60日、指定生存者 7話・8話 あらすじと感想 イ・ジュニョク オ・ヨンソク役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

60日、指定生存者  60일, 지정생존자 全16話 2019年放送 tvN

第7話視聴率4.057%

daisySSさんより

第7話あらすじ

49日、協治

国会議事堂を爆破した主犯格を主張するミョン・へジュン(イ・ドグク)が韓国に移送され、国家情報院対テロ室長のチョン・ハンモは、取り調べをすることになり、「軍から見捨てられたあなたが独断で計画したテロだと把握しています。事件の詳細を離してください」と質問しますが、ミョン・ヘジュンは口を閉ざしたまま。。。

国家情報院対テロチームが取り調べを許された時間は12時間。その時間を過ぎると、ミョン・ヘジュンの身柄は軍に渡されることに。軍は必ず背後に北朝鮮がいることを明かすと強い姿勢で。爆破テロに北朝鮮が関与していないことを明かすミョン・ヘジュン。しかし、背後にいる勢力を明かすことかく、チャン・ハンモとハン・ナギョン(カン・ハンナ)は、早く彼を自白させる必要がある。

そんな中、ミョン・ヘジュンが毒殺されることになり、死ぬ前に残したダイイング・メッセージ(死亡した人物が死の間際に残したメッセージ)を確認したハン・ナギョンは、国家情報院の内部にテロ事件が起きることを事前に知っていた人物がいたことに気づくと、内密に捜査をする必要があることを上司チャン・ハンモに伝えます。

一方、パク・ムジン(チ・ジニ)のお願いで、大統領秘書室への復帰をハン・ジュスン(ホ・ジュノ)は、挙国内閣(特定の政党又は政派に限定することなく起用する内閣)を提案します。その中には、無所属のオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員も含まれ。

国防部長官の候補に選ばれたことをオ・ヨンソク議員に伝えるパク・ムジン代行。パク・ムジンは爆発テロに関する捜査状況を直接チャン・ハンモチーム長から聞くことを望み、死亡したミョン・ヘジュンが残したダイイング・メッセージを含め捜査状況を報告するため、青瓦台(ブルーハウス)を訪れたチャン・ハンモチーム長。

しかし、部屋に入ると大統領権限代行のムジンと一緒に居るオ・ヨンソクを発見します。彼がテロ事件に関わっているとナギョンが疑うことから、ダイイング・メッセージや内部スパイがいることを伝えることができず、青瓦台(ブルーハウス)をあとにします。

挙国内閣を目指すムジンの計画に、真っ向から反対的な姿勢を見せる野党代表のユン・チャンギョン(ぺ・ジョンオク)。このまま代行が強硬な姿勢を保つと弾劾(とは法令によって身分保障のある公務員の非行に対し、国会の訴追によって罷免または処罰する手続きする制度)を始めると立場を明らかにします。

次期大統領当選を狙うカン・サング市長にチャ・ヨンジン(ソン・ソック)が情報を提供していたことを知ったパク・ムジン。しかし、ムジンはチャ・ヨンジン(ソン・ソック)が情報を流した理由への理解を示すと、彼の辞任することなく。。。

強い反対がある中ムジンは選択を強いられ、悩んだ末に下した選択は挙国内閣。そのため、聴聞会へ出席するムジンの姿に、

「大統領候補になってください。」・・・

第7話感想

政治の在り方に関して間接的ではありますが、考えさせられる一話でした。

政党や政派で分けられ、状況や立場で動く政治。。。政治に関する関心がない方でも楽しめる作品だと思います。政治に興味がある方は、本来の政治の意味を探る機会になるかも。比較的に難しくない展開が続き、状況が分かりやすいので、観やすいドラマになっています。

オリジナルの米国ドラマと少し比較すると、緩めに描かれる感じはありますが、ストーリーの舞台がアメリカではなく韓国であることを考慮すると、これくらいのペースが適切ではないでしょうかね。

オ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員がテロ事件に関与している疑いを消せないハン・ナギョンは、国家情報院内部にスパイがいることに気づきます。テロ事件を捜査している中で、ナギョンが中心的な人物。直接大統領権限代行のパク・ムジンと会うチャンスがあった、対テロチーム長のチャン・ハンモが、オ・ヨンソク議員を疑っている状況を報告しようとしますが、オ・ヨンソク(イ・ジュニョク)がその場にいたため、捜査に進展がないと報告するしかなかった状況になりました。結局、ムジンに報告できなかったことが、今後の展開にどのような影響を与えることになるのでしょう。

爆発テロ事件の背後にいる組織が思っている以上に巨大組織の可能性もあり、その背後の組織への捜査が果たしてハン・ナギョンは一人で戦える相手なのか、ムジンがどのようにテロ事件の真相を明かすことになるのか、オ・ヨンソク(イ・ジュニョク)が国防長官に選ばれることになるのか、新たな出来事が起きるのか、興味津々。

毒殺されたミョン・ヘジュンが残したダイイング・メッセージは、全く何を意味しているのか分からず、先の読めない展開が緊張感をもたらし面白いと思いました。

パク・ムジンの目標は代行を務めている間、治安を維持し、次期大統領選挙を安全に終わらせること。彼の希望とは違い支持率は右肩上がり、次期大統領候補として支持する声も高まります。今後もムジンの代行としての資格が問われることになると予想したャ・ヨンジン(ソン・ソック)が、次期大統領になって欲しいと語るシーンで終わりました。

ムヨンの返事は???



第8話視聴率4.172%

daisySSさんより

第8話あらすじ

大統領の演説を聞いていたと語るオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員が嘘をついていること、彼への疑いを強めたハン・ナギョン(カン・ハンナ)は、国会議事堂が爆発する直前の監視カメラの映像を手に入れ、通路を移動するオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)の姿を確かめます。テロが起きることを事前に知っていたはずのオ・ヨンソク。。。監視カメラに映った決定的な証拠を手に入れたナギョンは、上司のチョン・ハンモに報告します。

チョン・ハンモは大統領代行のパク・ムジン(チ・ジニ)を訪れると、ミョン・ヘジュンを殺害したと自供し、突然のことにナギョンは、「アリバイがあることを私が知っているのに、そんなはずがない・・・」とショックを受けます。その後、納得のいかない状況に怒りを感じるナギョン。

慎重なムジンは、15年間国家情報院で務め、家庭があるチャン・ハンモがミョン・ヘジュンを殺害した特別な理由があるのか、疑問を持ちます。

その頃、国防長官候補として選ばれたオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員の聴聞会が開かれていることを知ったナギョンは、ソンジン共和党代表のユン・チャンギョン(ぺ・ジョンオク)に電話をすると、「オ・ヨンソク議員は決して国防長官に任命されてはいけない人物です。今そっちに向かっています。」と語り、車のスピードを上げます。ナギョンの連絡に、ユン・チャンギョンは聴聞会の休息を要求し、ナギョンの到着を待ちます。しかし、ナギョンの車は交通事故に遭遇。。。

事故が起きた彼女の車に近づいた警官は、ナギョンを確認すると彼女の首を絞め、殺害しようとします。必死で逃げたナギョン・・・意識を失い病院に運ばれます。

結局、オ・ヨンソク議員の国防長官任命の聴聞会が終わり、ユン・チャンギョン議員はハン・ナギョンが交通事故に遭遇した状況を説明します。その後、オ・ヨンソク議員はムジンに「ハン・ナギョン分析官が、僕が国防長官に適していない証拠を持っていると聞きましたが・・・」と問います。

ナギョンのフィアンセが国会議事堂のテロ事件で犠牲になったことを伝え、唯一生き残った自分を疑っている状況だと説明すると、「何度説明しても僕への疑いをかけ続けています。」と、ナギョンが遺族として混乱して公私混同していると指摘します。

聴聞会で反対意見がなく、ムジンがオ・ヨンソク議員を任命する、国防長官に就任することになる。しかし、任命を直前に、「任命式を延期します。」と語るパク・ムジン。。。

第8話感想

オ・ヨンソク議員はやはり、悪役??

支持率を上げ国防長官に任命されることになりますが、さすがムジン!ほうこくに訪れたチョン・ハンモが迷っていた姿を思い浮かべます。その時、オ・ヨンソクが一緒に居たことを。。。状況からオ・ヨンソクも、ユン・チャンギョン(ぺ・ジョンオク)も信頼できない状況で彼が選んだ選択は、任命式を延期することでした。

チャ・ヨンジンの次期大統領に・・・の言葉に、悩むムヨンの姿が描かれました。チャ・ヨンジンの判断に肯定的なハン・ジュスン(ホ・ジュノ)は、次期大統領選挙に出馬するためには、このまま大統領代行を続けることは危険。タイミングを見て、代行を別の長官に任せるべきと考えを伝えます。

オ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員がテロ事件と関係があることを証明する証拠が手に入ったナギョンは、何者かが意図的に起こした事故で命を落としそうになりましたが、意識を失ったナギョンは病院に運ばれました。彼女を助けるのだと思っていた警官は偽物?だったようで、証拠ファイルを奪って逃亡。今後、ナギョンは更に危険にさらされることになるのでしょうか。

ユン・チャンギョン議員からナギョンの事故、オ・ヨンソク議員を国防長官に任命してはならない証拠を持っていたと伝えますが、何を信じるべきか悩むムジン。ムジンはどちらか真実を語っているのか見極めることができるのか、任命式が延期されても余裕の表情を見せるオ・ヨンソクは、何かを企んでいるようで、ムジンとオ・ヨンソクが今後対立する仲になることを意味するような。。。

ミョン・ヘジュンを殺害した犯人もモンタージュを確認したナギョンは、自分を殺そうとした犯人と同一人物だと気づきます。国家情報院の対テロセンターのチ・ユンベ次長とオーダースーツ店のデザイナーキム室長の会話から、すべてを設計したVIPの存在があることが分かりました。チ・ユンベはVIPと直接会うことを望み、デザイナーのキム室長はそのことをオ・ヨンソクに伝える。やはり、テロ事件を計画したのはオ・ヨンソク議員??

イ・ジュニョク 이 준 혁 オ・ヨンソク役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1984年3月13日
主な出演歴
ライフ(2018/JTBC)チョ・ナムジョン チョ・ナムヒョンの弟
ラブ・セラピー イェ・ジェウク 理学療法士
君も人間か?(2018/KBS2) チ・ヨンフン シンの友人、秘書
秘密の森(2017/tvN) ソ・ドンジェ 西部地検刑事3部検事
裸の消防士(2017/KBS2) カン・チョルス 消防署救助隊員
青い鳥の輪舞(ロンド)(2015/KBS2) キム・ジワン ベストグローバル社員
シティーハンター(2011/SBS))キム・ヨンジュ ソウル地検特捜部検事
シークレット・ガーデン(2010/SBS)ジュンヒョク オスカーの友人、恋敵
糟糠の妻クラブ(2007-2008/SBS) ハン・ソンス ボクスの弟、旅行会社勤務
他多数
受賞歴
2008 SBS演技大賞 ニュースター賞 糟糠の妻クラブ 、 スターの恋人 受賞

60日、指定生存者 9話・10話 あらすじと感想 ペ・ジョンオク ユン・チャンギョン役

60日、指定生存者 あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー