オー・マイ・ベイビー 7話・8話 あらすじと感想


オー・マイ・ベイビー 오 마이 베이비 Oh! My Baby 2020年放送 tvN 全16話 【韓国放送期間】2020年5月13日から7月2日

第7話視聴率1.850%

daisySSさん

第7話あらすじ

ハン・イサン(コジュン)に恋している気持ちを伝えたチャン・ハリ(チャン・ナラ)。しかし、子供を欲しがる彼女の気持ちを知るハン・イサンは彼女の気持ちに応えることができず、断る。ハン・イサンの事情を知らないハリはガッカリ。。。

出版社ではチェ・ヒョジュとハン・イサンの意見が合わず口論することになり、上司としてハン・イサンへのチェ・ヒョジュの態度を代わりに謝るハリ。その姿に長年付き合っていた恋人と別れたこと、子供がいる自分の人生はあり得ないとなど、本音を語ります。混乱させたことを謝るイサンの気持を受け入れ、ハリは断られた気持ちをクールに受け入れる姿勢を見せます。感情に左右されることなく仕事上の関係を続けられると強がるハリ。

一方、ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)はハリとハン・イサンの関係が気になり、二人が深い関係にあるのかをわざわざ確認します。ハリの気持に応えるつもりのないイサンを諦めるよう説得するジェヨン。恋愛していると出産まで間に合わないこと、感情的にならないよう、期待しないように伝えます。最終手段として自分がハリと結婚する意思がることを伝えるジェヨン。ハリはジェヨンが自分を異性として感じ始めたことに気が付かず、ジェヨンは彼女に本音がバレないよう隠す。。。

その後、会食で一緒になったハリとイサン、、、彼女に恋愛感情がないことを強調してきたイサンは、期待しないようにと伝えていたイサンの言葉とは違いハリにそっと飲み物を渡す。イサンの優しい気遣いに戸惑うハリの姿に、イサンは二人の関係が発展しないのはハリのせいではなく、自分のせいだと説明。。。ハリは彼との関係に割り切ることを決心します。

出版社で起きたトラブルを解決するため、責任者としてチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)が選ばれます。試供品として提供される歯磨き粉の消費期限が近いことが問題となり、その対応に追われるチェガン・ウトゥム。しかし、スポンサー側のワンマンな態度に対応しきれず困っているとチャン・ハリ(チャン・ナラ)が助けます。問題に対応してくれたハリへの尊敬を隠せないチェガン・ウトゥムは、明るく前向きに精子を提供するとハリに伝え、、、彼女を驚かせます。

突然編集長が退社することになり、送別会が開かれます。かなり酔ったチェガン・ウトゥムがハリと二人きりになると、悩みは終わったと語りハリにキス。一方、ハリが落としていったスケジュール帳を発見したハン・イサンは彼女を追い掛け。。。

第7話感想

お互いへの気持ちを持ちながらも、ハリが子供を望むことから気持ちをコントロールしようとするハン・イサン(コジュン)。しかし、彼女への気持は隠すことができないのか彼の優しさが態度に現れ、切ない気持ちになりました。克服することができないそれぞれの悩み、、、をどのように解決していくことになるのか、ますます面白くなってきました。

ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)の隠していたハリへの気持も伝わりました。友人として接するハリの気持ちを大事にしてか、勇気がないのか告白は出来ないものの彼女への恋心は大きくなるばかり。果たしてジェヨンは気持ちを彼女に打ち明けることになるのでしょうか。

出産後、子供を置いて家を出たジェヨンの元妻が登場しました。二人の間に何があったのかはまだ不明ですが、ジェヨンはいつからハリへの恋心を抱いていたのか疑問になりました。ハリの名前を聞くと敏感に反応する元妻の姿に、、、ジェヨンにとってのハリの存在の大きさに元妻は気づいていたのでしょうか。

ジェヨンは子供と二人で頑張って生活する決心をする姿も登場。ハリの母の望み通り、バツイチではありますがお互いをよく知り、子供もいるジェヨンとハリが結ばれるのが現実的には一番しっくりくるような気がします。ドラマ的にはいまいち面白くない展開なのでしょうか。

今話最も大きな一歩を踏み出したのが年下男子のチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)でした。ハリが精子の提供を受ける相手としてチェガン・ウトゥムを考えているとは知らず、ハリが自分を結婚相手として考えていると誤解するエピソードが登場しますが、その時のチェガン・ウトゥムの反応がキュートで面白いです。

チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)の可愛い勘違いと、仕事のできるチャン・ハリの姿に密かに悩んでいた彼が、まさかの行動!!二人の間の認識の違いからドキドキする場面へと発展していくことを期待します。

二人のキスを目撃したハン・イサンは、果たしてどんな行動を取ることになるのでしょう。




第8話視聴率1.747%

daisySSさん

第8話あらすじ

チェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)の突然のキスにチャン・ハリ(チャン・ナラ)は、驚きと少しの怒りを感じます。10年ぶりのキス、、、と考え始めたハリの脳裏をよぎるハン・イサン(コジュン)との初対面でキスしてしまったことを思い出し後悔。

一方、チェガン・ウトゥムとハリのキスを目撃したハン・イサンは複雑な気持ちを隠せず、いけないと知りながらもハリのスケジュール帳を見てしまいます。ハン・イサン(コジュン)、ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)とチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)を評価した内容を確認すると、笑顔が消える。。。その理由は自分の名前の下にバツが付いているから。チェガン・ウトゥムには星が二つもつけられていることに、理由が分からず首をかしげます。

ハリにキスをしてチェガン・ウトゥムは、彼女の反応に驚き怖くなってその場から逃げ去りました。しかし、その後、彼女に真剣に告白する決心を決め、イサンとジェヨンにアドバイスを求めます。ジェヨンとイサンもハリに特別な感情を抱いていることに気づかないチェガン・ウトゥムは、二人に協力を求めるまでに。

二人から受けたアドバイス通りに実行しようとするチェガン・ウトゥム。。。しかし、その内容がいまいち、、、と感じたチェ・ヒョジュ記者が失敗しない告白方法を教えます。チェ・ヒョジュ記者が語る女性が最も望むプロポーズは、ロマンチックな演出よりも高価な指輪だと教えられると、その値段を確認して驚くチェガン・ウトゥム。

イサンとジェヨンはお互いを意識しながら仕事を共に続ける中、イサンは彼女の小さな仕草まで気になり、イサンの反応が気になるハリ。初めて出会った時のハリの自分への第一印象を知りたがるイサン。

しかし、彼に一目ぼれし、勝手に結婚まで想像したことを語れないハリ。失くしたスケジュール帳をスタジオで発見したことを知ると、挟んでおいた写真の位置が違うことに気づきます。イサンが中を確認したと分かったハリはスタジオにいるイサンを訪ね。。。中身を見てしまったことを正直に語るイサン。ハリは自分の気持ちを理解してくれる三人だったと、勝手にイサン、ジェヨンとウトゥムを評価したことを謝ります。

後日、風景を一人で撮影するイサンの前に、偶然ハリが現れます。度々偶然が重なり出会う二人、ハリはこれまでイサンの質問に正直になれなかった気持ちを正直に伝える。お互い求めている人生が違うと知りながらも、イサンはハリへの気持を抑えきれず、、、キス。

第8話感想

お互い人生で求めるものが違うにも拘わらず、ついにハリとイサンのロマンスが本格的に始まるのでしょうか。花火が上がった背景と二人のキスがすごく素敵なエンディングでした。チェガン・ウトゥムとのキスとはまた違う感じが大人の恋を思わせてドキドキ!

登場する3人の男性キャラクターが全く違い、面白いです。出産することだけを考えて突き進むヒロインの姿が描かれるのかと、予想しました。でも、ロマンチックな展開も笑えるポイントもあるので、ドラマに対する印象がかなり変わりました。

チェ・ヒョジュ記者はチェガン・ウトゥムが自分に告白する予定だと勘違いし、自分の理想のプロポーズを彼に教えるシーンや、チェガン・ウトゥムがハリに告白することを知ったイサンとジェヨンのアドバイスがちょっとダサい、、、的外れ。純粋なチェガン・ウトゥムの姿に高感度がアップしました。

一方、友人以上の感情をハリに抱き悩むジェヨンは、精子を提供する関係ではなく結婚を望むようになり、さりげなくハリにその気持ちを伝えます。前話同様、ハリは友人として自分を励まそうとする、、、とジェヨンの気持には気づかない。ジェヨンの娘の1歳の誕生日を準備するジェヨンとハリと、ハリを利用して嫉妬させ復縁を望んでいると勘違いするジェヨンの元妻まで。。。今後、ハリの周辺で大きな出来事が起きることになるのでしょうか。

前話、編集長が突然退社することになり、出版社としてはハリなしでは雑誌の運営が上手くいかないことから、独身のハリが編長になるのでしょうか。今話で彼女が編集長になれたのかを確認できず、ハリがアップした精子売買の騒ぎに関する謝罪コラムが人々の偏見を変えることになるのかも気になる点でした。

エンディングで語るハン・イサンの言葉に心が動かされました。相手が何を望むのかを知り、傷つけることになると知りながらも、愛する気持ちに逆らえないハン・イサン。。。恋なのか、子供なのか、、、ヒロインは難しい選択をやはり迫られる!

オー・マイ・ベイビー 9話・10話 あらすじと感想

オー・マイ・ベイビー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿