オー・マイ・ベイビー 1話・2話 あらすじと感想


オー・マイ・ベイビー 오 마이 베이비 Oh! My Baby 2020年放送 tvN 全16話 【韓国放送期間】2020年5月13日から7月2日

第1話視聴率2.039%

daisySSさん

第1話あらすじ

40代を目前にしたチャン・ハリ(チャン・ナラ)は育児専門雑誌「ザ・ベイビー」の第2人者として働き、結婚は諦めたものの子供好きのハリは出産を諦められず、、、定期的に産婦人科に受診し卵子を保存する方法まで真剣に考える。

10年間恋愛していないチャン・ハリの周囲にいる男性と言えば、、、出版社「ザ・ベイビー」の広告チームの新入社員のチェガン・ウトゥム(チョン・ゴンジュ)くらい。ハリが酷い生理痛で苦しむことを大声で話すほど、場の雰囲気が読めない27歳。

過去、フォトスタジオを経営するナム・スチョル(チョ・ヒボン)の紹介でチャン・ハリ(チャン・ナラ)と

ハン・イサン(コジュン)は出会っています。ハン・イサンに一目ぼれしたハリ。しかし、独身主義者のハン・イサンは彼女の過剰な反応に冷たいだけではなく、彼女に屈辱感を与える。第一印象最悪の二人、、、放浪生活を続けていたハン・イサンが彼女の住む町に引っ越すことになります。

社内で能力を認められながらも、子育て専門雑誌を扱っていることから編集者には昇進する希望のないチャン・ハリ。転職して編集者になることもできるにも拘わらず、子供が大好きなことで「ザ・ベイビー」に残ったハリ。

雑誌の企画として男性の妊娠体験談ではなく、雑誌編集部の職員の中で妊婦体験をする特集が始まり、妊婦体験をすることになったハリ。撮影が終わった後も、自分の妊婦の姿が気に入ったハリはそのまま編集部の仲間たちと外出し、自分の妊婦姿を楽しみます。

出かけたデパート、、、偶然、ハン・イサンと出会ったハリ。挨拶を交わそうとすると、ハン・イサンから無視されます。その後、酷い生理痛に悩まされていたハリは激痛を感じ、倒れこみます。水を持った子供とぶつかり服は濡れ、、、再び激痛が彼女を襲う。。。周囲に集まった人々から「妊婦が破水した!」との言葉と同時に現れたハン・イサン。

状況を説明する間もなく、彼女を抱きかかえ車に乗せると病院に向かいます。病院に到着した後も妊婦ではないことを伝えるチャンスを逃したハリ。彼女のお腹に聴診器を当てた医師は、心臓の音が聞こえないと、、、エコを準備するよう命じます。

嘘の妊娠がバレることを恐れ急いで病院を抜け出そうとしたハリ、、、激痛が襲い気を失います。その後、ハリはこれまで経験したひどい激痛が実は生理痛ではなかったことを知り、卵子の保存に関する意見を聞かされ、強い衝撃を受けます。

道端、ショックのあまり身動きが取れない彼女の前に再び現れたハン・イサン。。。ハリは「私と結婚しませんか?」と突然の質問を。。。

第1話感想

どんなジャンルのドラマに出演しても期待を裏切ることのないチャン・ナラ主演の最新作!このドラマで演じるチャン・ナラの役は、何一つ足りないのに40歳目前になっても結婚できていない女性。結婚には興味がないけど、子供は欲しい女性を演じます。子供グッズを集めていつか出産できることを夢見る女性、、、しかし、第1話でショックな事実を聞かされます。

生理痛だと思った痛みは、子宮内膜症が原因でした。いつか出産することを夢見て保存を希望していた卵子の年齢は40代と結果で、医師は保存することをすすめない状況。子宮内膜症の治療のため、手術をすると1年間は妊娠できないことを告げられます。40歳を過ぎると妊娠する確率が7%未満であると知らされひどく落ち込むチャン・ハリ(チャン・ナラ)。

ドラマのスタートは、子供を出産する夢を見るほど強い願望を抱く様子を描き、生まれた子供が子犬??笑ってしまいました。でも、笑える展開から今話のエンディングは全く予想もできない展開に、ハリの唐突な質問に今後面白くなること間違いなし!と感じます。

フリーの写真家として活動するハン・イサン(コジュン)と初めて出会うシーンが面白いです。目薬を差して涙を流すハン・イサンの姿を誤解して、一目ぼれしたハリ。一度のタッチで相手との相性が分かるという同僚の言葉を信じ、初対面でハン・イサンに触れるハリ。。。彼女の突然の行動にイサンは引いてしまい、最悪な初対面となりました。再会して妊娠しているはずの彼女からの突然のプロポーズ!!ハン・イサンの答えは???気になりますね。

これまで全く男性の影すらなかったハリの生活に、ハン・イサンをはじめ別の男性が出現しました。シングルダディとして一人娘を育てるハリの友人ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)が、彼女の実家で居候することになり、ワクワクする展開になりそうです。

婚活するドラマではなく、子供が産みたいと願う女性の物語になりそうです。




第2話視聴率2.950%

daisySSさん

第2話あらすじ

「私と結婚しませんか?」と語ると涙を見せるチャン・ハリ(チャン・ナラ)。。。彼女の突然のプロポーズに彼女の様子がおかしいことを気にしながらも、プロポーズを断るハン・イサン(コジュン)。正気に戻ったハリは、「ありがとう!」のような意味でかけた劇的な感謝の言葉だったと濁し、その場から去ります。

自宅に戻っても妊婦体験を辞めることができず、一人考え込む。。。娘と共に居候中のユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)がハリの従姉妹の結婚式の招待状を持って現れると、彼女のお腹を見て驚きます。

後日、ナム・スチョル(チョ・ヒボン)が経営するスタジオで鉢合わせになったチャン・ハリとハン・イサン。気まずい空気が流れ、、、ハン・イサンがいない時間に雑誌の撮影のためスタジオを借りたいと望むチャン・ハリ。二人の間の気まずさを取り消すためハン・イサンが話し合いを求め、警戒するハリ。幼児の撮影には時間がかかり、雑誌の撮影を進めいたナム・スチョル(チョ・ヒボン)は、次のアポイントメントのために席を離れることに。。。困ったとチャン・ハリに助けの手を差し伸べたのが、ハン・イサンでした。

撮影終了後、次の約束場所に向かうハリ。チャン・イサンは断る彼女を車で送り、彼女の用事が済むまで待ち、、、次の予定されている場所まで送る。結婚しませんかと、プロポーズをして以来気まずいハリは、彼の親切が心地悪く感じながらも断れず、流れるまま。。。彼女の従姉妹の結婚式にまで送ったハン・イサン。

そのままハン・イサンを帰すことができないハリは、結婚式に出席しないか誘います。断ろうとしたハン・イサンは食事に蟹が提供されることを知ると悩み、、、出席を決めます。従姉妹の結婚式を祝賀する歌を披露するハリを見つめるハン・イサンが微笑みを浮かべます。

披露宴の席で叔母から一生独身で済むようすすめられると、結婚する意思があることを明確にするハリ。まだ結婚し出産する意思があることを伝える彼女を見つめる母イ・オクラン(キム・ヘオク)が苦笑いします。

結婚式の後、居候中の友人ユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)が紹介した人と待ち合わせの場所に向かうハリ。紹介された相手はバツイチで結婚を急がずゆっくりと付き合っていきたいと語り、結婚よりも出産にリミットがあるハリは、自分の理想通りにはいかない現実に、、、落ち込みます。ハリと紹介された男性の会話を聞くハン・イサン。紹介された男性との間に望みがないことに気づいたハリは雨の中一人で歩き、彼女が心配になって傘を買って現れたハン・イサン。ハリとイサンのやり取りを見ていたユン・ジェヨンが誤解して。。。

第2話感想

出産した女性チャン・ハリ。。。健康に妊娠できる時間的なリミットが迫る中、、、とんでもない選択をすることになります!

産婦人科の医師に子宮内膜症の手術を受けることを辞め、まずは出産することを告げる最後のシーンでは、疑問!結婚はスキップして妊娠??と驚きの発言。婚活を目的とするドラマではなく、出産を目標に突き進むヒロインの姿が描かれることになりそうです。果たして彼女は望み通りに出産することができるエンディングとなるのでしょうか。

今後は結婚ではなく出産に向けてのチャン・ハリの奮闘が描かれることになりそうです。結婚相手を捜すチャン・ハリ、、、彼女の母イ・オクラン(キム・ヘオク)は娘の結婚相手として決めてある人がいることが分かりました。彼女の運命の相手だと母が信じる人は、居候中のユン・ジェヨン(パク・ビョンウン)。

ある日、家を出た妻に代わり仕事も辞め、育児に専念してきたジェヨン。ハリの母が彼を住まわせたのは二人が結ばれることを願ったからだと感じました。ジェヨンとハリは友人でありながら絶縁状態にあったことが分かりました。過去に二人の間に何があったのでしょうか。仕事もせずいつもジャージ姿のユン・ジェヨンは、小児科の専門医なので、今後、彼の変身ぶりを期待することができるので、ハン・イサンとは恋のライバルへと発展するのでしょうか。

ドラマを見て面白いと思った点は、韓国の結婚式では当日席に出席することができるようですね。結婚式に誘われ出席したハン・イサンがハリが従姉妹の結婚を祝う歌を聴いて微笑む姿から、もしかして恋は始まっていないにしても、女性として彼女に興味を持ち始めたのか、ドキドキ!

ハン・イサンを演じるコジュンは、「熱血司祭(原題)」や「ミスティ(原題)」に出演した俳優で、「ミスティ」ではプロゴルファーの役を演じ、気になってはいました。少し悪な役が多かった記憶があり、この役が似合うのか心配でしたが、思った以上にクールでカッコいいです。

オー・マイ・ベイビー 3話・4話 あらすじと感想

オー・マイ・ベイビー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー