タッチ(韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想

タッチ



タッチ 터치 Touch  2020年放送 チャンネルA 全16話

第11話視聴率0.909%

第11話あらすじ

弘大に新たなショップをオープンしたジョンヒョクは、店名をスヨンから提案された“タッチ”に決定。ドンミンをはじめとしたチャビューティーの元同僚たちも続々とジョンヒョクの元に戻ってくる。ところが客足はまばらで、最初の客とは料金をめぐって揉めてしまう。スヨンから電話を受けたドジンは、迷った末に新しいショップを訪れる。そんな中、ジユンはガンホの妨害に遭いながらも女優としての復帰作を決め、ジョンヒョクの元を訪れて…。

出典:https://kntv.jp/program/synopsis/kn200502/

第11話感想

ハン・スヨン(キム・ボラ)が所属していた事務所「ミラクル」からデビューができなかった理由が明らかに?

チャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)とハン・スヨン(キム・ボラ)が始めた新しいショップ名は「タッチ」。二人に加わり、元同僚たちもオ・シウン(ビョン・ジョンス)のショップを辞めて、「タッチ」に加わります。新しくオープンしたにも拘わらず、全く予約のお客さんがいなく、様々なエピソードが登場します。値段が高すぎて諦めるお客、駐車場がなくキャンセルになったお客、、、思ったようにお客を集められないことに、ハン・スヨンはカン・ドジン(イ・テファン)に助けを求めます。

ペク・ジユン(ハン・ダガム)は夫ミン・ガンホ(ソン・ジェヒ)に離婚を求め続けますが、何があっても離婚はできないと断るミン・ガンホ。しかし、ジユンも彼との結婚生活に戻るつもりはなく、芸能活動を始める準備を進めます。ミーディングのためメイクアップを受けることになったジユン・・・しかし、マネージャーから意外なことを聞かされます。ミーディングが直前にキャンセルになったことを知らされます。その他の予定も次々にキャンセルとなり、夫ミン・ガンホが圧力をかけていることを予想します。

ペク・ジユンは夫の力の及ばない作品を模索し始め、芸能活動を辞める予定はなく、突き進む予定。ハン・スヨンの連絡を受けドジンも「タッチ」を訪問し、チャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)が新しいショップをオープンしたことを聞いたオ・シウン(ビョン・ジョンス)も「タッチ」を訪問します。どんな風ショップを開いたのかを確認しに来たように見え、相変わらず皮肉を言うオ・シウン。

前話、友達以上の感情を持てないと語るスヨンがジョンヒョクに恋していることを聞かされたカン・ドジン(イ・テファン)は、彼女への気持ちを今後は隠さないと宣言しましたが、今話でもやはりスヨンに恋しているドジン。事務所の移籍を考えているドジンは、事務所の代表から意外なことを聞かされます。それは、アイドル練習生だったスヨンが事務所との契約を打ち切られた本当の理由。。。聞いたドジンの顔から笑顔が消え、、、次の話では再びハラハラする展開になりそうですね。

「タッチ」に初の予約客が訪れることになり、スタッフは張り切ります。しかし、現れた予約客はペク・ジユン(ハン・ダガム)でした。芸能界復帰のために専属のメイクアップアーティストが必要なペク・ジユン(ハン・ダガム)は、「新しいお店のプロモーションに私を利用してみれば・・・」との発言。彼女のメイクアップを担当することを決めたジョンヒョク、、、三角関係の動向が気になりますね。

第12話視聴率0.493%

第12話あらすじ

スヨンがデビューできなかったのは、自分のスキャンダルを覆い隠すためだったと聞かされたドジン。ウインドウエンターと再契約をしなければ、この事実を公表すると社長に脅迫される。ドジンはスヨンの夢を奪ったという罪悪感に苛まれ、ふさぎこんでしまう。一方、タッチは新規顧客獲得のために9900ウォンという破格のコースを開始する。そんな中、スヨンはドジンと連絡が取れないことが不安になり、彼のファンミーティングを訪れるが…。

出典:https://kntv.jp/program/synopsis/kn200502/

第12話感想

カン・ドジン(イ・テファン)は自分のせいでハン・スヨン(キム・ボラ)が、事務所から追い出されたことを知り、強いショックを受けます。ドジンは過去、同時に4人との女性とつき合っていたこと、ひどい罪悪感を持つドジン。それにトップスターとしてのイメージも失うことになると言われたドジン。。事務所の代表はそのことを利用してカン・ドジンとの再契約を進めようとし、脅迫までする。

唯一の友人で片想いするスヨンへの気持ちからドジンが苦しみ泣く姿が、可哀そうでした。ドジンのマネージャーも事務所の代表がスヨンを利用してドジンのスキャンダル記事をもみ消したことを知らなかったようで、これではドジンとスヨンのロマンスはやっぱり成立しない。

動画配信をする友人ヨンアのメイクを担当したスヨン。。。動画配信が始まると、彼女のメイクをモニタリングするチャ・ジョンヒョク(チュ・サンウク)が、彼女のメイクにダメ出しするエピソードは、ラブコメらしく面白かったです。メイクアップアーティストとしてのスヨンの成長ぶりも垣間見られ、辛口だけど彼女を心配するジョンヒョクの気持ちまで伝わりました。

新規の顧客獲得のために「タッチ」が新たにリニューアル!9900ウォンで受けられるメイクアップショップとして売り出すことに。。。チョンダムドンではメイクアップ価格が平均50万ウォンであることを考えると、驚きの価格!シップのアピールのために動画配信まで積極的に取り入れました。ショップ「タッチ」は今後、メイクアップショップとしての全盛期を迎えることになるのでしょうか。ラブコメドラマらしく、ちょっとした愉快なエピソードが加わることで、見やすい展開になっています。

悩んだドジンはファンミーティングで、すべてを打ち明けます。恋愛経験ゼロを売りにしていたイメージはすべて、事務所が作ったイメージ!そのイメージで人気を得ていたが、数々のスキャンダルを起こしそうになっていたこと、事務所側がもみ消したことを涙で語るドジン、、、ファンミーティングにはスヨンも出席し、事実を知ってしまいます。

夢を閉ざされた理由を知ったスヨンは、誰とも連絡を取らず。。。ドジンの告白で、ネット上では大騒ぎ。スヨンがアイドルデビューできなかった理由を知ったジョンヒョクは、連絡の取れない彼女を心配して、彼女の実家まで訪れます。しかし、両親も彼女の行方は全く知らない様子。スヨンが心配で彼女を捜しまわっていたジョンヒョクが橋の上に立つスヨンを発見!

橋から身を投げ出すように見えた??の心配して彼女の名前を呼びます。何が起きるのでしょうか。

タッチ(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想

タッチ(韓国ドラマ) キャスト 全話感想とあらすじ 視聴率

 




【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP