黄金の私の人生  51話・52話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

黄金の私の人生  51話・52話(最終回) あらすじと感想


「広告」


黄金の私の人生 黄金色の私の人生 황금빛내인생 全52話

第51話 視聴率38.1%

daisySSさんより

第51話あらすじ

ドギョン(パク・シフ)の祖父ノ・ヤンホが、ジアン(シン・ヘソン)の父テスに暴力をふるっただけではなく、25年前の事件の誘拐犯として記者会見を開くよう強制したことや、家族のためにテスが土下座をした事まで知ったジアン。

ドギョンへの気持ちは別として納得のいかないジアンは、ドギョンとの永遠の別れを決心します。二人の間にあったすべてを忘れて欲しいと強く願うジアンの気持ちに応えるよう、ドギョンはジアンとの別れを決心します。

ジアンの留学のために父から渡されたお金が、保険金の一部だったことを知り、涙を流します。ジス(ソ・ウンス)も父の病気を知り駆け付けます。一方で、ミン部長から過去の隠された真実を聞かされた母ミョンヒは、悲しみに浸ります。

これまでのことを後悔するきっかけとなり、ミョンヒは謝罪のためソ家を訪れます。離婚を求め、家を出ようとする父ジェソンに、彼を誤解してきたことや過去の過ちをすべて打ち上げ、ジェソンはミョンヒの本心に関係修復を決心します。



ジスはソ家に戻ることを決め、ミョンヒとジェソンに許しをもらい、体調が悪化したテスはホスピスで過ごすことになります。テスが死ぬ前にやりたいことの一つ、小さな演奏会を開くことにしたソ家の家族。野外に準備されたステージで、家族のためにギターの演奏をしたテス。無事に演奏を終えたテスは、眠りについたように動かなくなり、テスを見たジアンは父の様子がおかしいことに気づき、彼のもとへ走ります。

第51話感想

ミン部長との激しい争いの後、これまでのことを後悔するミョンヒは、ソ家の両親にこれまでのことを謝罪しましたね。恋愛結婚だったジェソンとの冷めきった関係。しかし、ミョンヒの努力でジェソンの気持ちを繋ぎ止めることに成功。とんでもないキャラクターだと思った時もありましたが、ヘソン家にも幸せが訪れるようです。

最後の最後まで変わることのなかったドギョンの祖父は、結局会長として会社に復帰することもできず、ハワイに出発することになりそうです。ドギョンをコントロールしようと、テスやジアンを利用した方法が卑怯で逆効果となりましたね。

最も気になるドギョンとジアンのロマンスは、ジアンが整理をする結果となり、ドギョンはテスの病気のことを知り、彼女の選択を受け入れることになったのが残念。このまま二人は別れることになるのか、心配です。テスのために準備された演奏会を遠くから見つめるドギョンの姿に心が痛くなりました。父テスのことを思うと、ノ会長を許しドギョンを受け入れることは難しそうです。

演奏会の後、動かなくなったテスの手だけががたっと落ちた時、このままテスが亡くなるのかと、その後がとても気になるところで終わりました。ついに迎える最終話、テスは結局亡くなってしまうのでしょうか。

 

第52話(最終回) 視聴率45.1%

daisySSさんより

第52話あらすじ

家族と共に幸せなひと時を過ごした父テスは、死を迎えることになります。葬儀に現れたミョンヒとジェソン。しかし、ドギョン(パク・シフ)は最後まで現れることなく、ジアン(シン・ヘソン)と最後に一緒に時間を過ごした木に埋葬することになります。

一年後、フィンランドに留学中のジアンが一時帰国することになり、生まれてくる子供のために、地方都市で過ごすことになった長男のジテとスアは、ミョンヒと共に幸せな日々を送ります。ジス(ソ・ウンス)は夢だったパン屋さんをオープンすることになり、ヒョクとの結婚も決まった様子。

一時帰国したジアンが展示会に出かけ、帰り道偶然ドギョンを見かけます。末っ子、ジホも事業を始め、同じ時期留学中のソヒョンも記憶することになります。夢だった大学教授になったジェソンはミョンヒとの関係を修復し、幸せな結婚生活を送ることになります。

ジアンは、ジスからドギョンがヘソングループを叔父のチェ・ミョンスに譲り会社を出たことを知らされます。ヘソングループを出たドギョンは、スタートさせた事業を拡大させ、一人暮らしも慣れた様子。

友人のミョンシンの頼みで出かけたジアンは、偶然ドギョンと再会することになります。再会後、ジアンとの恋愛を望むドギョンと、父への悲しみから慎重な態度のジアン。留学から帰国したソヒョンは、ヘソングループで働くことになり、ナムグが経営するフランチャイズのパン屋さんも事業を拡大し、成功します。

弟のジホが経営するパン屋さんを訪れたジアンは、ドギョンは再び会うことになり、ドギョンが近くに住んでいることを知ります。度重なる偶然に、ジアンは留学先のヘルシンキに戻ることになるため、ドギョンとの再会に特別な意味を持たないよう努力します。一歩で、ドギョンは長距離恋愛でもジアンとの関係を続けていきたいと望み、それぞれのすれ違った気持ち。

ヘルシンキに戻る日、空港で後ろが気になるジアンは振り向きますが、隠れているドギョンには気づかず。これまで友人のミョンシンの協力のもと、近くでジアンを見守ってきたドギョン。ドギョンへの気持ちを消し去ることができないままジアンは、ヘルシンキに戻ります。

ヘルシンキで、ジアンはドギョンと再会することになります。今後、出張に度々訪れることをアピールし、彼女への気持ちを伝えるドギョン。そんなドギョンの姿にジアンは微笑みます。

第52話感想

全52話と、長期に渡り放送された「黄金色の私の人生」もこれで、最後を迎えることになりました。登場したヘソン家とソ家のメンバー全員が幸せなエンディングを迎え、ホームドラマとして今後も長く記憶に残る作品になると思います。

テスの死は悲しく衝撃的ですが、彼が父として家族に残した「愛」の大きさや深さに気づかされ、感動するシーンも登場し、ウルウルしちゃいました。テスがジアンのために残したのは、留学資金だけではなく、彼女が愛した「チェ・ドギョン」だったことが分かり、感動が倍増しました。

偶然が何度も重なるジアンとドギョンの再会は、すべてドギョンが仕込んでいたこと。ジアンの性格や気持ちを知る、亡くなる前のテスの最後のお願いだったんですね。空港で見つからないように隠れてジアンを見送るドギョンの姿に、切ない気持ちになりました。でもヘルシンキでの再会を機に、二人は再び愛し合う関係になることを示唆するエンディングだったので、予想していたエンディングではなかったですが、ジアンの見せた笑顔につられて微笑み、すべて良し!と思いました。

途中飽きることがある長編ドラマが多い中、毎話ワクワクしながら観ていた作品だけに、今後さみしくなること間違いないですね。カッコいいだけのチェ・ドギョンの姿を確認することができ、ジアン役を演じたシン・ヘソンの演技がとても印象的な作品でした。

これまで最高に面白かった!です。

 

黄金の私の人生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧

「広告」


【放送情報】


【オクニョ運命の女】

●BSテレ東 全51話(2021/11/29から)月~金曜日10:55から 吹替[二]

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図 (外部リンク・時代劇サイト)


【悲しくて、愛】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2021/11/30から)月~金曜日早朝5:30から 字幕

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【Born Again(ボーンアゲイン)】

●BS-TBS 全22話(2021/12/2から)月~金曜日12:59から 字幕

Born Again(ボーンアゲイン) 全話感想とあらすじ キャスト・視聴率


【暗行御史(アメンオサ):朝鮮秘密捜査団】

●WOWOWプライム 全16話(2021/12/3から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

暗行御史:朝鮮秘密捜査官 全話あらすじと感想 キャスト・視聴率 (外部リンク・時代劇サイト)


【花道だけ歩きましょう】

●BS日テレ 全70話(2021/12/6から)月~金曜日11:30から 字幕

花道だけ歩きましょう キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜】

●BS12 トゥエルビ 全22話(2021/12/13から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

ファイティン♡ガール!〜Miss Lee〜(チョンイル電子 ミス・リー) キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【夫婦の世界】

●BS朝日(2021/12/14から)月~金曜日8:30から 字幕

夫婦の世界 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)

来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー