Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

風が吹く(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2019年5月27日~

風が吹く  바람이 분다 全16話
2019年放送 JTBC
平均視聴率 4.031% 시청률 最低視聴率第3回 3.005% 最高視聴率第10回5.662%
JTBC 風が吹く  바람이 분다
あらすじ

「彼女と2回恋に落ちました」「別れた後、再び恋に向かい合います」

別れた後に再び恋に落ちる二人の男女が昨日の記憶と明日の愛を守るストーリー

アルツハイマー認知症にかかって愛する妻との離婚を決意した男性と子供を持つために離婚を決意した女性が6年後に再会して広がる話を描いたドラマ。

JTBC 風が吹く  바람이 분다 相関図
キャスト

カム・ウソン ドフン役 アルツハイマー認知症にかかって愛する妻との離婚を決意した男性

キム・ハヌル スジン役 子供を持つために離婚を決意した女性

キム・ソンチョル ブライアン・チョン役 映画制作社「Anfix Media」の代表

キム・ガウン ソン・イェリム役 特殊メイクアップアーティスト界の能力者

スタッフ /演出:チョン・ジョンファ、脚本:ファン・ジュハ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想

風が吹く 1話・2話 あらすじと感想 カム・ウソン ドフン役
風が吹く 3話・4話 あらすじと感想 キム・ハヌル スジン役
風が吹く 5話・6話 あらすじと感想 キム・ソンチョル ブライアン・チョン役
風が吹く 7話・8話 あらすじと感想 キム・ガウン ソン・イェリム役
風が吹く 9話・10話 あらすじと感想
風が吹く 11話・12話 あらすじと感想
風が吹く 13話・14話 あらすじと感想
風が吹く 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

●以下作品の感想

quetalsurinoさんより

しっとりしたメロドラマ?家族のための心に響く、優しい大人のためのメロドラマ!

2018年話題を集めた「先にキスからしましょうか」で主演を演じたカム・ウソンが出演する最新作は、ヒロインを演じるのはキム・ハヌルです。離婚後、カップルが再会し、恋に落ちるロマンティックメロドラマだと思ったら、意外な展開!

第1話を見た時の感じたイメージと、最終話のイメージは100%違うものなので、家族ドラマなどが好きな方には絶対にお薦めしたい作品です。キム・ハヌル主演の「空港に行く道」のような落ち着いた雰囲気のドラマで、アルツハイマー型認知症を患っている患者と、その家族の話しが美しくは描かれているとは思い、リアル感というよりは、理想的に展開が続き素敵なドラマでした。

長い恋愛の末、結婚にゴールインした30代夫婦の結婚生活、離婚、その後の出産、離婚後の再会までを描いたドラマで。離婚後、再会した二人が再び恋に落ちるとのストーリーですが、子供を欲しがらない夫との離婚を決心した妻イ・スジン(キム・ハヌル)は、特殊メイクをして別人を装ってまで離婚する計画。。。ドラマの前半はこのあり得ない状況をコミカルかつ妻の視点でドラマがすすめられます。

冷め切ったクォン・ドフン(カム・ウソン)の態度の夫ドフンの姿が理解できなかった前半、ドフンはアルツハイマー型認知症を患っていたことから、準備ができ次第、スジンとは別れる予定でした。ただ、病気のことを妻には内緒にしたかったことから、スジンはドフンの病気のことを知らされることなく、離婚。

しかし、離婚から5年後、二人が偶然再会したことで新たな展開を迎えることになるドラマの後半は、切なさに涙が止まらない展開もあり、スタートと終わりが全く違うドラマでした。大人のためのメロドラマとの説明でしたが、メロドラマというよりは、家族の大切さを改めて知る心が温まる内容でした。

個人的にはキム・ハヌルが特殊メイクで別人を装うエピソードが可笑しかったけど、全体的には特に悪い役も、劇的な事件や事故などもなく、ドフンとスジン夫婦の強い絆を通じて、それぞれの家族や夫婦の大切さを気付く。。。登場するすべてのキャラクターが幸せを迎えるハッピーエンド!

アルツハイマー型認知症は治せる病気ではないため、徐々に記憶を忘れていく主人公の姿をカム・ウソンが演じていますが、カム・ウソンが主演のメロドラマが高い評価を受ける理由が分かるドラマになっています。

アルツハイマー型認知症を主人公が患うドラマや映画は他にもありますが、最終的には自分が誰なのかまで忘れてしまう病気、アルツハイマー型認知症を患っているドフンを最後まであきらめない妻スジンの姿に感動!病気は治らなくとも、家族が一緒に過ごす時間や共通する思い出や記憶の大切さを知り、家族の意味を再確認する。

切ないけど、ネガティブになることのないドラマでした!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー