30だけど17です 25話26話と27話28話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

30だけど17です  서른이지만 열일곱입니다 全32回(16話)

第25回視聴率9.5% 第26回視聴率10.9% (第13話)

quetalsurinoさんより

第25回第26回 あらすじ

バイトから正社員になったソリ(シン・ヘソン)は喜びを隠せず、はしゃいで喜ぶソリをウジン(ヤン・セジョン)は優しく見守ります。一方、ソリとのデートを目標に個人戦の優勝を狙うユチャン(アン・ヒョソプ)は、応援に駆け付けたソリを見ると余裕の笑顔を見せ、念願の個人戦で優勝!

約束通り、ソリとデートすることになったユチャンは、ドキドキを隠せず。ウキウキした気分でソリとのスクーターに乗ってデートに向かう途中、タイヤがパンク。足首の痛みがひどくなったユチャンとソリは病院を訪れることになります。

ソリに内緒で、彼女の家族捜しを続けていたウジンは、10年前家を売ったのがソリの叔父ではなく、妻のクク・ミヒョン(シム・イヨン)だと知り、彼女の行方をさがします。クク・ミヒョンの経営する花屋さんの前で、彼女を見つけるとソリが家族を捜していることを伝えますが、クク・ミヒョンは無言で逃げるように車を発進させます。

訪れたのは、キム・ヒョンテ(ユン・ソヌ)が働く病院。ユチャン、ウジンと一緒にいるソリに気づいたヒョンテは、突然彼女を抱きしめソリは驚きます。同級生のヒョンテだと知っても、成長して変わってしまったヒョンテに慣れずソリは気まずい表情を見せます。叔父は海外へ、スミは引っ越した後連絡が取れないとソリに嘘を告げるヒョンテ。

ソリとウジンの関係を知ったヒョンテは動揺を隠せず、叔父夫婦が海外赴任中だと嘘をつくヒョンテが理解できず、ヒョンテに真実を話すよう求めます。ヒョンテの今の姿に慣れないと正直に話すソリに、ソリにスミが事故で亡くなったことを伝えます。スミの死を知ったソリは悲しみを隠せず涙を流します。

翌日、バスの事故で亡くなったスミの納骨堂を訪れたソリ。泣きながらスミの名前を口にするソリの側にいたウジンは亡くなったソリの友達がノ・スミだと知り驚きます。

13年前のバス事故を思い浮かべたウジンは、事故で亡くなったと思っていた初恋の相手がソリだったと気づき、彼女が生きていたことに安堵します。

第25回第26回 感想

ウジンは初恋の相手の名前なノ・スミではなく、ウ・ソリだったことにやっと気づきました。ソリが生きていたことに涙を流すウジン。ウジン(ヤン・セジョン)は涙まで美しく見えちゃいました。検査のため入院したソリの不安に気づいたのか優しく手を握るウジンも素敵でした。

このドラマが始まって以来、ヤン・セジョンとシン・ヘソンの純粋さに癒されてきました。二人のロマンスも微笑みが出るほどキュートで、訪れた混乱を乗り越える姿から若々しさまで伝わります。

ソリの叔父の行方は不明ですが、家を売った叔母クク・ミヒョンの行方を突き止めたウジン。入院中のソリを捨て、家を売って姿を消した叔母にはどんな事情があったのでしょう。そして叔父はどこに?

ウリとのデート中、事故で病院に来ることになったユチャンは偶然、ソリとウジンの関係を知り強いショックを受けました。ユチャンの初恋はこのまま終わることになるのでしょうか。

初恋の相手がウリだったことや彼女が事故で生き残ったことを知り、心から喜ぶウジンですが、次の話の予告編では、ソリに別れを告げるウジンの姿が描かれました。この先がどうなるか気になって、何も手につかない!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第27回視聴率10.3% 第28回視聴率11.8% (第14話)

quetalsurinoさんより

第27回第28回 あらすじ

スミの納骨堂から戻る車の中、暗い表情を見せ続けたウジン(ヤン・セジョン)を不思議に思ったソリ(シン・ヘソン)は、まっすぐにソリを見ることができず目をそらすウジン。そんなウジンを気にするソリを残し急いで部屋に戻ったウジンは、押し寄せる胸の痛みを感じます。

倉庫で思い出の品を見ていたウジンは、13年前ソリが持っていたキーリングを眺め号泣し、ソリとウジンの関係が気になるユチャンは、二人の関係を確認するべく急いで家に戻ります。戻ったユチャンは、倉庫で号泣するウジンを発見し、ウジンを心配します。ユチャンはウジンが再び姿を消してしまうことを不安に思ったユチャンは、ウジンの部屋の前で一歩も離れることができません。

納骨堂から戻って以来、ショックのせいか眠り続けるスミは、早朝目が覚め、ウジンの携帯電話が鳴っていることに気づきます。音をたどって倉庫で携帯電話を発見したソリは、13年前の自分を描いた一枚の絵に気づき、驚きます。一方、眠ってしまったユチャンが起きると、ウジンの姿はなく、不安になりウジンを捜し始め。。。

ウジンの夢を見たソリは、それが夢ではなかったことに気づき、ユチャンは13年前のソリの事故を詳しく聞き、ウジンの幼い頃の写真を確認します。ソリの事故の話を聞いたジェニファーは13年前の事故と聞き、過去を思い浮かべ暗い表情を見せます。

一枚の手紙とキーリングを残して姿を消したウジン。ユチャンは心配のあまり涙を流し、ソリはユチャンの残した手紙を読みながら涙を流します。一方、これまでソリの病院代を払い続けていた男性がソリとの面会を求め現れ、キム・ヒョンテは男と対面。

ウジンの気持ちが書かれた手紙を読んだソリは、思い出の歩道橋に姿を現します。ウジンの姿を探すソリは、誰もいない歩道橋で再び涙を見せてしまいます。一人にしないと約束した・・・と語ると聞こえてくるウジンの声。彼女との約束を守るために戻ってきたウジン。ウジンの姿を確認したソリは優しくウジンを抱きしめ、ウジンも涙を流します。 

第27回第28回 感想

これまでの「三十ですが十七です」の中で最高の一話!

少し展開が遅いと感じた時もありましたが、今話は悲しすぎて、ソリの泣くとき、ウジンが涙の手紙を読む時、ウジンが戻った時など、頭痛がするほど泣いてしまいました。ジェニファーが笑えなくなった理由は、ソリが巻き込まれた事故で、当時妊娠中のジェニファーが同じ事故で夫を亡くしていたことも切なく悲しい。

涙のシーンが多かった今話。でも逆転がありました。ウジンが戻ってきた後、明かされたソリの初恋。ウジンがソリを見ていたようにソリもウジンにドキドキしていたことが明らかになりました。ソリが以前描いた「クレシェンド」の意味は、ソリへのウジンの気持ちでした。涙のあとの、ホッとしたこの気持ち、ドラマが終わるのがこんなにも寂しくなったのは久しぶりです。

ソリから13年の時間を奪ってしまったことの罪悪感から、彼女の幸せを祈って遠くに行くつもりだったウジンが戻ってきたことで、二人のラブラブなロマンスは続きそうです。こんなにも繊細なコン・ウジンをヤン・セジョンほど上手に演じる俳優が果たして他に存在するのでしょうか。

文句なしに素敵なヤン・セジョン!

13年間ソリの病院代を払い続けていた男が現れましたが、叔父ではなかった。では、この男の正体は?

 

30だけど17です 29話30話と31話32話(最終回) あらすじと感想

 

30だけど17です 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿