30だけど17です 17話18話と19話20話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

30だけど17です  서른이지만 열일곱입니다 全32回(16話)

第17回視聴率7.5% 第18回視聴率9.9% (第9話)

quetalsurinoさんより

第17回第18回 あらすじ

突然帰国したコン・ヒョンジョン。2時間の短い滞在だと知ったウジン(ヤン・セジョン)とユチャン(アン・ヒョソプ)は、ソリ(シン・ヘソン)を家政婦として紹介します。明るくなったウジンを見て姉ヒョンジョンは驚きながらも安心します。

2時間後、出発するヒョンジョンを追いかけたソリは、事情があって居候中であること、正直に話し嘘をついたことを謝ります。しかし、ヒョンジョンの反応は予想していたのとは違い、恐れていた反応ではないことに、心が重くなります。

早朝、ウジンが携帯電話も置いて姿を消したことを心配するユチャン、ジェニファーとソリ。ソリは連絡の取れないウジンの心配で仕事に集中できず、午後になって出かけたソリは交差点で明るい笑顔を見せるウジンを発見します。しかし、怒った表情を見せる逆方向に走り去るソリに、「家を売らないことにした」と叫ぶウジン。家を売らないことを伝えるため父を訪れていたウジン。突然姿を消したウジンを心配したソリは、彼の言葉に安堵したソリは彼を抱きしめます。

ウジンと共に音楽フェスティバルを準備中のソリは、シン・ミョンファン教授との再会を果たします。過去、コンクールで優勝したソリを覚えていたシン教授。ソリはやむを得ない事情でバイオリンを辞めていたことやでも諦めないことを伝えます。リン・キムは、ソリとシン・ミョンファン教授が再会したことに不安を感じます。

フェスティバルの準備のため、カン・ヒスと共に出かけたソリは、悪天候のため乗る予定だった船に乗れず、ウジンは戻らないソリを心配し帰りを待ち続けます。ユチャンが練習合宿に参加するため出かけ、ジェニファーは1泊2日の日程でお休みを取り留守中。家に戻ったソリは、ウジンと二人きりの夜を過ごすことに気づくと恥ずかしくなります。

その夜、部屋に入った虫を避けようとしたソリが転びそうになった時、彼女を抱きかかえたウジン。二人の間に微妙な空気が流れ。。。

第17回第18回 感想

ウジンとソリにドキドキさせられた一話でした。

小さなことに幸せを感じるソリの明るい笑顔が素敵でした。悪天候で帰られないソリを心配するウジンは、彼女への気持ちにハッキリ気づくことになります。ユチャンとジェニファーの留守で、一日中ソワソワしていたウジンと二人きりになったソリ。すぐ目の前にいるウジンにドキドキするソリの心臓の鼓動が聞こえてきそうなほどでした。

ウジンとソリが映っている写真を発見したユチャンの表情は暗くなり、ミスターコンと呼ぶ叔父とアジュンマ(おばさん)と呼ぶソリとの関係に気づいた様子で、今後三角関係はどのように発展していくのでしょう。

合宿先で、川に落ちた男の子を助けたユチャン。慌てて現れた男の子の母は、ソリが捜す叔父の妻、クク・ミヒョンのようでした。どんな理由で彼女が姿を消すことになったのか、今後明らかになっていくのでしょうか。

ソリの言葉にドキドキするウジンの表情がキュートで、明るくなったウジンの表情も雰囲気があって、よかったです。お互いへの気持ちに気づきながらも、告白や直接的な気持ちの表現はないままの状態の二人、ついに気持ちを伝えることになるのでしょうか。

突然30歳になったことに慣れてきたソリと、これまでこもっていたコン・ウジンの殻を破ったソリ。恋に慣れない二人のロマンスからは目が離せない展開が続きます。

少年のようなヤン・セジョンがカッコいい!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19回視聴率9.8% 第20回視聴率10.8% (第10話)

quetalsurinoさんより

第19回第20回 あらすじ

シューマントロイメライ(夢)

自宅で二人きりになったウ・ソリ(シン・ヘソン)とコン・ウジン(ヤン・セジョン)の恥ずかしさにお互いの顔を見ることができず、二人出かける準備をします。しかし、合宿先で、ユチャン(アン・ヒョソプ)倒れたとの連絡をもらったウジンは、急いで甥の元へ向かいます。一方、12日の日程で休暇中のジェにファは訪れたお寺で、出会ったご老人と再会し、お香を立て、涙を流します。

翌朝、目を覚ましたユチャン(アン・ヒョソプ)は伯父のミスターコンが一晩中彼の側で看病したことをしり、叔父への感謝と気持ちと、ウジンが慌てユチャンのスリッパをはいてきたことに申し訳なく思います。

修理に預けていたバイオリンの修理が終わったことを知ったソリは、うれしさのあまり、所有金をすべて持ってアトリエへ向かいます。アトリエをでたソリは、シム・ミョンファン教授と出会います。ソリが再びバイオリンを弾く姿を見たいと願うことから、彼女に新たなチャンスを与えたいと願い、準備中のウォン(ONE)音楽ミュージカルフェスティバルの舞台で一緒に立たないかの、誘いを受けます。しかし、一人でできるか心配になったソリは悩み始めます。自信を無くしていたソリは、教授の誘いを断り、過去の記憶からソリを警戒するリン・キムは、ソリのフェスティバルへの参加に不安になります。

悩むソリを心配そうに見守るウジン。ウジンと一緒に居た現場で、手を怪我しそうになったソリは、必死で手を守ったことから、バイオリンへの彼女の気持を自覚することになります。舞台に立つ準備ができていないことからためらったけど、一生懸命にしてあきらめたくない。大好きなバイオリンを続けて、舞台に立ちたいと願います。

一所懸命、練習に励んだユチャンはプロチームからスカウトされます。ユチャンがスカウトされたことを本気で喜ぶソリ。ソリの表情を見てユチャンも幸せな表情を見えます。

ユチャンが合宿先で助けた子供の母は、ソリの叔父の妻で、彼女が捜している人物。お礼のためかかってきた電話をソリが出ますが、長く話すことできず、気づきません。

 フェスティバルでの公演の準備に夢中のソリは、歌を歌いながら家に戻る途中、工事中の場所で転びそうになりますが、現れたウジンが助けます。幼い頃、同じく彼女をケアーしていた友人スミを思い浮かべ、13年が経ってから連絡の取れない友人を懐かしがります。

 舞台のイメージを決めることができず苦戦していたウジンは、ソリが残したメモからヒントをもらい、出かけたソリの後を追います。頭の中は局のことでいっぱいのソリは、花に水をあげていることに気づかず、水浸しになりそうな時、ウジンがウ・ソリと名前を呼びます。

その時、過去、同じ状況でノ・スミを呼んだことを思い出し、ノ・スミへの記憶からショックを受けたのか、気が遠のいていきます。不安な状態のウジンを発見したソリは、ウジンの元へと走ります。ウジンはソリを見ると彼女肩に顔を落として涙を流します。

 

第19回第20回 感想

13年ぶりにバイオリニストとして舞台に立つことになるソリは、一度はあきらめたものの夢のためバイオリンを再び始める決心をします。シン・ミョンファン教授と共に練習を重ねる度に、ソリがイキイキします。大好きな音楽のことが頭一杯のソリは、30歳だけど夢を諦めることのない16歳の少女。

悩むソリを温かく見守りながら応援するウジンは、彼女への気持ちを告白することができず、彼女の周りで起きるすべてが気になる様子。これって間違いなく恋!!!優しいソリを気に入った現場監督が息子をソリに紹介しようとすると、居ても立っても居られない不安になる姿が、純粋だけどウジンらしいと感じました。

 ウジンだけでなく、ソリもウジンを意識し始め、ピンク色の二人のロマンスは始まったように思えます。ソリが持っていた古い写真を会社の先輩が目にするなど、ウジンが13年前初恋した少女がバスの事故で亡くなったわけではなく生きていた。

 それもすぐそばにいるなど、すぐにでも明らかになりそうだけど、意外にもまだお互いに気づいていないのは、もどかしいです。でも、過去の記憶に登場する少女とソリを重ねてしますウジンが、彼女の正体に気づくまでそれほど長い時間はかからないと予想します。

 30歳だけど少女の心を持つソリと、30だけど少年のような心を持つウジン!お互いへの気持ちを認めた時、二人のロマンスは始まり新たな展開が起きそうです。

ヤン・セジョンの魅力は、このドラマでも120%発揮。彼にときめかない人はいないと断言するほど最高のキャラクターウジンを演じていると感じました。

 

30だけど17です 21話22話と23話24話 あらすじと感想

 

30だけど17です 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿