サーチ (韓国ドラマ) 9話・10話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

サーチ (韓国ドラマ) 9話・10話(最終回) あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


サーチ 써치 The Search 2020年放送 OCN土日 全10話

第9話視聴率3.575%

daisySSさん

第9話あらすじ

公開された映像に映る、越北したと思われていたチョ・ミングク大尉が実は自分の父親で、イ・ヒョクによって射殺されたと知ったドンジンは、息子のジュンソンに怒りをぶつける。ターゲットを捕らえる作戦が再開し、非武装地帯の廃虚に進入したドンジンたち特任隊。そこでイェリムは北朝鮮兵の白骨と旧軍服を見つけ、ドンジンはターゲットが死んだはずの父だと確信する。そしてそこに侵入してきた北朝鮮兵との銃撃戦が始まった。

出典:KNTV サーチ

第9話感想

これまでで最も緊張するストーリー展開!21セクターを中心に描かれ、ターゲットを殺さずとらえるべきだと主張するソン・イェリム(チョン・スジョン)と、必ず処分するべきだと語るソン・ミンギュ(ユン・パク)チーム長。任務の途中、ヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)は、建物の中で写真を発見した後、ターゲットと向き合い、顔を確認する。。。一方、追加軍を連れたソン・ミンギュ(ユン・パク)が姿を現し、何かが起きるような緊張感!そのうえ、北朝鮮軍も21セクターに近づき、、、韓国軍と北朝鮮軍の対立が予想される、ハラハラする展開でした。



父に認められるために軍人になったと語るイ・ジュンソン(イ・ヒョンウク)は、自分が1997年に撮影された映像をマスコミに提供したと語り、チョ・ミングク(ヨン・ウジン)を殺害したのか、父イ・ヒョクに問います。自分はチョ・ミングクを殺していないと嘘をつく父の姿に失望したイ・ジュンソンは、ヨン・ドンジンが作戦のため21セクターに向かったとの報告を受けると、急いで21セクターに向け動きます。正義感のある性格のイ・ジュンソンがヨン・ドンジンを助けるために、命を落とすことになるのでしょうか。

父の記憶がかすかにしか残らないヨン・ドンジンは、ターゲットがまだ父だとは気づいていないように見えました。ヨン・ドンジンはチョ・ミングク(ヨン・ウジン)の息子でした。イ・ヒョクの嘘でチョ・ミングクが北朝鮮に亡命したとされた後、叔父の苗字をもらってヨン・ドンジンとして育てられていたことが分かりました。

今話最も緊張した理由は、作戦をサポートするために加わった軍人たちは、イ・ヒョクの命令を受けた特殊部隊の軍人たち。イ・ヒョクの目的はあの物質を手に入れることで、そのためならどんな邪魔も許さないとのスタンス。ヨン・ドンジンやソン・イェリムたちを射殺し、すべての証拠を消すことが目的のようでした。

ヨン・ドンジンやソン・イェリムたちの身に及ぶ危険は、イ・ヒョクの命令を受けた軍人たちの攻撃を受けることになること!果たして最終話でどのような結末を迎えることになるのでしょうか。第9話は21セクター建物を中心に描かれるので、全体的に暗い雰囲気の戦闘態勢。ドラマのタイトルの「サーチ」が持つ雰囲気を最もよく表現している一話になっています。

ターゲットとなったチョ・ミングクがハッキリと登場するため、1997年から姿を消しているチョ・ミングクだとハッキリと確認ができました。第10話にもこの緊張感が続きそうです。

第10話視聴率3.922%

daisySSさん

第10話(最終回)あらすじ

北朝鮮兵との銃撃戦に支援兵として現れた黒服の兵士たちは、謎の物質を奪い特隊員たちを殺すためにイ・ヒョクが送ったよう兵だった。駆けつけたジュンソンとドンジンの父ミングクに助けられ、ドンジンたちは何とか脱出する。廃虚の爆破で、謎の物質と感染変異の原因は埋もれてしまう。そして1年後、出生の秘密を知ったイェリムは軍人として、ドンジンは軍用犬マックと共に野生動物保護センターに就職し新たな一歩を踏み出す。

出典:KNTV サーチ

第10話(最終回)感想

映画のようで面白い!

すべての事件の始まりは、、、1997年、開発中の核兵器を持って北朝鮮を脱出しようとした北朝鮮軍の夫婦。その夫婦の娘がソン・イェリム(チョン・スジョン)でした。最終話、予想していた通り、ヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)を守ろうとしてイ・ジュンソン(イ・ヒョンウク)が、父イ・ヒョクの撃った銃に命を落とす結果となりました。イ・ジュンソンはビデオカメラに残された映像を観て時に、正直になれなかったことをヨン・ドンジンに伝え、、、自分のせいで息子が死ぬのを目撃したイ・ヒョク。その光景を見たチョ・ミングクが姿を現し、イ・ヒョクが追っていたターゲットの正体に気づきます。

出生のためイ・ヒョクと手を結んだソン・ミンギュ(ユン・パク)チーム長は、21セクターに爆弾を設置することを命じると、建物内にあると思われる物質をさがすために動きます。古い箱が発見されますが、中は空っぽ。その後も、物質を探すことだけを気にする様子が描かれ、イ・ジュンソンとは真逆の軍人象を描きました。

イ・ヒョクの計画に気づいたキム・ダジョン(ムン・ジョンヒ)は、傷つきながらもソン・イェリム(チョン・スジョン)に裏切り者が侵入していること、命が危険なことを知らせましたが、直接21セクターに姿を現したイ・ヒョク。息子を失い、チョ・ミングクと共に命を落とすことになり、イ・ヒョクの計画を阻止することに成功。父との短い再会を果たしたヨン・ドンジンは、「一緒に家に帰ろう!」と父に優しく声を掛けますが、父は息子のために死を選択した結果となりました。

チョ・ミングクと彼を助けたソン・イェリム(チョン・スジョン)の父の間に何があったのかが描かれ、ソン・イェリムは父の遺体を21セクターで発見する。最終話をみた感想としてはドラマと言うよりは、少し長めの映画を観たような気持ちになりました。

エンディングは、除隊したヨン・ドンジンの1年後が登場しました。父の名誉を回復したヨン・ドンジンは、本来の自分の名前を取り戻し、チェ・ドンジンに生きていく様子。軍犬だったマックスと共に、野生動物救済センターで働く姿が登場しました。「マックス、サーチ!」と力強く声かけるヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)の姿が印象的でした。

個人的にはイ・ジュンソンを演じるイ・ヒョンウクが気になりました。2021年放送の「先輩、その口紅を塗らないで(原題)」にも出演しているので、今後出演する他の作品も興味を持ちたくなりました。

サーチ (韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー