インターンは元上司!? 1話・2話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

インターンは元上司!? 1話・2話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


インターンは元上司!? コンデインターン 꼰대인턴 Kkondae Intern 2020年放送 MBC 全24回 (12話 )

第1話視聴率4.4% 6.5%

第1話あらすじ

オンゴル食品の部長であるイ・マンシクは、インターンのヨルチャンを嫌ってパワハラをしていた。ヨルチャンは何もできず、ただ耐える日々を過ごす。そんな中、マンシクに命じられたヨルチャンがコムタン専門店に行ったところ、首をつった状態の店主を発見する。どうにか自殺を止めたヨルチャンは、店主にマンシクが店のレシピノートを盗んだと聞いて…。

出典:KNTV コンデインターン

daisySSさん

第1話感想

「マン・ツ・マン~君だけのボディーガード~」や「恋はチーズ・インザ・トラップ」に出演したパク・ヘジン主演の最新作!

食品会社を舞台にしたコミカルなドラマ!タイトルになっている「コンデ」の意味は、偉そうに振る舞う年配者をバカにするときに使う隠語ですが、「若手の気持ちを理解しない自己中心的な人物の意味を含む表現です。

2015年、インターンとして入社したカ・ヨルチャン(パク・ヘジン)は、配属された部署のコンデ(自分の考えを強要し、偉そうに振る舞う)上司にあたるイ・マンシク(キム・ウンス)に、さんざん精神的にも肉体的にもいじめられ。。。しかし、会社の上司との関係に疲れ果てたカ・ヨルチャンが会社を辞めるきっかけになる大きな事件が起きます。



会社が発売した食品をめぐって著作権の争いをしていた食堂の対応に回されたカ・ヨルチャンは、食堂のオーナーが自殺を図ろうとする場面に遭遇し話しを聞いているうちに、上司イ・マルシクが食堂に伝わるレシピブックを盗んだことを知ります。

しかし、彼がお店を去った後、食堂のオーナーは自ら命を絶ち、カ・ヨンチャンは処分を受けることになります。会社の副社長とイ・マンシクはレシピブックを盗み出して商品を開発したことを知るカ・ヨンチャンが目障りな存在になり、彼を退職に追い込むためのイ・マンシクの更なるパワハラが始まります。上司のイ・マンシクを告発しようとしますが、失敗に終わり結局、会社に辞表を提出したカ・ヨンチャン。その後、辛い時間を過ごしたことから自殺を図ろうとしますが、彼を心配した母からのメールにとどまり、、、人生をやり直す決心を固めます。

5年後、ジュンス食品のマーケティング営業チーム長を務めるほど、出世したカ・ヨンチャンは、過去イ・マンシクからパワハラを受けたことから、部下たちには理想的な上司。。。成功したサラリーマン人生を送っているカ・ヨンチャンは次々に成功をおさめます。

一方、レシピブックまで盗み会社のために貢献したイ・マンシクは、部長から昇進することなく、退職を余儀なく追い込まれます。退職した後、警備員として働き始めたイ・マンシクは慣れない仕事で、苦戦中。

新たなインターンたちがカ・ヨンチャンのチームに加わり、インターンたちを迎え入れたカ・ヨンチャンは驚きを隠せない。。。シニアインターンとして入社したのがイ・マンシクだったからでした。彼がシニアインターンになったのは、ジュンス食品の跡取りナムグン・ジュンス(パク・ギウン)の計略の一つ。カ・ヨンチャンの成功に嫉妬し、わざと彼を採用したことで、今後とんでもない職場物語が生まれることになるのでしょうか。

第2話視聴率3.5% 4.7%

第2話あらすじ

オンゴル食品を辞めたヨルチャンは、ジュンス食品に転職する。そこで商品化した“激辛鶏焼きそば”がヒットし、マーケティング営業チームの部長として活躍中だ。そんな中インターン3人が配属されるが、その中の1人がマンシクだった。再会した2人は驚きを隠せないが、これはジュンス食品の社長であるナムグン・ジュンスが、ヨルチャンを蹴落とそうと仕組んだワナで…。

出典:KNTV コンデインターン

daisySSさん

第2話感想

イ・マンシク(キム・ウンス)をシニアインターンとして採用したのは、カ・ヨルチャン(パク・ヘジン)を警戒するナムグン・ジュンス(パク・ギウン)が、彼を失脚させるためでした。イ・マンシクの採用が決まったことから、「僕の下で働けますか。」の問いに、働けない理由はないと強がるイ・マンシク。他のインターンと同じ待遇をすると語るカ・ヨンチョルの言葉に最後まで強気な姿に、今後、イ・マンシクのコンデぶりを見ることができるのか、楽しみになりました。

5年後立場が逆転した二人の関係は、果たしてどのようにストーリーを盛り上げていくのでしょうかね。シニアインターンのイ・マンシクの指導を担当することになったのはチーム長のカ・ヨンチャン!ヨンチャンは過去、いじめられた時と同じ方法で彼に接し。。。ナムグン・ジュンス(パク・ギウン)から何があっても、カ・ヨンチャンが成功をおさめるのを止めさせるようにと、ミッションを受けたイ・マンシクは、彼の仕事の邪魔をするために張り切ります。

中国バイヤーとの重要な打ち合わせを邪魔するつもりのイ・マンシク・・・、しかし、食事中にのどに食べ物を詰まらせた中国バイヤーの命を助けたことで、契約を結ぶ結果となります。イ・マンシクのおかげで無事に契約に結び付けることができましたが、ナムグン・ジュンスの派閥側からすると、予想外の結果を出したことに戸惑います。

イ・マンシクをいじめてインターンを辞めさせるつもりのカ・ヨンチャンですが、彼の計画は思った方向に進まず、他のチームメンバーにまで負担を背負わせる結果になっていくことに戸惑うカ・ヨンチョル。。。このままだと彼自身がコンデ上司になってしまう状況、今後はやり方を変えてイ・マンシクから辞表を提出するよう持っていくのでしょうか。

まだ始まった図りですが、かなりシチュエーションの設定が面白く、流れも悪くないので面白いです。キム・ウンスが演じるイ・マンシクのキャラクターは何処にでもいそうな中年の男性上司のイメージでリアル感あります。ただ、現実的にはパワハラを笑って見逃すことは出来ないので、今後、イ・アンシクとカ・ヨンチャンの両方の立場からお互いを理解する展開になるのか、単純にシニアインターンイ・マンシクの会社サバイバルを描くドラマになるのかは、まだ明確でないのでオチのある展開を期待します。

思った以上にカ・ヨンチャンとイ・マンシクの関係が悪くないところが、二人の関係が変れる余地あり!!

インターンは元上司!? 3話・4話 あらすじと感想

インターンは元上司!? キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率 

 


「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー