サーチ (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

サーチ (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


サーチ 써치 The Search 2020年放送 OCN土日 全10話

第1話視聴率2.640%

daisySSさん

第1話あらすじ

1997年、黄海道の海州。亡命を試みるリ少佐は赤ん坊を抱き川辺で人を待つ。そして彼女と1台の車を追う北の軍人たち。DMZで訓練を行っていた韓国軍は亡命者を追ってきた北の軍人たちに出くわし、それが銃撃戦に発展し多数の犠牲者を出す。そして時は流れ2020年。DMZにいる兵士が何者かに襲われる。ハンドラーのドンジンと特任大隊のイェリムは、不可解な事件の捜索隊として投入され現場で偶然出くわすのだが…。

出典:KNTV サーチ

第1話感想

珍しい作品に出会えました!

クオリティの高いクライム捜査ドラマを制作するOCNの作品で、映画のようなダイナミックな展開を楽しめることを期待することができるスタートでした。韓国ドラマとしては初の試みにとなるミリタリー・ミステリー・サスペンスドラマとなるようです。

2020年、北朝鮮との国境近く、DMZ(非武装地帯)で起きた失踪事件が殺人事件となり、軍は特別捜査隊を送り事件の真相を追う、軍隊が舞台となる内容でした。失踪したのは軍人を捜す途中、発見された血痕を調べた結果、怖水病(狂犬病)が見つかります。その後、失踪していた軍人が遺体で発見され、遺体の周辺で目が青い蛍光色で光る未確認の生物を発見することになる主人公のヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)とソン・イェリム(チョン・スジョン)。。。目撃された生物の正体を明かすことになるのでしょうか。



第1話からハラハラさせられ、ドラマが始まってすぐに登場した1997年の銃撃事件が2020年に起きた事件と関係があると、予想できます。1997年、北朝鮮の女性軍人が赤ちゃんを連れ韓国へと亡命を希望し、韓国軍が彼女を確保。しかし、彼女を追ってきた北朝鮮軍と韓国軍が対立。子供だけでも韓国に保護して欲しいと願う北朝鮮の女性軍人、、、緊張感が走る中、誰かが銃を撃ち、銃撃戦へと発展します。今話では銃撃戦が起きたところまで、疑問を呈する展開が描かれました。

一部CGの処理に残念な部分がありましたが、非常に面白く観られたドラマで、個人的には興味をそそる内容となりそうです。

特別捜索チームとして集められた軍人たちの中、ヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)とソン・イェリム(チョン・スジョン)は元恋人だった関係で、この事件が発生したことで再会することになった二人ですが、二人の関係がロマンチックに発展していくのかも楽しみです。

兵長、ヨン・ドンジンを演じるのはチャン・ドンユンですが、2019年放送された「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」では、女性よりもキレイな女装をしたことで長く印象が残った俳優でした。2018年に放送された「テンポガールズ」では高校生役で登場し、出演する作品で見せる顔が役によって変わるところがすごい若手俳優です。

エピローグで、事件が発生する1ヶ月前、DMZ内にある古い建物に入った野良犬が、青い目の何かと遭遇した後、野良犬の目が赤く豹変しました。殺人事件と怖水病(狂犬病)と何か、関係がある。。。クオリティの高いサスペンス展開を期待します。

第2話視聴率3.115%

daisySSさん

第2話あらすじ

野良犬の大群が近づいてくるのを見つけた捜索隊は伝染病を恐れ発砲する。暗闇で混乱する中、何かを追って突然走り出したレオ。レオを案じたドンジンは地雷の表示に一瞬足を止めるがそのままレオを追う。同僚とレオを失ったドンジンは悲しみに暮れる。報告を受けた司令部は北の仕業ではないかと疑い調べ始める。23年前の事件の生存者で、今では軍の司令官になったデシクは、過去の惨事を思い出しながら不吉な予感に包まれる。

出典:KNTV サーチ

第2話感想

正体の分からない生物、、、生き返った軍人、、、DMZで起きた事件の謎、、、特別任務隊が今後、直面することになる問題とは??

第1話と比べて第2話の方が面白かったです。死んだはずの軍人が生き返った時には、近年流行っているゾンビが登場するドラマだったら期待外れかもと、思いました。でも、単純なゾンビドラマにとどまることなく、ストーリーが展開されることになりそうです。ミリタリー要素が満載で、軍人ばかりが登場するドラマを観るのは、2016年放送された「太陽の末裔」以来となり、新鮮に感じます。

パートナーだった軍犬が地雷の爆発で死にました。軍犬兵だったヨン・ドンジン(チャン・ドンユン)が泣くシーンが登場しましたが、心の温かい主人公のようです。緊張感漂うシーンが多い中、ヨン・ドンジンのキャラクターが悪くない。

第1話に登場した1997年の事件、、、DMZで起きた北朝鮮のとの銃撃戦で生き残ったイ・ヒョク(ユ・ソンジュ)という人物が登場し、現在起きている事件との関連性を表しているようです。現在、イ・ヒョク(ユ・ソンジュ)は国民的英雄で、国会議員としてなった人物。

しかし、多くの犠牲者を出した銃撃戦の引き金となった人物でした。彼が撃った銃に反応した北朝鮮軍が発砲、その反射として韓国軍も攻撃をした・・・、でも、何かまだ明かされていないことがこの事件に潜んでいるようです。ミステリー作品なので、謎を紐解いていく過程が面白くなりそうです。

主人公のソン・イェリムを演じているチョン・スジョンは、f (x)のクリスタルとして活躍していたアイドル出身。「ハべクの新婦(原題)」、「刑務所のルールブック」、「プレーヤー」、「相続者たち」に出演し、演技の幅を広げています。エリート女性軍人役が思った以上に似合い、ヨン・ドンジンを演じるチャン・ドンユンとの相性も良さそうです。

遺体で発見されたオ兵長が生き返り、彼女を攻撃する緊迫感あるエンディングを迎え、攻撃を受けたソン・イェリムは、ヨン・ドンジンに連絡をするもつながらない。。。死亡した軍人を調べた結果、怖水病(狂犬病)のウイルスが変異を起こしていることに気づいたソン・イェリム(チョン・スジョン)は、ゾンビのように生き返ったオ兵長から身を守ることができるのでしょうか。

エピローグでは、1997年に亡命を希望した北朝鮮の女性軍人が抱いていた赤ちゃんが、ソン・イェリム(チョン・スジョン)である可能性を示唆するようです。全10話編成のドラマとなっているので、スピード感ある展開が続きそうです。

 

サーチ (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想

サーチ (韓国ドラマ) キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー