黄金色の私の人生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2018/5から) 字幕
●KBS WORLD 2017年12月16日(土・日)夜09:45-11:00
●韓国放送2017年9月2日(土)(土・日19:55~21:15)

黄金色の私の人生 황금빛내인생 全52話
2017年放送 KBS
平均視聴率 34.8% 시청률 第1回視聴率19.7%
 2017y10m14d_074734524
KBS 黄金色の私の人生 황금빛내인생
あらすじ

決して裕福ではなかったが、とても立派に育ったジテ(イ・テソン)、ジアン(シン・ヘソン)、ジス(ソ・ウンス)、ジホ(シン・ヒョンス)の4兄妹を見て、幸福感を感じつつも家長としての責任の重さに耐える父テス(チョン・ホジン)。一方、ヘソングループの次期 後継者であるチェ・ドギョン(パク・シフ)。職場では男が好きなのではないかと誤解される程、誠実な日々を過ごしていると思われているが、実はノブレス・オブリージュ(財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴う事)の精神を持って生きている見かけ倒しの財閥3世だ。 財閥3世のドギョンは事故車の修理費500万ウォンの返済の連絡がジアンからなく、恩をあだで返すように音信不通になったジアンに対して脅迫メッセージを残す。 ジスはずっと夢見ていたパン屋に就職が決まり、片思いの相手ウヒョク(イ・テファン(5urprise)に告白するための準備を始め、これまで契約社員だったジアンはついに正社員になれると期待しながら出勤しようとするが、予想もしていなかった事態が起こる。

 KBS WORLD 黄金色の私の人生
2017y10m30d_164038749
出典:http://enews.imbc.com/ を元に一部追加しています。
キャスト

パク・シフ チェ・ドギョン役 33歳。ヘソングループの一人息子。 ヘソングループの戦略企画チーム チーム長。 アメリカでMBAを学び、韓国へ戻ってきた財閥3世。

シン・ヘソン ソ・ジアン役 28歳。ソ・テスの娘。二卵性の双子でジスの姉。 ヘソングループのマーケティングチームの契約社員

イ・テファン(5urprise) ソヌ・ヒョク役 28歳。 ジアンの高校生の時の友達。 おひとり様用のDIY家具のネットショップの室長。室内デザイン専攻の美大生で、1人用の家具のためのDIYインテリアを販売するサイトを運営している青年実業家。

ソ・ウンス ソ・ジス役 28歳。ジアンの二卵性の双子の妹。 専門学校の歯科衛生科を卒業後、数年間アルバイトをしながら生活していた。マイペースで急ぐこともなく、楽に人生を過ごしている。

チョン・ホジン ソ・テス役 62歳。ジアンの父。‘家長’としてずっと人生を生きてきた男。 昔はノリに乗っていた商社マンで、社長にまで上り詰めたが、不渡りで人生は崩壊。

ソヌ・ヒ役 家具カフェ社長 ソヌ・ヒョクの姉。

スタッフ /演出:キム・ヒョンソク 脚本:ソ・ヒョンギョン
コメントにて随時感想募集中です。

パク・シフ 박시후 チェ・ドギョン役 33歳。ヘソングループの一人息子
2017y10m14d_081229310
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1978年4月3日俳優。身長182cm、体重70kg、血液型B型。漢陽大学校演劇映画科。
主な出演作
家門の栄光 (2009年、SBS)イ・ガンソク役
検事プリンセス (2010年、SBS)ソ・イヌ役
逆転の女王 (2010年、MBC)ク・ヨンシク役
清潭洞アリス(2012年、SBS)チャ・スンジョ役名もなき英雄<ヒーロー> 동네의 영웅 ペク・シユン役
主な受賞歴
2007年 SBS演技大賞 新人演技賞
2009年 SBS演技大賞 男性演技賞
2010年 MBC演技大賞 優秀演技賞
2011年 KBS演技大賞 ベストカップル賞
2011年 KBS演技大賞 人気賞
2011年 KBS演技大賞 最優秀演技賞

.

シン・ヘソン 신혜선 ソ・ジアン役 28歳。ソ・テスの娘。二卵性の双子でジスの姉。
2017y10m14d_082350578
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1989年8月31日 [身長]171cm
主な出演歴
青い海の伝説(2016-/SBS) チャ・シア ジュンジェの元恋人、文化財研究者
ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人(2016/KBS) イ・ヨンテ(ヨンドゥ) サンテの妹、小学校教師
彼女はキレイだった(2015/MBC) ハン・ソル 「ザ・モスト」ビューティアシスタント
ああ、私の幽霊さま(2015/tvN) カン・ウニ ソンジェの妻、ソヌの妹、車椅子
ナイショの恋していいですか!?(2014/tvN) コ・ユンジュ リテールチーム社員、医者の娘
エンジェルアイズ(2014/SBS) ミンスの少女時代
ゆれながら咲く花(2012-KBS) シン・ヘソン 2年2組生徒、ケ・ナリの友人

.

イ・テファン(5urprise) ソン・ウヒョク役 28歳。 ジアンの高校生の時の友達。
2017y10m14d_090648513
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日: 1995年2月21日188cm 75kg. AB型。俳優ユニット5urpriseの一員として2013年にデビュー。約2000人の中からオーディションで選ばれた
主な出演歴
お父様、私がお世話します(MBC,2016)[ハン・ソンジュン]
W-君と僕の世界-(MBC,2016)[ソ・ドユン]
帰ってきて ダーリン!(2016)[チェ・スンジェ]
恋のドキドキスパイク(tv.sohu )[ペク・ウジン]
華政[ファジョン](MBC,2015 )[少年時代光海君]
傲慢と偏見(MBC,2014 )[カン・ス]
ナイショの恋していいですか!?(tvN,2014 )[オ・テソク]
放課後サプライズ~ハチャメチャ大作戦(Drama toon,2013 )[ハン・ジェヒ]

.

ソ・ウンス 서은수 ソ・ジス役 28歳。ジアンの二卵性の双子の妹。
2017y10m14d_091706316
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1994年03月02日
主な出演歴
デュエル(2017/OCN)リュ・ミレ 記者
浪漫ドクターキム・サブ(2016-/SBS)ウ・ヨンファ トルダム病院職員
嫉妬の化身(2016/SBS)リ・ホンダン ナリの継母
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさんより

.

黄金色の私の人生 視聴率 1話・2話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 3話・4話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 5話・6話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 7話・8話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 9話・10話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 11話・12話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 13話・14話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 15話・16話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 17話・18話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 19話・20話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 21話・22話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 23話・24話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 25話・26話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 27話・28話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 29話・30話 あらすじと感想
黄金色の私の人生 視聴率 31話・32話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  33話・34話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  35話・36話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  37話・38話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  39話・40話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  41話・42話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  43話・44話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  45話・46話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  47話・48話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  49話・50話 あらすじと感想
黄金色の私の人生  51話・52話(最終回) あらすじと感想

.
以下作品感想

quetalsurinoさんより

●家族と一緒に最終話まで観たくなる最高のホームドラマ!

ダンディーなイメージで多くの女性ファンを魅了したパク・シフの復活作。2016年にケーブルテレビー局OCNで放送された「町のヒーロー」で主演を務めていますが、地上波放送のドラマでは5年ぶりの復帰となり、話題を集めました。これまでのイメージ通り、スーツ姿のパク・シフは期待以上にカッコよく、ドラマの進行と共に変化していく姿が素敵でした。

韓国で放送される週末のドラマ枠は、家族向けをターゲットにした広い視聴層をターゲットにした作品が多く放送されますが、「黄金色の私の人生」は第1話から興味津々な展開が続き、国民ドラマと称されるほどで、2話も延長され最終話では最高視聴率が45.1%。このドラマを視聴した感想は、「ドラマを通じて味わえるすべての感情を経験することができた」です。もちろん、主人公のチェ・ドギョン(パク・シフ)とソ・ジアン(シン・ヘソン)のドキドキさせたロマンスも最高によかったです。

主人公の成長や親子の絆などは、ホームドラマではよくあるテーマのように見えますが、全くありきたりな展開になっていないところがこのドラマの魅力の一つでした。ドラマのタイトルに通り、ヒロインが自分の力で人生をきりひらいていく姿に、私の人生の中での黄金色を振り返るきっかけになり、ドラマを通じて共感できる部分が多かったです。】

ドラマが始まる前の感想は、財閥、出生の秘密、双子の姉妹など、ドラマ上の設定だけをみると、これまで放送されたマクチャンドラマの一つでした。しかし、ドラマの展開は予想外にドロドロしたものではなく、登場する二つの家族は対照的で、家族の在り方を考えさせられる作品でした。ホームドラマの場合、「母」のストーリーを描くことで視聴者の感情を刺激することが多い中、「黄金色の私の人生」では「父」の姿が話の展開にとても重要な影響を与え、最終話まで父の存在の大きさをアピールします。世代を超え楽しめる作品だと感じました。

シン・ヘソン、ソ・ウンスやイ・テファンなどの若手女優・俳優が出演しているところが、個人的には新鮮でドラマを何倍も楽しめました。

イ・ジョンソクとキムが出演した「ゆれながら咲く花」では、ショートヘアーの意地悪な女子学生役を演じていたシン・ヘソンが、パク・シフの相手役でヒロインのソ・ジアンを演じています。「青い海の伝説」「ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人」、「秘密の森」と出演する作品で、個性的な演技を見せてきた女優で、個人的にはスタイリッシュで、派手じゃないけど存在感のある女優のイメージが強かったですが、「黄金色の私の人生」では初のドラマで主演をつとめ、2017年KBS演技大賞では長編女性優秀演技賞を受賞するほど、演技力まで認められることになりましたね。

双子の妹ソ・ジスを演じたのはソ・ウンスで、パク・シフ以上に存在感をアピールしたのは、ソヌ・ヒョクを演じたイ・テファン。「W-君と僕の世界-」ではボディーカード役で登場し注目を集め、「江南ロマン・ストリート」では知名度を上げ、このドラマでも主人公のパク・シフに負けないほど、カッコいいキャラクターなので、もっともっとファンが増えて欲しいです。

韓国ドラマが好きな方、観ないと後悔する作品の一つだと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー