SKYキャッスル 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●衛星劇場(2019/8/20から)月~金曜日朝6:15から 字幕
●【日本初放送】衛星劇場(2019/4から) 字幕
●【韓国放送】2018年 11月23日~2019年 1月26日まで

 SKYキャッスル SKY 캐슬 全20話
2018年放送 JTBC
平均視聴率 12.5% 시청률 第1話 1.727% 最高視聴率第20話23.77.9% 最低視聴率第1回1.727%
SKYキャッスル SKY 캐슬SKY 캐슬 公式サイト
あらすじ

韓国の上位0.1%が住んでいる「SKYキャッスル」の中で、夫を王に、子どもを王子と姫に育てたい名門家出身の奥様達。彼女達の壮絶な欲望をリアルに見られるコミック風刺ドラマ

親たちは自分の子どもたちを一流大学に入れるために血なまこになっていた。大学病院の医師ジュンサン(チョン・ジュノ)と妻のソジン(ヨム・ジョンア)の間には二人の娘がいる。ある日、ジュンサンの先輩医師スチャン(ユ・ソンジェ)の息子ヨンジェ(ソン・ゴニ)が名門大学に合格したことを知るソジン。娘のイェソ(キム・ヘユン)をソウル大学医学部に入れたいソジンは、ヨンジェの母親ミョンジュ(キム・ジョンナン)に合格のための秘訣を聞き出す。それは入試コーディネーターと呼ばれる人間を高額で雇ったという話だった。その数日後、ミョンジュは雪の降る深夜に銃で自殺を図る。残されたタブレットには、息子ヨンジェの復讐のメッセージが残されていた…。

衛星劇場 SKYキャッスル
SKYキャッスル SKY 캐슬 相関図
キャスト

ヨム・ジョンア ハン・ソジン役 元教師の専業主婦

イ・テラン イ・スイム役 童話作家

ユン・セア ノ・スンへ役 博士過程を修了した専業主婦

オ・ナラ チン・ジニ役 元脇役女優の専業主婦

キム・ソヒョン キム・ジュヨン役 ソウル大入学査定官出身入試コーディネーター

チョン・ジュンホ カン・ジュンサン役 ソジンの夫でジュナム大学病院整形外科教授

キム・へユン カン・イェソ役 ソジンとジュンサンの長女 高校生の娘

イ・ジウォン カン・イェビン役 ソジンとジュンサンの次女 中学生の娘

チェ・ウォンヨン ファン・チヨン役 スイムの夫でジュナム大学病院神経外科の教授

チャニ(SF9)ファン・ウジュ役 ユイムとチアンの息子 高校生

スタッフ /演出 チョ・ヒョンテク。脚本 ユ・ヒョンミ。
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下、話数ごとのあらすじと感想

SKYキャッスル 1話・2話 あらすじと感想
SKYキャッスル 3話・4話 あらすじと感想
SKYキャッスル 5話・6話 あらすじと感想
SKYキャッスル 7話・8話 あらすじと感想
SKYキャッスル 9話・10話 あらすじと感想
SKYキャッスル 11話・12話 あらすじと感想
SKYキャッスル 13話・14話 あらすじと感想
SKYキャッスル 17話・18話 あらすじと感想
SKYキャッスル 19話・20話(最終回) あらすじと感想

 

●作品感想

名門家の主婦の生活は?子供たちを名門大学へ進学させるための、本気の戦いが始まる!
子供の成績が=ははの地位の中、自分の子供だけは・・・超一流!のはずだった。。。
リアルブラックコメディに笑い、泣き、共に考える!

 

最高!逆転があるけど、予想もできないもの!

非地上波放送局の放送で、韓国での放送開始時間は23:00と、韓国では22時台からミニーシリーズなどのドラマが始まることを考えると、放送時間がかなり遅り。。。第1話が1.7%の視聴率から右肩上がりで、最終話はなんと23.8%!私も大好きなドラマ「トッケビ(鬼)」をの視聴率を越えた作品でした。

2019年最も話題を呼んだこのドラマは、人気を裏付けるようにパロディされることも多かったです。面白いとの口コミで、深夜の放送枠にも拘わらず幅広い年齢層で視聴されたのは、第1の衝撃的なエンディングから始まり、展開される内容から目が離せない、すごいドラマ。個人的には意見としては、スタイリッシュな映画のような展開で、流れる音楽も劇も盛り上げます。第1話から20話まで続けて観られるなら、間違いなく週末すべての時間をドラマの鑑賞にあてたいほど、正直すごくハマりました。

話しの中心にいる女性が6人登場します。一人は特別出演して、第1話で自ら自殺を図ったイ・ミョンジュ(キム・ジョンナン)。特別出演した彼女の演技がとても印象的かつ、衝撃的!彼女の自殺から、どんどんと話しに進んでいき、毎話緊張感が半端ないです。一度観始めると、ハラハラしながらもドラマを観ずにはいられないほどの強烈なドラマってあったのでしょうか。

その他、主人公のハン・ソジン(ヨム・ジョンア)の家庭、イ・スイム(イ・テラン)の家庭、ノ・スンへ(ユン・セア)の家庭、ジン・ジニ(オ・ナラ)の家庭のそれぞれの話ですが、彼女たちの共通点は、大学受験と高校受験を控えた子供たちがいることと、上位0・1%の選ばれた人しか入居することができない特別なタウンハウス「SKYキャッスル」に住む主婦仲間たち。第1話で短いけど強烈な印象を残したイ・ミョンジュの家族が引っ越した後、後任としてミョンジュが住む家に引っ越してきた児童童話作家イ・スイムの登場で、話の流れが変わってきます。

高校3年生の娘が韓国最高の医学部に入学できるなら、どんなことでも、迷うことなくできる母、ハン・ソジンは、このドラマで重要な役割を果たすことになる、キム・ジュヨン(キム・ソヒョン)を娘の入試コーディネーターとして雇うことになります。支払う代金は2億ウォン・・・しかし、選択するのは学生の母ではなく、コーディネーターだった!

自殺を図ったイ・ミョンジュの息子もキム・ジュヨン(キム・ソヒョン)からコーディネートを受け、念願のソウル医科大学に入学するが、その後、家族に不幸が訪れる。。。、キム・ジュヨンが関わっていることに気づきながらも、自分の娘なら大丈夫と、危険だと知りながらも謎の多いキム・ジュヨンに娘を預けることから、話が本格的に始まります。

医学部にこだわるのは2世、3世と続く医師の子供たち。。。熾烈な受験戦争を勝ち抜くための、高校3年生の様子と、サポートする両親の話で、かねてから韓国の教育への熱心さは知っていましたが、このドラマは「まさか?」の中に流れるリアルさがすごい!

それぞれの家庭での受験に対する考えや対象方法や、子供の教育に関する両親の考えの違いなど。。。正直、魅力が満載の内容で、一度観ると、必ず続きが観たくなります。途中、意外な展開を迎えることになるので、本当に観てワクワク楽しいドラマでした。ドラマの半分が終わった時には、まだ10話も残っているのに、エンディングがすごく気になりました。途中、台本の流失などがニュースかされ、もしかするとドラマのエンディングに影響を与える可能性などがあるとまで噂されました。

このドラマは観ていて手に汗を握るほどの凄い展開と、緊張感、登場するキャラクターの心理描写まで上手で、イライラしながらも、心配してしまい、展開から目が離せません。とにかくキャストが最高でした。登場する高校生たちの活躍も面白いです。ちなみに、過去、ヨム・ジョンアの子役を演じたキム・ヘナ(キム・ボラ)が同じく高校3年生で登場しますが、すごい逆転が待っているのでは?と予想させるところがたくさんありました。

正直、第20話まで切なさに涙もあったり、個人的にはこんなシビアで、ブラックコメディの要素があるドラマが大好きですが、歴代記録を残すほど注目されたには絶対に理由があると、思いませんか。

韓国だけに限らず、少子化問題で、子供を一人だけ産んで、教育にオールインする人が増えてきて、日本でも受験に関する、特に母親に関する興味が最も高まっている中、ドラマなので、大げさな部分はあるかもしれませんが、入試に関して、また人と触れ合い、良心など、ドラマが伝えようとしたのが何か?は個人差があるとは思います。

10代から50代まで、教育や家族の在り方など、再確認するすごく良い機会になるドラマだと思います。

ドラマの結論をあえて触れないのは、絶対にこのドラマをご覧になっていただきたいと思った、最高の作品だからです。緊張感は最近観た「品格のある女」並でした。

絶対に面白いので見てください!絶対に面白い!

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー