グッドキャスティング 3話・4話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

グッドキャスティング 굿캐스팅 2020年放送 SBS 全16話 【韓国放送期間】2020年 4月27日から6月16日

第3話視聴率 8.5% 9.8%

第3話あらすじ

ソクホは社長秘書として来た「ジャンミ」が「チャンミ」に思えてならない。チャンミはソクホの家庭教師で初恋の相手だったのだ。チャンミはソクホのことを思い出しつつも、自分は「ジャンミ」だと言い張った。一方、研究所のオク所長は、ミョン専務に言われ2次研究資料をコピーし渡す準備をする。それを止めるために研究所に忍び込んだミスンは、通気口内で挟まり出られなくなってしまった。チャンミとイェウンが助けに行くが…。

出典:https://kntv.jp/program/kn200802/

daisySSさん

第3話感想

瞬発力を働かせ換気口に隠れたファン・ミスン(キム・チヨン)は、脱出を図りますがうまくいかず、、、最新機器を使いこなせない少しオールドファッションなタイプのエージェント?Wi-Fiを拾えないのか設定ができないのか、換気口からも出られずドタバタするところが面白かったです。出口を見つけたものの、体が排気口の入り口に挟まり、出られな。

イム・イェウン(ユ・イニョン)が彼女の位置を把握し無事に脱出に成功しました!一方、突然戻ってきたユン・ソクホ(イ・サンヨプ)は、ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)を疑いもしないようで、チャンミも危機を乗り越えます。ただ、ユン・ソクホの赤いバックを見て過去、大学生だった時の彼を思い出したのでしょうか。

伝説のエージェントが集まったチームのはずが、能力を十分に発揮できていないし、少し幼稚なギャグスタイルなのかなぁ。全体的には面白い展開でした。

ミョン・ゲチョル(ウ・ヒョン)の右腕タク・サンギ(イ・サンフン)はク秘書にペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)に関して調べさせます。新たに秘書室に入社したペク・チャンミに注目した特別な理由があるのかは、まだ明らかになりませんでした。

調べた結果、ペク・チャンミが偽名を使って入社したことを知ったク秘書は、タク・サンギにそのことを報告します。エレベーターでチャンミと一緒になったタク。サンギは不気味そうに笑い、緊張する展開を迎え今話が終わりました。国家情報院のエージェントであることが明かされるのでしょうか。

ミョン・ゲチョル(ウ・ヒョン)は情報を海外に持ち出す新たな計画を練っているようで、カン・ウウォン(イ・ジュヨン)が台湾で開かれるイベントに参加する際に持ち出すようです。情報を持ち出したのは韓流スターのカン・ウウォン(イ・ジュヨン)ではなく、もしかしてマネージャーなのでしょうか。

ク秘書はマネージャーのピ・ホンチョルを尾行、写真を撮影するなど、、、もしかして彼はタク・サンギ(イ・サンフン)の命令で動いているのではなく、第3の人物がいるのか、マイケル・リの正体を明かすためには重要な人物となるのか、気になります。

ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)だけではなく、ファン・ミスン(キム・チヨン)も危険な状況に再び陥るのでしょうか。早くオフィスを出るように伝えるチャンミのメッセージに気づかないファン・ミスン。。。彼女が登場すると笑いはありますが、ハラハラします。

まさかこんなに早くエージェントであることがバレてしまう??



第4話視聴率8.7% 11.1%

第4話あらすじ

マイケルと同じブランドのスカーフをしているタク本部長をマイケルだと疑い、チャンミはタク本部長を調べようとしていた。しかしタク本部長に「社長秘書ジャンミ」が実はペク・チャンミで国家情報院の要員だとバレてしまう。一方、ウウォンのマネージャー、チョルウンはカネのために2次研究資料の入ったチップを持って台湾で取り引きをすることになっていたが…。

出典:https://kntv.jp/program/kn200802/

daisySSさん

第4話感想

ク秘書からペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)が国家情報院のエージェントであることを知らされたタク・サンギ(イ・サンフン)は彼女に近づこうとしますが、対立関係にあるユン・ソクホ(イ・サンヨプ)は、彼女に興味を持つタク・サンギが気に入らない様子。

タク・サンギの部屋で手がかりを探していたファン・ミスン(キム・チヨン)は彼が残したメモを発見します。レッドパープルという場所で誰かと接触すると確信したチャンミとミスンは、レッドパープルに侵入を図ります。監視カメラと予約スケジュールを確認したチャンミは、既に彼が訪れたことを確認。

チャンミの正体を知りながらもミョン・ゲチョル(ウ・ヒョン)への報告を保留したタク・サンギは、情報が入った時計を持ってマネージャーのピ・ホンチョルが姿を消すと焦りを見せます。上司に報告しない理由は、彼が裏切る可能性があるのでしょうか。マイケル・リが身に着けていたスカーフと同じブランドの物を持っていることから彼をマイケルだと疑うペク・チャンミ。

イルグァンハイテックとカン・ウウォン(イ・ジュヨン)の再契約を任されたイム・イェウン(ユ・イニョン)は、ミッションを成功させるためにも再契約を必ず成功させる必要があります。エピローグを見たところ、カン・ウウォンはイム・イェウンに興味を持ち始めたようで、二人のラブラインが描かれるような展開??マネージャーピ・ホンチョルが姿を消したことでク秘書がカン・ウウォンの自宅に侵入し、間違ってカン・ウウォンを拉致します。イム・イェウンまで一緒に拉致されて。。。

マネージャーピ・ホンチョルの顔を知らないのか、カン・ウウォンに時計の在りかを尋ね、答えられない彼の頭を打撃し気を失ってしまった状況、、、イム・イェウンが発したSOSを探知して助けるためのチャンミとミスンが駆け付けます。伝説のエージェントという設定ですが、カッコいいというよりは面白い感じが強いです。

二人の救出は成功しますが、逃げようとするク秘書(ハン・スジン)に銃を向け止めるドン・グァンス(イ・ジョンヒョク)。しかし、ク秘書は強かったです!ドン・グァンスの銃を奪うことに成功し、彼の胸に向けて発砲。ドン・グァンスが銃撃をうけ倒れた姿が。。。彼は助かるのでしょうか。

ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)へのユン・ソクホ(イ・サンヨプ)の初恋のストーリーも紹介されました。初めての出会いからバスで起きたハプニングが描かれ、ソクホの家庭教師として現れたペク・チャンミ。彼が恋に落ちる瞬間が描かれ、今後同じ相手だと気づかず再び恋に落ちる設定なのか、ありきたりな展開になったとしても悪くないと思いました。

グッドキャスティング 5話・6話 あらすじと感想

グッドキャスティング キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

 






11月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー