Bad and Crazy キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率 | 韓ドラの鬼

Bad and Crazy キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率

「広告」


放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2021年12月17日~2022年2月5日 午後10時40分

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

Bad and Crazy

배드 앤 크레이지

2021年放送 tvN金土 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

Bad and Crazy

出典:http://program.tving.com/tvn/badandcrazy

あらすじ

有能だが悪い男スヨル(イ・ドンウク)が、正義感溢れる変わった男K(ウィ・ハジュン)に出会って、人間的な成長を遂げるヒーロードラマ

相関図

出典tvN

キャスト

スヨルの周辺人物


出典:tvN

イ·ドンウク リュ·スヨル役 ムンヤン警察庁反腐敗捜査係2チームチーム長、警部
出世志向の結果主義刑事。警察大学卒業でもなく、高卒+警察幹部試験出身だ。数少ない高卒幹部を達成した能力者らしく、以後超高速昇進を果たした。貧しい家庭に生まれ、学縁、地縁は何もないが、卓越した顔色で縁を作った結果だ。良いものが良いのであり、悪いものも良くしようという主義だ。難しいこと、危ないこと、誰にも分かってもらえないことなどには関心がない。はっきりした補償が確実なことだけに全力を傾ける、これが世の中ではないか。憎たらしくても「本当に大~甘い」「本当に一生懸命に生きる」という声がおのずと出てくるスタイル。

真の関係などは必要なく、利害損失をきちんと考えた関係なら達人レベル。 近づいてきた昇進審査を控え、庁長に向かってあらゆるお世辞を言ったスヨル。しかし、再び昇進を譲る危機だ。畜生、死に物狂いでやったところで ここでストップかな?

その頃彼に任された交番巡査の監察事件! スヨルは昇進のためには、本当に自分の目をぎゅっと閉じる準備ができていた。「滅びたヘルメットをかぶった狂人K」が現れ、スヨルの竹パンを飛ばすまでは…。


出典:tvN

カン·エシム ソ·スンスク役 スヨルの母親
子のいない生活にベルトを締め、一人で仲間入りしていた20年余り前、突然、ドンヨルが道で拾ったという幼いスヨルを育て上げた。どこからか逃げてきたような杏色の幼いスヨルは、スンスクを見るなり倒れて、起きてからは何も覚えていなかった。時々、スンスクは自分がスヨルを育てたことがすまないと思う。鋭敏なスヨルの、もしかしたらもっと良い環境で育てられたかもしれないのに。一滴の血も混ざっていない他人だから、君の行く道を探してさっさと飛び出せと、スヨルに少し厳しく対してみるが、家族は家族だ。


出典:tvN

キム·デゴン リュ·ドンヨル役 スヨルの兄
ごみの隙間から「兄」と呼ばれたその日のスヨルを、今でもドンヨルは忘れられない。スヨルに走り込んで自分が恩人であることを教え込むドンヨル。

40歳になるまでこれといった職業なしに過ごしていたドンヨルは、最近、数種類の投資を受けて「熱ピザ」を運営している。収益の90%は投資者スヨルのものだとはいえ、その都度、横領している裏資金のため、たいした不満はない。


出典:tvN

イム·ギホン ト·ユゴン役 ムンヤン地域の国会議員
ソウル法学部首席に少年検事、エリートコースというコースは全部踏んできた。最近は、堂々と再選にも成功したムンヤン地域の国会議員。失敗を味わったことのない人生のせいで、妥協を知らない。

K


出典:tvN



ウィ·ハジュン K 役 正義感溢れる正体不明の男
狂った正義感のヘルメット男。今日もヘルメットとバイクを装着して、都心を走るK。この腐った世の中で、正義を実現するために存在する。その最初の正義の実現対象は、腐りきっているリュ·スヨル!

スヨルがなんでそんなに 大きな過ちを犯したのかって? 連続殺人鬼でもないし、犯罪組織のボスでもないのに? 犯罪者の上に腐敗警察、腐敗警察の上に腐敗監察。殴る子より乾かさない子の方が憎たらしく、監察が腐れば警察が腐敗し、犯罪は発生するだろう。だから、それなりに論理的な思考の結果、この世で最も汚い子どもがスヨルなのだ。

突然スヨルの前に現れ、腐敗した世の中に怒りをぶちまけてみたが、思ったより腐った世の中が簡単には変わらないという事に、少しずつ気が付いていったK。本当にスヨルの言う通り、こんな世の中でKは通じないのか。むしろ守りたかった人々をさらに苦境に追い込むのではないか。

ところが、そのように少し力の抜けたKの前に、やっと世の中に怒りを始めたスヨルが見える。さらに成長したK、再びテンションを上げて腐敗した世の中にその大きな拳を突き飛ばす!

ヒギョム


出典:tvN

ハン·ジウン イ·ヒギョム役 ムンヤン警察庁麻薬犯罪捜査隊麻薬犯罪捜査係1チーム、警部補
過度な侵入担当、麻薬犯罪捜査隊の警部補。裕福な家に一つくらい出る突然変異。きれいな外見、金持ちの娘、それに勉強までパーフェクトなヒギョムを仲間はずれにした加害者たちに、ちょうど3年後、国家代表級の柔道ですべて地面に投げつけてしまった。そんなヒギョムの選択は結局、金メダルではなく警察バッジだ。悪い子たちを懲らしめる時の喜びが忘れられないなんて。

仕事が多くて危険で、分かってくれる人がいないという麻薬犯罪捜査隊に志願するヒギョム。情報源の管理が重要な麻薬犯罪捜査隊から父親の金までつぎ込んで頑張っているが、予期せぬ事件に巻き込まれて不利な状況に陥ってしまう。

ところが、スヨルがおかしい。 急に変わった。 狂っている。ヒギョムの濡れ衣を晴らすと大騒ぎするこの男。時と場所を選ばず刻々と変わる、到底取り留めのないスヨルの態度、その繰り返される改修作にヒギョムは、抑えきれない怒りと殺意まで感じるが、何だかスヨルの姿が本気で感じられ、混乱する。

ギョンテ


出典:tvN

チャ·ハクヨン オ·ギョンテ役  原則主義の小向派出所の巡査

ギョンテの住んでいる田舎で、警察はあらゆることをいとわずに駆けつけてきて解決してくれるスーパーマンのような存在だった。いつか町を荒らして通った詐欺師を捕まえて、全財産を棒に振るところだったギョンテの父親を助けたのも警察だった。ギョンテは自然に憧れの的だった警察官になることを夢見るようになり、高校を卒業した後、警察の試験に邁進して合格、1年間の教育院生活を経て、小向派出所に巡査として赴任した。

しかし、ここは「ギョンテの故郷」とは完全に違う雰囲気だ。生半可な詐欺師の町への出現が、一生の危機に瀕した故郷の人々とは違い、ここはあらゆる犯罪でごった返す。

そんなある日、一人の子どもが行方不明になった母親を探してほしいとギョンテを訪ねる。しかし、行方不明になった女性を探せば探すほど、あらゆる危険が彼を脅かすが、彼は決して警察の義務に背かず、腐敗した権力に命乞いをする代わりに、正義に命をかけてしまう。

そんなギョンテの姿に、スヨルは恥ずかしさを感じる。Kが残酷な風なら、暖かい日差しで水熱を変化させる人、それがギョンテである。

ムンヤン警察庁

– 腐敗捜査係 –


出典:tvN

ソン·ジルバン クァク·ボンピル役 腐敗捜査係の係長
コネのないスヨルを抜擢し、率いてくれた恩人であり、スヨルを利用してあらゆる腐敗監察捜査を行ってきた、スヨル以上の狐。誰よりも仕事の処理もきれいだ。実はいつでも切り取れるという点で、きつい仕事を任せるのに最適の相手が、他ならぬスヨルだった。長官の直属ラインでスヨルを前面に押し出し、庁長の行く手を阻むものは何でも取り除いてきたボンピル。ところが、最近になってコントロールできないスヨル、確かにスヨルが信じてるところがあるんだよ。ボンピルはスヨルの柿を追って行くことにする。


出典:tvN

チャ·シウォン ヤン·ジェソン役 反腐敗捜査係2チーム警部補
スヨルが唯一、信じて頼るパートナー。一日でも運動を欠かさない筋肉質で、一時はムンヤンのヒーローを夢見て、悪いやつらをあるがままにつかまえた刑事だったが、すべてが昔の話だ。スヨルの提案を受けて腐敗捜査係に移動したが、実際にスヨルがすることを結局、上の人の顔色を見ながら自分の生き残る道を探す。切らなければならない奴らは大目に見てあげて、上部に憎まれた仲間だけが除去対象になる姿に、家にいる子供たちの顔を見るのも恥ずかしい。

ところで、スヨルの人間が、最近二転三転する狂人みたいだ。ジェソンはスヨルに従うべきか、混乱せざるを得ない。

– 麻薬犯罪捜査係 –


出典:tvN

イ·ファリョン キム·ゲシク役 麻薬犯罪捜査隊麻薬犯罪捜査係1チームのチーム長
激しい政治戦が横行する警察組織の中で、黙々と自分の座を守った。 スヨルと同じくコネのようなものはなく、警察隊出身のエリートでもない。 ただ狂ったように犯人を追いかけ、実績だけで麻薬犯罪捜査隊のチーム長まで上り詰めた。 しかし、前後左右の顔色を伺わない捜査方式のため、高い実績とは関係なく、彼の愚直さは上部にはただ目の上のこぶにすぎない。 ト・ユゴンと繋がっている麻薬組織を追っていたパートナーのミンスが、目の前で殺される苦痛を経験する。しかしむしろ、その責任をゲシクに問うスヨルの監察で、停職まで追いやられるに至る。

 

シン·ジュファン ホ·ジョング役  麻薬犯罪捜査隊麻薬犯罪捜査係1チーム所属のシステムを熱烈に補佐する、麻薬犯罪捜査係1チームのメンバーであり、ヒギョムの同僚。

チョ·ドンイン チョン·チャンギ役 麻薬犯罪捜査隊麻薬犯罪捜査係1チーム所属のケシクが信頼する、麻薬犯罪捜査係1チームのチーム員であり、ヒギョムの同僚。

– 凶悪犯罪捜査課 –


出典:tvN

イ·サンホン ト·インボム役 凶悪犯罪捜査課刑事。ト·ユゴンの従弟であり、ムンヤン庁凶悪犯罪捜査課刑事。世の中には二つの部類の人がいる。力を持つ者と持たない者。インボムは残念ながら後者だった。自ら持っていない力を得るために、従兄のト·ユゴンの世話をしている。

麻薬組織


出典:tvN

キム·ヒアラ ヨン社長役 麻薬組織の首長はまともに食べられず、学ぶこともできなかったが…。生き残ることには自信がある。今やっと20代だが、人生2回目の感じがする。命をかけて韓国に来る時、もう一度死ぬほど生き返ったので、人生2回目が合っているのかもしれない。

小さいけれどがっしりした感じ。彼女の歯切れの悪い行動と、口汚い話術が与えるカリスマに誰もが圧倒される。表向きは小さなキャンディー工場を運営中だが、実状は模様にロシア産麻薬を回す麻薬組織の首長。


出典:tvN

ウォン·ヒョンジュン アンドレイ役 社長の無表情な無表情顔が特徴の、肌寒い感じを与える男。ヨン社長と長い縁で、実戦武術に長け、ヨン社長のためなら何でもやりとげる。

 

出典:tvN

スタッフ /演出:ユ・ソンドン、脚本:キム・セボム
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

neroさん
Bad and Crazy 1話・2話 あらすじと感想
Bad and Crazy 3話・4話 あらすじと感想
Bad and Crazy 5話・6話 あらすじと感想
Bad and Crazy 7話・8話 あらすじと感想
Bad and Crazy 9話・10話 あらすじと感想
Bad and Crazy 11話・12話 あらすじと感想
Bad and Crazy 13話・14話 あらすじと感想
Bad and Crazy 15話・16話(最終回) あらすじと感想

作品感想


「広告」


【放送情報】


【君のハートを捕まえろ!】

●フジテレビ 全16話(2022/1/24から)月曜日深夜26:15頃から 字幕

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【ペントハウス シーズン2】

●WOWOWプライム 全13話(2022/1/26から)字幕

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー