを計画したのが元婚約者のチャン・テジン(クォン・ユル)で、彼の命令でキム・シヒョンの友人たちは身を隠している。すべてはチャン・テジンの計画にも拘わらず、ダリはそのことをわかるすべがない。

エンディングでダリが悲しい表情を浮かべた理由は、韓国に帰国した叔父キム・ウンチョンから意外なことを聞かされたからでした。ダリがキム・ナクチョンの実の娘ではないことを明かし、財産を相続させないための裁判を始めると宣言したキム・ウンチョン。しかし、キム・ウンチョンは突如態度を変えると、告訴を引き下げることを約束する代わり、チョンソン家を守るためにチャン・テジンを受け入れて欲しいとお願いします。

キム・ウンチョンが態度を変えたのは、チャン・テジンから脅迫を受けたからでした。キム・ウンチョンの息子キム・シヒョンは麻薬を常習的に使用していただけではなく、美術館が保有する美術品を海外のコレクターに売買していた証拠を持っていたからでした。美術館が保有するリストにある作品は、売買が禁止されていることから、このことがスキャンダルになるとチョンソン家の名誉は回復不可能になる。

ダリが暗い表情を見せたのは、チョンソン家のためにチャン・テジンを受け入れる決意を固めたから??

切ない気持ちにさせられるエンディングを迎えた第12話でした。

ダリとカムジャタン 13話・14話 あらすじと感想

ダリとカムジャタン 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【花道だけ歩きましょう】

●BS日テレ 全70話(2021/12/6から)月~金曜日11:30から 字幕

花道だけ歩きましょう キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2021/12/13から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜(チョンイル電子 ミス・リー) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【夫婦の世界】

●BS朝日(2021/12/14から)月~金曜日8:30から 字幕

夫婦の世界 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【黄金の私の人生】

●BSテレ東 全70話(2021/12/20から)月~金曜日8:53から 吹替[二]

黄金の私の人生 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ストーブリーグ】

●BS日テレ(2021/12/20から)月~金曜日16時から 字幕 

ストーブリーグ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●WOWOWプライム 全21話(2021/12/22から)字幕

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率 


2021年版 投票中!


【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)

来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿