魔女の愛 ~チョホンは恋愛中~ あらすじと感想 キャスト・相関図




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

●【日本初放送】DATV2018年11月10日

【韓国放送期間】 2018年 7月25日から 8月30日

魔女の愛 ~チョホンは恋愛中~  마녀의사랑 全12話
2018年放送 MBN
平均視聴率 —% 시청률
魔女の愛 ~チョホンは恋愛中~ DVD-BOX
あらすじ

3人の魔女、チョホン(ユン・ソヒ)、イェスン(キム・ヨンオク)、エンドゥ(コ・スヒ)は、大人気のクッパ店を密かに営み、平和な日々を過ごしていた。
あるとき、突如現れた物件のオーナー、ソンテ(ヒョヌ)の登場により平穏な日常が壊されてしまう。
ソンテは巨額な家賃を支払う代わりに2階に住むことを要求してきたのだった!
家賃を到底払うことが出来ない魔女たちはソンテの要求を飲まざるを得なくなり、魔女たちとソンテの奇妙な共同生活が始まることに…。
ソンテがそこまでしてクッパ店に住みたかった理由とは…! ?

魔女の愛 ~チョホンは恋愛中~  마녀의사랑 相関図
キャスト


ユン・ソヒ  カン・チョホン 魔女、クッパ店配達人 他の2人の魔女が経営するレストランで配達員として働くおせっかいな魔女。テレキネシスの力を持つ。


ヒョヌ  マ・ソンテ  S&Pフードビル常務 幼少期のトラウマを持つ裕福な武道の専門家。


ホンビン (VIXX)  ファン・ジェウク  ウェブ漫画家


キム・ヨンオク  メン・イェスン 魔女、伝説のクッパの職人・店運営


コ・スヒ  チョ・エンドゥ 魔女、クッパ店運営 超人的な力を持っている魔女


チェ・ジェソプ  キム・ドンス  ソンテの秘書


チェ・テファン  チェ・ミンス  カン・チョホンの元ボーイフレンド。

画像出典:http://www.mbn.co.kr/

スタッフ / 脚本:ソン・ウネ  演出:パク・チャンユル  制作:キム・ジョンハクプロダクション
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。



hotcocoamilkreiさんの感想より

お金持ちと貧乏な男やっぱりどっちがいいかって思ったらお金持ちの方!

韓国ドラマ定番のクールで冷酷な御曹司の物語なんですが、三角関係で破れたジェウクがちょっと可哀想かなって思っちゃいます。だって幼馴染でずっと思い続けてるんですよ?

ジェウクはキスして魔力が戻って、運命の人っていう設定なのに「それでもソンテが良い!」ってチョホンにフラれちゃうって言う、なんとも悲惨な役。このシチュエーションって結構こっちに肩入れしたくなっちゃう私がいました。

ですが!

さすがヒョヌさん、カッコいい!スーツが似合ってる!

そして、このドラマを見て何より感じたのはソンテとチョホンのキスが濃厚すぎると言うこと。二人の気持ちが通じ合ってからは、いつでもどこでもチュッチュッしててラブラブ!キスシーンが長めでうっとり。

物語のストーリー通り、この二人は本当にお似合いなので妄想しちゃいました!特に映画館で一目を気にせず暗がりで、ずーっとキスしているシーンはすっかり二人の世界。ヒョヌさんもソヒさんもセクシーでした!

ソンテは最初はめちゃくちゃ冷たい態度でイライラしてたんですけど、物語が進むにつれて一転!ツンデレ王子韓ドラ醍醐味ってやつですよね。

ジェウクは最後には売れないWeb漫画が大ヒットして、反対されていたお父さんにも認められてハッピーになれて良かったです。

このドラマの見所

幼い頃に遭った誘拐事件の真相を暴こうとする御曹司マ・ソンテの謎を探るところ。ただのラブストーリーではなく、ミステリーの要素も含まれているので楽しめると思います。

撮影中は台本が面白いようで、口元に笑いを堪えて台本にハマっている「ソヒ魔女」役のユン・ソヒ(チョホン役)の姿があったそうです。彼女は座っていても立っていても台本を手放さずに、チョホンの感情に没頭しているとの事でした。

見ている視聴者側も面白いのだから、演じている役者さんたちも相当面白かったのでしょうね。






9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー