30だけど17です 9話10話と11話12話 あらすじと感想 アン・ヒョソプ ユチャン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

30だけど17です  서른이지만 열일곱입니다 全32回(16話)

第9回視聴率7.2% 第10回視聴率8.8% (第5話)

quetalsurinoさんより

第9回第10回 あらすじ

夜、どこからか聞こえてくる鳴き声に不安そうな表情を見せながら集まったコン・ウチャン(ヤン・セジョン)、ユチャン(アン・ヒョソプ)、ジェニファー(イェ・ジウォン)。目が開けられないほど涙を流し部屋から出てきたのはウ・ソリ(シン・ヘヨン)でした。お金を集めるために部屋にこもって玉ねぎの皮をむくアルバイトをしていたソリ。

目が開けられないほどの痛みを感じたソリは庭に出て風にあたり、徐々に回復します。彼女を心配したユチャンは、ソリの目を覗き込みソリとの距離の近さにドキッとします。小さい頃、母から教わった方法で月を見るソリの姿にユチャンは、可愛かった頃のソリを想像します。

ソリとの生活が始まって以来、ソリの言動が気になるウジンは、偶然見かけたソリを心配し追いかけ、トラブルに巻き込まれそうになった時、ソリが現れ彼を助けます。ウジンがソリを心配したことで起きたこととは知らず、逆にウジンを心配し、メジャーでサイズを図ろうとするウジンの癖がトラブルになったと勘違いしたソリをウジンは笑顔で見つめます。

趣味で続けているテコンドーの練習中怪我をした家政婦のジェニファー(イェ・ジウォン)は、ウジン宅以外、派遣される先があることから、彼女に代わりアルバイトすることになります。ソリが派遣された家は神経外科医のキム・テヒョン宅。まさか同級生のキム・テヒョン宅と知らないソリは、名前を見て高校生だった頃のキム・テヒョンを思い浮かべます。テヒョンと再会することなく、ソリとテヒョンはすれ違い。

一方、ウジンはソリの仕草から13年前の事件の記憶を思い浮かべ、再び過去の痛みに辛い時間を過ごします。カウンセリングを受けていた精神科医を訪れたり、事故に関連する記事を調べたりと。気になるけど、苦しい記憶までよみがえらせるソリと新たなプロジェクトを始めることになったウジン。

そして、ユチャンはこれまでソリに感じていた不思議な感情が、「恋」だと気づきます。

第9回第10回 感想

ウジンが新たに始めることになったプロジェクトは、リン・キムの舞台。電話で会話したソリを気に入ってリン・キムのリクエストで一緒に働くことになったソリとウジン。ウジンの寝顔を見て顔が赤くなるシーンがあり、ウジンもソリに優しくなり始めた時、13年前に亡くなった初恋を連想させるソリの行動に混乱するウジンの様子が後半は描かれました。

ウジンはソリが13年前の初恋の相手だと、いまだ気づいていない様子。いつ頃気づくことになるのでしょう?亡くなったノ・スミがソリの友人で、ウジンが好きだった相手がノ・スミではなくウ・ソリだと早く気づいて欲しいと思いました。

ソリへの気持ちが恋だと気づいたユチャン。ソリは17歳の感性を持つ30歳で、ウジン、ソリとユチャンの三角関係は、描いていたイメージと違い、無理に複雑な三角関係にならないことを願います。

謎の黄色のワンピースの女性の再び登場しました。本当に誰なのでしょう。30歳のはずが、17歳にしか見えないソリの笑顔が好きで、笑えるロマンスドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11回視聴率7.6% 第12回視聴率9.1% (第6話)

quetalsurinoさんより

第11回第12回 あらすじ

ウ・ソリ(シン・ヘソン)が気に入ったリン・キムが、音楽フェスティバルのクラッシック音楽の担当をソリに依頼することを反対するコン・ウジン(ヤン・セジョン)。しかし、ソリはウジンのおかげだと喜びます。

13年前に自分のせいで亡くなった初恋の相手と、13年後突然現れたウ・ソリが別人であることを確認するかのように、初めて彼女を見た歩道橋に来たウジン。しかし、交通事故で彼女が亡くなったのは自分のせいだと、罪悪感を消し去ることができず。。。

ソリへの気持ちに気づいたユチャン(アン・ヒョソプ)は、30歳のソリに恋をする自分に混乱しながらも、ソリの就職をお祝いするハーティーを開いたり、朝早く出勤するソリを気遣って自転車で送ったりと、ソリへの気持ちが大きくなります。あり得ないと思っていたユチャンは、手を怪我したソリのために雨の中薬局に向かう途中、自分の気持ちを確信します。

ソリを見ると13年前の初恋を思い出してしまい辛いウジンは、彼女を避けるようになります。少しは仲良くなったと思っていたウジンの冷たい態度に傷つきます。叔父を捜すまで家に住まわせくれた事や、優しくしてくれたことなど、勇気を出して感謝の気持ちを伝えるソリに、ウジンは無言のまま。

音楽フェスティバルの準備は進み、リン・キムの公演を招待されたソリは、世界的なバイオリニストになるとの幼い頃からの夢を思い出し、涙を見せてしまいます。そんなソリを見ていたウジンは、彼女がベルリン音大に合格したけど、事情があって通えなかったと話していたことを思い浮かべます。

ソリと過ごした短い時間の間、幸せで楽しい時間を過ごしたことに認めるウジン。ウジンは一人泣きながら玉ねぎの皮をむいているソリを見ます。彼女の表情から玉ねぎをむいたせいで涙を流しているのではなく、リン・キムの公演で見せた同じ表情で泣いていることに気づきます。

ウジンはソリの涙を優しく拭きながら、「幸せだった時間。。。その時間は彼女が一緒だった時だった」と初めて心に秘めていた言葉を伝えます。

第11回第12回 感想

17歳のソリと30歳のウジン?30歳のソリと30歳のウジン?それとも17歳のソリと17歳のウジン?17歳のまま成長しなかったソリと17歳から成長することができなかったウジンと理解した方がよさそうです。ウジンに冷たくされるソリがかわいそうでしたが、ヤン・セジョンがドキドキするほどカッコよかった!

すごく緩やかですごく静かな展開でした。劇的な展開や進行はそれほどないです。でもウジンの気持ちがすごく伝わり、映像的にはとてもきれい。ヤン・セジョンが出演するドラマって、大人の雰囲気っていうか、独特な詩的な雰囲気が好きなので、ドラマの最後にドキドキまたドキドキしました。

ウジンが涙を拭ったあとが、気になり次の話が待ちきれない。Hyorinの歌う「Just Stay」が流れ、歌詞も二人の状況にピッタリで、ヤン・セジョンとシン・ヘソンのケミストリーも本格的に発揮しそうです。

次の話では、ソリへの気持ちに気づいたユチャンが彼女に告白する決心をするようで、三角関係が本格的にスタートすることになりそうです。高校生の純粋さがとてもカワイイユチャン。

静かな緩やかな展開も、ヤン・セジョンが主人公なら、全然退屈にならないのがすごい!

アン・ヒョソプ 안효섭 ユチャン役
出典:http://programs.sbs.co.kr/
生年月日: 1995年 4月 17日 身長: 187cm タレント、俳優、歌手
主な出演ドラマ
適齢期惑々ロマンス(2017/KBS) パク・チョルス 少年サッカーコーチ、ラヨンの同僚
ハッピー・レストラン~家和萬事成~(2016/MBC) チェ・チョルス(カン・ジュニョン)「家和萬事成」従業員
タンタラ(2016/SBS) イ・ジヌ ソクホが育てたJACKSONのメンバー
もう一度ハッピーエンディング(2016/MBC) アン・ジョンウ ドンミの恋人

 

30だけど17です 13話14話と15話16話 あらすじと感想

 

30だけど17です 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿