黒い太陽 (韓国ドラマ)  全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

2021年


放送予定 

【日本放送】

●フジテレビTWO 全12話(2024/4/28から)日曜日深夜 連続放送 4/28は深夜26時から 字幕

●フジテレビTWO 全12話(2024/1/19から)O月~金曜日深夜24時から 字幕

●BS12 トゥエルビ 全18話(2023/9/15から)月~金曜日早朝5:30から 字幕

●LaLa TV 全12話(2023/8/11-28)月~金曜日8時から 字幕

●【日本初放送】KNTV  全12話(2022/1/21から)12/5に第1話先行放送 金曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】 2021年 9月17日〜10月23日まで

スピンオフドラマ 全2話 メビウス:黒い太陽

メビウス:黒い太陽 キャスト・相関図 あらすじと視聴率

黒い太陽

검은태양 The Veil

2021年放送 MBC金土 全12部作+スピンオフ2部作

視聴率

平均視聴率 8.3% 시청률 第1回5.4% 最低視聴率第1回7.2% 最高視聴率第3回9.8%

出典:program.imbc.com

あらすじ

1年前に失踪した国家情報院最高の現場要員が、自身をどん底に突き落とした内部の裏切り者を探し出すために、組織に復帰することから繰り広げられるストーリー

国家情報院で最高のエージェントと呼ばれたハン・ジヒョク(ナムグン・ミン)が任務の遂行中死亡する。―1年後、密入国した船舶内で傷だらけの男が発見される。男は1年間の記憶を失ったジヒョクだった。行方不明になった後に死んだとされていたジヒョクが生きていたことを知った国家情報院の内部は動揺する。記憶をなくしたまま国家情報院に復帰したジヒョクは内部に裏切り者が存在していたことに気づき、捜索をはじめる。組織の内外には様々な人物の思惑が入り乱れていた。そしてジヒョクの失った記憶には大きな秘密が隠されていて…

出典:KNTV 黒い太陽

相関図

出典:MBC

 

相関図

KNTV 黒い太陽

キャスト

主要人物


出典:MBC

ナムグン·ミン ハン·ジヒョク役 (35歳) 国家情報院現場支援チーム所属
かみそりの刃のような鋭い直観力に、ハンマーのような猪突的な突破力。一度目標が設定されると、地獄の果てまで食い下がるピットブルのような根性。しかも突発的な危機の瞬間ごとに、飛び出す瞬発力はまさに動物的だ。

敵によって機関や民間に被害が発生した場合、その相手を探して報復の任務を担う、海外情報局傘下の非認可TF「黒陽チーム」の独歩的な現場スタッフだ。

彼が任務に投入されれば、失敗はない。3年前、リビアのトリポリ現地で、韓国の建設労働者3人を拉致し、身代金を要求して公開処刑した武装団体の首長アブナダルを数ヶ月間にわたり粘り強く追跡。その末、イスタンブール郊外のある農場に滞在していることを見つけ、単身で潜入。一緒にいた武装兵力を数名殺して、アブニダルの額に銃弾を打ち込んだ事件。いまだに海外情報局内では伝説のようなエピソードで語られている。

このように外部の脅威から国家と組織を保護するために、いつも第一線で自らを危険にさらす彼に、国家情報院の職員なら誰でも見えない尊敬を持っている。

しかし、徐々に任務そのものに過度に没頭するようになり、現場で過度に独断的な決定を強行するようになり、それによって周辺の仲間が死んだり怪我をしたりする事故が頻繁になると、いつの間にか「死神」という悪名が付けられた。

彼は任務が成功するかどうかが全てを評価するバロメーターだ。敵に向かって引き金を引く前、その刹那の瞬間も、自分の任務がどこから、どうやって出たのかを決して省みることはなかった。白と黒。善と悪。敵、味方。彼には世の中のすべてが、二分法のようにはっきりしていた。

少なくとも一年前にあの事件が起きるまでは…。


出典:MBC

パク・ハソン ソ·スヨン役(34歳)国家情報院犯罪情報統合センター4チーム
ジヒョクとは入社同期であり、チームメートだった。中央日刊紙の国際部記者出身で、海外情報局で現場の職員をサポートする業務を担当してきた。一緒に働いたジヒョクも認めるほど、業務遂行能力が優れている。

人に対する愛情は深い方で、いつもチームとチームメンバーを格別に思ってきた。しかし、国家情報院入社後、業務遂行過程で、自分が専担していた現場要員たちが怪我をしたり、死亡したりするなど、 惨酷な犠牲を強いられる姿を目撃するようになり、次第に心理的な問題を経験し始めた。また、無理なプロジェクト推進により要員の犠牲を強要してきた。海外パートのト·ジンスク次長体制への反感を抱くようになる。

一年前の瀋陽での事件の責任が、いつも独断的な行動で仲間たちを危険に追い込んだジヒョクにあると、固く信じている。


出典:MBC

キム·ジウン ユ·ジェイ役(29歳)国家情報院現場支援チーム所属
人に対して明るく温かい視線を持っている。老若男女を問わず他人に同化し、共感する能力に優れ、感情の変化を誰よりも繊細にキャッチする能力を持っている。

KAISTで物理学とコンピューター工学を専攻し、中学校から大学まで、日常茶飯事のように早期卒業できた才媛だ。主に情報関連部署で分析員として勤務し、勤務考課が最上位圏であるほど評価が良く、同僚同士の関係も円満で、それなりに組織内で成功を収められる条件を備えている。

幼い頃から数学からバイオリンまで、多方面でずば抜けた才能を持っていたが、人々は自分と違う特別さを本能的に警戒するという事実を悟ってからは、自分の非凡さを表さず、適当に平凡で間抜けな姿で自分を包み隠している。

誰かが国家情報院に入社した動機を聞くと、 「ただかっこいいから」という言葉で笑って済ますが、 実は、胸の痛む過去を隠している。

海外パート


出典:MBC

チャン·ヨンナム ト·ジンスク役 国家情報院海外パート2次長
国家情報院初の女性次長で、「鉄の女性」と呼ばれる。行政考試出身でNSCと同じ外交·安全保障部門の機関に勤務する、安企部時代、特別採用で入社し、これまで約20年以上、海外パートを歴任してきた。国家情報院初の女性として1級次長にまで上り詰めた立志伝的な人物だ。

見えない外部の脅威から国と国民を守るためには、積極的かつ果敢な先制的行動が必要だと考え、これまで積極的かつ果敢な海外工作を展開してきた。

彼女が率いる海外パートは、国家情報院本来の役割に充実してきたにもかかわらず、常に権力と政界にコネをつけて勢いに乗ってきた、国内パートに押され、日の目を見ることができず、不満を持っている。今後、国家情報院が激しい国際情報戦で生き残るためには、国内パートを縮小する反面、海外パートを強化すべきという、イスラエル情報機関モサドをモデルとした「小さくて強い情報機関」に対するビジョンを持っている。


出典:MBC

キム·ジョンテ カン·ピルホ役  国家情報院海外情報局局長
海外工作に関しては、組織内で群を抜いている人物である。かつては何事にも短気な性格で、火のような性格で有名だったが、年輪が満ち、柔軟で穏やかな性格に変わった。

この前の離婚によって私生活の面で多少隙が生じたが、いつでも状況が発生すれば、すぐに以前の鋭い面貌を現すこともある。

かつて海軍情報部隊UDUの委託教育に参加していた時代、注目していたジヒョクを国家情報院にピックアップして、一級要員に育成させた。ジフンが組織内で唯一心を開く対象であり、ある意味父のような存在だ。組織内で人柄や実力の面で認められており、部下の信望も高い。名実共に海外パートの「ナンバー2」であり、次期次長に最も有力な人物だ。

犯罪情報統合センター


出典:MBC

キム·ドヒョン ハ·ドンギュン役  国家情報院犯罪情報統合センター1チーム
かつては黒陽チームのチーム長であり、ジヒョクの直属上司だった。薄い金属メガネ越しのスマートに見える外見の後ろに、必要なら、いつでもどこでもひざまずく卑劣さを隠している。厳しい環境で自力で成功した人物で、出世と昇進への執着が誰よりも強い。しかし学縁、地縁のどちらも組織内でラインを取れるスペックにならないので、特有の非主流コンプレックスを持っている。海外パートでチーム長である自分より、いつも注目されてきたジヒョクに対する敵対心を持っており、それにより頻繁に摩擦を起こしてきた。

一年前にジヒョクが行方不明になってから、海外パート主導の大型プロジェクトが次々とキャンセルされる中、麻薬、ハッキング、振り込め詐欺のような犯罪を担当するチームを担当し、実績を上げている。それにより、海外パート内でジヒョクに代わる新しいエースとして浮上することになる。


出典:MBC

パク·ジヌ チャ·ミンチョル役  国家情報院の現場支援チーム要員
何事もぶらぶらとこつこつやっているように見えるが、実際、心の奥底には、それなりの所信と情熱が込められている。有名私立大学法学部出身で、組織内でしっかりラインに乗れるスペックを持っているが、もともと徒党文化が嫌いな性格で、屈することを嫌う性格のため、あまり悩まず、自分だけの道を選んだ。現場支援チームに来る前に、心理情報団からコメント操作に関して不当な命令を下した上官の顔を殴り、懲戒委員会まで回付された経歴がある。


出典:MBC

クォン·ソヒョン ク·ヒョウン役 国家情報院の現場支援チーム要員
情報要員というより、粘り強い主婦にむしろ近い。他の要員が各自の事情により現場支援チームに入ったのなら、彼女は低い仕事のレベルのため自ら進んで来たケースだ。金儲けが悪くない弁理士のご主人がいるせいか、昇進や考課などはあまり関心を持たず、1分1秒を争う捜査をしても子供達が保育園が終わる時間になると、例外なく定時退勤を敢行する。

国内パート


出典:MBC

イ·ギョンヨン イ·インファン役 国家情報院国内パート1次長
現国家情報院の慣性と弊習を象徴する人物。安企部時代、7級公開採用で入社し、現次長の中では唯一公開採用出身だ。組織内の信望が厚く、いつもお人好しな顔をしているが、自分の前を塞ぐものは容赦なく処断してしまう。二重的で権謀術数に長けた人物である。

組織内部の結束を固めるという名分で、 学縁·地縁で並ぶ悪習を作った張本人であり、組織を保護するという名分で毎回政権が変わるたびに、各種の政治·選挙介入や世論操作などの不法行為を犯し、今の地位まで上昇した。院長を背後でコントロールしており、事実上組織の実権を握っている。


出典:MBC

キム·ミンサン チョン·ヨンテ役 国家情院安保捜査局局長
頑固一徹な性分を持っている。過去に強力な権力を持っていた安企部時代を懐かしんでおり、数十年経った安企部時代の記念腕時計を自慢のように固守している人物だ。かなり前、公安捜査局の時代からイ·インファン次長と長年苦楽を共にし、今まで彼を上官以上の存在として仕えている。名実共に李インファン次長の「右腕」だ。

その他の人々


出典:MBC

キム·ビョンギ パン·ヨンチャン役  国家情報院長
一般行政職出身で、公務員特有の慣習が身についている人物だ。情報機関の首長を務めるには自分の力量が足りないことを自ら認めており、実質的な組織運営は国内パートのイ・インファン次長に全面的に頼っている。しかし、骨の髄まで政治的な人物として、なかなか本音は分からず、決定的な状況で全く予想できなかった面も見せる。


出典:MBC

ユ·オソン ペク・モサ役  「犯罪者の上の犯罪者」であり「暗幕の裏の設計者」闇の権力を握る人物。
あることを機に、中朝国境地帯の地下世界に流れ、自分だけの勢力を構築することになる。


出典:MBC

ヒョン·ボンシク チョン·ミョンギ役 国家情報院サーバー管理室要員
白い顔に黒縁の眼鏡。肥満型体型にアメであり、買い食いが癖でよく食べている。コンピューター部門で天才的な才能を持っており、高校時代に一人でアメリカに渡り、ハッキング·オリンピックに参加し、グーグルやアップルなどのセキュリティ網を全て突破し、優勝した。その経歴が認められ、国家情報院に特別採用で入社することになった。十数年間、サーバー管理室で働き、内部は自分だけが知っている。バックドアを作っておいて、それでサーバー内の情報を自由に閲覧している。

チョン·ジユン キム·ヨジン役 国家情報院心理カウンセラー
国家情報院内で運営されている心理相談室所属で、復帰したジヒョクの心理治療を専門に担当している。ミステリーな雰囲気を漂わせる。誰よりもジヒョクの内面世界に詳しい人物の一人だ。


出典:MBC

ファン·ヒ オ·ギョンソク役 国家情報院の黒陽チーム要員(1年前死亡)
無口で責任感が強いタイプだ。黒陽チームに志願して合流するほど、以前からジヒョクに男として憧れてきた。チームで呼吸を合わせてからは間もないが、黙々と自分の役割を全うした。一年前、中国丹東でジヒョクと作戦遂行中に行方不明になった。その後、瀋陽市内の空きビルで凄惨に殺害されたのが発見された。


出典:MBC

チョ·ボクレ キム·ドンウク役 国家情報院黒陽チーム要員(1年前死亡)
明るく快活な性格を持っている。黒陽チームでジヒョクとは数年間、一緒に任務を遂行してきた。困っているジヒョクに気兼ねなく兄さんと呼ぶほど、ふてぶてしく、上下を問わず対人関係が広い方だ。一年前、瀋陽でギョンソクと共に凄惨に殺害された状態で発見された。

オク・ジャヨン リンウェイ役 中国国家安全部要員
中国国家安全部所属の要員で、 現在は駐中韓国大使館職員の身分で派遣されている。数年前、命を失いかねない危機に、 現地でブラック要員として活動していたジヒョクに助けられ、その後、ジフンと情報を共有するなど、協力関係を維持することになる。

 

出典:MBC

スタッフ /脚本:パク・ソクホ、演出:キム・ソンヨン
作成:え

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

話数ごとのあらすじと感想

daisySSさん

●BS12 トゥエルビは全18話で放送

VER18話 1話~4.5話 ➡ VER12話 1話~3話

VER18話 4.5話~9話 ➡ VER12話 4話~6話

VER18話 9話~13.5話 ➡ VER12話 7話~9話

VER18話 13.5話~18話 ➡ VER12話 10話~12話

黒い太陽  1話・2話 あらすじと感想
黒い太陽  3話・4話 あらすじと感想
黒い太陽  5話・6話 あらすじと感想
黒い太陽  7話・8話 あらすじと感想
黒い太陽  9話・10話 あらすじと感想
黒い太陽  11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

自らの記憶を消し復讐のために巨大悪組織の真相に迫る、、、組織内の裏切り者を探すために奮闘するエリート・ブラック・エージェント!手に汗握るハラハラする展開に注目!

本格派!ブロックバスター級!逆転に逆転を引き出す展開!

このドラマの見どころは、役作りのために10キロの減量を通じて主人公になり切ったナムグン・ミンが主演を演じているところ!と言っても過言ではない作品です。

ナムグン・ミンが主演を務めるから予告編が放送された時から多くの反響を呼んだ犯罪スリラー、まさにブロックバスター級で、クオリティーの高さが第1話から伝わります。MBC開局60周年創立記念ドラマとして、シナリオ応募コンクールで脚本賞を受賞した作品のドラマ化で、地上波としては珍しく本格派犯罪スリラー。

残酷な描写が含まれているため、19禁編成(満18歳以上視聴可能、R18にあたる)されたにも拘わらず、1話及2話は11%を超える視聴率を記録し、話題を集めたハードイルド・スパイドラマです。1年前に海外での任務の途中死亡したはずの国家情報院のブラックエージェントのハン・ジヒョク(ナムグン・ミン)が、韓国に戻ってくるところから始まるストーリーで、過去1年間の記憶がすべて消された状況、、、この設定だけでも第1話から好奇心を刺激させられます。

ナムグン・ミンは「キム課長とソ理事」、「操作」、「ドクタープリズナー」等で主演を演じ、様々なキャラクターを演じてきた俳優ですが、このドラマでも期待を裏切ることなく10キロの減増量を通じて、伝説的なブラックエージェントハン・ジヒョクのBeforeAfterのイメージを見せるので、ナムグン・ミン主演のドラマが好きな方は、見逃せない2021年の最新作!

1年前に失踪した国家情報院トップの現場要員が自身を奈落の底に突き落とした内部の裏切り者を見つけるため、組織に復帰して活動していく様子を描いた作品」と言えますが、内部の裏切り者というのが一人の個人ではなく、国家情報院内に潜む大きな組織だったことから、主人公のハン・ジヒョクが失われた自身の記憶を探る過程で、過去に起きた事件だけではなく新たな事件へと発展していく様子が描かれます。

国家情報院内の勢力争いと激しい心理戦、、、本格的なアクションシーンまで、予想不可能な新鮮な展開が続くので、推理ドラマが好きな方にもお薦めしたいです。

ドラマの中で「キーパーソン」として登場するのが、パク・ハソンが演じる国家情報院のエージェントのソ・スヨン。その他、個性的で魅力溢れるキャラクターが多く登場し、誰が味方か誰が敵なのか、、、ハラハラさせられました。

隠されていた真実がすべて明かされ、迎えるエンディングは、ある意味視聴する側に結論をゆだねるようなもので、好き嫌いはあると思いますが、個人的には明るいエンディングを迎えたという結論に!

俳優、脚本と演出の三拍子が揃った完成度の高い作品です。




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/16から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP