グッドキャスティング 13話・14話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

グッドキャスティング 굿캐스팅 2020年放送 SBS 全16話 【韓国放送期間】2020年 4月27日から6月16日

第13話視聴率 6.1% 8.4%

第13話あらすじ

国家情報院で取り調べを受けていたグクファンは出前に毒を盛られ毒殺された。一命を取りとめたチャンミは、その男の手にMの入れ墨があるのを見て、マイケルとの関連を疑う。ソクホは、チャンミがまだ病院にいるにもかかわらず仕事をさせるグァンスに腹を立てる。そして病院を飛び出したチャンミを追いかけて…。一方、オク所長は3次研究の資料をチップに入れてミョン専務に渡すよう頼まれるが…。

出典:https://kntv.jp/program/kn200802/

daisySSさん

第13話感想

毒を飲まされ死亡したはずのソ・グクファン(チョン・インギ)が生きていた!マイケル・リの正体を明かすために、必ず必要な情報を彼が握っていると読んだドン・グァンス(イ・ジョンヒョク)が彼を助け、隠れ家で保護します。ミョン・ゲチョル(ウ・ヒョン)は唯一の証人となるソ・グクファンが死亡したことで、後にオク・チョルまでも消す計画。一方のオク・チョルはミョン・ゲチョルに多額を要求します。

ユン・ソクホ(イ・サンヨプ)の父がミョン・ゲチョルの名簿のせいで亡くなったことを知った、ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)はそっと彼の手を握り、二人の感情も深まりつつある。過去のエピソードと現在と交差して描かれる二人のロマンスは今後どのような展開を迎えることになるのでしょうか。

帳簿を盗まれたミョン・ゲチョルは、取り戻そうとすることなく妙な発言をします。一つを失ってもう一つを得る、、、帳簿だけではなく隠された何かがある?帳簿よりももっと重要な何かが隠されているということでしょうね。それが何か?はまだ明かされていませんが、アージェントたちもマイケル・リの正体を明かすための重要な証拠品が別当隠されていることに気づき、捜査を続けます。

注目していたイム・イェウン(ユ・イニョン)とカン・ウウォン(イ・ジュヨン)の関係、、、前話からイム・イェウンに恋していることをまだ本人は気づいていないカン・ウウォンは、眠れず食べられずの日々。ついにその理由を知ることになります!

イム・イェウンに恋していることを認めた瞬間、気分が楽になる。一方、イム・イェウンは契約の件が上手くいかず、会社を首になります。彼女への気持ちを隠せないカン・ウウォン・・・、そして失っていた記憶が突如戻ります。彼の記憶が戻ったことで、彼女を担当者として希望するカン・ウウォンの要求で、再び会社に戻ることになったイム・イェウン。この二人、妙に似合っていてロマンスが発展する姿も、可愛いです。

マイケル・リという人物の裏にいる大物とは誰なのでしょうか。簡単に人の命を狙ってまで守ろうとするミョン・ゲチョルの秘密とは?マイケルの正体は予想していた通り、第15話あたりで明らかになりそうなので、まだまだ彼を断定する捜査は続く。秘書のビョン・ウソクの過去が少し明かされました。軍人、傭兵出身で会長のSPだったビョン・ウソクは、殺人の容疑までかけられた過去がありました。会長を守る過程ではめられたのか、今後も注目したい人物の一人です。

ソ・グクファン(チョン・インギ)が生きていることを知ったミョン・ゲチョルが、彼の命を再び狙う。。。



第14話視聴率 6.7% 8.5%

第14話あらすじ

グクファンは実は生きていた。そしてミョン専務をおびき出すおとりとなるとみずから提案して、チャンミたちはミョン専務を捕まえることに成功する。しかし、グクファンはその場から姿を消してしまっていた。誰に連れ去られたのか分からないチャンミらは、チョルウンを殺した“ホワイト洗濯”のバンが関わっていることを突き止める。そのころひょんなことから、マイケルが口ずさんでいた歌から、あることを思い出したチャンミは…。

出典:https://kntv.jp/program/kn200802/

daisySSさん

第14話感想

ミョン・ゲチョルを逮捕するため自分を使っておとり捜査をするよう持ち掛けたソ・グクファン(チョン・インギ)の計画を押し付けるドン・グァンス(イ・ジョンヒョク)。ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)は彼を信頼するのは危険すぎると反対しますが、ミョン・ゲチョルを逮捕するほかの方法がない状況。作戦通りにミョン・ゲチョルを逮捕することに成功します。しかし、マイケルを知る最も重要な人物ソ・グクファン(チョン・インギ)は情報を持ったまま逃走。

これまで登場したMのタトゥーをした男たちやホワイトカラーという名前でメールを送信し続ける男?それともグループなのかは明確ではないですが、この存在がマイケル・リと深く関わっていることは明らかです。

今話でも最も面白いと思ったのは、イム・イェウンとカン・ウウォン(イ・ジュヨン)の関係でした。彼女に恋するカン・ウウォンは、初めは写真で朝晩の報告等、様々な要求をしますが、徐々に彼女と一緒にいたい気持ちを抑えきれず、理由をつけては自宅に呼ぶ。。。さりげなく気持ちを伝えるものの、肝心のイム・イェウンは全く彼の気持ちに気づいていない。

結婚していたからと言って恋愛上手とは限らないので、少しうぶなキャラクターのイム・イェウン。全く反応のない彼女に、ついに異性として気になることを告白したカン・ウウォン。彼の言葉を聞いた彼女は心臓がバクバクし、ドキドキする気持ちに戸惑います。彼女もカン・ウウォンに恋しているようなので、今後の二人のドキドキするラブストーリーに高期待!

ずっと気になることがあったチャンミは自宅に戻ると一枚のCDを確認します。オク・チョルの研究室で見たものと同じCD・・・、その後、倉庫で起きた爆破事件の背景にオク・チョルがいることに気づくチャンミ。

海外に逃亡する計画のソ・グクファン(チョン・インギ)は、飛行機に乗るとすべてから逃げきれると、少し安堵の表情を浮かべます。しかし、後ろから彼を攻撃する人物、、、「そうだよ。僕だよ。マイケル」と語る声の持ち主はオク・チョル。

ええ??オク・チョルがマイケル?第15話あたりでマイケルの正体が明かされると思いましたが、第14話のエンディングに登場したマイケルの正体は、不気味な微笑みを浮かべるオク・チョルでした。ミョン・ゲチョルもオク・チョルが誰なのか知らなかったということでしょうか。

エージェントたちもソ・グクファン(チョン・インギ)と並んで重要な人物としてマークしていたオク・チョルが3年前の事件のマイケルだった!

グッドキャスティング 15話・16話(最終回) あらすじと感想

グッドキャスティング キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

 






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー