タッチ(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想

タッチ



タッチ 터치 Touch  2020年放送 チャンネルA 全16話

第3話視聴率1.154%

第3話 あらすじ

昔からの友人でもある人気スター、ドジンのメイクを担当することになったスヨン。しかし選んだ化粧水にミスがあり、ドジンはアレルギーでひどい肌荒れを起こしてしまう。スヨンはジョンヒョクにクビを言い渡されるが、練習生時代にドジンの肌をケアしてあげていたことを思い出し、さまざまなアイテムを持ってドジンの自宅を訪問。翌日の広告撮影に備えて集中ケアを開始する。ドジンの肌は回復し、ジョンヒョクは予定通り撮影を終えるが…。

出典:https://kntv.jp/program/synopsis/kn200502/

第3話感想

女優ペク・ジユン(ハン・ダガム)の登場で、ラブコメらしい展開になりそう。。。ラブコメはそれほどオチもなく楽しめるので、ありきたりな展開でも面白いです!

メイクアップアーティストのオ・シウン(ビョン・ジョンス)の右腕として働いていたチャ・ジョンヒョクが、独立し、成功を収めたことで二人の間には妙なライバル関係が形成されており、雑誌の企画で二人のメイクアップ対決を行うことになりました。チャ・ジョンヒョクがモデルとして選んだのは、カン・ドジン(イ・テファン)でした。

しかし、肌に合わない化粧品を使ったせいで、撮影を行える肌の状況ではなく、、、首になったハン・スヨン(キム・ボラ)は、自分のミスが気になってカン・ドジン(イ・テファン)の自宅に向かいます。長年同じ芸能事務所に所属していた友達ということもあり、ドジンの肌の改善のためにできる限りを尽くすスヨン。

オリジナルレシピのパックを準備するなど一生懸命。一方、一緒に過ごす時間が長くなったドジンは、スヨンとすごく時間を楽しんでいる自分に気づきます。ドジがスヨンへの気持ちの変化が明らかに見られました。彼の気持ちは友情から恋へと変化している・・・中、首にしたスヨンがドジンの自宅で彼の肌をケアーしていたことを知ったチャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)の気持ち変っていくような傾向にあります。撮影をだめにした怒りは消え、彼女を切なく見つめるチャ・ジョンヒョク。

彼女の努力のおかげで撮影ができるほど回復したドジンの肌状態。結局、チャ・ジョンヒョクはスヨンに仕事への復帰を命じます。これでメイクアップアーティストのアシスタントとしてスヨンは再び働けるようになります!

そして登場した女優のペク・ジユン(ハン・ダガム)!彼女の登場で、緊張が走るチャ・ジョンヒョクの姿に、スヨンはパク・ジユンとチャ・ジョンヒョクの仲を疑問に思い始めます。ジョンヒョクと一緒に居るスヨンを意識したペク・ジユン、、、果たして彼女とチャ・ジョンヒョクはどんな関係なのでしょうか。

今話の最後、ちょっとしたアクシデントでシャワーを浴びて、チャ・ジョンヒョクの服を借りたスヨンを発見したパク・ジユンは驚きを隠せず、、、彼女を発見したチャ・ジョンヒョクがわざとスヨンの肩に手をまわしたということは、ペク・ジユンを意識しての行動?

人物紹介を確認したところ、チャ・ジョンヒョクとペク・ジユンは過去、恋人通しでした。三角関係がスタートする?

第4話視聴率0.736%

第4話 あらすじ

ジョンヒョクの家でシャワーを借りたスヨンは、元トップ女優ジユンの訪問に驚き、自分のせいで誤解が生じたのではないかと不安になる。ジユンはジョンヒョクを捨てて財閥御曹司ガンホと結婚したが、不幸な日々から抜け出すために芸能界復帰を目指していた。そんな中、スヨンはワガママな女性タレントのケアを担当することになって…。一方、ドジンはスヨンのことが頭から離れなくなり、彼女に電話をかけて子守唄を歌ってくれとせがむが…。

出典:https://kntv.jp/program/synopsis/kn200502/

第4話感想

チャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)とペク・ジユン(ハン・ダガム)は元恋人同士!

 チャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)の自宅を訪ねたペク・ジユン(ハン・ダガム)は、女優に復帰する意向を伝え、メイクアップを担当して欲しいとお願いしますが、チャ・ジョンヒョクは断ります。その場にいたハン・スヨン(キム・ボラ)を意識したペク・ジユン。。。その後もスヨンのことが気になる様子でした。

ペク・ジユンはチャ・ジョンヒョクではなく、財閥の御曹司と結婚して芸能界を引退していたようですが、夫は身勝手なタイプで浮気まで平気にするタイプでした。ショーウィンドウ夫婦のような二人ですが、まだ法的には夫婦の関係を続けているように見えます。ペク・ジユンをまだ忘れられず居るのでしょうか。

突然の彼女の訪問に、側に居たハン・スヨンの肩を抱くような仕草を見せるのは、警戒心からなのか、過去の恋は終わったことを相手に伝えようとしたのか、まだ明確でなないので、この辺がラブコメの面白いところだと、個人的には思いました。

チャ・ジョンヒョクの仕事の面でも成功的な結果を出し、新しい契約を結び会社としてもイメージアップを図っていきます。前話、コスメラインを新たにスタートさせる計画で化粧品の開発に力を入れていましたが、ペク・ジユン(ハン・ダガム)の夫もコスメに関わる事業をしているのか、開始するのかビジネス上チャ・ジョンヒョクの会社とコンタクトを取ろうとします。妻のペク・ジユン(ハン・ダガム)が結婚前に付き合っていたのがチャ・ジョンヒョクだと知らないのでしょうか。

チャ・ジョンヒョクとペク・ジユン(ハン・ダガム)の関係に興味を持つハン・スヨン(キム・ボラ)に、二人の過去の関係を正直に語るチャ・ジョンヒョク。正直、チャ・ジョンヒョクを演じるチュ・サンウクに比べ、キム・ボラが幼く見せすぎて、果たしてこの二人の恋にドキドキさせることになるのか、心配です。

ロマンス中心のストーリーというよりは、アシスタントからメイクアップアーティストへと成長していくハン・スヨンの姿を中心に描いても十分面白い素材だと思いましたが、ラブコメなので一つのエピソードで雰囲気を変えることができると期待し、ラブコメとして存分に楽しめたらいいですね。

カン・ドジン(イ・テファン)の登場が少なく、、、もっとハン・スヨンとの関係を発展していくエピソードがたくさん見たいです。今話のエンディングは、少し驚き??でした。話しがあると現れたカン・ドジンと拒むスヨン。

二人を目撃したチャ・ヒョンビンが「カン・ドジン!」と呼びかけ、、、この三角関係も始まることになるのでしょうかね。

 

タッチ(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

タッチ(韓国ドラマ) キャスト 全話感想とあらすじ 視聴率

 




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP