魔女のゲーム あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

魔女のゲーム



放送予定 

【日本放送】 

未定

【韓国放送期間】 2022年10月11日~ 毎週平日の19:05~19:40 35分、(木曜日のみ)19時10分から19時45分、30分。

魔女のゲーム

마녀의 게임

2022年放送 MBC新毎日 全123話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 第1回6.2% 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

魔女のゲーム

出典:https://program.imbc.com/

あらすじ

巨大な悪によって犠牲になった2人の親子の切ない母性愛を描く“連合復讐劇”

相関図

魔女のゲーム 相関図

出典:https://program.imbc.com/

キャスト

主要人物


出典:MBC

チャン・ソヒ ソル・ユギョン役

チョンハグループのマ会長の秘書出身で、常務理事につづいて代表理事となる。年齢を読み取ることができない美貌とエレガントな容姿、孤高な品格を持つ。その誰にも本心を知られることなく、平常心を維持する。感情のコントロールに卓越している。夫ボムソクにとっては、やさしく高潔な魂を持つ翼を失った天使だ。

冷徹な判断力と推進力を武器にマ会長の内心を見抜き、マ会長が置く将棋盤で幾手かを見送り、外から手段を教えてやる。徹底的に隠してはいるが、マ会長に対する復讐が最終目標だ。なぜマ会長に復讐しようとするのかは誰も知らない。4歳の娘ミソが火事の犠牲になったと信じ、ボムソクと結婚したのもマ会長のせいだったが…。もっと根本的なマ会長に対する恨みがその心の奥底にあった。その復讐を実現させるまでは頭を深々と下げ、息を殺し、マ会長の忠僕として生きていく。

死んだと思われた娘ミソがボランティア活動で訪れた養護施設で出会ったヘスであることを願ったが、カンジュであることが明らかとなり、夫ボムソクとの間に子供がいなかったため、カンジュを養子として引き取った。表向きにはボムソクの前妻が連れて来た娘セヨンだということにし、セヨンとして育てる。

19年後…。実の娘だがそれを知らずに娘のような存在だと信じるヘス、そして偽の娘だが本物の娘だと信じるセヨン。そんな2人の間で、運命の渦に巻きこまれるユギョン!


出典:MBC

キム・ギュソン チョン・ヘス役

何度倒れても屈せず起き上がる、おきあがりこぼしのような女性。ハンビョルの母。肯定的なエネルギーに溢れていて、明るく凛としている。普段はやさしく親切で明朗快活だが、娘ハンビョルのこととなると地獄の業火にも飛び込む勢いだ。

4歳のときに孤児院に捨てられ、10歳のときに養子縁組が破談。12歳でお日さま孤児院の倉庫火災によってほかの施設へ移り、苦労して生きていたところ、奇跡的に出会った叔母と2人で暮らしている。社会の冷たさや差別、偏見のせいで受けた傷を誰よりもよく知るため、平等な社会を作ろうと法曹人を目指した。ところが貧しい恋人ジホの法曹人になりたいという意志が自分よりも強く、ヘス自身も彼がよい法曹人になると信じたため、快くフォロー役に回り掃除ヘルパーとなった。にもかかわらず、養護施設で母親のような存在だったユギョンの勧めで目指したデザイナーの夢もあきらめず、デザイン公募展にも挑戦、見事合格を勝ち取るが…。

彼女のフォローに応えるかのようにジホも司法試験に合格、ハンビョルが5歳になった年、紆余曲折の末に結婚式を挙げることになったが、信じられない出来事が起こった。事実婚関係で、信じてやまなかった私の男ジホが結婚式場から逃げ出したのだ!

さらに衝撃だったのはジホに新しい女ができ、その女がかつて施設の友達で、母ユギョンがヘスをかわいがったという理由で嫉妬してきたセヨンではないか。

ジホを誘惑し、彼との間に娘まで産んだヘスの10年という月日をあっさりと捨てさせたセヨンは、なんとチョンハグループの孫イナの婚約者だった。ジホとイナは親友同士。もつれた4人の男女の糸のなかで、ヘスは運命の渦に巻き込まれてしまうのだが…!


出典:MBC

オ・チャンソク カン・ジホ役

ヘスと事実婚関係。ハンビョルの父。コンスクの息子。ソウル地方検察庁所属特検チームの3年目検事。明晰な頭脳とハンサムな顔立ち、モデル顔負けのルックス、そんな自分自身が唯一の財産だ。

女手一つで自分を育てる母親をこれ以上苦労させるわけにはいかず、なんとかして自分の手で世間に認められるには勉強するしかなく、模範生となるしかなかった。必死にすがりつきでもしなければ、欲しいものを手に入れることなどできなかった。

乾いた土地に降り注ぐ恵みの雨のような女性ヘス、彼女はジホを笑顔にさせる。彼女の凛とした肯定的なマインド、活力あふれるエネルギーが沁みこむ。ヘスのフォローのおかげで司法試験に合格した日、2人は一夜を共にし、こうしてハンビョルが生まれた。司法研修に地方発令など、すぐには結婚できそうにもない状況と言い訳が彼のなかに1つ、また1つと積み重なっていく…。いつしか自分でも気づかないうちに、ジホは掃除ヘルパーとして働くヘスを恥ずかしく思うようになった。そんな思いを表面に出すことはなかったが、まるでジャガイモの芽の毒のようにだんだんと広がっていき…。

そんな矢先、地検長ボムソクの娘セヨンに誘惑され、無惨にも流されてしまった。その頃からヘス母子に対する感情が重く感じ、だからより逃げ出したくなり、セヨンに対する感情は危険だったが、より挑発的な愛へと変わった。

結局、ヘスとの結婚式会場から逃げ出し、セヨンを選択するのだが…。


出典:MBC

ハン・ジワン チュ・セヨン役

チョンハファッション ファッション事業本部デザイン室 室長。怖いもの知らずで言いたいことは全部言い、したいことは絶対にしなければならない。欲しいものは必ず手に入れる。たとえ奪ってでも…。人でも物でも、一度ハマればオールイン!“クムサッパ(惚れやすい人のこと)”で“クムサシグ(冷めやすい人のこと)”だ。相手に魅力を感じなくなれば、いつそうだったかというように恐ろしく冷たくなる。相手に対する配慮は眼中にない。

一方で、一度ホリックすれば熱い。すぐに燃え尽きるほど。ジホの情熱は私に息つかせてくれる。愛されたい、という内に秘めた欲望を満たしてくれる。ジホは婚約者のイナとは親友で、娘まで産んだ10年来の恋人もいた。よりによってその相手は、母親の実の娘ヘスだった。その事実を考えるだけで血が煮えたぎった。私は偽の娘だ。本物の娘であるヘスと母親をやっとの思いで引き離したというのに、今度は私が求める男がヘスの男だという。だから余計に興奮した。より戦意が燃え上がった。頭のてっぺんから火花が散るように、ジホを手に入れたいという願望を止めることができない。

貪欲でもいい。すぐに嫌気がさして、ゴミ箱におもちゃを捨てるかのようにジホを捨てることになったとしても…。母ユギョンを奪ったように、ジホも手に入れないと。そうでなければ狂ってしまいそうだから。


出典:MBC

イ・ヒョンソク ユ・イナ役

チョンハグループの後継者。チョンハファッション ファッション事業本部デザイン室本部長。ジホとは高校時代の同級生でベストフレンド。ミンソンとソンジョンの息子。

見た目は傲慢で、気まぐれに見える。一方で動物と芸術を愛し、転がる落ち葉や心を濡らす美しい旋律に涙を流すロマンチストだ。

チョンハが皇太子であれば、その席はどうせ彼のもの!努力する必要などない。受け入れればいいのだ。いくらでも。退屈で深刻なのは大嫌い。面倒で複雑なことはしたくない。

財閥家ならではの終わりのない教育、後継者の席をめぐって、父ミンソンとその息子イナを比較し、ライバル関係を作り上げる祖母マ会長…。父は息子よりも出来損ない、器の大きさが醤油皿ほどだという言葉を耳にタコができるほど聞かされた。父をより強くさせようとする訓育だったが…。父親はだんだんと崩れていった。無能な父よりもすぐれた自分の存在に何度も苦しみ…。

竹馬の友ジホの恋人だったヘスがしきりに目に入る。傷ついたヘスを見守るなか、同情心と同志愛が生まれ、しだいに友達以上の感情を抱くようになるのだが…。


出典:MBC

パン・ヒョジョン マ・ヒョンドク役

チョンハグループ会長。飛ぶ鳥を落とすほどの力と富を持つ。その歩幅一歩一歩に想いが込められているかのように、存在だけでも息が詰まりそうな凄まじいカリスマと事業手腕にすぐれた女性。ユギョンとヘス、ハンビョルの運命を変えた張本人。ほとんどの秘密を知り操縦、統制するビッグブラザー。

夫ユ・ヒョンソクの秘書を務め、彼の目に留まり、猛反対を押し切って結婚した。チョンハグループの成長の背景には彼女の働きが大きかったが、嫁という理由だけで夫にグループ会長の座を譲るしかなく、その後も諦めきれずに孤軍奮闘した。夫ユ・ヒョンソクは父の嫡子という理由だけでなんの能力もないまま30代で会長を任され、グループの重要な仕事のほとんどは彼女の手にかかっていた。夫は気の強い妻を負担に思い、数々のスキャンダルを起こした。その女性たちを静かに整理するのも、彼女の仕事だ。

夫ユ・ヒョンソクにつづいてグループの総帥になれるとばかり思っていたが、決して思い通りにさせるチョンハ家ではなかった。義理の弟ユ・ギヒョンが会長となり、彼女はユ会長の唯一の血筋であるミンソンのおかげで、なんとかチョンハグループにとどまることとなった。だからといってそう簡単に諦める彼女ではなかった。息子ミンソンを総帥の座に就かせるためにも、なんとしてでも自ら総帥になる必要があった。

身を低くしたまま生きるなか20代のユギョンと出会うのだが、どうしてもユギョンをそばに置かなければならない理由が生まれる。結局、ユギョンはマ会長に大きな力を与える法曹界一家のボムソクと結婚、マ会長にとってもっとも信頼のおける忠僕であり、もっとも恐ろしい敵として急浮上するのだが…。

ユギョンの周辺人物


出典:MBC

ソヌ・ジェドク チュ・ボムソク役

ユギョンの夫。セヨンの父。ソウル中央地方検察庁の地検長で次期検察総長内定者。まもなく政界に入門、大統領を目指す予定だ。三代にわたる法曹界一家。亡くなった父は検察総長を歴任し、母親の家系は国内最高のローファームを所有している。法曹界最高の人脈を自慢する人物。

若い検事たちから尊敬を集め、生きる検察の自尊心と呼ばれる。男女平等な時代を生きなくてはならないと主張するが、内心は厳格な家父長的価値観を持つ。ユギョンを愛しながらも、彼女の実態を知らない。翼を失くした天使であり、この世でもっとも高貴で、果てしなく清潔な女性がユギョンだと信じている。

母親の言いつけに従って前妻と結婚したが、愛のない結婚生活に嫌気がさして離婚。大学時代に一方的に想いを寄せていたユギョンと再会し、寝ても覚めてもユギョンだけを想うようになったが…。

5年が過ぎても子供ができないとわかると、ユギョンが先に養子縁組を提案し、これに承諾した。12歳のときに養子として引き取ったカンジュ、表向きにはボムソクが離婚した前妻との間にできた娘セヨンということにした。人々の目には、娘世代を支持してくれるジェントルダディそのものだ。


出典:MBC

チュ・セビョク アン・ヒヨン役

ユギョンの秘書。ユギョンの身体の中に入って出てきたようかのように、自らすすんでテキパキと処理する。実はマ会長側の人間。マ会長が後援する奨学金で大学を出た人材。

コ室長よりも能力を認められたくてライバル意識を持ちながらも、一方ではユギョンだけを見つめるコ室長に哀れみを感じる。愛が罪だ。ユギョンと長いこと働くなかで、マ会長のために仕事をしながらもユギョンを尊敬し、理解するようになる。コ室長が二重スパイだという事実を知り、葛藤するのだが…。

ヘスの周辺人物


出典:MBC

ユ・ダミョン カン・コンスク役

ジホの母。ジョンミンジャ女子高の同窓。品のなさの結晶体、俗物根性の総合セット。すぐれた頭脳を持ち明晰なジホが誇らしくもありながら、父親のいない子という理由で後ろ指をさされて育ったことがいがらっぽい。持っているものがあまりにもなく、司法試験の準備をする息子をろくに面倒もみれず、いつも申し訳なく思っている。真心は天に通ずるとはいうが…。ついに息子のジホが司法試験に合格、検事となった!

し、か、し…。喉元過ぎれば熱さを忘れるとはよく言ったものだ。あのやさしく犠牲的なまたとない未来の嫁ヘスが、だんだんと負担に思え、みすぼらしく見えてくる。紆余曲折の末、しょうがなく結婚式を挙げることとなったが…。母がいくら止めても聞こうとしなかったジホが、まさか結婚式に現れないとは…。


出典:MBC

ヤン・ジウォン チン・ソンミ役

ヘスの養護施設時代の友達。チョンハデパートの販売スタッフだ。ヘスと一緒にチョンハファッションの公募展に当選、インターンデザイナーとなる。施設時代の後輩ギョンウォンに片思いする。

セヨンにギョンウォンが利用されていると知り、自分なりに忠告と涙ながらの訴え、脅迫などギョンウォン救出作戦を繰り広げる。セヨンがカンジュだったころ施設で一緒に暮らし、てっきり院長の姪かと思っていたが、実の母親と出会い、それがチョンハグループのソル・ユギョン常務(のちの代表)だということも知る。

3年後、デザイナーのルナ・ジョンとなったヘスのマネージャーとして活動。


出典:MBC

クォン・ダナ カン・ハンビョル役

生意気だけれどかわいらしく、憎たらしいほど愛らしい大人びた子供。母親のヘスに似て絵が上手。大人たちに向かって直球ストレートを投げつけるしっかりした子供だ。


出典:MBC

オ・ユンホン チョン・ミンジャ役

ヘスの叔母。ユギョンの同居人チョン・ホジンの妹。洗練されそれ相当な美貌を持つ。ぱっと見は誰もがソウル出身で、海外から来たかのようなファッションスタイルが非常に型破りだ。サプライズファッションを好むのはゴンチルと五分五分。しかし、口を開けば慶尚道(キョンサンド)訛り全開だ。

兄が送ってくれた写真を通じて20代の頃のユギョンを目にしたことがあるが、実物を見たことはなく…。月日が流れ、ユギョンとすれ違っても彼女が兄の娘を産んだ女性だとは夢にも思わなかった。兄の娘を産んだ女性が火災事故で死んだと思っている。

チョンハグループ


出典:MBC

シン・スホ イ・ギョンウォン役

イナの秘書。普段は寡黙。存在するのかどうかもわからないほど。耳は開いた状態で口は堅い。傍若無人に見えるが実は純粋なイナが好きだ。イナの気まぐれや拗ねぐせ、苛立ちにもまったく動じないマイウェイ人間。

幼い頃、ヘスとソンミ、カンジュ(セヨン)と同じ養護施設でともに育った。どんな逆境にあっても、ふたたびおきあがりこぼしのように立ち上がるヘスを見ると心があたたかくなる。

セヨンの紹介でイナの秘書として働くことになったときは、ギョンウォンにとってセヨンは有難い姉のような存在だった。しかし、それが決して抜け出すことのできない沼になるとは知らなかった。

ヘスは1人の人間として好きで、セヨンは同情心からいつしか片思いを寄せる相手に発展する。自分が利用されていると知ってもなお、愛している。


出典:MBC

キム・シホン コ・ソンジェ役

マ会長の秘書。ポーカーフェイス。実はユギョン側の人間。ユギョンに片思いをしながら、二重スパイの役割を果たす。マ会長の運転手だった父の後を継いでマ会長に忠誠を誓う。しかし父の死にマ会長、もしくはユギョンが関連していると知り、真実を探ろうとする。


出典:MBC

キム・ソネ ソン・ジョン役

イナの母。何代にもつづく政治家の家系の娘として、生まれたときから貴族だったため、感謝することを知らない。夫ミンソンと家同士の政略結婚をしたが、次第にミンソンのやさしいが弱い心を知り…。愛とまではいかないが、哀れみを感じている。

事故の後、意識不明となった夫ミンソンはこの世を去り…。引き続き意識不明だった彼女を息子のイナがスイスへ連れて行き、安楽死をさせようとするが…。


出典:MBC

キム・スヒョン ソ秘書役

マ会長がチョンハグループの代表時代、遂行秘書を務めていた。現在はチョンハファッションの役員を務める。マ会長のしっかりとしたアキレス腱、コ運転手の死に関する秘密をにぎる人物。

出典:MBC

スタッフ /演出:イ・ヒョンソン、脚本:イ・ドヒョン
作成:./キ、ね

 

話数ごとのあらすじと感想

 

neroさん

魔女のゲーム 1話・2話・3話・4話 あらすじと感想
魔女のゲーム 5話・6話・7話・8話 あらすじと感想
魔女のゲーム 9話・10話・11話・12話 あらすじと感想
魔女のゲーム 13話・14話・15話・16話 あらすじと感想
魔女のゲーム 17話・18話・19話・20話 あらすじと感想
魔女のゲーム 21話・22話・23話・24話 あらすじと感想
魔女のゲーム 25話・26話・27話・28話 あらすじと感想
魔女のゲーム 29話・30話・31話・32話 あらすじと感想
魔女のゲーム 33話・34話・35話・36話 あらすじと感想



【放送情報】



【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP