MINE マイン(韓国ドラマ)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2021年



放送予定

【日本放送】

●Netflix 2021年 5月8日から

【韓国放送期間】 2021年 5月8日から 6月27日まで

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

MINE 

마인

2021年放送 tvN 全16話

視聴率

平均視聴率 8.21% 시청률 第1話6.565% 最低視聴率第3回5.578% 最高視聴率第16回10.512%

出典:http://program.tving.com/tvn/mine

あらすじ

世の中の偏見から脱して、本当の自分を探していく強い女性たちの物語

財閥家の一員として誰もが羨む人生を送る2人の女性を取り巻く、たくさんのウソと秘密。本当に欲しいものを手に入れるためには、手段を選んではいられない。

相関図

出典:tvN

キャスト

主要人物たち


出典:tvN

イ・ボヨン ソ・ヒス役(30代後半)元女優、ヒョウォングループの次男の嫁。28歳にしてベネチア映画祭で主演女優賞を受賞し、計り知れない虚無感が押し寄せてきた。 この時、イギリスの旅路でジヨンに出会い、運命の愛に落ちる。 しかし、その男性は国内財閥の孝元(ヒョウォン)グループの次男で、離れてしまった初恋の人が残した2歳の息子がいた。ヒスは心から、愛を持って2人を抱いた。

ヒスは財閥家の嫁という新しい人生を生きるために俳優も辞め、彼らと付き合おうとするが、絶対自分を低めもせず、何事も堂々と、変化する状況の中でも自分の存在に色彩を守っていく。 そんなある日、ヒスの人生に新しい運命の女が登場した。

他ならぬ自分の息子、ハジュンのプライベート家庭教師として入ったカン・ジャギョンだった。 ヒスはジャギョンが運命の女性であることを想像もせず、彼女を信頼した。 彼女に関する秘密が明らかになり、ヒスはジャギョンと共に途方もない欲望の渦に巻き込まれながら、ソ·ヒス本来の姿を現し始める…。


出典:tvN

キム・ソヒョン チョン・ソヒョン役(40代半ば)ヒョウォングループの長男の嫁。財閥家の娘で、骨の髄まで聖骨貴族。ヒョウォングループの長男の嫁として生まれつきのクィティ、品位、知性まで兼ね備えた、財閥出身の女性。 離婚した男であり子どももいるジンホだが、ヒョウォンの長男であるため、彼女には何の問題もなかった。 夫のジンホの息子であるスヒョクへの愛情もなかった。

自分の感情は徹底的に隠したまま、ただ社会的人情と自分の品位を維持するために生き、華やかな上流層の女性としてだけ生きていく。ソヒョンにとって、家族とはビジネスパートナーにすぎない。 憤怒調節障害のあるヒョウォン家の人々でさえ、彼女をぞんざいにする。 いずれにせよ、財閥出身でアルコール漬けの夫ジンホを内助し、自分の子供でもないスヒョクを立派に育てたからだ。

このように理性を持つ彼女にとって、アナと雪の女王のようだったソヒョンのエゴを溶かしてしまう、熱い出来事が起きる。冷たくて冷静だったソヒョンは、スヒョクを通じて新しい形の温かい母性を見せる。


出典:tvN

イ・ヒョヌク ハン・ジヨン役(40代前半)ヒスの夫。ヒョウォングループの次男。英国のある古びた寿司屋で当時トップ女優ソ・ヒスに出会い、恋に落ちる。 天性がゆとりのある、スイートな男。ジェントルさが身についている。

財閥グループの孝元(ヒョウォン)家の次男だが、ジヨンはヤン·スンヘ夫人の生んだ息子ではなく、ハン会長の婚外子だ。 母系の血統がこんなにも怖いのか、ジンホとジニの2人の子どもとは性格が全く違う。人柄がよく、能力があり、家の強力な後継者第1位だ。 自分が婚外子ということと2歳の子供がいるという告白にもかかわらず、ジヨンを心からより深く受け入れたヒスを愛し、尊重する。 そのようにジヨンはヒスと一緒に、ヒョウォン家で信じられないほど、人間的な人生を生きていく。

ある日、ハジュンのプライベート家庭教師としてジャギョンが入ってきて、信頼と愛で固くなったヒスとジヨンの関係が崩れ始める。


出典:tvN

オク・ジャヨン カン・ジャギョン役(30代半ば)ハジュンのプライベート家庭教師。平和なヒョウォン家にやってきたヒスの息子ハジュンのシークレット家庭教師。 人に対する警戒心のないヒスは、彼女を温かく迎えて、ジャギョンと心を交わすことができた。 ジャギョンがヒスの人間性に触れる前までは。 ジャギョンはヒスの引いた線を越えて入ってからは、ヒスの固有領域までなくし始める。

ジャギョンがヒョウォン家に入った理由は純粋ではなく、長年の欲望であり、秘密の計画だった。 ヒョウォン家で必ずなすべきことがあり、その仕事のために生きてきた。

ジャギョンは、ヒスの本心を知って、彼女がけがをすることを望まなかったが、慣性がついてしまったジャギョンの欲望は、とどまるところを知らず、結局ヒスと対立することになる。しかし、ヒスは決して弱い相手ではなかった。 ヒスは崩れず、ジャギョンの欲望に立ち向かって、一緒に崖っぷちまで走ることになる。


出典:tvN

VIXX エン ハン・スヒョク役(20代半ば)ヒョウォングループの長孫。チョン·ソヒョンとハン·ジンホの間の息子。文字通りの財閥3世。 生まれた時からすべてを持つかのように完璧に見えるが、幼い年で悲しい別れを経験したスヒョクは、あまりにも早く成熟した大人になってしまった。 世の中の良いものはすべて集めておいた王国のようなヒョウォン家で、すべてのことに無関心になった王子のように育ったスヒョクは、世の中のことに無関心だ。

ヒョウォン家の慣例で米国に留学し、優秀な成績で卒業して帰ってくるが、何もやる気にならない。 そのまま脱ぎ捨てて飛び出したいが、26年の孔子の人生を脱ぎ捨てる名分をまだ見つけていない。 家で望む女性と婚約もし、自分が何もしなくても与えられる、財閥3世の人生を受け入れることにする。

不眠症を病んだスヒョクは、みなが寝静まる広い邸宅で、自分のように眠れない人に会う。 二人は運命のいたずらのように、部屋を一度変えて寝ることにする。不思議なことに部屋を変えてから、やっと自分の安息所を見つけたかのように楽に眠れるようになる。 貧しくてもしっかりしていて、懐かしむ母の姿を持った彼女に、スヒョクは惹かれ始める。


出典:tvN

チョン・イソ キム・ユヨン役(20代半ば)ソヒョンが雇った若いメイド。スヒョクと運命的な恋に落ちる人物。貧乏な茶の湯の長女。国立大学を卒業した後、何とかいろいろなアルバイトをした。幼稚園教師をしながら、学資金の融資を返済したが、両親の借金のために幼稚園にヤクザがやってくる。そのため、仕事ができなくなった絶望的な状況で、エマ修道女の紹介で、ソヒョンの家のメイドに入る。 もはや貧困の恐怖に震える必要がないため、ユヨンにはそこが神聖な職場だった。

ユヨンには不眠症がある。 家族のための人生を生き、表向きでは何ともない行動をするが、実際彼女は人生がとても大変だ。 夜になって疲れた一日を終わらせてベッドに横になるが、現実的な悩みに押しつぶされて眠れない。 神聖な職場だったそこで、自分のように眠れない男スヒョクに出会う。

人生そのものに疲れたユヨンは、どんな人も自分の不幸な人生に引き込むことも、共有したくもなかったが、意志と反し、甲乙関係の中で向かい合った男。 一線を越えてはならないと、自ら繰り返しているがだめだ。


出典:tvN

パク・ヒョクグォン ハン・ジンホ役(40代半ば)ヒョウォングループの長男でソヒョンの夫、スヒョクの実父。外見は無邪気なほど優しく見え、分別のないメンタルのおかげで、年齢に比べてひどく童顔だが、内面は劣等感だらけだ。 彼の「足りない自我」のため、若い時はアルコールに頼ったりもし、酒を飲むと「人事不省」になった。 彼はソヒョンと結婚した後、酒をやめると宣言し、代わりに宝くじを買う趣味でその寂しさを埋める。

次女の妹のジニより勉強が苦手で、弟のジヨンよりすべての面で遅れを取り、“憎いアヒルの” 長男になって久しい。 日常的に家ではジヨンと何度も比較され、一生コンプレックスに悩まされてきた。 しかし、妻のソヒョンのおかげで、救済不能のイメージが大きく変わる。

自分の唯一の誇りである息子のスヒョクが企業を受け継ぐことが、彼が持っている野望だが、彼はそれを表現しないまま隠している。 スヒョクとユヨンが恋に落ちたことを知って、ソヒョンと対峙するが、最後まで自分を捨てない妻ソヒョンの本心は分からない。

ヤン・スンへの周辺人物たち


出典:tvN

パク・ウォンスク ヤン・スンヘ役(70代前半)ハン会長の夫人でありヒスの姑。ヒョウォングループの王者の母。気難しくトーンアップした声、服装と外貌も恐ろしい。 しかし、まるで俳優のように、特定の関係者と外部の人々の前では、高尚で優雅なふりをする。元はと言えば、ヤン·スンヘのこの暴悪さが極大化したのは、夫が結婚生活4年で別の女ができ、婚外子であるジヨンを生んだことによる。

夫のハン会長は、ジヨンを10歳の時まで「乳母」という名前で、実母のもとで育てる。ジヨンの実母は、公式にその家に出入りして、自分を侮辱した。我慢する代わりに実母を憎み、自分の怒りを自由に解きほぐす方向に合理的な路線を定め、年々その暴悪さは進化した。

自分が腹を痛めて生んだ2人の子供に比べて、優しく振舞った。すべてが優れた末っ子のジヨンを財界の関係者たちがほめると、自分の体面のために婚外子であるジヨンをかばって、ジヨンが婚外子だと噂は立つが、事実確認はされなかった。


出典:tvN

チョン・ドンファン ハン会長(70代初め)ヒョウォングループの会長。ヒスの義父。あの時代、愛されたロマン派音楽家のようなおしゃれな若者だった。 オペラと歌曲を愛し、クラシックに造詣が深い浪漫主義者だが、愛のない女と結婚する。その長く長い結婚生活の不幸は、企業家としての責任感で相殺し、企業総帥として最善を尽くして生きた。

ヒョウォングループ内の背任横領事件が明るみに出て、脳血管も同時に破れて植物人間状態になり、微笑を浮かべて横になっている間、家の中は廃墟になる。

彼は、ジヨンの実母である、キム・ミジャを愛したが、彼女は40代で死んでしまった。もう彼女の所に行く時期になったのかと思うと、目が覚めた。 そして自責する。すべてが自分の過ちだった..。


出典:tvN

チョン・ヒョンジュン ハン·ハジュン役 (8歳) ジヨンの実の息子であり、ヒスが心から愛する息子。運命的な親密感のあるヒスと美しい母子関係のハジュン。 しかし、ジャギョンの登場で、ハジュンとヒスの間には悲劇的な溝ができ、それは何によっても埋められないということが分かる。 子供は手に負えない悲しみを味わう。


出典:tvN

キム・ヘファ ハン・ジニ役(40代初め)ヒスの義理の姉であり、ヒョウォングループ長女。ヒョウォングループの後継者序列2位。 頭も良く、勉強もできた。 経営能力も卓越しており、野望も大きい。しかし、深刻な人格障害で、怒り調節障害。 母親と兄がそうであるように、気むずかしく人柄に問題が多い、血の気が多い性質だ。

しかし、その本音をのぞき見れば、愛情が深刻に欠如している。 財閥の娘に生まれたが、母親は全てを金で解決する。友人らも自分のことを好きにならず、夫も自分が付きまとったため、報われない愛を抱いて結婚した。 誰にも温かい愛を受けられなかった彼女は、人を愛するすべを知らなかった。 「すべてを持っていてもかわいそうだ」と思わせるジニは、財閥が作り出した黄金でできた、痛々しい怪物に過ぎない。

愛より憎しみに慣れた人生を生きるジニ。 彼女はある時点から、過ちを改ため、自らを改ためて、生きるべきだと思い始める。


出典:tvN

チョ・ウンソル パク·ジョンド (40代前半) ハン·ジニの夫。ヒョウォングループの娘婿であり、ジニの夫。 上流層の間ではハン·ジニは結婚忌避対象1号だったが、家庭の栄達のために彼女と政略結婚することになった、悲劇の運命を持って生まれた男。

嵐も一時期なのに、終わりを知らずに続く、ゲリラ戦のような結婚生活に疲れた。妻と家がめちゃくちゃになって物を叩き壊して争うが、お互いに体を傷つけないという原則の下で、そのようにストレスを解消しながら暮らしている。

離婚を夢見るが、離婚どころか「死んでも地獄まで追いかけていじめる」というジニの言葉が、本気のようでもっと怖い。

一新会メンバー


出典:tvN

イェ・スジョン エマ修道女役 (60代前半) 本名ペク·ソルファ。本堂修道女で、未婚の母支援センター長。ヒスがシングルマザーのボランティアに行き、出会った修道女。ヒスが作った聖書の勉強会「一新会」の精神的模範になる。

穏やかな印象、人の心を動かす端正で暖かい真心の目つきと話術を持つ。相談の条件は、エマが働いている聖堂の後援団体である未婚の母財団に寄付する程度であり、いかなる謝礼も受け取らない。 言わば上流層の精神諮問委員だ。

彼女と相談が終わると、すべてを癒されるような人達···。いつのまにか、エマ修道女はヒョウォン家を中心とした上流層の人々の精神世界を支配し、一新会を導く。 このような独特な行動を持った「エマ·シスター」を見て、人々は彼女の正体を知りたがるが、彼女の秘密は簡単には明らかにならない。

ソン・ソンミ ソ·ジンギョン(50代前半)ギャラリー長。下院グループセカンド。一新会のメンバーであり、下院ギャラリー代表でもある。 ヤン·スンヘの従兄が名誉会長である、ハウォングループのセカンドだったが、夫であるヤン会長が長い患いの末に死亡し、莫大な遺産を受け継ぐスーパーダイヤの未亡人となった。

OO ミジュ (40代前半) 一新会のメンバーで、伝統的な財閥ではなく、私債業でお金を稼いだ家なので、典型的な財閥家には劣等感を持つ。

OO チェ・スミン (30代中半) 在米韓国人で、元ミスニューヨーク。一新会のメンバーで、美貌でかなり年上の夫と恋愛して結婚したが、今は夫が死ぬことを望む、不幸な上流層。

ヒョウォン家のメイドたち

– カデンツァ –


出典:tvN

パク・ソンヨン チュ執事(40代半ば)本名はチュ·ミンス。ヒョウォン家のメイド長。「生まれつき平凡だったが、財閥家の執事10年でまともな二重人格になった。“ジ·オリジナル” を夢見るだけにメイドの品格も格別だ。 その親分の役割をしているチュ執事は、この家のために魂を捧げた。 家のすべての不正を管理しているには、会長がプレゼントした江南(カンナム)の45坪のマンション1軒では足りない。 ハン会長と夫人の間で適当な二股を使い、この程度の能力があれば自叙伝を書くのだろう。 しかし、時間が経てば経つほど、その本心と実体がミステリー化する。 誰の味方なのか分からない行動がさらに疑わしい。 そのうえ、彼女の事件当時の供述は、他の人の目撃談とすべてが異なり、事件をさらに迷宮入りさせる人物。


出典:tvN

イ・ジュンオク キム・ソンテ役(30代後半)ヒョウォン家の唯一の男性執事。財閥家で働きながら、かえって財閥を哀れに思う人物。ブルーダイヤを盗んで逃げ、チュ執事の奴隷になる。


出典:tvN

チョ・ユンソ オ·スヨン(30代前半)ヒスとジヨンのスケジュール管理をする、秘書兼家のサブ執事。序列上のチュ執事の下位のポジション。

コ・ミジン メイド1

ファン・ギョンヘ メイド2

イ・ジュヒ メイド3

– ルバート –

オ・ジュヨン メイド4

ミン・サンア メイド5

その他の人々

OO ペク刑事(30代後半)別名「財閥家死亡ミステリー事件」の担当刑事。 孝元(ヒョウォン)グループの会長が手すりから落ちて死んだが、解剖もなく届け出もなく葬儀が行われ、死亡診断書には心臓マヒと結論付けられた。 修道女の届け出で一人で内部捜査に着手するが、決定的な証拠がない限り、令状請求ができない事件。 複数の目撃者から証言を受ければ受けるほど、パズルのピースは食い違う。

キム・ジウ ハジュンの友人

チャン・ハウン ノ・アリム役

アン・ジヘ ソヒョンギャラリー副館長

 

出典:tvN

スタッフ /演出:イ・ナジョン、脚本:ペク・ミギョン、企画:スタジオドラゴン、制作:JJ Pictures
作成:え

イ・ボヨン ドラマランキング

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん
MINE 1話・2話 あらすじと感想
MINE 3話・4話 あらすじと感想
MINE 5話・6話 あらすじと感想
MINE 7話・8話 あらすじと感想
MINE 9話・10話 あらすじと感想
MINE 11話・12話 あらすじと感想
MINE 13話・14話 あらすじと感想
MINE 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

作品感想

●世間の偏見に負けず、強く生きる女性たちが主人公!女性の連帯感や信頼を描き自分(マイン)の幸せを見つけるために奮闘を描いた作品!

キム・ソヒョンとイ・ボヨンが主演の話題作!

クールビューティとして知られ、実力派演技女優として知られるキム・ソヒョンは「スカイキャッスル~上流階級の妻たち~」に出演し、女優としての地位を固めました。このドラマでも冷静で強くブレることのない女性を演じています。大きな秘密を抱えたまま財閥、ヒョウォン家の長男と政略結婚したチョン・ソヒョンをキム・ソヒョンが演じていますが、第1話からカリスマ溢れるキャラクターを披露し、ドラマに釘付けになります。

ストーリーをリードするのはイ・ボヨンが演じるソ・ヒスですが、キム・ソヒョンが演じるチョン・ソヒョンとのはシナジー効果を発揮し、ミステリ・サスペンスドラマですが、ドラマの後半部はお互いを信じ助け合う信頼関係や絆が描かれ、予想外に面白いドラマでした。

ドラマの舞台が財閥家であることから、既存の韓国ドラマで見ることの多い「マクチャン」要素のある展開も続きますが、第1話で起きた殺人事件の真相を徐々に探りながら、真犯人が誰なのかを探るストーリーとなっているため、推理ドラマや財閥が登場するドラマが好きな方にはお薦めしたい作品でした。

殺人事件を目撃したと通報してきたシスターによって始まるストーリーは、ドラマの後半部まで誰が死亡したのか明かさずミステリアスな展開が続く中、様々な憶測が飛び交います。屋敷内で起きた殺人事件の真相を明かそうとする刑事の登場や、屋敷に住む財閥の家族から使用人まで、起きた殺人事件に関して真実を語らない謎めいた展開が描かれる点も、面白かったです。

個人的には、ソ・ヒス(イ・ボヨン)やチョン・ソヒョン(キム・ソヒョン)が見せるファッションもステキで、映像全体的にもスタイリッシュで映画をみているような印象を受けました。徐々に明かされる家族の秘密、、、特にソ・ヒス(イ・ボヨン)の夫ハン・ジヨン(イ・ヒョンウク)の秘密が明かされる度に驚かされ、ハラハラする展開もあります。

ドラマのタイトルが「マイン(MINE)」が何を意味するのかは、ドラマの最終話を見ると分かります。絵に描きたような幸せな財閥ライフを送っていたはずのソ・ヒス(イ・ボヨン)が、息子のお世話をするチューターカン・ジャギョン(オク・ジャヨン)を屋敷に入れたことで、予想もできない人生の危機を迎えることになります。

その過程で、チョン・ソヒョンがソ・ヒスをサポートし、単純な殺人事件のミステリを探るドラマにとどまらず、大逆転があり、望んでいた幸せを手に入れる主人公たちの成長としてのエンディングを迎えるため、これまで見たドラマとは少しテイストが違う面白さがありました!




【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

    • えぱた
    • 2021.05.31

    ご指摘ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。^^

    • ttttt
    • 2021.05.30

    いつも有難うございます。
    ハン・ジンホの項で、「妹のジヨン」→「弟のジヨン」だと思います。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP