黄金色の私の人生  47話・48話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

黄金色の私の人生 황금빛내인생 全52話

第47話 視聴率38.7%

quetalsurinoさんより

第47話あらすじ

25年前、ウンソクを交通事故現場で連れ去ったと、父テスに記者会見を無理にさせようとしたノ会長の計画は、父ジェソンにより変更されることになります。ジアンとジスが入れ替わっていたことが含まれた記事がネットにアップされことを知らないテスは、二人のために誘拐犯になることを決心する姿勢に、ジェソンは父としてどのような対応を取るべきか迷い始めます。

ジェソンから二人が入れ替わった記事がすでに流れてしまったことを知ったテスは、ジアン(シン・ヘソン)とジス(ソ・ウンス)を彼が過ごしていた田舎の家に避難させ、ジェソンは失踪中のウンソクが25年間、ソ家で育てられていたことを公式に発表します。記事の内容が具体的すぎることから、ジアンはミョンヒの妹でドギョン(パク・シフ)の叔母、ジニを疑います。

ジアンとジスの記事がネットで流れる限り、二人の身元がすぐにでも明かされることを恐れたテスは、記事を書いた記者を見つけ出します。記者に情報を提供している人物がいると予想したテスは、記者の車から通話記録を盗み出します。彼に情報を提供していた人物は、ミョンヒの妹のジニ。すべての記事はドギョンを狙ったものだとよんだテスは、その証拠を父ジェソンに渡します。

背後にジニがいると知ったジェソンは、ジニの夫チョン・ミョンスにその証拠を突き付け、ネットにアップされたすべての記事を下すことに成功します。しかし、ジニにより臨時理事会が開かれることになったと知ります。ジニは父ノ会長の辞任を求め、過半数以上を獲得しノ会長が辞任することになります。ノ会長の辞任が決まると、ジニは副会長ジェソンの辞任までも求めます。

第47話感想

驚きの展開でした。ノ会長の辞任に続き、ジェソンの辞任まで求めてきたジニ。執事のミン部長がすべての情報を流した犯人だと思っていましたが、結局、叔母のジニの仕業だったようですね。ジニはドギョンがグループを継ぐことを警戒して、ドギョンを排除するために記者に情報を提供していました。登場からこれまで一度も好意的になることができなかったノ会長ですが、ジェソンの辞任を求める次女ジニの反乱に、再び気を失う姿はちょっとかわいそうな気になりました。

何よりも驚いたのは、テスが実際に胃がん宣告されたことでした。想像癌って知った時、壊れてしまったように見えた家族の絆が再びつながる可能性があると思いました。今話では冷たかったミジョンに、家族として一緒に困難を乗り越えようと話す姿があったのに。。。献身的に家族を思っていたテスが死ぬなんて!納得のいかない展開です。特にジアンとジスの記事を書いた記者を突き止め、背後にいる人物まで突き止めるほど娘たちのために活躍した父テスの姿が描かれただけに、テスが本当に癌だったとは、切ない気持ちにさせる終わり方でした。

次の話で話がどのように流れていくのか、気になる展開でした。個人的には執事のミン部長にも何か裏がありそうです。ヘソン家の次女によって始まった勢力争いの結果、ジェソンが副社長を辞任することになるのでしょうか。ドギョンに何が起きるのでしょう。。。ヘソン家の次女ジニを演じるチョン・スギョンは、これまでのイメージからこの役にピッタリ。「姉が生きている(原題)」や「品格のある彼女」でもとても堂々としたキャラクターを演じることが多い女優ですが、「シカゴタイプライター(原題)」などでは全く違うイメージのキャラクターを演じるなど、ドラマを盛り上げるのが上手だと感じました。

パク・シフのスーツ姿がお似合いで、やっぱりカッコいい!ドラマが始まった時とは少し違う雰囲気ですが、ヘソン家に戻ってきた後のドギョンが素敵です。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第48話 視聴率29.3%

quetalsurinoさんより

第48話あらすじ

父テスは、胃がん末期であることを医師から知らされ絶望します。そのことを知らないソ家の家族は、長男ジテに子供が生まれることを機に、再びテスとの同居を計画します。テソン家の次女ジニと夫のチョン・ミョンスは、父ノ会長を退任させ、姉のミョンヒとジェソンまでも解任させる計画を進めます。

ドギョン(パク・シフ)はミョンヒとジェソンが解任されることを避けるため動き出しますが、多くの理事を味方につけたジニとミョンスは、二人まで解任させ、ヘソングループにはドギョンのみ残ることになります。末期癌の診断を受け、保険がおりたテスは、そのお金をジアンの留学費用にと渡し、ジアンは父の病気を知ることなく大好きなデザインの勉強に励み、留学を決心します。

一方で、ジス(ソ・ウンス)は、大好きだったカン・ナムグのパン屋さんを辞めることになり、ジアンはジスを通じてドギョンの置かれた状況を知り、彼の力になるため動き回ります。ジェソンやミョンヒが解任されることを知ったテスは、ドギョンの家族を心配し、色々と調べ始めます。

ジニとミョンスが他人の名前を使って株を買い集めていることをテスから知らされたドギョンは、会長の座を目指し、自ら立候補します。解任されたノ会長の後任として推薦されたミョンスに全面対決することになります。

第48話感想

父テスが末期癌であることの告知を受け、このまま死を迎えることになるのでしょうか。彼の病気が想像癌だと知っている家族は、彼との同居に希望を持ちますが、テスが一人痛みに苦しんでいることを知らないのか、やっぱり切ないです。テスの望み通り、保険がおりてジアンに留学費用を渡すことができましたが、家族を思うテスの姿から「父」って偉大だと感じました。

信じていた理事たちに裏切られ、解任されることになったミョンヒとジェソン。ドギョンは理事会で、ある人物を目撃して驚きます。その人物がまだ登場していませんが、執事のミン部長のような気がして。。。何かと、彼女に疑いの目を向けてしまうのは、意図的なものでしょうか。それとも予想通り、ジニとミョンス夫婦に協力してきた人物はミン部長?!!これまで展開がとてもスピーディだったことを考えると、最終話までの4話でまだまだ逆転が待っていそうな気がしました。

ジアンとジスが入れ替わっていたニュースが流された時に、問題を解決するカギを探してきたのは父テスでした。ミョンヒとジェソンが解任され、ドギョンまで危険な状況に置かれた時に、力になったのもテス。名探偵ぶりのテスの姿が印象的でした。

叔母ジニとミョンスに宣戦布告する形で代表理事(代表取締役)に立候補したドギョン。またもやその次の話が気になる展開で、最も気になるところで第48話が終わりました。今後、周囲の協力のもとドギョンがどのように解決していくのか、興味津々です。

黄金色の私の人生  49話・50話 あらすじと感想

黄金色の私の人生 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー