魔女のゲーム 69話・70話・71話・72話 あらすじと感想

魔女のゲーム


魔女のゲーム 마녀의 게임 2022年放送 MBC新毎日 全123話 

neroさん

第69話視聴率5.5%

第69話あらすじ

マ・ヒョンドク(パン・ヒョジョン)の推薦によってチョナグループの会長に就任したカン・ジホ(オ・チャンソク)だったが、そこに現れたのは検察。マ会長が株価操作の疑いで緊急逮捕されると、ジホの会長就任は取消となってしまう。

面会に訪れたジホはマ会長に何か方法はないかと尋ねる。ひとまずユギョンに会長の座を譲り、様子を見ろとマ会長。

こうしてユギョンはチョナグループの会長となる。ユギョンの代わりに副会長に就任したのはジホ。自分を会長に就任させたのがマ会長の意向だと知り、ユギョンは一抹の不安を抱えた。

その日、ユギョンが自宅に帰ると夫のボムソク(ソヌ・ジェドク)が料理を用意して待っていた。そんなボムソクに「ありのままの私を愛してくれてありがとう」とユギョンはいう。

翌週に控えるステラショー2に対し、意気込みをみせるチョン・ヘス(キム・ギュソン)。そんな矢先、ヘスのデザインをそのままコピーした商品が発売される。このままではショーの続行は難しいと考えるヘス。ひとまず発売元の新ブランド「POISON(ポイズン)」について調べることにしたヘスは、ユ・イナ(イ・ヒョンソク)と共に会社へ向かう。

同じ頃、ユギョンはポイズンの代表がチュ・セヨン(ハン・ジワン)だと聞かされていた。すぐさまセヨンのもとへ行き、いつまでヘスを苦しめるつもりかとユギョン。しかしセヨンは何もかも奪ったのは自分ではなく、ヘスだと憤った。

ジホからポイズンの所有者が誰か知りたくないかと言われ、待ち合わせ場所のレストランへ向かうヘス。するとジホは、正式にセヨンと離婚したと言って書類を差し出す。さらにポイズンの所有者がセヨンだと聞かされ、驚くヘス。

セヨンからジホとヘスが一緒にいる写真を送りつけられたイナは、やるせない想いを胸に外へ飛び出す。通りを歩くヘスを呼び止め、イナは「何も考えずにただ愛し合おう」と告白。

第69話感想

ユギョンが会長に就任したのは、マ会長の意向でした。果たしてマ会長は何を企んでいるのでしょうか。ユギョンもマ会長の判断を不審に思いながらも、ひとまずチョナグループを手中に収めることに成功します。

そんななか、セヨンが立ち上げた新ブランドがヘスのデザインをそっくりコピーした商品を発売。まんまとセヨンの口車に乗せられたデザイナーの一人が、ヘスのデザインをセヨンに横流ししたのです。それにしても、本当にやることが酷い。。

その上、まったく悪びれる様子のないセヨン。ユギョンの言うことに全く耳を貸そうとせず、自分を正当化させようと必死な様子。ユギョンに見放されて会社を追い出され、ジホに離婚を告げられた時は一瞬同情しましたが、まったく懲りないセヨンになんだか残念な気持ちになりました。

第70話視聴率5.4%

第70話あらすじ

マ会長の面会に訪れたセヨンは、自分が会長を拘置所から出してみせるという。実は故ユ・ミンソン代表の死後、香港の会社“アポロン”を管理していたのは他でもないセヨンだったのだ。するとセヨンは、マ会長に内緒でミンソンではなく、ユギョンを大株主にさせたと明かす。

その頃、食事を終えたジホはヘスに「今日から付き合うか?」と迫った。もちろんヘスにその気はなく…。ジホと別れたヘスの前に現れたのは、イナ。イナはこれ以上ヘスとジホが一緒にいるのは耐えられないとし、何も考えずに自分と愛し合おうという。しかし、ヘスはやさしいイナには復讐は無理だと話し、これまで通り“いい人”でいて欲しいと伝えた。

マ会長からアポロンの件を聞かされたジホは、ひとまずセヨンの機嫌取りをすることに。一方、ユギョンはボムソクから、アポロンとマ会長の繋がりを立証できないと聞かされる。これを受けて、まずはアポロンを裏で管理していた人物を調べるのが先決だとユギョン。

セヨンのもとへ向かったジホは、手始めに汚れた事務所をキレイに掃除しろと言われる。その後、セヨンにアポロンの大株主がユギョンであることを証明する書類を渡せとジホ。代わりにジホは、ポイズンがステラ・ジョンのデザインを合法的に使えるようにしてやると話した。

ステラショー2のデザイン品評会が開かれると、ヘスはセヨンに盗まれたデザインをメインデザインとして発表。これを見た取材陣からは盗作の声が上がる。そこへ、デザインの登録証を持ったセヨンが現れる。同じく登録証を公開したイナは、ステラ・ジョンのデザインが登録されたのは、ポイズンが商品をリリースする1か月も前だったと説明。

そんななか、ユギョンは集まった人々の前で、ヘスこそが自分の娘であると明かした。

第70話感想

ついにヘスが実の娘であることを公表したユギョン!ヘス自身も驚いた様子でしたが、なによりもその場にいたセヨンの失望した表情が印象的でした。

それにしても、セヨンが裏でユギョンをペーパーカンパニーの大株主にしていたとは。。これは困った展開になりました。せっかくマ会長を株価操作の疑いで拘置所に入れたというのに、このままではその責任をすべてユギョンが負うことになってしまいます。

マ会長に内緒で母ユギョンを会長に就任させようとしたセヨンでしたが、結果的にマ会長を救う命綱となってしまいました。これを逃すわけにいかないマ会長は、セヨンが望む通りジホを送り込み…。

セヨンがデザインの登録証を持っているということは、ジホの手に既に重要書類が渡ってしまったのでしょうか。不安な展開がつづきます。

第71話視聴率6.4%

第71話あらすじ

品評会の場でヘスが実の娘であることを明かしたユギョン。これによって、取材陣の関心はユギョンの夫ボムソクへ。なんの相談もなしに公表したことを謝るユギョンだったが、ボムソクはこれまで一人で辛かっただろうとそんなユギョンを労った。

偽の登録証を渡したジホに怒りをあらわにするセヨン。するとジホは、ポイズンをチョナファッションの子会社にするという。もちろんセヨンはそれを受け入れようとしないが…。

ポイズンがステラ・ジョンのデザインを盗作したという噂がネット上に広まると、腹を立てたセヨンはチョナグループに乗り込む。その頃、ジホから子会社の件を聞かされたユギョンは、仕方なくそれに応じることにする。

一方、マ会長の指示でボムソクに接触するジホ。ユギョンがペーパーカンパニーの大株主であるという事実を伏せる代わりに、マ会長を釈放するようジホは要求した。こうして拘置所を出たマ会長は、その足でチョナグループへ。

皆を集めたマ会長は、正式にユギョンに会長の座を譲るという。これには驚きを隠せない様子のジホ。てっきり自分が会長に就任するとばかり思っていたジホにとって、青天の霹靂となった。憤るジホに向かって、「今はソル・ユギョンを利用するときだ」とマ会長。

ユギョンにとってジホは、最初からマ会長への復讐の駒でしかなかった。なかなか会長の座に就けないことに焦りを感じたジホは、ユギョンのヘスの叔母の件をバラすと脅す。するとユギョンはセヨンを呼び出し、ヘスに謝罪して許しを請うよう告げた。

その頃、ジホの母ゴンスク(ユ・ダミョン)からヘスの叔母が死ぬ直前に有心園を訪れていたと知ったミン・ソンジョン(キム・ソネ)は、まさかヘスの叔母の死にもマ会長が関わっているのではと考え…。

第71話感想

ここに来て再注目を浴びることとなったヘスの叔母の死。マ会長は自分が殺したと考えていますが、実はトドメを刺したのはセヨンでした。そして、一連の事態を知りながらも口にしなかったユギョン。。

ジホはしきりにユギョンにこの件をヘスにバラすと脅していますが、いっそのことユギョンの口から聞いた方がヘスにとってもダメージは少ないのではないでしょうか。沈黙を貫いたのはよくないものの、実際にユギョンが手を下したわけでもないですし。変にジホやセヨンから聞かされるよりもマシなのでは?と思いました。

一方、同じくゴンスクからヘスの叔母の死について聞かされたミンジョンは、マ会長のもとへ。マ会長は自分が殺したと思い込んでいるので、ハッとした表情を浮かべます。もちろん自分には関係のない話だとシラを切るマ会長ですが、いつ真相が明らかになってもおかしくない状況です。

第72話視聴率6.2%

第72話あらすじ

ソンジョンから叔母が有心園を訪れていたようだと聞いたヘスとイナは、本格的に事故の経緯を調べ始める。そんななか、ヘスの叔母が有心園を訪ねた直後に、同じくセヨンも有心園に来ていたと知るイナ。

一方、ユギョンがセヨンに謝罪するよう促したと聞き、何を企んでいるのかと不審に思うジホ。会長室にやってきたジホは、誰もいない部屋で自分が会長に就任する妄想を膨らませる。

ユギョンがじきヘスに叔母の件を告白するつもりだと知り、ジホは不安をあらわにする。そんなジホに、「最後の忠告よ、カン・ジホ」とユギョン。

その頃、ヘスはセヨンを訪ね、有心園で叔母と顔を合わせなかったかと聞く。ヘスの叔母も有心園にいたとは知らなかったと嘘をつくセヨン。しかし、ヘスは不安げなセヨンの表情を見逃さなかった。

ヘスが叔母の事件を調べていると知り、焦ったセヨンはマ会長のもとへ。自分が犯人だと思い込むマ会長は、セヨンが今も例の動画を持っていると知って不安がった。その後、ジホを呼び出したマ会長は、なんとしてでもセヨンから動画を奪えと命じる。代わりにジホは、イナではなく自分を後継者にして欲しいと頼む。

ボムソクを酒に誘ったジホは、ヘスの叔母の事件に自分とマ会長、セヨン、そしてユギョンが皆関与していると明かした。またしても自分の知らない妻の一面を知り、憤りを隠せないボムソク。

セヨンとマ会長の会話を盗み聞きしていたイ秘書は、セヨンがヘス叔母の事故死に関連する動画を持っているようだと話す。イナが動画を探すと言い、ヘスは一人で刑務所に収容中のコ・ソンジェ(キム・シホン)を訪ねる。

実はヘスが訪ねてくる前、マ会長もまたソンジェの面会に来ていた。ヘスとイナから叔母の事故死について何か聞かれても、決して何も話すなと命じたマ会長。結局、ソンジェはアン秘書を調べてみろとだけ告げるのだった。その後、アン秘書を呼び出して叔母の死について尋ねるも、覚えていないと首を振るアン秘書。

一方、ソンジョンはユギョンを訪ね、ヘスとイナが叔母の事故死について調べていると明かし…。

第72話感想

叔母の事故の真相を探るヘス。やはりユギョンは自らヘスに事件の真相を明かすつもりでしたが、このままではユギョンよりも先に真実を知ってしまいそうです。当時、ユギョンがセヨンの罪を庇おうと事件を隠蔽したと知れば、ヘスはどれほどショックを受けるでしょうか。

もとはといえばセヨンがヘスと入れ替わったことが問題ですが、ヘスにとってはどちらにしろ、罪を隠蔽したのは許せない行為となるでしょう。ヘスが受ける衝撃を考えると、胸が痛いです。

ユギョンが言う通り、セヨンは一刻も早くヘスに謝罪すべきだと思いますが、、もちろんそう簡単に謝るくらいなら、最初からこんな事態にはなっていないでしょうね。果たしてヘスは叔母の死の真相に迫ることができるのか。次回の展開も楽しみです。

魔女のゲーム 73話・74話・75話・76話 あらすじと感想

魔女のゲーム あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率




【ペントハウス シーズン2】

●テレビ愛知 2024/5/31日(金) 08:15~

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率  

【ジャスティス2 -検法男女2-】

●BS松竹東急 全22話(2024/5/31から)月~金曜日10時から 字幕

ジャスティス2 -検法男女2- キャストと相関図 視聴率 全話あらすじと感想

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ミッシング~彼らがいた~シーズン2】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2024/6/1から)土曜日13時から2話連続放送

ミッシング~彼らがいた~シーズン2 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【上流社会】

●BS松竹東急全20話(2024/6/1から)土曜日深夜23:30と25時から(1日2話) 字幕

上流社会 視聴率 あらすじ キャスト 感想

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP