青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●DATV 全20話(2019/11/7から)木曜日23:15から2話連続放送 字幕
●TBSチャンネル2 26話(2019/10/15から)10/15(火)から10/25(金)まで 毎週(月)-(金)午後0:00〜午後3:00[3話ずつ]※10/25(金)は〜午後2:00[2話]
●TBSチャンネル1(2019/9/23から)月~金曜日深夜27:30から2話連続放送

【韓国放送期間】2016年11月16日~2017年1月25日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

青い海の伝説 푸른바다의전설 全20話
2016年放送11月16日放送開始
平均視聴率 17.6% SBS 第1話視聴率16.4% 最低視聴率第2回15.1% 最高視聴率第19回21.0%
青い海の伝説<日本編集版> DVD-BOX1
あらすじ

絶滅直前の地球上最後の人魚が都市の天才詐欺師に会い、陸上での生活に適応しながら繰り広げられる予測不能な事件を通じて、笑いと楽しさを与えるファンタジー恋愛ドラマ

テレビ東京 青い海の伝説 相関図
キャスト

 

チョン・ジヒョン シム・チョン 人魚

イ・ミンホ  27歳 ホ・ジュンジェ、キム・ダムリョン イケメン詐欺師

 

詐欺集団

イ・ヒジュン チョ・ナムドゥ 31歳、ゴルファー出身詐欺師 ドロドロの方言アクセント。気さくな笑顔。フレンドリーな態度。 誰と会おうとも10分以内に警戒心を解くする芸がある。

シン・ウォンホ テオ 25歳 無口なイケメンハッカー

 

ホ・ジュンジェの家族

イ・ジフン ホ・チヒョン 27歳 ホ・ジュンジェの戸籍上の兄

ファン・シネ カンソヒ 54歳 チュンジェの継母&チヒョンの生母。孤児だった彼女は、高校卒業後、工場を転々二度の結婚をした。

チェ・ジョンウ ホ・イルジュン 59歳 陸軍士官学校群高級幹部出身の不動産実業家

ナ・ヨンヒ モ・ユラン 54歳 チュンジェの実母

 

シアの家族

シン・ヘソン チャ・シア 27歳 研究員 ジュンジェの同期であり、最初のガールフレンド。文化財を復元し、保存することをする保存科学者。

ムン・ソリ アン・ジンジュ 44歳 テチドンのママ ユランが働いている家のホステス。

イ・ジェウォン チャ・トンシク 40代 実業家 ビジネスマン ジンジュの夫 シアの実の兄。

 

ジュンジェを追う人々

ソン・ドンイル マ・デヨン(40代) 脱獄囚、殺人容疑者

ソン・ドンイル ヤン (※朝鮮時代)悪徳商人

パク・ヘス ホン・ドンビョ (42歳)ジュンジェ達、詐欺師を追う刑事

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

受賞歴

2016年SBS演技大賞

10代スター賞、ベストカップル賞、ジャンル&ファンタジー部門男最優秀賞イ・ミンホ

10代スター賞、ベストカップル賞チョン・ジヒョン

ファンタジー部門男特別演技賞ソン・ドンイル

ホ・ジュンジェ、キム・ダムリョン 詐欺師 27歳
2016y11m21d_163524839
出典:SBS 푸른바다의전설 公式サイト
「素敵なルックスは名刺よりも優れて」という言葉がある。
<月刊詐欺師>と雑誌がある場合は、彼は表紙モデル。
ルックスだけでなく頭も良い。彼はそのいい頭で詐欺をする。  <嘘も戦略> <危険を冒す果敢な行動力>この二つの鉄則を守っていったのが百パーセントの成功率の秘訣。
詐欺はするががそれなりのタブーはある。
第一。お金のない人にはしない。
第二。結婚を餌に詐欺はしない。
ところが。ある日、、、
イ・ミンホ(李敏鎬、1987年6月22日 )韓国の俳優。ソウル特別市出身。身長187cm、体重71kg、血液型A型。
2009年 KBS演技大賞 新人演技賞(花より男子)
2011年 SBS演技大賞 最優秀演技賞(シティーハンター)
2012年 SBS 演技大賞 ミニシリーズ最優秀演技賞(信義)
2013年 SBS演技大賞 10大スター賞(相続者たち)
2013年 SBS演技大賞 最高人気賞(相続者たち)など多数の受賞歴がある。

 

シム・チョン 人魚
2016y11m21d_170727862
出典:SBS 푸른바다의전설 公式サイト
絶滅寸前の地球上の最後の人魚。 
もともとは事故だった。人間が望まなくても、交通事故に遭うように、  人魚も事故に遭い、陸に上がってくるようになったこと。  しばらくして海に戻った人魚には限りない懐かしさが生じてしまった。
陸で出会った最初の人間、最初の男。ジュンジェ(イ・ミンホ)だ。  再び会おうとした男との約束を守るために命をかけて陸地に戻る
チョン・ジヒョン 전지현 生 年月日1981年10月30日 身長172cm。体重48kg。女優、モデル。
主な出演作品

【映画】猟奇的な彼女(2001年)(日本公開2003年)
【映画】僕の彼女を紹介します(2004年) – ヨ・ギョンジン巡査役
Happy Together(1999年)チョ・ピルドゥ役
星から来たあなた(2013年) 별에서 온 그대 チョン・ソンイ役

韓国国内ドラマ撮影地:近年多くのドラマロケ地となっている河東郡(ハドングン)のチェチャムパンお宅で撮影。「雲が描いた月明り」、「青い海の伝説」のほか、2017年1月から放送開始の新しいドラマ「逆賊ホンギルトン(原題)」の撮影地として話題に。

チェチャムパン というキーワードで検索するとたくさん出てきますので、気になる方は見てみてくださいね

話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下話数ごとのあらすじと感想
オリジナルは20話。26話VERの時の目安を右列に記載しております。

例:オリジナルの9・10話あたりは26話VERの11~13話に当たります。※あくまでも目安です。

青い海の伝説 1話・2話 あらすじと感想 クリスタル キム・ソンリョン 1~
青い海の伝説 3話・4話 あらすじと感想 ホン・ジンギョン チャ・テヒョン 5
青い海の伝説 5話・6話 あらすじと感想 8
青い海の伝説 7話・8話 あらすじと感想 10
青い海の伝説 9話・10話 あらすじと感想 ~13
青い海の伝説 11話・12話 あらすじと感想 15
青い海の伝説 13話・14話 あらすじと感想 18
青い海の伝説 15話・16話 あらすじと感想 21
青い海の伝説 17話・18話 あらすじと感想 23
青い海の伝説 19話・20話 あらすじと感想 ~26

●以下、作品感想

quetalsurinoさん

チョン・ジヒョンとイ・ミノ主演で話題になりました。韓国で昔から伝わる人魚伝説をモティーフに、韓流ドラマでは初めての「人魚」がヒロインとなるドラマです。ファンタジー、ロマンス、コミカル、サスペンスなどのジャンルが好きな方にはお勧めのドラマですが、チョン・ジヒョンが出演した「星から来たあなた」が好きだった方にもお勧めです。脚本家が同じなので「星から来たあなた」と類似点がたくさんあります。過去と現在とのつながり方は似ていますが、登場するのが宇宙人ではなく人魚なのが違います。

過去、人間に捕らえられた人魚を助けた縁で恋に落ちるダムリョン(イ・ミノ)とセファ(チョン・ジヒョン)は悲しい結末を迎えますが、600年後二人は生まれ変わり、ホ・ジュンジェ(イ・ミノ)とシムチョン(チョン・ジヒョン)として出会い、前世と同じく恋に落ちます。ドラマの後半は、ジュンジェとシムチョンの恋はどのような結末を迎えるのかが、最も気になります。過去の悪縁が現在も続き、過去起きたことが同じく現在でも起きるとすれば、やはり現在の二人の恋も悲しい結末を迎えるのでしょうか。意外な展開に最後の最後まで笑ったり、泣いたりを繰り返します。個人的には過去のダムリョンとセファのエピソードや、二人が死を迎える悲しいエンディングの方が切なく好きでした。

各話、過去と現在の話がそれぞれ進行され、過去と現在のつながりが上手く描かれることで興味深い展開が続きます。カメオの出演も多くコミカルな展開も多いので面白いです。人魚を捕らえようとする過去のヤン氏(ソン・ドンイル)は、現在で殺人魔として登場し、ジュンジェとシムチョンを狙うなどサスペンス的な展開も多くあり、ハラハラ緊張します。青く深い海のどこかに人魚が存在するなら?人間に恋をした人魚が陸に上がり、ハイヒール姿で現代の社会に登場したら?等の想像でき楽しめる作品だと思いました。

 

JPNGさん

イミンホの作品のおすすめの一つ!ロマンス、コメディー、ファンタジードラマ。言葉が通じ合わなくても、記憶がなくなっても、心は愛した気持ちを覚えているもので、本当の愛は記憶でなくならない。苦難、幸せ、喜びを共にして絆が深まる。どんなに月日が経っても運命の人同士ならお互いのところに戻っていく。私たちの人生にも基づけられる物語。爆笑、キュンキュン、感動すること間違いなし!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー