Born Again(ボーンアゲイン)13話・14話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

Born Again(ボーンアゲイン)본 어 게 인 KBS 全32回(16話)【韓国放送期間】2020年4月20日から6月9日まで

第13話視聴率1.4% 2.3%

第13話あらすじ

ヘミから呼び出され幽魂ギャラリーに現れたイヌ。ジョンボムの中にいるジチョルと再会を果たす。ジチョルは怒りのあまりイヌを殺そうとするが、サビンの言葉を思い出し踏みとどまる。そんな中ジェイは、死刑囚の遺骨の顔を復元に成功した。それがなんとジョンボムにそっくりだったのだ。一方サンアはイヌを訪ねた場所でドゥチョルを殺害する。証拠品をもとに黄色い傘事件の容疑者として、サンアは逮捕されるが…

出典:https://kntv.jp/program/kn200801/

daisySSさん

第13話感想

前世の記憶を持ったチョン・ジョンボム(チャン・ギヨン)は、ついにコン・イヌと再会。。。父を発見すると攻撃的になりますが、チョン・サビン(チン・セヨン)の言葉に、怒りをコントールします。彼女の温かい言葉や態度が彼の冷たい本能を温めているようで、悲劇的なエンディングになって欲しくないですね。

チャン・ヘミ(キム・ジョンナン)が出版した本を読んだコン・イヌは、チャン・ヘミに娘がいるのかを確認します。「先生に似て天才的な才能を持った子です。」と娘が言えることを認めます。母とチョン・ジョンボムの会話を耳にして、自分の父が連続殺人犯のコン・イヌだと知ったペク・サンアはコン・イヌと密会する母を尾行します。

初めて実の父の存在を知ったペク・サンアは、自分が娘であることを明かし、殺人に関する助言を求めます。ペク・サンアは予想した以上にサイコパスなタイプでした。彼女が狙うのはキム・スヒョクなのでしょうか。それともキム・スヒョクが愛するチョン・サビン(チン・セヨン)?それともチョン・ジョンボムを含めた全員?

ペク・サンアの攻撃でも生き延びたチュ刑事は、彼を殺害しようとした人物がチョン・ジョンボムではなく、ペク・サンアだと証言。1年前のチョン・サビンを狙った事件もペク・サンアの命令によって起きた事件だと知ります。これまでチョン・ジョンボムが容疑者だと信じていたキム・スヒョクに異変が起きます。彼が犯人でないなら、、、チョン・ジョンボムとキム・スヒョクはサビンを守るため、協力することになります。

これで対立関係が終わり・・・ではなく、チョン・サビンへのお互いの気持ちを確認することになり、今後更に悩ましい三角関係を形成することになります。キム・スヒョクは、最後まで彼女を守ると約束し、これまでよりも更に強い気持ちを告白。一方、戻ってきたチョン・ジョンボムもサビンへの気持ちを真剣に告白すると、キス。

二人の間でサビンが混乱します。彼女が選択するのはキム・スヒョクなのでしょうか。それともチョン・ジョンボムなのでしょうか。彼が復活を望んだ理由は、彼女に自分はシリアルキラーではないことを伝えたかったから。。。。チョン・ジョンボムを見ていると、切ない気持ち。

娘ペク・サンアが殺人事件の容疑者となったことを知ったチャン・ヘミ(キム・ジョンナン)は、娘をたすけるため、チョン・ソクテ(チェ・グァイル)に圧力をかけます。しかし、チョン・ジョンボムからの更なる圧力で、チャン・ヘミは30年前、コン・ジチョルを殺すよう命じたのが現生の父であるチョン・ソクテだと明かし。。。



第14話視聴率1.5% 2.1%

第14話あらすじ

スヒョクに逮捕されたサンアを救おうとする母親のヘミ。ヘミは手段を選ばず、かつての恋人であるチョン検事長の元へ行き手を回してもらう。その結果、公判でサンアはたやすく有罪にならなかった。そんな中、娘のサンアにサビンを殺してほしいと頼まれたイヌは実行に移す。しかし間一髪のところでジチョルに止められ警察に逮捕された。一方サビンは“古い未来”の店主にハウンのボイスレコーダーを渡され、昔がよみがえるが…

出典:https://kntv.jp/program/kn200801/

daisySSさん

第14話感想

前世の記憶を持ったチョン・ジョンボム(チャン・ギヨン)は、ついにコン・イヌと再会。。。父を発見すると攻撃的になりますが、チョン・サビン(チン・セヨン)の言葉に、怒りをコントールします。彼女の温かい言葉や態度が彼の冷たい本能を温めているようで、悲劇的なエンディングになって欲しくないですね。

チャン・ヘミ(キム・ジョンナン)が出版した本を読んだコン・イヌは、チャン・ヘミに娘がいるのかを確認します。「先生に似て天才的な才能を持った子です。」と娘が言えることを認めます。母とチョン・ジョンボムの会話を耳にして、自分の父が連続殺人犯のコン・イヌだと知ったペク・サンアはコン・イヌと密会する母を尾行します。

初めて実の父の存在を知ったペク・サンアは、自分が娘であることを明かし、殺人に関する助言を求めます。ペク・サンアは予想した以上にサイコパスなタイプでした。彼女が狙うのはキム・スヒョクなのでしょうか。それともキム・スヒョクが愛するチョン・サビン(チン・セヨン)?それともチョン・ジョンボムを含めた全員?

ペク・サンアの攻撃でも生き延びたチュ刑事は、彼を殺害しようとした人物がチョン・ジョンボムではなく、ペク・サンアだと証言。1年前のチョン・サビンを狙った事件もペク・サンアの命令によって起きた事件だと知ります。これまでチョン・ジョンボムが容疑者だと信じていたキム・スヒョクに異変が起きます。彼が犯人でないなら、、、チョン・ジョンボムとキム・スヒョクはサビンを守るため、協力することになります。

これで対立関係が終わり・・・ではなく、チョン・サビンへのお互いの気持ちを確認することになり、今後更に悩ましい三角関係を形成することになります。キム・スヒョクは、最後まで彼女を守ると約束し、これまでよりも更に強い気持ちを告白。一方、戻ってきたチョン・ジョンボムもサビンへの気持ちを真剣に告白すると、キス。

二人の間でサビンが混乱します。彼女が選択するのはキム・スヒョクなのでしょうか。それともチョン・ジョンボムなのでしょうか。彼が復活を望んだ理由は、彼女に自分はシリアルキラーではないことを伝えたかったから。。。。チョン・ジョンボムを見ていると、切ない気持ち。

娘ペク・サンアが殺人事件の容疑者となったことを知ったチャン・ヘミ(キム・ジョンナン)は、娘をたすけるため、チョン・ソクテ(チェ・グァイル)に圧力をかけます。しかし、チョン・ジョンボムからの更なる圧力で、チャン・ヘミは30年前、コン・ジチョルを殺すよう命じたのが現生の父であるチョン・ソクテだと明かし。。。

Born Again(ボーンアゲイン)15話・16話(最終回) あらすじと感想

Born Again(ボーンアゲイン) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー