Top Management (トップマネジメント) シーズン1 1話・2話・3話・4話 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

Top Management (トップマネージメント)シーズン1 全16話 youtubeオリジナル作品

amijkさんより

第1話 Into the New World

第1話 感想

You Tubeで公開されたこのドラマ、K-POPを題材にした話です。ASTROのチャ・ウヌが出演していることでも話題になっています。

冒頭では人気アイドルグループS.O.U.L が、一瞬にして人気凋落の憂き目にあうという展開でした。
ステージでのパフォーマンス中にバックダンサーが奈落に転落、でもメンバー達が助けることなくそのまま続けたことに対して批判を浴びました。同時に曲の盗作疑惑も持ち上がってしまいます。

一方、ガールズグループの一員としてデビュー目前だったウンソン(ソ・ウンス)。未来を予測する力があると言ってたんですが、だからといって起こることをどうにかする力はないよう。話は一気に2年後に飛ぶのでえーっ?という感じです。

ウンソンはデビューできないまま、芸能事務所に声をかけられたと思ったらマネージャーとしてのスカウト。自分がアイドルになりたかったのに、裏方としてアイドルを支えるほうに回るのはかなりきつそうですよね。S.O.U.Lに関わりたくないと言っているところを見ると、彼らの運命を変えようとして自分が痛い目にあってしまったのかな?

モンゴルから帰国したスヨンは不思議な存在ですが、演じるアン・ヒョソプは落ちついた雰囲気。
悲運?のグループ、S.O.U.Lのメンバーはみんなカッコいいけどどこか抜けていて、勘違いで自分達は解散させられると思い込み、ステージで解散宣言!これからどうなるのやら…。音楽の才能に溢れているスヨンと組むことになるのでしょうか。

第2話 Blood Sweat & Tears

第2話 感想

面白くなってきました。早とちりから解散宣言をしてしまったS.O.U.Lのメンバー達ですが、それすらもあまり話題にならないという致命的な状況。すでにデビューしたグループには酷な「月評」を受けることになります。好きなK-POP アーティストがいる人にとっては芸能事務所の裏側を覗いている気分になれそうです。

モンゴルから来たスヨンは、アイドルとしてデビューするためにこの会社、スターライトに呼ばれたんですね。アイドル?と本人は驚いていましたが、すぐにその気になっていたのが面白かったです。月評のために曲を作っていたS .O .U .L に自然に混ざっていて、スヨンが加入するのも悪くないと思いました。

予知能力があるというウンソンは、今のところその力を良い方向に生かすことはできていない様子。ただ単に起こることを知っているだけではどうにもならないですね。ウンソンのこの力は今後、どんな風に生かされるのでしょうか。

印象的だったのは、ウンソンと、練習生時代の先輩の電話です。借金の申込みだと思い込んでいるウンソンに、先輩は別れの挨拶と思い出の品を渡したかったと言うのですが、切ないシーンでした。

S .O .U .L のメンバー達、なんだか天然な感じで、気取ってないところが可愛くて親しみを感じてしまいました。彼らが復活するのが楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第3話 Knock Knock

第3話 感想

ウンソンとスヨンの二人がだんだんS.O.U.Lの味方になっていく様子が良かったです。モンゴルに長く住んでいて韓国的な習慣に慣れていないスヨンと、敬語や呼び方についてあれこれメンバーが話し合っているシーンが面白かったです。

ウンソンは逃げてしまったマネージャーの代わりの臨時マネージャー。早く元のガールズグループの担当に戻りたいと思いつつ、このままウンソンにマネージャーをしてほしいというメンバーの言葉には嬉しそうでした。ウンソン役を演じているソ・ウンスは「嫉妬の化身」(主人公ナリの若い義理の母役)で見たことがありますが、「黄金色の私の人生」でジス役を演じるなど、活躍しています。

スヨン役のアン・ヒョソプは、「タンタラ」「指輪の女王」「30だけど17です」などに出演しています。「タンタラ」でも芸能人の役だったからか、安定感のある演技をしている印象です。「タンタラ」では盗作する側で苦悩する役柄でしたが、今回のスヨンは楽天的なキャラクターのようです。

現在のスターライトの一番人気、イカロスのメンバーLJ役でイ・ジュスンが出演。「ピノキオ」ではパク・シネやイ・ジョンソクのクラスメートだった警官役が見慣れていたので、K-POPアイドルの姿は新鮮、というかびっくりしました。

特別出演 ソン・ウンソ/ヨヌと共演した女優役

第4話 Russian Roulette

第4話 感想

予知夢で大ヒットするのを見た曲を、S.O.U.Lに強く勧めたウンソン。でも月評では良い評価を得られませんでした。ウンソンは予知した未来を変えようとして行動しますが、未来は変わらず、むしろ良くない結果になっている気がします。

スヨンを加えて月評のために練習するS.O.U.Lでしたが、ダンスをやったことがないスヨンが、3人に全くついていけず踊れていない姿がすごく面白くて笑えるシーンでした。今後もS.O.U.Lのメンバーとしてやっていくとしたら、やはりスヨンも踊るのかな?かなり練習しないと厳しそうです。

月評のシーンは、カン理事の厳しい指摘が飛んで迫力がありました。「清潭洞111」という、芸能事務所FNCの様子を描いた番組を見たことがありますが、そこでのやり手女性理事の様子とソックリで、思い出してしまいました。

カン理事役の女優さん、どこかで見たと思ったら「ただ愛する仲」でヒロインの親友役を演じたパク・ヒボンでした。

結局、スヨンとのコラボの話もなくなってしまったS.O.U.Lですが、今後どうなるのでしょう。厳しい評価を下したカン理事ですが、やる気を出させるためにわざときついことを言っただけのようにも感じました。

 

Top Management (トップマネジメント) シーズン1 5話・6話・7話・8話 感想

 

Top Management (トップマネジメント) シーズン1 キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー