サンガプ屋台 9話・10話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

サンガプ屋台 9話・10話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


サンガプ屋台 쌍갑포차 【韓国放送期間】2020年 5月20日から 6月25日まで

第9話視聴率3.139%

hg@さらんさん

第9話あらすじ

世子に首をはねられたウォニョンはウォルジュと世子に復讐してやるといきり立つ。ヨム部長はそうはさせるかと力を使って押さえつける。が、ウォニョンはヨム部長の親心を煽って同情を得る。

マートに出勤したガンべがヨリンとうまく行ってないと知ったジンドンと課長はガンべに駐車場のカート整理をさせる。そこで霊を見て慌てるガンべにヨリンが声をかけると霊は消えていた。

近ごろ夢見の悪いウォルジュは占いをしてもらおうとして、先日のインチキ占い師に再会する。インチキをとがめたウォルジュを追って来た占い師は、いつの頃からか無くなった霊感を取り戻したいと言う。

占い師の霊眼を開けるためクスンに入るが、なぜか霊眼門が開けない。あの世の法律が変わったせいで霊眼門の開け閉めが禁じられたと知る。それと言うのもウォルジュがとある人間の霊眼門を閉めてしまったことが原因だったようだ。

ガンべの霊眼を閉じてやることができなくなったウォルジュは産神に相談。陰の気をまとった者には陽の気を持った人間と合わせれば、調和されると言う。強い陽気を持った鏡面朱砂(きょうめんすさ)の生まれ変わりのような存在でなければならないと。



ガンべは道端で子供を探す母親のビラ配りを手伝い、屋台に連れて来て子供を探してくれるように頼む。ウォルジュらは子供をさらったらしい男を訪ねるが、誰かの手により虫の息だった。命を賭けて男のムスンに入り行方を探し出す。実は男に手をかけたのはオム部長だった。

幽霊に襲われたガンべを助けたオム部長は、ウォルジュらについて謎めいた言葉を残す。ガンべはウォルジュらがガンべの体質改善について話し合うのを聞いてしまう。ウォルジュらまで自分を利用したと失望したガンべは屋台を去ってしまう。

ガンべに会いに来た産神はウォルジュが消滅覚悟で約束を果たそうとしていることを伝え、ガンべは涙をこらえて屋台に戻る。ウォルジュに買い物を頼まれたクィ班長とガンべの背後に、ある女性が足早に近寄り「やっと逢えましたね。世子殿下」と…。

第9話感想

ウォルジュが持つ罪とは、全てに絶望して自ら命を絶った時2つの命を同時に殺した閉まったとのこと。1つは神木で首をくくったためにウォルジュと同時に神木が絶え、もう一つはウォルジュ自身も知らなかったお腹の胎児を殺してしまったこと。ウォルジュには顔も知らないわが子がいたのです。

それだけではなく、その際に神木の怨念が胎児に宿り、その子が転生しても神木の怒りが収まるまでの間、千回でもつらい生を繰り返さなければらなないという衝撃の事実。その子を救うためにウォルジュは、一万人を救う罰を負いました。

それにしても、ヨム部長は怪しいですね。親子の情にほだされたとしても、人を殺すなんてことはあり得ません。ウォニョンが何かをしでかしたのでしょうか。

豆知識:鏡面朱砂(きょうめんすさ)とは、赤色の地下の非常に深いところで生成され、様々な効能がある水銀鉱物の天然辰砂鉱石。漢方薬としても使用される。長い時間をかけて生成されることから、ドラマでは霊物としての扱いで強い陽の気を持つ。

第10話視聴率3.009%

hg@さらんさん

第10話あらすじ

朝鮮時代、世子とウォルジュを引き裂いた王妃の生まれ変わりシン・ジヘ。そして、クィ班長の正体は世子だった。母子の再会と共にジヘは過去の行いをクィ班長に詫びる。クィ班長は閻魔大王の配慮で最後の1年間をウォルジュの元で過ごすことを許されたのだ。

鏡面朱砂がヨリンだと判明、ウォルジュとクィ班長は俄然ガンべを応援し始めガンべとヨリンの「恋愛大作戦」を展開する。しかし、なかなかうまく行かない。

突然屋台を訪ねたジヘに凍りついたウォルジュは冷たい態度で追い返そうとする。ジヘはそんなウォルジュに事情を話そうとする。クィ班長はジヘを連れ出し、昔を蒸し返してつらい思いをさせたくないんだと。

ヨリンは仕事中、大学時代の元カレに声を掛けられ「触ると鳥肌が立つ女」と言われるのを見たガンべ。思わずヨリンの彼氏だと言って、怒って謝罪を要求する。ヨリンは1人になって、ガンべが握った自分の手を見つめる。

ガンべがタッチを避けるのを不審に思ったクィ班長は、ガンべを問い詰めて産神との契約を知る。おかしなことにヨム部長はその話を聞いてほくそ笑む。

ガンべとヨリンはお互いの傷を明かし、とうとうヨリンは勇気を出してつき合うことになる。ウォルジュは大喜びでデートに送り出す。

ジヘはウォルジュにデタラメの悩みを話し始め、ウォルジュはつい同情してしまう。ジヘのムスンに入り込んだウォルジュはそこが自分の生きていた時代で、王妃が自分を退け世子が結婚する場面を見せられる。ムスンに現れたクィ班長がウォルジュを連れ帰る。

クィ班長は閻魔大王にウォルジュの罪を引き受け、ウォルジュには解決したとだけ伝える。ジヘはヨム部長とクィ班長の話が食い違うことに気づき、クィ班長に確めに行こうとした矢先、ヨム部長に憑りついたウォニョンに殺されてしまう。

ヨリンとガンべの仲睦まじい様子を見かけたウォルジュ。ガンべの口説き文句と世子の言葉が重なる。それはクィ班長から教わったと聞いて急ぎ戻って…。

第10話感想

シン・ジヘは数年前に事故に遭ってから、前世の記憶を取り戻したと言います。世子であるクィ班長との再会を喜ぶとともに、世子の思いを受け入れてあげなかったことを悔いていました。しかし、ウォニョンに利用されてウォルジュに本当のことを教えようとします。

それで、クィ班長に相変わらずだと怒られたあげく、この世では母でも子でもないとまで言われてしまいました。母として子供の幸せを願っただけだったのに、ちょっとかわいそうでした。そして、悲しいことにウォニョンに殺されてしまいました。

ちょっと予想がついてはいましたが、やはりヨリンが鏡面朱砂の生まれ変わりでした。似た者同士ベストカップルと言えますね。ヤキモキしましたが、やっとくっついてくれてめでたいです。一方、最後まで招待を隠し通そうとするクィ班長ですが、ウォルジュはガンべの口説き文句で気づきました。それって、忘れられないくらい愛してる証拠でしょうね。

サンガプ屋台 11話・12話(最終回) あらすじと感想

サンガプ屋台 キャスト・相関図 全話あらすじ・感想 視聴率

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー