オー・マイ・ベイビー 15話・16話(最終回) あらすじと感想


オー・マイ・ベイビー 오 마이 베이비 Oh! My Baby 2020年放送 tvN 全16話 【韓国放送期間】2020年5月13日から7月2日

第15話視聴率1.570%

daisySSさん

第15話あらすじ

本に書かれた「お母さん」を見て涙を流してしあったチャン・ハリ(チャン・ナラ)。その姿を見たハン・イサン(コジュン)は悩み始めます。ハリはイサンが不妊治療を辞めるようすすめ、明るく出産に未練がないことを伝えます。二人で楽しい人生を歩もうと語るハリの言葉に、ハリが自分を気遣っていることに気づくと、更に悩む。

ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)の元妻は、出産後うつ病になったことを打ち明けます。これまでジョンウォンがなぜ家を出たのか理由を知らなかったジェヨン。医師としてのキャリアが途絶えることを恐れていたジョンウォンは、もう一度家族としてやり直したいと気持ちを伝え、ジェヨンは悩みます。

仕事で作家の取材に訪れたハン・イサン、、、取材する作家が元恋人のチョン・イナだと知ると驚きを隠せず、出産した娘の成長をおさめたエッセイ集を出版した元恋人。別れて初めてお互いの心の内を明かした二人。イサンと別れて最もつらかったことは、恋人でありながら良き理解者である友人を失ったことだと語るチョン・イナ。

不妊治療が失敗に終わった時、チョン・イナが子供を望み彼のもとを去ったことにショックを受けたと語り、何としても彼女を引き留めようとした自分を振り返ります。幸せなのか尋ねるイサンの言葉に、笑顔を見せるチョン・イナ。

ハン・イサンは元恋人と再会したことで、ハリの幸せを望むなら彼女と別れるべきだと決心。結婚式に関して語るハリに、手術を受けても妊娠する可能性が下がるだけで、出産を諦めないよう伝えます。彼の言葉を聞いたハリはイサンが別れを告げようとすることに気づきます。イサンは自分のせいで彼女が出産を諦める人生を生きて欲しくないと告げ、、、ハリはしばらくの間、距離を置くつもり。。。

しかし、ハリに伝えることなくスタジオを辞めたイサン。その後、姿を消します。イサンの自宅を訪れたハリは彼がつけていた指輪が残されたままで彼の姿がないことを確認すると、ショックのあまり道端で号泣。遠くからハリを見つめるハン・イサン(コジュン)は彼女に声をかけられず涙を流します。

三ヶ月が過ぎてもイサンから連絡はなく、働く出版社では雑誌の販売部数が減少したことで、編集長としてのハリの責任は増えるばかり。イサンへの想いを断ち切れないハリを見守るユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)は複雑な心境でありながらも、ハリへの気持は諦めた状況。

不妊治療を受け続けていた夫婦の出産を取材するために向かったハリは。。。

第15話感想

元恋人との再会でハリのために分かれる決心をしたハン・イサン。時には関係を続けることが大切な人のためにはならないことに気づいたことで、幸せだった二人が危機を迎えることになりました

イサンとの恋を大切にして出産を諦めたハリ。。。手術を受けることで妊娠する確率が下がっただけで妊娠することができないと宣告されたわけではないですが、果たして今後二人はこの危機を乗り越えることができるのでしょうか。イサンの元恋人の選択は出産、、、同じ状況でハリはどのような選択をすることになるのでしょう。

母になることを強く望んでいた分、果たしてすべてを吹っ切って恋を選択することになるのか、最終話への期待が高まります。

イサンが姿を消したことを知ったハリが涙を流す姿、その姿を見つめ涙を流すイサンの姿に心が痛くなりました。恋する相手のために身を引いたイサンですが、彼が涙を流すシーンで愛の深さを感じることができました。

復縁を求めていたユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)の元妻、ジョンウォン。しかし、ジェヨンはシングルダディ-として生きていく決心を固め、復縁を求めるジョンウォンの申し出を断る。今後ずっと彼がシングルライフを過ごすという前提というより、育児に専任しながら自分の人生と向き合うという希望のある選択のように見えました。現実的な観点からすると、ジェヨンとハリがカップルになれるのがベストですが、恋は相手を選ばず訪れる、、、的なものを感じます。

イサンが姿を隠した理由はハリとの恋を諦めるための努力だったようで、彼女への気持が大きい分、距離を置くしかなかったような気がして、切ない気持ちになりました。ジェヨンの言葉の通り、出会うべき二人なら必ずどこかで再会する、、、3か月後に、取材で訪れた場所でイサンを発見したハリ。

二人が再会するエンディングのシーン!最終話ではどのような展開になるのでしょうか。イサンも取材で病院を訪れたのでしょうか。楽しみになる最終話です。




第16話視聴率1.968%

daisySSさん

第16話(最終回)あらすじ

ハリの幸せを願って姿を消したハン・イサン(コジュン)は、離れていてもチャン・ハリ(チャン・ナラ)への気持は変わらず、彼女のSNSを確認しては無事を確認します。放浪生活を送りながら写真撮影に専念するイサンは、結局ハリへの気持ちを断ち切れず戻る。。。しかし、彼女の前に姿を現す勇気がなく、ナム・スチョルに相談。

雑誌の撮影に向かう予定だったナム・スチョルは代わりにイサンを向かわせ、ハリとイサンは不妊治療を受けていた夫婦の出産に立ち会うことになります。イサンは自分がハリの人生を不幸にしてしまうと恐れ逃げてしまったことを認め、ためらう様子。3か月間イサンへの自分の気持ちを確認したハリとは違い、彼女に歩み寄る勇気がわかず立ち去るハリをとめることができないイサン。。。

その夜、ハリがイサンを訪ねます。何があってもイサンと一緒に居たいと願うハリの気持が伝わり、イサンもハリとの関係に勇気を出します。ハリの影響でこれまで苦手だった子供が欲しいと願うようになったイサンは、積極的に不妊治療に挑みます。

一方、雑誌「ザ・ベイビー」の廃刊が噂されると、編集長として何があっても雑誌を存続させたいハリは、出版社の代表を説得しようとプレゼンテーションまで準備しますが、収益を出せないことから雑誌は廃刊されることが決まります。廃刊の挨拶文を書きながらこれまでを振り返るハリ、、、彼女の想いがこもった最終号が準備され、廃刊後、出版社を退社したハリは、親友のキム・ウニョンと一緒に小さな出版社を起業します。会社の営業を任せるためチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)をスカウトしようとする。

ハリが代表となってスタートさせた会社の名前が「ザ・ベイビー」で、自分の人生をありのまま受け入れることにしたハリは幸せな日々を送ります。ハリの母も幸せそうなハリの姿に彼女の決断を信じサポート。

好きな人と一緒にいる幸せを選んだハリとイサンは同居を始め、二人で過ごす幸せを満喫します。挫折することなく不妊治療を進めていたイサンは、検査結果がよかったことをハリに伝え。。。その日以降、ハリの周辺では妊娠に関係のある夢を見る人が増え、ついにハリの母まで黄金の豚が登場する夢を見ることに!

その頃、ハリも夢をよく見るようになり、食欲まで旺盛に。。。イサンとハリに奇跡のような知らせが伝わります。まさか妊娠していると思ってもいなかったハリとイサン、、、ハリが出産を迎え。。。

第16話(最終回)感想

前話でイサンが姿を消した時にはハラハラさせられました。離れていてもハリが気になり恋しくなるイサンが見せる涙、、、愛しているからこそ身を引こうとしたイサンの気持が伝わり、本当に切ない気持ちがしました。3か月間一人で過ごしたイサンは結局、ハリが会いたくて彼女の元に戻りますが、彼女を不幸にしてしまうと勇気が出せない。

大きな決断に出たのはハリでした!あれほど母になることを望んでいたハリが、イサンと一緒に居ることを選ぶ姿はカッコよかったです。イサンが残していった指輪をネックレスのチェーンに通してずっと身に着けていました。決断してイサンに歩みよったハリ、包容力のある強い女性でした。

39歳の彼女の人生、様々なことがありましたが恋を選択したことで新たなスタートを切ることができる。出産を諦め雑誌の廃刊を気に仕事面でも新たな一方を踏み出すことになり、結婚や出産といった枠の外で見つけられるものが多くあることを教えてくれました。結婚式を挙げる前に同居を始めた二人には焦りは全くなく、幸せそのもの。

過去、不妊治療に失敗し恋人を失ったイサンでしたが、ハリとの出会いが彼を変えたことで不妊治療もうまくいったのでしょうか。ホルモン治療を受け続け正常な数値に戻すことができたイサン、、、奇跡に近い妊娠に成功!

韓国では妊娠すると見るといわれている夢、、、ちょっとしたオチとしては、その夢をハリではなく、ハリの元部下や同僚、母が妊娠を意味する不思議な夢を見るところでした。ハリが夢を見るまで、まさかハリが妊娠しているとは気付かなかったです。妊娠することなくドラマが終わってしまうのか気になりましたが、最後はハリの妊娠と出産でドラマは終わり、幸せなエンディング!

本当に心から愛する人が現れると、相手の欠点が見えなくなる??愛の力で問題を乗り越えたハリとイサンの姿から多くを考えさせられたドラマでした。結婚よりも出産!と望んでいたハリが母になれる姿が見られてホッとするエンディング。

オー・マイ・ベイビー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿