黒騎士 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

黒騎士 (BLACK KNIGHT)흑기사   全20話

第3話 視聴率7.9%

quetalsurinoさんより

第3話あらすじ

ヘラ(シン・セギョン)は、所有していた韓屋(ハンオク/韓国伝統建築スタイルで建てられた家)を購入した会社のオーナーがスホ(キム・レウォン)と知り驚き、スホとの同居を迷います。初恋の相手と同じ名前のスホに、行くあてもないまま家を飛び出します。

ヘラが向かったのはシャロン洋服店。シャロン(ソ・ジへ)がヘラのために洋服をハンドメイドする理由が、前世でシャロンから愛する相手をヘラが奪ったこと、シャロンが犯した罪を償うためだと聞いたヘラは、特に動揺する様子もなく、シャロンはヘラから愛する相手を奪うことを宣言します。その時、届いたメッセージは、元カレジフンでした。ヘラを冷たく断ったジフンは、その後ヘラを忘れることができず連絡を取ってきます。

翌日、スホはヘラの会社を訪ね、二人は一緒にランチを食べることになり、スホの正体や仕事に謎が残っていたヘラは、彼の仕事に対する姿勢や会社のことを知り、ヘラは少しずつスホを受け入れるようになります。ヘラと別れて戻るスホは、信号待ち。信号の前のカフェで静かなひと時を送っていたシャロンは、近くに待ち続けた相手のスホ。彼が近くにいることを直感します。 

シャロンが200年以上も待ち続けた相手が、生まれ変わったこと、彼を近くに感じたシャロンは、洋服店に戻ってからずっと眠りに陥り、彼女を訪ねたベキは彼女の様子がおかしいことに気づきます。ベキは、過去シャロンが犯した罪を償うために、生まれ変わったヘラとスホの幸せを願い、シャロンには罪を償い、再び同じ過ちを繰り返さないよう忠告します。

彼を捜し続けるシャロン。休日、ヘラはシャロン洋服店に向かい、スホもヘラと一緒にシャロンの居る洋服店に向かいます。 

第3話感想

何故シャロンが不老不死の身になったのか、過去の出来事を少しずつ見せる展開のせいなのか、ドキドキさせられ興味をそそられます。200年も前の、過去の朝鮮時代の映像ではシャロンとヘラの姿はある物の、相手となるスホがまだ登場していないので、生まれ変わりがスホだと思い込んでしまっていますが、シャロンが愛した相手がスホ(キム・レウォン)なのか、確信ができないのが、個人的にはすごく気になる第3話でした。

過去の出来事に関連があるベキとシャロンは同じ時間を生きてきているはずが、ベキだけが年を取り始めた理由も気になり、まだまだ謎として残る部分が多いので、「青い海の伝説」のような展開になるのか、全く先が読めないですね。

スホの名前を聞いて初恋の相手を思い浮かべるヘラですが、同じスホだとまだ気づかず、ヘラに興味があることをストレートに表すスホの姿にドキドキしちゃいます。何も知らずヘラと一緒にシャロン洋服店を訪れることになったスホ。スホはシャロンが捜し続けいて相手に違いないのでしょうか。 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話 視聴率9.1%

quetalsurinoさんより

第4話あらすじ

スホ(キム・レウォン)は、ヘラ(シン・セギョン)と共にシャロン洋服店に向かいますが、シャロンが寒気を感じ深い眠りについたため、三人が会うことはなくヘラはシャロンに洋服代金を残します。深い眠りについたシャロンは、悪夢を見続けることになり、200年前に犯した過ちに関する夢に気持ちが落ち着かなくなります。

ヘラの幼馴染で、友人ヨンミの婚約者であるパク・ゴンの父は、ビジネスの邪魔となっているスホの身元を調査し、彼がムン・スホだと気づきます。ヘラが引っ越したことを知ったヨンミは家を訪れ、ヘラを見下したようなヨンミの態度に、スホはヨンミとゴンを食事に招待することになります。スホの正体を知るゴンの誘導尋問に、ヘラはスホが幼い頃一緒に過ごしたそのスホだと知ります。

土地を購入することになったスホは、所有者と会うことになります。土地の所有者は、ベッキでした。スホはベッキと面識があることに気づきます。ヘラの父が後見人となった理由を知ったスホは、ショックを受け、傷ついたスホに明るい将来を約束する励ましの言葉をかけたのが、ベッキでした。ベッキとの出会い後、アメリカへ渡り、望むことすべてを叶えられる人生を送ります。再会したベッキは、土地にまつわる話をスホに聞かせます。

スホ、ヘラとシャロンの前世とは。。。200年前、良家のお嬢様だったのがシャロン。彼女の侍女だったのがヘラ(前世ではダニ)。二人が愛したのは一人の男性、スホでした。シャロンとの婚姻を控えたスホは、こっそり伴侶となるシャロンを見に屋敷に向かいます。スホはヘラ(ダニ)をシャロンだと勘違いし、彼女に一目ぼれしたスホ。しかし、彼は結婚式の当日、一目ぼれした相手がシャロンの侍女だったことを知ります。

ベッキは生まれ変わったスホとヘラが出会ったこと、二人の恋を心から応援します。シャロンが二人の恋の邪魔をさせないため、彼女を旅行に誘ったベッキ。2度もスホと出会うチャンスを逃したシャロンは、ついにスホと出会います。彼の声で、200年もの間待ち続けていた相手が生まれ変わったと気づきます。

第4話感想

スホとヘラのロマンスはドラマの見どころで、ますます面白くなってきました。恋愛ドラマにありがちな恋愛の押し引きはなく、スホのストレート過ぎる姿に、ドキドキがとまらないです。シン・セギョンは前作「河伯の新婦」で見せたのと違うイメージ作りに成功したような印象を受けました。時代劇の「六龍が飛ぶ」も面白かった作品の一つで、現代劇と時代劇の両方を上手に演じることって難しそうですが、シン・セギョンはどちらも似合う女優です。

シャロンとヘラ(ダニ)が恋したのは同じ相手のスホ。シャロンとスホは夫婦となりますが、スホが愛したのはヘラだけ。ヘラへの嫉妬と憎しみが悲劇を招いたことになったのでしょうか。200年の時間を経て、不老不死の身となったシャロンと生まれ変わったスホが再会します。しかし、スホにはシャロンの記憶がなく、シャロンのスホへの気持ちに火が付くことになるのでしょうね。

ファンタジーロマンスドラマの場合、主人公以外のキャラクターが重要ですが、シャロン役のソ・ジへや、ベッキ役のチャン・ミヒのパンチのある演技がミステリアスさをプラスしています。スホとヘラの幸せを強く願うベッキの様子から、最後に必ずしも幸せなエンディングが待っているわけではないと思いました。

スホの正体を知ったヘラ。生まれ変わったスホと再会したシャロン。三人の運命は今後どのように変わっていくのでしょう。。。 

 

黒騎士 5話・6話 あらすじと感想

黒騎士 (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿