7人の脱出 season2―リベンジ―(7人の復活) 第13話・第14話 あらすじと感想

7人の復活


7人の脱出 season2―リベンジ―(7人の復活) 7인의 부활 2024年放送 SBS SBS Plus、ENA 金土 全16話

第13話視聴率3.3

第13話あらすじ

マシュー・リ/Kがイ・フィソではないことを明かしたミン・ドヒョク。しかし、マシュー・リは依然としてイ・フィソの名前を使っていることから、ミン・ドヒョクは新たに開発したエスキュリのアプリを使って、ティキタカの実態を明かす計画を立てます。

カン・キタクはバン・ダミがクム・ラヒ(ファン・ジョンウム)との間に生まれた実の娘であることを、ミン・ドヒョク(イ・ジュン)に明かします。

グム・ラヒがあそこまで豹変した原因が自分にあると考えるカン・キタクは強い罪悪感を持ち、、、そんなカン・キタクに自分が知るバン・ダミのことを話すミン・ドヒョク。

一方、マシュー・リは自分がイ・フィソであることを主張し、証明できる方法を探しては世論を自分の味方につけようとします。

しかし、マシュー・リはイ・フィソであることを証明することになり、ファン・チャンソンはマシュー・リの元に向かいます。

その際、ファン・チャンソンはハン・モネ(イ・ユビ)に、「予想できない程の大物が協力している」と語ると出掛け。ハン・モネはファン・チャンソンの服に盗聴器を付けて、外出するファン・チャンソンを見送ります。

マシュー・リは異変が起こる場合を考えて、ルカの反応をチェックするよう指示を出すと、自分がイ・フィソであることを証明し始めます。ミン・ドヒョクはマシュー・リの説明に対して反撃を始め。。。

ソンチャングループの顧問として、シム・ミヨンはマシュー・リのティキタカのメッセージ機能を使用する場合、プライバシーを守れないことを明かすと、プライバシー侵害を防止するため、新たに開発されたエスキュリを無料配布することを伝えます。

検証が終わった後、直接、友人との対面を通じてイ・フィソであることを証明する順番が近づき、、、記者からの連絡にマシュー・リが一瞬目をはなした際、ミン・ドヒョクがルカに接続すると、登録されている友人リストの情報を変更します。

そのことに気づかないマシュー・リは、偽りの情報を本物だと考え答えたことで、イ・フィソの友人と面識がないことが、バレてしまいます。

マシュー・リは不利な状況になると、それ以上の検証を拒否して出ていきます。

その頃、カン・キタクは刑務所にいるマシュー・リの部下、ペク・イノを訪ねると、マシュー・リの命令でコ・ミョンジを殺害したことを正直に打ち明けるよう説得します。しかし、マシュー・リを裏切ることを断るペク・イノ。

大統領と総理はマシュー・リの正体がシム・ジュンソクだと知っている。

選挙の度にマシュー・リは、二人に有利な情報を提供してきただけでなく、カゴク地区の開発を国策事業としとして進めさせていました。

ファン・チャンソンが間違った情報を提供したと考えるマシュー・リは、彼を疑い。。。セーブの情報をティキタカに共有することで、彼を信頼すると説得しますが、断られます。

背後に総理がいると話すマシュー・リ。。。

一方、ヤン・ジンモはカゴク地区を国策事業として進めることを拒否すると、マシュー・リは子供たちを拉致すると脅します。

子どもたちの安全を確認した後、マシュー・リの要求に応じると答えたヤン・ジンモ。ハンナはヤン・ジンモに手話で位置を知らせ、ミン・ドヒョクとカン・キタクが子供たちを助け出します。

ヤン・ジンモも急いで到着しますが、子どもたちは既に助けられたあと。マシュー・リも到着し、子どもたちを逃したことを知ると、ミン・ドヒョクの後を追います。

あとを追うヤン・ジンモは、マシュー・リがスピードを上げると、子供たちを守るためにマシュー・リの車の前に割り込み、、、阻止。

しかし、その反動でヤン・ジンモが乗っていた車が転落。

第13話感想

このドラマの登場人物たちの特徴は、諦めることを知らない!?

マシュー・リはイ・フィソではないことが明かされるも、必死に自分がイ・フィソであることを主張するためのパフォーマンスを、今話でもみせました。

その過程で、マシュー・リには、大統領や総理をはじめとする権力者が背後にいることが分かり。。。どこまでマシュー・リの暴走は続くことになるのでしょう。

ヤン・ジンモが子供たちを守って結局は命を落とす結果となりました。でもコ・ミョンジに心臓を移植したことで、子どもたちはコ・ミョンジに守られることになるようです。

マシュー・リとファン・チャンソンの間には、再びお互いを信頼できない溝ができた、、、気がします。

次の話でも驚きの展開があることを期待します!

第14話視聴率3.1

第14話あらすじ

病院に移送されたヤン・ジンモ(ユン・ジョンフン)は脳死状態となり、コ・ミョンジに心臓を移植、、、その手術が進められます。

ヤン・ジンモを殺そうとしたのがマシュー・リ(オム・ギジュン)だと知った総理は彼との関係を断つため、カゴク地区に関する記者会見をキャンセル。起こったマシュー・リは順を持って総理を訪れると彼を脅します。

総理もマシュー・リに銃を向けますが、自分が死ぬとルカが総理の悪事を全て暴露すると言われるとあきらめた総理は、マシュー・リと手を結ぶほか、選択肢がない状況となります。

総理がマシュー・リ側に立ち、ファン・チャンソンがマシュー・リの家に移動すると知ったミン・ドヒョク(イ・ジュン)は、一撃を加えるための新しい計画が必要だと考え。。。

マシュー・リを始め、権力の中心に立つ者たちが集まり、コ・ミョンジ事件の犯人はペク・インホ。ヤン・ジンモを殺した犯人としてミン・ドヒョクに濡れ衣を着せる計画。

ファン・チャンソンはマシュー・リに招待され参加することになり、世論をコントロールする役割としてセーブを利用することに。。。

マシュー・リの計画はミン・ドヒョクだけでなく、ソンチャングループまでつぶすことでした。

一方、マシュー・リの計画を予想したミン・ドヒョクは自分が逮捕されておとりになる決心をします。

ハン・モネ(イ・ユビ)はファン・チャンソンが自宅からルカに接続したことを確認するとカン・キタク(ユン・テヨン)に伝えます。

彼女の安否を心配するカン・キタクはファン・チャンソンに疑われることはしないよう注意しますが、ミン・ドヒョクを助けたいと考えるハン・モネ。

移植手術の後、意識を取り戻したコ・ミョンジにコンタクトを取ったのはチャ・ジュラン(シン・ウンギョン)でした。

マシュー・リがミン・ドヒョクをヤン・ジンモの殺人犯として濡れ衣を着せた事や、子どもたちが安全であることを伝えると、「悔しいなら、生き残るのよ。この戦いは生き残る者が勝つの」と励まします。

カゴク地区にハッキング用の通信網をひいた犯人としてカン・キタクが指名手配されることになります。

ミン・ドヒョクを取り調べるオ刑事。。。コ・ミョンジは直接警察署を訪れるとヤン・ジンモを殺害した犯人は、マシュー・リだと伝えますが、その話を聞いたオ刑事は、彼女を信じる様子がない。

そんな中、取り調べ中のミン・ドヒョクはオ刑事から、ハン・モネが書いたメモをみせます。

ファン・チャンソンの家でルカに接続が可能だと書かれたメモ。。。刑事の協力のもと、ミン・ドヒョクは急いでファン・チャンソンの自宅に向かいます。

ファン・チャンソンを誘って外食に出かけるハン・モネ。しかし、途中、ファン・チャンソンは突然、家に引き返すと言い出します。

その頃、ミン・ドヒョクとカン・キタクは、ファン・チャンソンの自宅に侵入しルカに接続中、、、ハン・モネからの連絡に急いでルカに接続します。

自宅に戻ったファン・チャンソンは部屋に設置した監視カメラの映像から、侵入者がいたことをハン・モネに伝えると、彼女が自分を裏切ったことに怒りをぶつけます。

ミン・ドヒョク、弟と母まで殺すと脅されたハン・モネ。。。母が監禁されていた部屋に閉じ込められそうになった時、ファン・チャンソンを押し倒して逃げようとします。

ハン・モネの母を直接殺すというファン・チャンソンの姿に、目の前にあったナイフを手に取ると、ファン・チャンソンを刺します。

刺されながらもハン・モネへの執着を捨て切れないファン・チャンソンは、彼女の首を絞め始め。。。

その時、カン・キタクが登場してハン・モネを助けます。死ぬ瞬間もハン・モネへの愛の言葉をささやくファン・チャンソン。

第14話感想

ファン・チャンソンがついに死を迎えました!

シーズン2に登場したキャラクターとしては、個人的にはマシュー・リよりも強烈な印象を残しました。

今話、死を迎える瞬間にも、ハン・モネに執着する姿は、まさにサイコパスに見えました。

刺されて口から血を流しながら、、、ハン・モネを殺そうとする姿が怖かったです。

ハン・モネとミン・ドヒョクの微妙なラブラインも気になり、娘バン・ダミを死に追いやったハン・モネをファン・チャンソンから助けたカン・キタク。

総理をはじめ、政治家たち、すごい力を持つAIのルカまで味方につけているマシュー・リ。果たしてミン・ドヒョクとカン・キタクは、マシュー・リに勝つことはできるのでしょうか。

最終話のどの様なエンディングを迎えることになるのか、残すところ2話のみとなりました!

7人の脱出 season2―リベンジ―(7人の復活) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【放送情報】

【アイリス(IRIS)】

●サンテレビ 2024/5/18 (土) 21:30~

アイリス(IRIS) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【奇皇后】

●BS松竹東急 全51話(2024/5/21から)月~金曜日12時から 字幕

奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想  外部リンク

 

【太陽を抱く月】

●テレ東 全20話(2024/5/22から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

太陽を抱く月 あらすじ 視聴率 キャスト・相関図 感想 外部リンク

【ワン・ザ・ウーマン One the Woman】

●BS12 トゥエルビ 全16話(2024/5/23から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ワン・ザ・ウーマン One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~】

●BSJapanext 全27話(2024/5/24から)月~金曜日19時から 字幕

マイ・ディア・ミスター ~私のおじさん~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【カンテク~運命の愛~】

●テレビ愛知 2024/5/28(火) 09:30~

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

【ブラボー私の人生】

●BS日テレ 全120話(2024/5/28から)月~金曜日15時から 字幕

ブラボー私の人生 (ウラチャチャ 私の人生) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP