ブレインズ ~頭脳共助~ 7話・8話 あらすじと感想

頭脳共助


ブレインズ ~頭脳共助~ Brain Cooperation 두뇌공조 2023年放送 KBS 2TV 月火 全16話

第7話視聴率4.0%

第7話あらすじ

「妻と浮気した男」

表彰式の場で、まるで援助交際の現場と思われる映像を公開され、窮地に追い込まれるクム・ミョンセ(チャ・テヒョン)。すぐにおとり捜査の一場面だと弁明するミョンセだったが、当時作戦に参加した同僚は皆他の署へ異動してしまったため、証人はおらず。記者から映像に映る女子高生の名前を聞かれたミョンセは、「個人のプライバシーなので」と返答を避けた。

このままでは無罪を証明するのが難しいと思われたとき、映像に映る女子高生を名乗る女性が現れる。恩人のミョンセが表彰されると聞いて、お祝いに駆けつけたと話すソンミ。ソンミの登場によって、またしてもミョンセはピンチを切り抜けることに成功する。

これには納得のいかないシン・ハル(ジョン・ヨンファ)。その日、すっかり酒に酔ったミョンセはハルを呼び出す。なにかと自分をハメようとするハルに腹を立てたミョンセは、酒の力を借りてハルに殴りかかる!もちろんハルもだまってはおらず、殴り合いに発展してしまう2人。

そんななか、ゴミを回収していたお婆さんがゴミを落としてしまうと、酔っ払いながらもそれを助けてやるミョンセ。自分との喧嘩も中途半端なまま、この期に及んで人助けをしようとするミョンセを見て、ハルはますます不思議がった。

翌朝、傷だらけの顔で出勤したミョンセは、署の前をうろつく男性を発見。ミョンセが声をかけると、男性は妻が失踪したと話す。担当の部署に案内しながら、詳しく話を聞くミョンセ。

男性の名前はホ・ボムス(イ・スンジュン)、1週間ほど前から妻の姿が見えないという。ボムスの話によると、妻が犯罪に巻き込まれたようだというのだが…。

妻を殺した犯人を知っていると話したボムスは、それは他でもない仮想人間“チェリー”だとだと話した。ミョンセはひとまずボムスを自宅へ帰し、ハルに今回の件を相談することに。するとハルは、今すぐボムスの家へ行って直接チェリーに会って来いという。

ハルに言われた通り、一人でボムスの家へと向かったミョンセ。どうも様子のおかしいボムスを不審に思ったミョンセは、彼が席を離れたすきに家の中を調べる。するとそこには、気を失って倒れるボムスの妻の姿が!

慌てて妻を病院へ運び、ボムスを暴行の容疑で逮捕するミョンセ。なんとボムスの目には、妻が仮想人間チェリーに見えているというのだ。これを知ったハルは、おそらく“カプグラ症候群”だろうと話す。カプグラ症候群は、近親者などが瓜二つの偽物と入れ替わったと確信する妄想のことで、認知症や頭部外傷によって引き起こされるという。ボムスの場合、自転車で転倒した時に、頭を強く打ったのが原因だと考えられる。

保護者に対する手術の説明が行われるなか、ミョンセを検査室へ連れて行ったハル。どうもミョンセの脳が気になってしょうがないハルは、「脳科学の発展に役立てるため」と言って、ミョンセの脳スキャンを撮影した。

ミョンセと一緒にボムスの妻に会いに行ったハルは、夫が自分を別の女性と思い込んでいることにショックを受ける妻に向かって、「カプグラ症候群は本来、まったく興味の相手を別の人と錯覚することはありません。もともと強い感情を抱く相手だからこそ、別の人物と錯覚してしまうのです」と伝える。

その後、手術は無事に成功。ボムスはこれ以上、チェリーの幻覚にうなされることはなくなった。

先日撮影したミョンセの脳スキャンを確認したハルは、ミョンセが他の人よりも扁桃体が大きいことに気付く。それはつまり、ミョンセが正真正銘の“いい人”だということを表していた。しかし、こんなことで引き下がるハルではなく…。

翌日、ハルは突然、神経科学チームの諮問役を降りると告げる。慌ててハルを追いかけるミョンセだったが、そんな2人の前に一人の男が現れる。それはなんと、身体中に返り血を浴びたボムスだった。

第7話感想

前回のラストで、女子高生とモーテルに入っていく様子が映ったドライブレコーダーの映像を公開されてしまったミョンセ。ついにミョンセの本性が明らかに!?と思われましたが、やはりこれまたハルの勘違いだったようです。

それにしても、いくら自分が助かりたいからと言って相手の女子高生の名前を売ったりしないというミョンセが、なかなか男前でした。

さらにミョンセの脳スキャンを分析したハルは、ミョンセが正真正銘の“いい人”だと知ることに。しかし、ハルの目標はあくまでもミョンセに復讐すること。今度は“いい人”向けの復讐プランを考えると意気込むハルでしたが…。

そんな2人の前に現れたのは、手術で症状がすっかり回復したと思われたボムス。これまで2話ごとにエピソードが展開していたので、今回は1話完結なのかな?と不思議に思いましたが、本格的な事件はここからスタートのようです。

血まみれになって警察署へやってきたボムス。果たしてボムスは、一体どんな事件に巻き込まれたというのでしょうか。

第8話視聴率3.3%

第8話あらすじ

「愛、その原始的な本能」

血に染まったトロフィーを手に、警察署へ現れたボムス。「人を殺した」と話すボムスだったが、それ以上は何も語らず…。ひとまずハルと一緒にボムスの自宅へ向かったミョンセは、そこで疲れた様子でソファーで横になるボムスの妻ジェスクを発見。

ボムスが殺した相手は、隣に住む男性だった。男性とはサイクル仲間として、普段から付き合いがあったと話すボムス。その日、明け方に目を覚ましてタバコを吸いに屋上に向かったボムスは、家に戻る際に隣人と顔を合わせたという。病気の件を知る隣人は、「いくら何でも仮想人間と恋に落ちるなんて…」とボムスを馬鹿にし、カッとなった勢いでその頭部をトロフィーで殴りつけたとボムスは説明した。

ボムスが持参したトロフィーは、被害者の頭の傷と一致。さらにトロフィーからは、ボムスの指紋が見つかったという。トロフィーにはボムスの他に妻ジェスクの指紋も付着しており、ジェスクは夫が落としたトロフィーを触ったと供述している。

ミョンセとハル、そしてチーム長のソル・ソジョン(クァク・ソニョン)の3人が犯行を再現。すると3人の供述通りであれば、血しぶきの向きがあまりにも不自然であることが判明する。

ボムスとジェスク、双方に嘘探知機を使ってみようとする警察だったが、ジェスクはそれを拒否。仕方なくボムスにだけ嘘探知機を装着し、改めて取調べを行う。結果は“真実”と出たものの、ハルは脳をコントロールすれば嘘を本当のように見せかけるのも不可能ではないと話す。

そんななか、被害者のスマホから一枚の写真が見つかる。それはなんと、ボムスの妻ジェスクの写真だった。実はボムスが仮想人間のチェリーと浮気している間、ジェスクもまた、隣人と一度きりの過ちを犯してしまったという。するとミョンセとハルは、ボムスの犯行動機が確かになったとし、最低でも35年の実刑が下るだろうと嘘をつく。これには動揺を隠せないジェスク。

翌日、ゴミ捨て場で何やら不審な動きを見せるジェスクを尾行したミョンセは、ゴミ袋の中からボムスが持ってきた凶器とまったく同じトロフィーを発見。すぐに鑑識へ回すも、トロフィーからは血液反応は見られなかった。

つづいて被害者の爪からごく少量の繊維が見つかったという報告に、ハッとするミョンセ。見つかった繊維の色と、昨日ジェスクがクリーニングに出すと言っていた洋服が同じ色だったのだ!すぐさまクリーニング店から洋服を受け取ったミョンセは、ふたたび鑑識へ。胸元には血液反応が見られ、さらにDNA鑑定の結果、それが被害者の血液だと判明する。

改めてジェスクの取調べを行うミョンセ。隣にいたから返り血を浴びただけだと話すジェスクだったが、明らかに様子がおかしい。しまいには痙攣を起こし、その場に倒れこんでしまうジェスク。そんなジェスクに向かって、ハルは「真実を話せば立ち上がれるでしょう」と話した。

結局、ジェスクは夫ではなく自分が隣人を殺したと自白。目の前でその様子を見ていたボムスは、自分が代わりに罪を被ると言ったというのだ。

ボムスの一件を見届けたハルは、改めてチームを去るという。最後だから特別にと言って、ソジョンにミョンセを振り向かせるアドバイスを行うハル。何も知らないミョンセは突然ソジョンから登山に誘われ、戸惑いながらも一緒に山へ。

頂上にたどり着いたソジョンは、ハルに言われた通り息切れするミョンセに想いを告白した。しかし、予想だにしなかったソジョンの告白に驚いたミョンセは、そのまま足を踏み外してしまう。

第8話感想

ついにミョンセに告白したソジョン。しかし、驚いたミョンセはその拍子に転落してしまいます。果たしてミョンセは、無事なのでしょうか。それにしても、ビックリしすぎて山から落ちてしまうだなんて、予想外の展開過ぎて思わず吹き出してしまいました(笑)こういったコミカルなシーンのおかげで、気楽に見られるのも本作の魅力の一つです。

一方、最後まで妻への愛を貫いたボムスの一件を経て、これまで気にしたこともなかった“愛”について考えさせられるハル。そんなハルの前に、運命的な出会いが…?

第8話のラストでハルに声をかけた女性は一体誰なのでしょう。ランニング中のハルの前に現れた女性を演じるのは、現在MBCで放送中の毎日ドラマ「魔女のゲーム」に出演中の女優ハン・ジワンです。

そして、今度こそ神経科学チームを去ると決めたハルでしたが、次回予告を見る限り、相変わらずミョンセ&ハルのコンビは健在のよう。回を重ねるごとに、2人のケミ(相性)もだんだんと様になってきました。

ミョンセ役のチャ・テヒョンは、これまで「プロデューサー(2015)」と「警察授業(2021)」の二回、男×男でベストカップルを受賞しています。今回もハル役のジョン・ヨンファとベストカップル賞受賞となるのか、こちらも楽しみですね。

さて、次回はどんなエピソードが登場するのか。来週の放送も見逃せません。

ブレインズ ~頭脳共助~ 9話・10話 あらすじと感想

ブレインズ ~頭脳共助~ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP