サーチ (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

サーチ (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


サーチ 써치 The Search 2020年放送 OCN土日 全10話

第3話視聴率2.280%

daisySSさん

第3話あらすじ

21セクターでの事件を解決するために特任隊が構成され、ドンジンも召集される。一方イェリムは、研究所で調査中に生き返ったオ上等兵に襲われる。何とか助かったイェリムは生き返ったオ上等兵の姿からウイルス感染を疑う。特任隊のメンバーと共に作戦に出たドンジンは、不振者を追撃中に道に迷ってしまい、捜索中の北朝鮮軍に出くわしてしまう。だがドンジンを射殺しようとした北朝鮮軍は、目に見えない何かに襲われる。

出典:KNTV サーチ

第3話感想

DMZ内で目撃された謎の生物はゾンビ?怖水病(狂犬病)に感染した軍人なのでしょうか。動きが非常に速く、かすかにしか見えなかったので、正確ではないですが、着ている軍服が韓国軍のもののように見えたので、第1話で登場した何か実験中の物質を運んで以上を見せた北朝鮮軍(1997年)ではないと思いました。DMZ内で謎の生物を追跡する特別任務隊は、現れたターゲット(ドラマの中ではターゲットと呼んでいる)を追っていた軍犬のあとを追いヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)の消息が不明になり、チームリーダーのソン・ミンギュ(ユン・パク)はソン・ミンギュ(ユン・パク)ではなく、ターゲットを優先させようとする。副隊長のイ・ジュンソン(イ・ヒョンウク)は、ヨン・ドンジンを先に探すべきだと語り、対立的な立場を表します。



謎の生物を追っていたヨン・ドンジンはDMZ内の北朝鮮のボーダーを越えてしまい、北朝鮮軍に追われる、、緊張感ある展開が続きました。ハラハラする中、彼を助けるために現れたのは中佐のソン・イェリム(チョン・スジョン)でした。

第3話のエンディングでは、死んだはずの軍人が生き返り、その姿にホラードラマへと発展していく可能性があるのか、ハラハラしました。でも、ホラー物というよりは、驚くポイントのあるサスペインスドラマのレベル。ウイルスによる感染で死んだはずの軍人が生き返ったとこと、その際に傷を負ったソン・イェリムですが、人と人との間の感染はないようで、今後ターゲットを狙った動くことになる特別任務隊。

予想できる内容は、北朝鮮でウイルスを使って何か実験をしていたのでしょうか。失敗した結果、謎の生物が誕生した?それとも感染した軍人がその後、野良犬を感染させ、再び人間に感染させ、、、ゾンビを作り出した?と考えるので、今後、逆転の逆転を続ける内容を描いて欲しいと思います。

ゾンビものは嫌いではないですが、既に多くのドラマが放送されているので、ガッカリしない内容を期待します。

第4話視聴率2.881%

daisySSさん

第4話あらすじ

怪しい物体を追っていたドンジンの目の前に軍人の姿をした怪物が現れるが、危機一髪で特任隊員メンバーに助けられる。その頃、DMZ内で唯一、民間人が居住する村チョンゴンリでも動物が失踪する事件が相次いでいた。捜査を始めたダジョンは、軍用犬の治療のため村に来たドンジンとイェリムを誕生日会に誘う。その村でイェリムは怪しい血痕を見つける。そして夜間捜索中の特任隊作戦本部に不振者が現れビョクジュンが襲われる。

出典:KNTV サーチ

第4話感想

ゾンビ?ターゲットになったのは生物がゾンビではなく、謎の何かの生き物。。。目が光りところは動物のように見え、人間のようには見えませんでした。ターゲットはすごいスピードで動くので、その正体が本当に気になります。DMZ内にいた謎の生き物、ターゲットはDMZの側、チョンゴンリ村に現れた痕跡がありました。チョンゴンリ村に住むDMZ危険館に努めるキム・ダジョン(ムン・ジョンヒ)は、村に現れた生き物がただの動物ではないことに気づいているのでしょうか。

チョンゴンリ村で開かれた宴会に誘われたヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)とソン・イェリム(チョン・スジョン)。雰囲気を盛り上げるよう歌を歌うことになったヨン・ドンジンが選択した曲は、HYUKOHが歌う「Tomboy」でした。この曲は過去、ヨン・ドンジンがソン・イェリムに告白した時の曲。彼が歌う姿を見て、笑顔が消えたソン・イェリムの姿が描かれました。サスペインスドラマですが、二人のラブラインも楽しみにしたいです。まだ、お互いに未練が残っているようです。

チョンゴンリ村の保健所の医師ペク先生は、ソン・イェリムの本当の身分を知っている人物のようですが、彼女を避けるような態度。彼がソン・イェリムを避ける理由は、彼女が1997年に起きた事件に関わってからなのでしょうか。それとも、まだ他に何か秘密が隠されている?可能性があるのか疑ってしまいます。

効果音や映像など、ハラハラする展開が続きます。ホラードラマではないですが、時々ハッと思う瞬間がありました。チーム長のソン・ミンギュ(ユン・パク)と副チーム長のイ・ジュンソン(イ・ヒョンウク)はそれぞれ命令を受けて、状況を監視する様子。チーム長は司令官の命令を受けて動いているようですが、副チームのイ・ジュンソンは誰の命令に従って動いているのでしょうか。

ソン・イェリム(チョン・スジョン)の分析でゾンビ化した場合、とどめをさし命を奪う方法を発見し、夜間、ターゲットを捕まえるために、DMZ内に作戦に向かうことになった特別任務隊・・・、しかし、彼らの予想とは違いターゲットがベースに現れ、残されていた軍人たちが襲われました。ヨン・ドンジンを慕っていた部下たちがベースに残っていたので、命を奪われた状況なのか否かが分からない状況で、第4話が終わりました。状況を知らせる無線の途中、悲鳴が聞こえ、緊張するエンディングでした。

ドラマに登場するターゲットとは、人間なのでしょうか。それとも実験によって生まれた生き物?

サーチ (韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

サーチ (韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー