コンデインターン キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率 




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】

●KNTV(2020/11/25から)水・木曜日7時から 字幕

●【日本初放送】KNTV(2020/9/28から)月曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2020年 5月20日から 6月25日まで

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

コンデインターン

꼰대인턴 Kkondae Intern
2020年放送 MBC 全24回 (12話 )

視聴率

第1回4.4%  平均視聴率 5.03% 시청률 最低視聴率第3回3.5% 最高視聴率第14回7.1%

出典:MBC 꼰대인턴

あらすじ

最悪のコンデ(説教好きな人を指す隠語)部長を部下社員として迎えることになった男の痛快な復讐劇を描くオフィスコメディー

大手企業ジュンス食品で働くヨルチャン(パク・へジン)は優秀な実力でヒット商品‘激辛鶏焼きそば’を生み出し、部長にスピード昇進。優しく部下想いで皆から慕われていた。だがそんなヨルチャンにはある過去が…。

5年前、競合会社のオンゴルでインターン時代にクセの強いパワハラ上司、マンシク(キム・ウンス)のイジメに遭い泣く泣く退職。再起を誓ったのだった。そして見事ジュンス食品で成功したヨルチャンの前に、ある日インターンたちが入社してくる。だがそのうちの1人は忘れもしないマンシクだった!実はマンシクはオンゴルをクビになり、ジュンス食品で役員を務める友人の紹介でシニアインターンとなったのだった。上下関係が逆転した再会に驚く2人。家族の手前、仕事を辞められないマンシクと、マンシクに復讐を誓うヨルチャン。2人の男のラーメンよりも熱いバトルが始まる!

出典:KNTV コンデインターン

相関図

出典:http://www.imbc.com/

 

キャスト

主要人物

パク・ヘジン カ・ヨルチャン役(男、35歳)
(旧)オンゴル食品事業部マーケティング営業チームのインターン。
(現)ジュンス食品のマーケティング営業本部マーケティングセールスチームチーム長/役職:部長
大韓民国の経済成長率が2%を取った2015年、ジュンス食品にインターンとして入社。入社すぐ『ハッダク麺役』を開発して、一気に部長に昇進した。体も、心も、頭の回転も速い! 2倍速で人生を生きる。

キム・ウンス イ・マンシク役(男、61歳)
(旧)オンゴル食品事業部マーケティング営業チームチーム長(役職:部長)
(現)ジュンス食品のマーケティング営業本部マーケティング営業チームシニアインターン
ラーメン業界で奥手だったオンゴル食品が業界1位に定着するまでのすべての歴史を体験した生き証人。新婚旅行中、子供が病気でも、家族が亡くなっても、会社に飛び出して行き、ただ会社に夢中になった。その30年勤務したオンゴル食品で、役員昇進を控えて希望退職をさせられる。中等学校の同期であり、同種業界に勤務しているアン・サンジョンの勧誘で、ジュンス食品シニアインターンシップを受験、合格する。

 

ハン・ジウン イ・テリ役(女、28歳)ジュンス食品のマーケティング営業本部マーケティング営業チームのインターン。流行している物は、一度食べてみて、着てみなければ気がすまない。ただし、ファッションと食べることのみであり、また一テンポずつ遅れる感があり、やぼったい。

パク・ギウン ナムグン・ジュンス役(男、33歳)ジュンス食品代表取締役。ジュンスグループのナムグン会長の一人息子であり、父の許しなしには何もできない。クールで、人を無視する傍若無人な社長。

 

マーケティング営業チーム

ノ・ジョンヒョン チュ・ユンス役(男、29歳)ジュンス食品のマーケティング営業チームのインターン。「さつまいも」の象徴。食品全般の情報力に優れるが、愛想のない性格で、組織とうまくいかない。

パク・アイン タク・ジョンウン役(女、33歳)ジュンス食品のマーケティング営業チーム員(契約5年目)。従業員の95%が正社員であるジュンス食品の5%の契約社員。自分の地位を脅かすのではと、インターンは無視して警戒してみる。インターンのトイレに行く回数、盗んだミックスコーヒーの数まで記録するなど、鳥肌が立つ趣味がある。

コ・ゴンハン オ・ドングン役(男、36歳)ジュンス食品のマーケティング営業チーム代理(入社7年目)。育児パパ。

ホン・スンボム キム・スンジン役(男、29歳)ジュンス食品のマーケティング営業チーム社員(入社1年目)。仕事の処理が早く、適度に上司にご機嫌取りもする、スマートな新入社員。飲み会の誘いでもあれば、一週間前から承諾メールを送信し、ヨルチャンをチーム長として愛する。

 

 

キム・ソニョン ク・ジャスク役(女、50歳)ジュンス食品のマネージングディレクター。工場の経理から始めて専務まで上がった。絶対に野望を見せたり、他人の悪口をせずに、心の中を徹底的に隠す。家族まで捨てながら手にした権力への欲から、自分を超えた部下、ヨルチャンは恐怖。

ソン・ジョンハク アン・サンジョン役(男、61歳)ジュンス食品のマーケティング営業本部本部長。肩書きは本部長だが、過剰忠誠が特徴の、ナムグン社長の手先だ。マンシクの長年の友人であり、ライバル。

コ・インボム ナムグン・ピョ会長役
(男、77歳)ジュンスグループ会長。別名、王会長。20代前半、韓国初のラーメンを作ったラーメンの父。特有の掌握力で人の政治に長けており、臨機応変で危機に強い。虎のような風体と力強い笑い声で、大衆が願う多情多感な企業家に急変するブランドマーケティングの天才。

 

シニアインターン

キム・ギチョン オム・ハンギル役(男、62歳)ジュンス食品のセキュリティチームシニアインターン。マンシクとは、再就職ができず、公園を転々としていた時代から縁があった友人で同期。再び働くことができるスペースでなんとか生き残ろうと、シニアインターンとして熱心派。

ムン・スク オク・ギョンイ役(女、72歳)ジュンス食品社長秘書シニアインターン。息子ジュンスのために、ナムグン会長が「社長室のシニアインターンで人生をささげなさい」と抜擢した最高齢シニアインターン。

 

マンシクの家族

チョン・ギョンスン コ・ソンニョ役(女、57歳)マンシクの妻。生涯会社しか知らなかったマンシクに献身的で、取りまとめることが得意な内助の女王。

 

ヨルチャンの家族

ジェオン・グクヒャン ヨル・ジンモ役(女、63歳)早くこの世を去ったヨルチャンの父の代わりにヨルチャンを守った強靭な支えである。

ヨンタク チャ・ヨンソク課長 (カメオ出演)

 

画像出典:http://www.imbc.com/

スタッフ /脚本:シン・ソラ、演出:ナム・ソンウ、制作:スタジオHIM
OST:No.1 ヨンタク – コンデラテ
作成:え

話数ごとのあらすじと感想



●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

 

daisySSさん
コンデインターン 1話・2話 あらすじと感想
コンデインターン 3話・4話 あらすじと感想
コンデインターン 5話・6話 あらすじと感想
コンデインターン 7話・8話 あらすじと感想
コンデインターン 9話・10話 あらすじと感想
コンデインターン 11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

コンデ上司?それは何?と疑問に思うなら絶対に見逃せないオフィスドラマ!

ユーモア溢れるオフィスドラマを発見!

パク・ヘジンが演じるカ・ヨルチャンとキム・ウンスが演じるイ・マンシクの関係が発展していく姿が本当に面白いので、オフィスドラマが好きな方には絶対にお薦めしたい作品です。この二人のブロマンスがみられるのも最大の魅力ポイントです。

初めの職場では、コンデ(自分の考えを強要し、偉そうに振る舞う)上司だったイ・マンシク(キム・ウンス)と仕事まだ慣れていないインターンだったカ・ヨルチャン(パク・ヘジン)!カ・ヨルチャンの人生を変えるほどの出来事を経験してから5年が過ぎ、新たな会社で再会した二人。今度は、カ・ヨルチャン(パク・ヘジン)が理想的な上司で、イ・マンシク(キム・ウンス)は元の仕事を解雇され、シニアインターンとして新たに入社した新入社員!

絶対にやっていけないと思っていたこの二人の新たな関係は、多くのハプニングを経験していくうちにお互いの本当の姿を見ることになり、我が強かったイ・マンシクは徐々に丸く対応できる性格に変り、逆に上司の立場になったカ・ヨルチャン(パク・ヘジン)が徐々にコンデぶりを見せるところが面白かったです。このドラマを通じてコンデを様々な意味で解釈することができると気づきました。

結局、先入観も「コンデ」の一つだったようで、カ・ヨルチャンは新たに仕事をすることになったインターン3人に対して、仕事ができない・・・などと初めから決めつけていた自分に気づくエピソードでは共感できるものもありました。ただ笑えるコミカルなドラマというよりは、韓国の就職難や職場環境、上下関係等、、、リーダーの存在の大きさに気づかされました。正しく導いてくれる上司がいるだけで、本当にラッキーな職場で働いていると思えるのではないでしょうか。

「マン・ツ・マン~君だけのボディーガード~」や「恋はチーズ・インザ・トラップ」に出演したパク・ヘジン主演の最新作ですが、イケメン俳優のイメージが強く残っていましたが、このドラマに登場するカ・ヨルチャンのイメージそのもの。ちょっと嫌な上司役のイ・マンシクが演じるキム・ウンスの演技もよく、二人のケミストリーが最高でした。

コミカルなドラマが好きな方、韓国ドラマが好きな方、笑いたい方、難しく重いオフィスドラマではなく軽く観られる内容となっているので、最終話まで愉快な気分になれると思います。個人的には全く期待しないで視聴して、大当たりした作品でした。ちょっとしたドキドキもあり、ハラハラ感もあり、本当に面白かったです。






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー