SKYキャッスル 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

SKYキャッスル SKY 캐슬 全20話

第5話視聴率7.478%

第5話 あらすじ

後日掲載

 

quetalsurinoさんより

第5話感想

前話では様々なエピソードが描かれ、今後登場する人物が複雑に絡み合いことを示唆しているようで、第5話も期待を込めて視聴しました。予想以上に緊張する場面と共に、新たな展開まで描かれ、ますます面白くなります。

入試コーディネーターキム・ジュヨンのオフィスから出たハン・ソジン(ヨム・ジョンア)がヨンジェを目撃した時のヨンジェのこわばった表情から、何かが起きると予想しますが、母を死に追いやったと恨みをもったヨンジェは、キム・ジュヨンに襲い掛かり、駆け付けたソジンによって助けられることになりました。

キム・ジュヨンをかばって怪我を負ったソジンは、ヨンジェの件でキム・ジュヨンを誤解していたと思う様子でしたが、キム・ジュヨンに関してはやはり隠された秘密があるようで、イェソを担当することになったキム・ジュヨン。このドラマに登場する入試コーディネーターとは、韓国には実際に存在するのでしょうか。選別した2名の生徒のみアックアップする入試専門のコーディネーターとは、個別指導から始まり、健康管理、勉強の環境から送迎までを担当するようで、大学入試にすべてをかけた様子がリアル感あって、新鮮。

スカイキャッスルで唯一スイムを歓迎し、優しく接するのはイェソの妹、イェビンとジン・ジニ(オ・ナラ)の息子、スワン。子供たちと待ち合わせしていたスイムは、コンビニで万引きするイェビンを目撃すると、ハジンに伝えるべきかを悩み、スカイキャッスル内で浮いた存在のスイムはますます馴染めない状況が続きました。

キム・ジュヨンがイェソのコーディネーターを辞めたことで、双子のチョ・ソジュンとチャ・ギジュンがコーディネートを受けるチャンスを手に入れる可能性があることを知った父ファン・チヨン(チェ・ウォンヨン)は張り切りますが、再びイェソを担当することを知ると焦ります。長女がハーバード大学に入学したことで、双子のソジュンとギジュンを医学部に進学させるため、教育熱心な姿を見せます。

しかし、彼の考え方が偏りすぎて、妻ノ・スンへ(ユン・セア)が双子の息子たちのため、恐る恐る夫の考えに立ち向かい始め、初めて行動を起こす。双子の息子たちと母ソンへの関係が温かく、息抜きしながら勉強できる環境つくりのために、本格的に動き出すのでしょうか。

イェビンが万引きをしていることをそのままにしておくことができないと判断したスイム。しかし、イェビンの母ソジンは娘が常習的に万引きしていたことをすでに知っていた!娘のストレス解消として黙認し、店主に密かにお金を払っていたことには、驚きました。

5話の最後は新たな展開が始まることを意味する、カン・ジュンサン(ジョン・ジュノ)とソジンと結婚する前に付き合っていた女性、キム・ウネまで登場しました。病気のキム・ウネには一人娘がいて、数十年ぶりにカン・ジュンサンにコンタクトを取る。。。一人娘は、イェソやウジュの同級生、キム・ヘナ(キム・ボラ)でした。初恋の相手、キム・ウネを意識するソジン。 

カン・ジュンサンとソジンが結婚する前に何があったのでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話視聴率8.934%

第6話 あらすじ

後日掲載

 

quetalsurinoさんより

第6話感想

予想していた以上に話が進みました。

スカイキャッスルに住む登場人物たちの本音が描かれ、キム・ジュヨンと関係がありそうな新たな人物が登場しました。ケイと呼ばれている少女は、キム・ジュヨンの娘なのでしょうか。

キム・ジュヨンが再びイェソを担当することになり、学習面で安心するソジンとイェソ。第2話での初対面以降、イェソはファン・ウジュに片想いする様子で、キム・ジュヨンはイェソの気持ちに気づいていることから、イェソが第2のヨンジェのようにならないことを期待したいです。ファン・ウジュが気にするのは、同級生のキム・ヘナ(キム・ボラ)で、三角関係を形成することになりそう。

カン・ジュンサン(ジョン・ジュノ)が目指していたセンター長は、医療ミスが原因でライバル視していたファン・チヨン(チェ・ウォンヨン)が就任することになり、イェソの成績がトップになったことを喜ぶソジンに、キム・ジュヨンはイェソがウジュに片想いしていることを知らせ、勉強の妨げになるのが異性への気持ちであること、油断できないことを伝えますマインドコントロールを口にするキム・ジュヨンは、何か計画しているようで。

キム・ジュヨンをジェニファーと呼ぶ女性が登場しました。ケイは元気なのかと尋ねる女性に人違いと、語るキム・ジュヨン。その後、彼女が訪れた屋敷には、ケイと呼ばれる精神不安定な少女の姿があり、彼女を心配するキム・ジュヨンは涙を見せ。。。その姿に、ケイはキム・ジュヨンの娘の可能性がありそうですね。

今話では、特にノ・スンへ(ユン・セア)の活躍が目立った一話でした。夫のチャ・ミニョクの行動や考え方に、モヤモヤしていただけに、スンへの取った行動にスッキリしました。ライバル心を強く刺激する父、チャ・ミニョクの方法では勉強に集中できないことを正直に語る双子たち。

結局は、スンへの希望通りに勉強部屋を変えることになりました。それまでは光も入らない防音処理された部屋で、威圧的な父、ミニョクに指導されていた双子に、明るい勉強部屋を与えることに成功したスンへの笑顔!スンヘも表裏があるとしても、これまで見せたスンへの姿は、特にソジンとは対照的でした。

コンビニで万引きを続けていたイェビンは、すべてを知った母が裏で代金を支払っていたことを知ると、失望します。成績優秀な姉イェソを中心に動くことに不満を持ち、ハジンの貴金属を持ち出し、ヨンジェのタブレット端末だと知らず、母の部屋にあったタブレットを持ち出し、家出をします。

しかし、スイムに見つかり、彼女の家に保護されることになったイェビン。イェビンがタブレットを持ち出したことに気づいたソジンは、スイムの家を目指し走り出します。その頃、タブレットを使って映画鑑賞をするつもりだったイェビンとスイム。しかし、二人が目撃したのは、ヨンジェが書いた日記でした!

日記の内容を確認したスイムは驚き、ソジンが隠してきたヨンジェに関する秘密が、これで明らかになるのでしょうか。スカイキャッスルに住む主婦たちとは違い、素朴で率直なスイムが、ヨンジェの家族に何があったのかを知り、今後、このドラマがどのような方向に進むのでしょうか。

2018年の冬、韓国で最も話題性が高く、注目を浴びているドラマ!

 

SKYキャッスル 7話・8話 あらすじと感想

 

SKYキャッスル 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー