オー・マイ・ベイビー 9話・10話 あらすじと感想


オー・マイ・ベイビー 오 마이 베이비 Oh! My Baby 2020年放送 tvN 全16話 【韓国放送期間】2020年5月13日から7月2日

第9話視聴率1.577%

daisySSさん

第9話あらすじ

キスの後、お互いの気持ちを確認し合ったチャン・ハリ(チャン・ナラ)とハン・イサン(コジュン)。これまでハリへの気持ちを抑え続けたイサンは、もうこれ以上自分の気持ちを伝えずにはいられないと告白。二人が一緒にいる姿を目撃したユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)は、恐れていたことが起きたとショックを隠しきれない。

翌日からカップルとなったハリとイサンは、ラブラブモード。朝からハリを職場まで送るため迎えに来たイサンは、彼女への気持ちを言葉にして表現。。。二人が一緒に居る姿を再び目撃したジェヨンは不満を込めた発言をします。二人の恋愛を秘密にするつもりが、お互いを接する姿から二人が恋していることに気づく出版社の部下たち。出版社内ではハリとイサンが付き合っていることを応援する雰囲気で、ハリの恋愛を応援します。

10年ぶりに恋することに成功したハリ、、、しかし、仕事では会社を退社する危機を迎えます。突然編集長が退社したことで、編集長の座が空席になった状況。しかし、ハリが事件を起こしたことで読者離れしているとの理由から、彼女を編集長に昇進させることなく編集著補佐として働かせ、外から新しい編集長を迎え入れることになります。長年ハリと一緒に働いてきた部長は、ハリが編集長になるべきだと考えながらもハリの味方にはなれない状況。。。

雑誌「ザ・ベイビー」への愛情から15年間頑張ってきたハリは、大きな決断を下します。辞表を提出したハリ。編集長が空席でハリもいないとなると仕事に支障が生じることから本部長は条件付きでハリを編集長に昇進させることに。。。ハリが離れてしまった読者を呼び戻すことに成功すると、編集長に昇進させるとの条件に、成功させるためハリのチームが一貫となってイベントを準備します。

直接ハリが対応する形で雑誌から離れていった読者に、雑誌を作る側としての気持にプラス、母になりたいと願う彼女の気持ちまでアピールすることに成功し、ハリは念願だった編集長に就任することになります。

一方、ハン・イサン(コジュン)はクリニックを訪れ不妊治療を受ける決心を伝えます。医師はパートナーにも彼の意思を伝える必要があるとアドバイス。イサンは彼女に正直に伝える決心をし、ハリも編集長になった喜びを伝えるため急いで彼のもとに向かいます。ハリを見つめるイサンの顔には微笑みが浮かび、ハリもイサンに愛情を込めた眼差しで見つめ、ハリに愛の告白をするイサン。。。

第9話感想

ハン・イサンとハリのラブラブな恋の始まり!!

イサンとの恋が叶い幸せいっぱいのハリは、仕事面で迎えた危機も無事に乗り越え、編集長に昇進しました。精子を売買して妊娠しようとしたことがニュースとなり、辛い時間を過ごしましたが、コラムなどを通じてハリがしようとしたことが決して軽い気持ちからではなかったことが伝わった結果だと思いました。

二人が恋人になったことで焦るユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)の気持が描かれました。キム・ウニョンは彼がハリに恋していることい気づいたようで、ハリに気持ちがバレないよう注意をすることから、ジェヨンが告白しても二人が結ばれることはやはりなさそう。。。分かっていながらもハリへのジェヨンの気持は大きくなっていくのでしょうね。今の関係を維持するために努力するように見えますが、元妻によってジェヨンがハリに恋していることバレてしまうことにならないことを願います。子のままだと、いつまでもハリの実家でジェヨンが生活することができなくなりそうです。

偶然、ハリの母と知り合ったハン・イサン・・・、ハリの母はイサが気に入った様子で、彼に恋人がいることを聞くとガッカリした表情を浮かべました。まだ、ハリの恋人がイサンだとは知らないので、今後の展開に期待が高まります。

イサンとハリが付き合っていることにチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)はまだ気づいていない??内緒で彼女の指のサイズを図る姿から、本気でハリにプロポーズする計画のように見えました。チェガン・ウトゥムはハリが精子だけの提供を望ことは知らず、彼と結婚したいと勘違いしたまま。。。指輪を買う前に既にイサンと付き合っていることに気づいて欲しいです。

不妊治療を受けることになったイサン。数か月間のホルモン治療が始まり、、、数年かかる可能性があるにもかかわらず、ハリのために頑張ろうとする姿、、、素敵です。ただ、子供が欲しい彼女はどのような選択をすることになるのでしょう。




第10話視聴率2.004%

daisySSさん

第10話あらすじ

編集長になったチャン・ハリ(チャン・ナラ)は締め切りに追われる忙しい毎日を送り、少しでも彼女と過ごす時間を持つためハン・イサン(コジュン)は彼女の送り迎えを始めます。締め切りが終わった夜、自宅の蛍光灯の交換をお願いするハリ、、、しかし、現れたイサンを見るとユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)の警戒心が爆発し、イサンはそのまま帰ることになります。

今後は育児に専念すると語るジェヨンの言葉が終わる前に、締め切りに追われ睡眠不足のため、眠りに落ちてしまったハリ。そんな彼女を見つめるジェヨンの気持は複雑。

一方、イサンは自分が子供を嫌いだと思うハリに本当のことが説明できず悩み始めます。ハリへの気持が大きいだけに、自分が離せない秘密を彼女が知った時のショックの大きさを気にする。ハリへのプロポーズを真剣に考えているチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)は、強引にハリに待ち合わせの場所に来るよう伝えると、指輪を買って現れる。しかし、約束したカフェにはハリとイサンが一緒に居て、、二人が手をつないでいるところを発見すると何が起きたのか把握できず。。。

ハリとイサンが付き合っていることを打ち明けられたチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)は、指輪を渡すことができず、まさかの展開にガッカリ。その頃、チェガン・ウトゥムのプロポーズを待っていたチェ・ヒョジュ記者。自分にプロポーズしてくれるものだと勘違いしていた彼女は、チェガン・ウトゥムのプロポーズの相手が自分ではないと知ると強いショックを受けます。

ハリと過ごす時間が楽しいイサンは、彼女が何を望んでいるのかを知りながらも、秘密を離せず先が進めない状況。しかし、ハリが積極的になりイサンの自宅を訪れます。二人だけの時間を過ごすため、、、期待を込めて見つめるハリ。しかし、マンションで起きたハプニングのせいで、ハリとイサンはキスすらできず。。。

子宮内膜症の治療のために手術をすすめる医師に、パートナーがいることを伝えたハリは、治療よりも出産を優先したい気持ちを伝えます。時間が限られていることから誘発剤を使った妊娠を進める医師の言葉に決心を固めるハリ。

雑誌の仕事で一緒になったイサンにハリはずっと気になっていたことを尋ねます。子供嫌いだったイサンが子供に興味を持ち始めた理由が自分にあるのかを尋ねるハリを見つめるイサン。彼女の言葉に悩む様子のイサンは、子供が望めないことを伝えます。

第10話感想

子供が欲しいチャン・ハリと子供が望めないハン・イサン・・・、もどかしい展開になりました。二人のロマンスは前向きに進みましたが、待つ時間がないハリが今話のエンディングに真剣なプロポーズ!これまでは単純に子供が欲しいだけだったとすれば、好きな人と子供が欲しいと望むよウになったハリ。妊娠誘発剤を使って、急いで妊娠した気持ち。

一方のイサンは、不妊治療のことをハリにまだ打ち明けられず悩む姿がところどころ登場しました。イサンのセリフをよく聞くと、彼が無意識のうちにハリに伝えようとする気持ちが込められているように感じます。今話の最後、悩んだ末本当のことを打ち明けたイサン。これからこのドラマの山場が訪れるのでしょうか。選択に迫られるハリ、、、そして自分のハリへの気持に気づいたユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)。

このドラマ本来の方向からすると、結婚をスキップして出産するために奮闘する女性のストーリーですが、恋愛、結婚、出産を切り離して考えることができない展開になりました。酷く嫉妬するジェヨンの姿と、彼がハリに恋していることに気づいたハリの母。ハリの母にアドバイスを求めるジェヨン、、、果たしてハリの母は何と彼にアドバイスしたのか、次の話で明らかになるのでしょうね。

これまでの緩やかな展開から一気に激しい展開へと発展しないことを、個人的には望みたいです。ジェヨンだけではなく、年下男子でハリの部下のチェガン・ウトゥムまで、指輪を準備してプロポーズ。今話でハリとイサンが付き合っているのを知り落ち込む姿、このまま引き下がることになるのか、それとも彼も実はハリに本気で恋していた??という展開で、ライバル関係になるのか、残された4話の展開、、、本当に楽しみです。

チャン・ハリを演じるチャン・ナラの愛らしさがよく協調された一話でした。仕事ができる女性のイメージも残しつつ、恋に真剣な女性の姿、それに望む出産のために勇気あるプロポーズまで!!

第11話が楽しみです。

オー・マイ・ベイビー 11話・12話 あらすじと感想

オー・マイ・ベイビー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー