60日、指定生存者 3話・4話 あらすじと感想 ホ・ジュノ ハン・ジュスン役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

60日、指定生存者  60일, 지정생존자 全16話 2019年放送 tvN

第3話視聴率4.336%

daisySSさんより

第3話あらすじ

59日、現状維持

パク・ムジン大統領代行になったため、彼の家族も青瓦台(ブルーハウス)で生活することになります。学校で父を無能力な環境部長官と非難する同級生と喧嘩した中学2年生のムジンの息子は、父が大統領代行を務めることに不満をあらわします。パク・ムジンの家族のケアを担当することになったのは、第2付属室のキム・ウンジュ行政官。

弁護士として働くムジンの妻チェ・ガンヨン(キム・ギュリ)は、安全のためすべてのスケジュールを管理される状況に不満を持ち、ムジンは60日が過ぎれば元の生活に戻れると妻をなだめます。

緊迫した北朝鮮との問題を解決しながらも、記者からの質問攻撃に返事を返せない大統領秘書室の職員たち。詳細を発表することができない状況と、60日間が過ぎればすべてが終わるとの、消極的なパク・ムジンの姿勢に、大統領秘書室の職員たちは動揺。。。

大統領秘書室のハン・ジュスン(ホ・ジュノ)は、国民の支持や補佐官たちなしで、60日間パク・ムジンが大統領代行を務める順調に果たせることにはならないと、ムジンに刺激を与えますが、「僕は権力には全く興味がありません。60日が過ぎればこの世界とも無縁。今は任された任務を遂行するのみ。」と、返事を返します。

その頃、国会議事堂の爆破テロ事件を計画したのが、脱北者だという嘘の噂が流れ、脱北者を狙った集団リンチ事件が発生します。混乱する状況が続くと、ソウル市長のカン・サング(アン・ネサン)は、暴力事件が発生した地域を特別監察区域に指定します。支持率アップのためにリンチ事件を利用したカン・サング市長の計画は成功し、支持率が上がります。

特別監察区域でお店を営むジンジュが逮捕され、彼女の夫から連絡を受けたムジンの妻チェ・ガンヨン(キム・ギュリ)は、依頼人のジンジュとの面会もできず・・・、弁護士という立場よりも、大統領代行のムジンの妻という理由で、何もできない状況に苦しみます。

カン・サングが市長としての力を悪用していると訴える妻の声に耳を向けたムジンは、カン・サングを説得しようとしますが失敗。大統領令を使うと特別監察区域の指定を解除できると知ったムジン。しかし、彼に非協力的な大統領専任行政官チャ・ヨンジン(ソン・ソック)の反対にぶつかります。

妻から逮捕されたジンジュが死亡したことを聞かされたムジン。難病を患っていたジンジュは命を延命するための注射を打つことができず死亡。。。涙を流す妻の姿に、決意を固めたムジンは憲法の示す大統領令に関して調べます。

翌朝、大統領令を命令するムジンに、ハン・ジュスン秘書室長は「大統領令には反対します。どうしても発令を命じられるのなら、僕を首にしてください。」と語りますが、迷いを見せないパク・ムジンは、「大統領令を発令する準備のための会議を準備してください。あと、ハン秘書室長は辞任を命じます。」と語り。。。

第3話感想

全く準備されていない状況で、大統領代行、つまり国の権力の最中心に立たされたムジン。ドラマが始まってすぐは、無能力?それとも無関心?過ぎるムジンの態度に、正直苛立ちを感じました。

でも、

大統領が死亡後、権限を代行することになったパク・ムジンは、今話で扱われたエピソードの後、ただ60日間を代行として過ごすのではなく、権力の中心に立つ選択を迫られることになりました。これまでは全くやる気のない代行・・・の姿しか描かれなかったけど、変わり始めたムジン。良い意味で変わり始めたムジンですが、今後、権力に振り回されることがない、芯を最後まで通す政治家になって欲しいですね。

真っすぐな学者タイプのムジンが、反対を押し切って大統領令を命じるエピソードを通じて、権力というものを理解することになりますが、秘書室長のハン・ジュスンは、ムジンが秘めている能力や人柄を見抜いていたよう。。。彼の刺激で、大統領代行としての自覚が芽生えたようで、今後は野党及び与党との政治争いでムジンがどのように立ち向かっていくのか、政治的な面での展開も面白くなりそうです。事務官や秘書、スポークパーソンの信頼と協力なしでは、最高指導者としても能力が発揮できないことに、ムジンが気づくきっかけになったようですね。

爆破テロの捜査が進み、インターネットケーブルを使った爆弾であることが分かります。公開落札で最も安い値段を表示した「スピードネット」という会社が関係していたこと、事務所で爆発物処理班のユニフォームを発見。フィアンセキム・ジュノ(イ・ハユル)の携帯電話をすり替えた男を追うハン・ナギョン(カン・ハンナ)。しかし、逃亡中、男が死亡したため捜査は困難に陥ります。

ナギョンのフィアンセ、ジュノはどこにいて、何故姿を消したのでしょう。。。疑問が深まる中、爆破現場から生存者が発見されます。発見されたのは無所属のオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員!!

爆破事件の生存者が発見されたことで、真実に一歩近づくことができるのでしょうか。



第4話視聴率4.155%

daisySSさんより

第4話あらすじ

爆弾テロの現場を捜査するハン・ナギョン(カン・ハンナ)は、生存者が発見されてことの報告を受けます。テロ事件で唯一助かった人物は、無所属のオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員。大統領権限代行のパク・ムジン(チ・ジニ)は他の生存者の発見に期待を抱きますが、オ・ヨンソク議員が唯一の生存者。。。

一方、代行を務めるパク・ムジン(チ・ジニ)への支持率が上がる中、ムジンの次期大統領選挙への立候補が話題になります。60日間の代行を終えると以前のように大学に戻る予定のムジンの、話題の中心に自分がいること不満を表し、大統領専任行政官のチャ・ヨンジン(ソン・ソック)は国民の支持を得ることは強い政権を作ることであると、アドバイスします。

会議中、青瓦台(ブルーハウス)が停電になり、急いで復旧作業を終えると、国会議事堂のテロ事件の犯人を主張する人物からの動画が残されます。動画に登場したのは北朝鮮軍の幹部、ミョン・イェジュン。陸軍の合同參謀議長のイ・グァンムク(チェ・ジェソン)は、テロは北朝鮮の犯行であると、軍事的なアクションを起こすべきだと主張します。しかし、ムジンは武力を駆使することに反対しながらも、自分の判断が間違っていなかったのかを悩み始め。

青瓦台(ブルーハウス)がハッキングされたことを知ったソンジン共和党代表のユン・チャンギョン(ぺ・ジョンオク)は、事実を確認するためパク・ムジン(チ・ジニ)を訪れ、隠すことなく正直に答えたムジンは、国民に混乱を与えないために秘密にするようお願いしますが、TBN記者のウ・シニョンに情報を提供。ウ・シニョン記者は爆破テロ事件の犯行声明を発表した動画の存在を秘密にする代わりに、ムジンとのインタビューをー希望します。

生放送でムジンとウ・ジニョン記者によるインタビューが放送され、質問に答えるムジン。インタビューの途中、「テロ事件が発生した朝、大統領から環境部長官の辞任を命じられたとのことですが、、、真相を明かしてください。」の質問に、ムジンは動揺しすぐに返事ができない。。。

インタビューを見つめるユン・チャンギョン代表は、ムジンが答えられない姿に微笑みを浮かべ、ムジンを補佐する大統領秘書室の事務官たちは、否定するようムジンに合図を送ります。返事に悩んでいた末、「事実です」と正直に答えるムジン。

一方、テロ事件を捜査していたハン・ナギョンは、事件現場から発見されたオ・ヨンソク(イ・ジュニョク)議員から事件があった時の証言を聞く。。。

第4話感想

現場から発見された唯一の生存者オ・ヨンソク議員は、事件があった時、国会議事堂にはいなかった!!

予想外のエンディングを迎えた第4話。。。

爆破テロ事件の生存者が発見されましたが、見つかったオ・ヨンソク議員は軽い傷しか負っていないのがおかしいとは思いましたが、事件が起きた時の様子を聞いたハン・ナギョンが、オ・ヨンソク議員の証言に疑いを抱く姿に、何か事件に隠された秘密があるのか、疑わしい状況が続きました。

爆破テロが発生する直前の監視カメラの映像が消えたことに気づいたハン・ナギョン。消えた映像は1分35秒間と、短いようで決して短くない時間。この1分35秒の間に何が起きたのでしょうか。オ・ヨンソク議員は過去にあった事件でも生き残った人物のようですが、その過去の事件に関しては今後詳しく描かれる様子です。

「生き残ったのは奇跡ではなかった。彼は爆破されることを事前に知っていた!」と語るハン・ナギョンは、爆発があった時、オ・ヨンソク議員が国会議事堂に居なかったことを知ります。北朝鮮の軍人による爆破テロ事件と思わせ、南北関係に緊張感を与えようとする組織の犯罪なのでしょうか。

姿を消したハン・ナギョンのフィアンセ、キム・ジュノ(イ・ハユル)やオ・ヨンソクがどのように関わっているのか、興味を引く展開が描かれました。

オ・ヨンソクの嘘をハン・ナギョンがどのように暴いていくのか、今後更なる彼女の捜査でテロ事件の真実が明らかになりそうで、ワクワクする展開になりそうです。

一方、正直すぎるパク・ムジンの姿を見ると、彼の考えは正しいとは思いますが、政治家ではないので対応する方法が・・・、大統領代行を遂行していくうちに変わっていくパク・ムジンの姿が見られそうで、好奇心を刺激する展開が面白いです。

代行を辞退したい意思を見せていたパク・ムジンは、大統領代行としての資格が問われることになるようですが、このまま辞退する意思を表明するのか、先が予想できない展開になってきました!!

ホ・ジュノ 허준호 ユン・ヒジェ役
出典:http://program.tving.com/
生年月日: 1964年4月14日身長・体重: 180cm・75kg 父は映画俳優ホ・ジャンガン
ここに来て抱きしめて(2018/MBC)ユン・ヒジェ役
仮面の王イ・ソン(2017/MBC) テモク 辺首会首長、キム・ファグンの祖父
ビューティフル・マインド(2016/KBS) イ・ゴンミョン ヨンオの養父、心脳血管センター長
ロビイスト (2007/SBS) ジェイムス・リー(イ大尉) 武器ロビイスト、マリアの師
朱蒙(チュモン) (2006-2007/MBC) 解慕漱(ヘモス) チュモンの父、タムル軍の将軍
拝啓、ご両親様 パク・チャンス ソンシルの夫、建設会社社長
他 多数

60日、指定生存者 5話・6話 あらすじと感想 カン・ハンナ ハン・ナギョン役

60日、指定生存者 あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー