SKYキャッスル 3話・4話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

SKYキャッスル SKY 캐슬 全20話

第3話視聴率5.186%

第3話 あらすじ

ミョンジュ一家が崩壊した理由を知ったソジンはキム先生を訪ね、コーディネーターをクビにする。そのことにイェソは猛反発するが、イェソを名門大学に入れるためソジンは別の方法を考える。一方、SKYキャッスル内で行われた読書会でスイムはミニョクに疑問点を投げかけ…。

引用元 http://www.asiadramatictv.com/

daisySSさんより

第3話感想

スリラーのようで、面白り展開!

自殺したミョンジュの息子を医学部に合格させた入試コーディネーターは、ソジンの娘イェソのコーディネーターとなったキム・ジュヨン(キム・ソヒョン)。ミョンジュが望んだのは、ヨンジェの合格だったことから、両親への憎しみを利用する学習方法で、合格を果たしたキム・ジュヨン。

彼女の方法が間違っていたのか正しかったのかは、まだ判断するのが難しい状況ですが、キム・ジュヨンに関しては何か、秘密がありそうです。ヨンジェを刺激し、合格した後、両親にショックを与えることで復讐することができると語った、キム・ジュヨン。もしかして彼女に何か別の目撃があったのか、サスペンス的な要素が強かった第3話でした。

母が亡くなった後、大学に入学することなくさまようヨンジェ。ヨンジェの家族は、不幸に陥り、新たに引っ越してきたイ・スイム(イ・テラン)、ファン・チヨン(チェ・ウォンヨン)と息子のファン・ウジュ(カン・チャニ)は幸せそうな温かい家族。ただ、スイムはウジュの継母のようですね。ヨンジェの家族に何があったのか、スカイキャッスルで生活することになったスイムたちの生活に、影響を与えることになるのでしょうか。

ヨンジェのタブレット端末に残された日記を確認したソジンは、ミョンジュが自殺する原因となったのがコーディネートのキム・ジュヨンだと知ると、不安から娘イェソのコーディネートを辞めることに。しかし、イェソはコーディネート抜きの一人で勉強することに不安を感じ、一緒に勉強できるグループを探し始める様子が面白かったです。グループレッスンを受けることもできず、果たしてイェソはこのままキム・ジュヨンのコーディネートを辞めることになるのでしょか。

大学病院内では、カン・ジュンサン(ジョン・ジュノ)と新たに赴任したファン・チヨン(チェ・ウォンヨン)との対立も描かれ、病院内で起きる派閥争いも描かれるのでしょうか。教育熱心な母たちの話が中心になるのかと思ったら、それ以外の話も描かれそうです。

双子の息子たちを医学部に行かせようと計画中だったノ・スンへ(ユン・セア)は、コーディネートのっキム・ジュヨンがイェソを選択すると、路線を変えたのか、引っ越してきたスイムと仲良くする姿。スンへは、優等生のウジュの勉強方法を探ろうとするスイムに近寄る気がして、スイムがどんなタイプかが把握がまだできないですね。

 しかし、引っ越してわずかのスイムは、チャ・ミニョク(キム・ボンチョル)の主催する読書会に異議を申し立てることになり、ソジン(ヨム・ジョンア)との対立は更に深まりそうで、今後の展開から目が離せないです。

【豆知識」美少年のファン・ウジュを演じているカン・チャニは、日本でもデビューを果たしているボーイズグループのSFのメインダンスを担当している現役アイドル!子役出身で「シグナル」、「女王の教室」や「優しい男」などに出演しています。



第4話視聴率7.496%

第4話 あらすじ

自分の正体に勘づいたスイムに噂を流されるのではと心配になったソジンは、覚悟を決めスイムの元を訪ねる。一方、スイムが読書会に参加したことにより、読書会の存続を懸けた投票が始まる。主宰者であるミニョクは勝利を確信していたが、事態は思わぬ方向へと向かい…。

引用元 http://www.asiadramatictv.com/

daisySSさんより

第4話感想

同級生クァク・ミヒャンがハン・ソジン(ヨム・ジョンア)だと、イ・スイム(イ・テラン)にバレたことから始まった第4話。今話もドキドキする興味深い展開が続きました。ソジンの過去が明らかになると、スカイキャッスルで、これまでの地位を維持することが難しくなるソジン。彼女の過去の秘密は守られることになるのでしょうか。

スイムに秘密を守ってもらうようお願いするシーンは、お願いなのか脅迫なのかが分からあないほど、威圧的な態度のハジン。Skyキャッスル内に住む、住民はカン・ジュンサン(ジョン・ジュノ)とチャ・ミニョク(キム・ボンチョル)を含め、ハジンまでプライドが高すぎるような印象を受けました。

一方、成績は通う高校のトップをキープしながらも、入試コーディネーターキム・ジュヨン(キム・ソヒョン)のケアーを受けないことを不安に感じるイェソのピリピリ感はマックスに達し、適切なグループや塾を探せないソジンは、危機を感じます。ソジンも不安から、キム・ジュヨンへの考えが変わり始めます。状況や環境に基づき、変わっていくソジンの心理がすごくわかりやすく描かれました。

ヨンジェの家族に起きた不幸は、コーディネーターにより起きたものではなく、長年彼の過程に潜んでいた問題でいずれ爆発する時が訪れることになったと、合理化したソジンは娘のために、キム・ジュヨンに土下座する。

キム・ジュヨンの気持ちを振り向かせるため努力するハジンでしたが、彼女が取った最後の方法は、プライドを捨て土下座することだったとは。。。その時のキム・ジュヨンの言葉にぞっとしました。ヨンジェの家族に起きたような不幸が起きても、すべてを受け入れることができるのかを質問するジュヨン。

やはり、ただの入試コーディネーターではなさそうです。「妻の誘惑」以降、悪女のイメージが強く残るキム・ソヒョンが演じるキム・ジュヨンは、まだまだ謎が多い人物のようで、このドラマの展開の重要な役割を果たしそうです。

涙まで見せ土下座した後のソジンは、キム・ジュヨンのオフィスを出る時に笑顔を見せます。すべてはソジンの計算通りの行動だったのでしょうか。見せた笑顔が怖いと思いました。目的を果たすために、手段を選ばないというか、これまで見せたハイソな態度とは全く違う、上流社会の裏面を描いているように思いました。

最後、オフィスを出たソジンが目撃したのは、荒れ果てたヨンジェの姿でした!第5話で、何かが起きるのでしょうか。

SKYキャッスル 5話・6話 あらすじと感想

SKYキャッスル 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー