魔女のゲーム 13話・14話・15話・16話 あらすじと感想

魔女のゲーム



魔女のゲーム 마녀의 게임 2022年放送 MBC新毎日 全123話 

neroさん

第13話視聴率5.7%

第13話あらすじ

カン・ジホ(オ・チャンソク)はマ・ヒョンドク(パン・ヒョジョン)へ、息子夫婦が乗った車のドライブレコーダーの映像を見せる。事故が故意的に仕組まれたものだと知ると、怒りをあらわにするマ会長。チョンハグループの特別捜査をソル・ユギョン(チャン・ソヒ)の線で終わらせれば、望み通りチュ・セヨン(ハン・ジワン)をくれてやるとマ会長は言う。ジホがマ会長の邸宅を後にすると、ユギョンが待っていた。

マ会長の自叙伝発売記念イベントの会場で、アルバイトとして働くチョン・ヘス(キム・ギュソン)。するとヘスを見たユ・イナ(イ・ヒョンソク)は、日当の3倍を払うから協力してくれと言う。イナが用意した洋服に着替えたヘスは、招待客としてテーブルに着く。挨拶を終えたマ会長は、イナとセヨンの結婚を発表。これには動揺を隠せないジホ。同じくヘスもまた、2人の結婚発表に驚きの表情を浮かべた。トイレで顔を合わせたジホは、本当にセヨンと結婚するつもりなのかと聞く。

その後、皆の前でユギョンに参考人として検察に出頭するよう告げるジホ。寝耳に水といった様子のチュ・ボムソク(ソヌ・ジェドク)は憤りをあらわにする。その日、ジホを呼び出したヘスは、自分にとって母のような存在であるユギョンに指一本触れれば容赦しないと告げた。

一方、セヨンもまた、今回のジホの行動には納得がいかないと声を荒げる。自分を手に入れたければ、ユギョンから手を引けとセヨン。

翌日、予定通り参考人として検察庁へ出向いたユギョンは、堂々とした態度で聴取に応じる。その後、マ会長を訪ねたユギョンは、チョンハグループの違法資金の責任が会長の息子ユ・ミンソン代表にあることにしてはどうかと伝えた。

第13話感想

セヨンを手に入れる為、本格的に動き出したジホ!

マ会長にドライブレコーダーの映像を見せると、ユギョンを責任者として捕まえる代わりにセヨンをくれと頼むジホ。それにしても、セヨンを手に入れる為にその母ユギョンを捕まえようとするとは。これにはもちろんセヨンも黙っていません。

一方、同じくジホの行動に不満を抱くヘスは、ユギョンに手を出したら許さないと一言。ヘスのユギョンへの思いが見て取れました。

そして第13話のラストでは、自分の代わりにミンソンに責任を取らせてはどうかと提案するユギョンの姿が。現在意識不明で入院中のミンソンにすべての責任を押し付けてしまえば、誰も逮捕されずに終わるのは確かです。しかし、果たしてマ会長がこの提案を受け入れるのかどうか。。

第14話視聴率5.7%

第14話あらすじ

マ会長の息子ミンソンを違法資金繰りの責任者に仕立て上げてはどうかと話すユギョン。ユギョンのこの言葉に、「ついに本性を現したな…!」と憤るマ会長。しかしユギョンはいたって冷静な風を装い、チョンハグループを救うのはマ会長の選択にかかっていると言う。自分にはできないと話すマ会長に向かって、イナが代わりにするだろうとユギョン。

その頃、イナは参考人として検察庁へ。イナが持参したのは、違法資金繰りの責任者が父ミンソンであったという証拠資料だった。これには憤りを隠せないジホだったが、「何事にも例外がある。うちのグランマ(マ会長)にとっての例外は、俺だ」とイナ。その後、チョンハグループの特別捜査の担当検事の変更が告げられ、さらにジホには地方への異動が命じられる。

一方、ジホの母カン・ゴンスク(ユ・ダミョン)のもとへ、借金の取り立てが。偶然その様子を目撃したヘスは、黙っていられず間に入る。ジホの登場で事なきを得たが、ゴンスクが3億ウォン(約3千万円)もの借金をしていたと知り、愕然とするジホ。このまま引き下がる訳に行かないと考えたジホは、検察総長との会食を取り付ける。ふたたび特別捜査の担当に戻して欲しいと頼み、その代わり裏金リストから検察総長の名前を消すと約束するジホ。するとそこへ、隣の部屋ですべてを聞いていたボムソクが現れる。先ほどの会話を録音していたボムソクの登場によって、ジホはますます追い詰められることとなった。

ミンソンの不正に関するニュースを目にすると、動揺を隠せないマ会長。そんな会長にユギョンは一刻も早く、新たな代表を選抜するべきだと話す。ユギョンが言う適任者とは、他でもないユギョン本人だった。

しばらくして、チョンハグループの代表理事就任式に現れたユギョンの前に、ジホが現れ…。

第14話感想

マ会長の息子ミンソンにすべての責任を押し付け、代わりに代表の座に登り詰めたユギョン。もちろん最初はユギョンの提案に不快感をあらわにしたマ会長でしたが、イナの登場によって結局はユギョンの提案を引き受けるしかなく…。ユギョンの復讐はどこまでつづくのか、見物です。

一方、特別捜査の担当を外され、さらには地方への異動を言い渡されたジホ。それに加え、母親の多額の借金まで明らかとなり、ジホは窮地に立たされます。そんななか、すべての自分の悲劇の背景にユギョンがいると知ったジホは、ユギョンへの報復を決意。今後、ジホがユギョンの過去をどこまで突きとめるのか、注目です。

第15話視聴率5.3%

第15話あらすじ

聴取を終えて帰ったユギョンに、お疲れさまとボムソク。そしてボムソクは、ジホが済州島に異動となったと告げる。秘書のアン・ヒヨン(チュ・セビョク)から電話を受けたユギョンは、ジホとイナが“白髪魔女”について調査しているようだと聞かされる。すると、2人よりもアン秘書のほうが心配だとユギョン。

その頃、ジホはセヨンを訪ね、すべての黒幕がユギョンではないかと疑った。これには憤りを隠せないセヨンだったが、そんなセヨンに、「ソル常務はお前にとって継母じゃないか」とジホ。ジホはセヨンがボムソクと前妻の間にできた子だと知っていたのだ。しかし、死んだセヨンの代わりに、ユギョンが養護施設から連れてきた娘だとは知らず…。

チョンハグループの代表就任式。会場でユギョンに声をかけたジホは、自分を墜落させたのはユギョンかと聞く。その後、ジホはなんとしてもユギョンの本当の顔を暴いてやると誓った。一方、借金の返済に追われるゴンスクは、かつて愛し合ったマ会長の息子ミンソンのことを思い出す。悩んだ末、マ会長の邸宅へと向かうゴンスク。

マ会長を訪ねたジホは、「会長がユ代表を捨てるとは、がっかりです」と一言。そしてジホは、母の店に借金取りを送ったこと、自分を地方に左遷したこと、それがマ会長の仕業かと尋ねた。身に覚えがないと答えるマ会長に、自分が考える相手で間違いないかとジホ。マ会長はすべてジホが考える通りだと返した。

邸宅を後にしようとした時、ジホの目に門の前で警備員と揉めるゴンスクの姿が。ゴンスクがマ会長に会いに行ったという情報は、すぐにユギョンにも伝わる。過去ゴンスクと顔を合わせたときのことを思い出し、慌てて家に帰るユギョン。金庫の中から取り出した写真には、ミンソンと食事するゴンスクの姿が映っていた。

第15話感想

消し去ったはずのユギョンの過去を知るゴンスク・・

ここに来てゴンスクがドラマの行方を握るキーパーソンとなりました!ゴンスクが持っていた写真には、イナの父ミンソンと笑顔で映るゴンスクの姿が。その背後には大きくなったお腹を愛おしそうに見つめるユギョン、そしてユギョンの同棲相手(ミソの父)の姿がありました。

一方、同じくユギョンも食堂で撮った1枚の写真を持っており…。そこにはユギョンらの後ろで、カメラに視線を向けるゴンスクとミンソンの姿が映っていたのです。ゴンスクが自分の過去を知っていると知り、驚愕するユギョン。果たしてユギョンがゴンスクに対して、どんな行動に出るのか気になります。

第16話視聴率6.0%

第16話あらすじ

貸金業者の白髪魔女を召喚したジホは、事務所の金庫にユギョンに関する資料があると聞き、すかさず白髪魔女の事務所へ向かう。一方、過去の写真を目にしたユギョンは、驚きを隠せず。そんなユギョンのもとへ、白髪魔女が検察に出頭したとの連絡が。ジホが事務所に到着すると、すでに何者かが金庫の中身を持ち出した後だった。

ゴンスクが見ていた写真に映るのがユギョンと同棲相手だと知ったジホは、相手の男がチョン・ホジンだと聞く。その後、白髪魔女が姿を消したと聞き憤るジホ。本格的にユギョンの身辺調査をすすめるも、これといった情報が出てこないのを見て、ジホは彼女が身分洗濯を行ったと考える。ユギョンと交際していたホジンの墓へ向かったジホは、ユギョンの娘ミソが生きていると知る。

一方、ユギョンに自宅へ招待されたゴンスクは、うっかりユギョンが妊娠していたことを口にしてしまう。そんなゴンスクに借金はすべて返済したと告げ、今後は自分の過去についてキレイさっぱり忘れろと話すユギョン。そんななか、事務官から渡された資料に目を通したジホは、ボムソクの娘セヨンがすでに死亡していると知り驚愕した。

チョンハファッションの公募で最終選考に残ったヘスは、イナの秘書イ・ギョンウォン(シン・スホ)に誘われてレストランへ。そこには、イナとセヨンの姿もあった。一方、ユギョンの過去を知ったジホは彼女に会いに行く。そして、死んだホジンの顔写真と資料を差し出すジホ。

皆と食事をした後、セヨンはヘスに対する嫉妬に苦しんだ。皆がヘスの味方で、自分には誰もいないと嘆くセヨン。そんなセヨンの前に現れたジホは、「今まで辛かっただろう。俺は知ってる、お前がチュ・セヨンではないことを」と告げた…。

第16話感想

次々とユギョンの過去を暴いていくジホ!

第16話のラストでは、セヨンが本物のセヨンではないことを知っていると語るジホの姿が。果たしてジホは、どこまで真実を突きとめたのでしょう。セヨンがユギョンの娘ミソとして家に来たこと?それともセヨンがミソのフリをしていること?自分の辛さを理解してくれるジホの存在に安堵する一方で、嘘がバレないかとヒヤヒヤするセヨン。なんとも複雑な展開になってきました。。

正直、ジホが序盤でここまで真相に迫るとは思わず、驚いています。今後まだ100話以上残っているなかで、ドラマがどのような展開を迎えるのか楽しみです。

次回予告では、ジホがゴンスクに自分の父親がミンソンなのかと尋ねるシーンが。ここまでの流れだとジホはゴンスクとミンソンの間に出来た子であり、つまりはイナとは腹違いの兄弟?これまた興味津々です。




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP