The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

The Empire:法の帝国


放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2022年9月24日~11月23日

The Empire:法の帝国

엠파이어 : 법의 제국 The Empire of Law エンパイア ほうのていこく

2022年放送 JTBC 土日 全16話

視聴率

平均視聴率 2.609% 시청률 最低視聴率第12回1.573% 最高視聴率第16回4.036%

The Empire:法の帝国

出典:https://tv.jtbc.co.kr/theempire

あらすじ

法で築いた要塞の中で守られていた欲望や偽善の人生、彼らの秘密に対する暴露であり、持つ者たちの墜落スキャンダルを描く。

相関図

出典:JTBC

キャスト

主要人物


出典:JTBC

キム·ソナ ハン·ヘリュル役 ソウル中央地検特捜部長、ハン·ゴンドとハム·グァンジョンの長女、ナ・グヌの妻
「何をしても私は、家の後ろ盾を信じて揺り動かされる女なの?」

選出されなかった権力の神聖家族系譜を問い詰め、
上がってみると、結局親日法律家の家系だ。
彼らが大韓民国の聖骨法律家と言えば、
まさにハン·ヘリュルがその系譜の頂点にある。

生まれてみたら、祖父は最高裁判事出身の弁護士で、韓国最高の法律事務所代表、
父親はローファームのパートナー弁護士、母親は法学部教授だった。

「ハム」ではなく「ハン」氏だったが、娘だったがヘリュルはこの家の嫡長者だった。
ソウル大学法学部に入って司法試験の準備をしながらも、
20歳の若さでもう一つの法律貴族の家の少年等とした検事と
結婚して子供まで生んだ理由、検事になった理由、
そして離婚する際、あえてその子の成果を自分のものに変えた理由。
ヘリュルの選択はいつもこの家から自由ではなかった。

ナ・グヌを除けば…。


出典:JTBC

アン·ジェウク ナ・グヌ役 ロースクールの教授、ハン·ゴンドとハム·グァンジョンの婿、ハン·ヘリュルの夫
「ハン·ヘリュルさんの従属変数として生きたいだけです」

ただ抑えられる唯一の綱だったので、切実にしがみついた結果、
ソウル大学法学部に入り、少年等科を経て判事任官までを一瀉千里にやり遂げるまで
彼は彼の貧しい生まれがかえって得になることもあると自らを慰め、
これから自分が歩んでいく花道を期待した。

ヘリュルに会ってすべてが変わった。
どんな妻になるかより、どんな検事になるかが気になる人。 
足りないものはないが、それでも全てを渡して100を満たしたい人。
しかし、何の基盤もなくヘリュルの家に入ってきた彼は、
最初から将棋盤の拙以上にはなれなかった。
このような事実を知らないまま、大衆はグヌを愛し、
表面と実際のギャップを誰よりもよく知っているグヌは、
不安にさらに胃腸を悪くし、それだけ疲れていった。

そして、それがすべての破局の始まりだった。


出典:JTBC

イ·ミスク ハム·グァンジョン役 民国大学ロースクール院長、ハム·ミンホンの娘、ハン·ゴンドの妻
「遮断できないリスクは管理すべきだ」

上には最高裁判事出身の大韓民国最高のローファームを建てた父親、
そして、そんな父のローファームを受け継いだ夫と
大韓民国最高のロースクールソウル大学に次ぐ、民国大学ロースクール院長である自身。
彼女に選択の余地や右往左往する余裕などない。

何も言わずに、婿養子の責務を誠実に果たすと思っていた夫のゴンドは、
結婚後、あらゆる考えとあらゆる言葉で、薄情な欲望と欲情を表わしている。
そして、そのために生じる問題は、常にグァンジョンのチャージだった。

結婚と家庭に少しでも害になる、いかなるリスクも容認できない。
特に、命よりもっと大切な二人の娘のためなら…。
遮断し、管理し、それでもだめなら除去する。

それがだれであっても。


出典:JTBC

ソン·ヨンチャン ハン·ゴンド役 法律事務所ハム&リーの代表弁護士、ハム·グァンジョンの夫
「法でできないことがあるのか?」
じゃあ、お金をもっと払わないと。
法でできないのではなく、お金が足りなかったということだから。

グァンジョンの父ミンホンが設立したハム&リーの代表で、
法律家だが、良く言えば「ビジネスマインド」が優れていて、
悪く言えば「商売人」であり、正確に言えば「挟み屋」。

ハン·ゴンドにとって法はただ金儲けの手段であり、君臨できる方法であり、
制圧できる装置だった。
そして、今や彼は一度も使ったことのない用途で、法を使わなければならない。
今、彼の命綱が法にかかっている。


出典:JTBC

シン・グ ハム·ミンホン役 ハム·グァンジョンの父、イ·エホンの夫
「この老人を置いて帰るのか?」

裏切りと裏切り、変節と変節と変節で
不死の生を得たように生きてきた親日法律家の父を見て
権力者として生きていくために必要なことをすべて学んだ。

協力より重要なのは粛清だった。
その父親よりひどい暴君に急変し、残りの家族のすべてを強奪した。
法的に。

その後、勢いに乗って大韓民国最高の法律貴族一家を成し、
金と名誉と権力の両方を手に入れた。
しかし、それは非常に孤独な席だった。

すべての家族、一人残った娘であるグァンジョンさえも、
血が混じっても混ざっていなくても、誰も信じられなかった。


出典:JTBC

オ·ヒョンギョン イ·エホン役 ハム·ミンホンの妻
「最も賢明な人がこの家を引き継がなければならない。それは誰だろう?この家を引き継ぐ人、だからあのビルを占める人が?」

英語、日本語、中国語まで堪能で、世界旅行を楽しみ、
韓国料理、中華料理、洋食に製パンとバリスタ顔負けのコーヒーを淹れる技術、
さらに、生け花とマッサージが上質で、
ここに点字奉仕までしながら生きてきた、完璧すぎる彼女!

そして彼女は完璧に刃を隠して、ハム·ミンホンの心を一瞬にしてとらえた。

エホンの正体を知っている家族だが、
エホンがこの家のお金と権勢を貪る、
ただそんなトロフィー妻に留まることだけを願うが…。

ハン·ヘリュルの家族


出典:JTBC

クォン·ジウ ハン・ガンベク役 ヘリュルの息子、民国大学ロースクール生、法服貴族4世代
明晰な頭脳に秀麗な外見、水漏れのない完璧なスペックの前で、再婚した人が再婚から得た子というのは、何の問題にもならなかった。 弁護士試験さえ合格すれば、将来は誰が見てもチャンチャン通りのようだった。見かけは‥‥。


出典:JTBC

キム·ジョンウィ ハン·ムリュル役 ハン·ゴンドとハム·グァンジョンの次女、中央地裁判事
ヘリュルとは年の差がかなりあるハム·グァンジョンとハン·ゴンドの間の次女であり末っ子。ヘリュルの評価通りなら、「幼い頃は可愛かったけど、大きくなったら無礼だ」早目に結婚、司法試験パス、出産までしたお姉さんとは違って、ゆっくり留学まで行ってきて、司法研修院修了、判事の任官まで終えて、財閥家のジュソンの長男と結婚した。一生家族という垣根、いや城壁の中で育った、まさにお姫様だ。雪に埋もれた梁より、12重のマットレスと12重の羽毛布団の下の、エンドウ豆一粒がもっと不便な彼女は、ジュソンの奥さんなのか、ジュソンが入っている保険なのか、それとも富を守るために取っておいた担保だろうか。


出典:JTBC

チェ·ジョンウン ハン・ガンイェ役 グヌとヘリュルの娘
「お前は知らなくてもいい」曽祖父のミンホンから兄のカンベクまで、カンイェには何も知らせなかった。皆、カンイェは知らないことを願った。大人たちはカンイェは何も知らないと思うが、カンイェは大人たちが知らない秘密までも知っている。いざ何も知らないのは、大人たちだ。

民国大学ロースクール


出典:JTBC

チュ·セビン ホン·ナンヒ役 
開発者だったナンヒの父はナンヒに、チャム氏はうそではなく、うそは真実ではないと教えた。ただ、父が間違っていることだけは知っている。工学生として世界を救い、人を生かす技術を夢見たナンヒは、父親が亡くなった後、民国大学ロースクールに入学した。


出典:JTBC

チョン·ジェオ チョン·ギョンユン役 
カンベクの学部の友人として、一緒にロースクール入試からロースクール入学まで一緒にした。メンタルが良く鋭敏な上、要領もよく成績は常に上位だ。礼儀正しく人見知りがあって、教授たちも好きだし、優しくて寛大な性格で、交友関係も円満だ。


出典:JTBC

イ·ガウン チャン·ジウン役 
チャン・イルの一人娘
幼い頃からヘリュルの家族と交流しながら過ごし、カンベクといつかは結婚することを疑わなかった。自分の愛情攻勢にカンベクは特に答えなかったが、一様に優しいカンベクの態度を承諾で受けておいた。 カンベクと幸せな結婚生活を送ることが、法曹人になることよりも重要だ。


出典:JTBC

パン·ジュファン ユ・ヒョン役
片親で育ち、ぎりぎりの暮らし、病気の母。傷がどうしてなかったのだろうか? しょうがないことには泣いて怒っても無駄だということを早く悟ったから、むしろたまには年齢にふさわしくない達観者の余裕さえ感じられる。


出典:JTBC

クォン·ソイ イ·アジョン役 ナンヒのルームメイト
断ることもできず、他人の顔色をうかがって、ため息も大きく出せない小心な性格で、ただ、他人に合わせて自分のせいにするのが一番楽だった。ロースクールに来て会ったナンヒは、自分と180度違う人だった。自信あふれる姿と代価なしに施す暖かい配慮に、アジョンは自分も知らないうちに心を開き、痛みも癒された。


出典:JTBC

キム·ヨンウン ファン·ヨンジ役 民国大学ロースクール教授
刑法と刑事訴訟法を教える、ナ・グヌの同僚教授。ナ・グヌが民国大学ロースクールに来て以来、ことあるごとにナ教授と対立している。


出典:JTBC

キム·ギュンハ ユン·グリョン役 
軍隊に行って来た後、民国大学ロースクールに進学した。成績はどんどん落ちて結局2年生には留年させられ、ある騎手後輩たちと勉強することになった。

検察庁の人物


出典:JTBC

イ·ムンシク チャン・イル役 ソウル中央地検検事長
現在の彼が座っている席は、実力と運、その程度ではだめな席だ。
だから、チャン・イルはそれを跳び越える「プラスアルファ」がある人だ。

ずうずうしく冗談を言う姿は、チャン・イルの多くの仮面の一つであるだけで、
チャン・イルが爪を取り出すと、誰一人でも必ず破れる。
後輩検事ヘリュルの乱闘場はますます可愛く見ることが難しく、
その周辺も、ヘリュルと結びついた人々の天地人の状況だ。

チャン·イルは乾坤一擲の瞬間が近づいてきていることを本能的に感知する。


出典:JTBC

キム·ヒョンムク コ·ウォンギョン役 ソウル中央地検反腐敗捜査部部長検事
ヘリュルの元夫でカンベクの実父。
離婚の際、親権と養育権をヘリュルに譲り渡し、
ヘリュルに従って成果本を変更することにも同意した。
そして…なぜ離婚したのかは口をつぐんだ。

一見人より劣る、顔だけ合わせるといがみ合う仲になったが、
実際、中央地検で彼よりヘリュルの中をよく知っている人はいない。
いつもワンテンポ遅れて問題だが。


出典:JTBC

ハン·ジュンウ オ·ソンヒョン役 ソウル中央地検反腐敗捜査部検事
ヘリュルが火の穴に入るとついて行くが、印が刺さった、神は信じなくても、ヘリュルは固く信じる、ヘリュルの後輩だ。

警察署の人物


出典:JTBC

パク・ジヌ チ・グウォン役
事あるごとに検察と角を立てながら左遷を繰り返し、漢江(ハンガン)以南を転々としながら得たものは、慶尚道(キョンサンド)と全羅道(チョルラド)を合わせた方言だけ。


出典:JTBC

ウ・ジヒョン ワン·ジュンジン役
祖父母の手に育ち、ソウル暮らしが10年以上経っても、香ばしい全羅道方言を誇る。チ・グウォンの魂の相棒…、とそれまではちょっとあれだが、幻想的なパートナーぐらいにはなる、なかなかの刑事だ。

その他の人物


出典:JTBC

キム·ウォネ ドルフィン役 チ・ジュンギ。「チ会長」と呼ばれた人


出典:JTBC

テ·イノ ナム·スヒョク役 
「ゴンドの右腕」、自らそう信じている。ご飯を食べさせることからうんちを拭くことまで、ゴンドのことなら、ナム弁護士が自任する理由だ。そこにはゴンドとグァンジョンの間には息子がいなくて、カンベクはハム&リーの主人になるにはまだ幼いという古い計算も入っていた。ヘリュルの家族と手を握ろうが、互いに絡もうが、ナム弁護士はこれを機会と考えた。 そのようにナム弁護士は全く知らなかった。この計算が最初から間違っているということを…。


出典:JTBC

イム·セミ ユン·ウンミ役 SBC放送局記者
偉く、偉くなることを知って、勘が良くて、情熱のある、たまに危険な線を行き来するが、揺るがない信念も持っている人物。

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:ユ・ヒョンキ、脚本:オ・ガギュ
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 11話・12話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想
The Empire:法の帝国(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●元裁判官、ロースクールの学長、大手ローファームの代表弁護士、検事とロースクールの教授、、、権力を握る法服家族の墜落スキャンダルを描いた作品!

代々続く法律一家のストーリー!

キム・ソナ、アン・ジェウクとイ・ミスク出演の2022年最新作は、それぞれの秘密を抱えた法律一家のストーリーでした。

元裁判官で最大級のローファームの創立者の祖父、ローファームの代表弁護士の父、ロースクールの院長の娘、部長検事長女ロースクールの教授で長女の婿、、、長女の二人の子供たちの4代の住むハム家がドラマの舞台。。。

2005年ヒョンビンと共演した「私の名前はキム・サムスン」でラブコメのヒロインを演じ、最終話視聴率が50.5%を越えるほど大ヒットした作品で、有名になったキム・ソナ。近年、「品格のある彼女」や「青い太陽」などを通じて、パンチのある演技が魅力の女優ですが、このドラマでは信念を貫く検事ハン・ヘリュル役を演じています。

ハン・ヘリュルの夫ナ・グヌ役をアン・ジェウクが演じており、おしどり夫婦のイメージで完璧な夫婦のように見えた二人。夫ナ・グヌ(アン・ジェウク)は、ロースクールの教え子と不倫関係。第1話からラブシーンが登場し、夫の浮気を知らないハン・ヘリュル、、、女性が遺体で発見されるエンディング、、、不倫と殺人事件がどのように関係しているのか、第1話からハラハラするストーリー展開を描き、興味深い展開を描いていきます。

ドラマのストーリーの中心にあるのは、遺体で発見されたのが誰なのかという点と、殺人事件の被害者が誰なのかが明かされてからは、彼女を殺害した犯人が誰なのかを探る展開がメインに描かれ、最終的に殺人事件と関連する多額の詐欺被害を出したファンド詐欺事件や、検事のハン・ヘリュルが担当することになる事件を中心に描かれることになります。

事件を解決していく犯罪クライムのジャンルのドラマというよりは、殺人事件の被害者がハン・ヘリュルの家族への復讐計画を進めていたこと、その他、一代で巨大な自分の王国を作り上げた元裁判官のハム・ミンホン(シン・グ)への復讐を企む別の人物がいることから、完璧に見えた法服家族の墜落していく様子を「マクチャン」ドラマ的に描いた作品。

殺人事件の被害者が明かされ、、、登場するキャラクターたちに殺人の動機があり、誰が犯人なのかは、最終話になるまで明かされず、、、殺人の真相が明かされた時、意外な人物による犯だったため、大逆転があるエンディングでした。

マクチャンドラマの要素が強いため、このドラマのエンディングは、完璧な幸せな結末でもなく、悲しい結末でもなかったです。個人的には真犯人が誰なのかが分かり、ホッとするエンディングでした。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP