酒飲みな都会の女たち シーズン2 7話・8話 あらすじと感想

酒飲みな都会の女たち


シーズン2 2022年放送 全12話 술꾼도시여자들2 

neroさん

第7話あらすじ

10年前、まだ酒の味も知らなかったアン・ソヒ(イ・ソンビン)は、自らの酒量もわからずについつい飲み過ぎてしまう。そんなソヒの酒癖は、可哀想なものを前にすると放ってはおけないというものだった。暴走するソヒにブレーキをかけるのは、カン・ジグ(チョン・ウンジ)の役目。ジグに「アン・ソヒ」と呼ばれると、不思議なくらい正気に戻るソヒ。

一方、酔っ払ったジグを止めるのは、意外にもハン・ジヨン(ハン・ソナ)だという。走る“トライ(狂ったやつ)”の上に立つ、飛ぶ“トライ”。

そして、ジヨンが酔っ払って隣の席に割り込むのを止める魔法の言葉は、「行くよジヨン、ジグが来る」というソヒのセリフだった。その日、すっかり酔っぱらった3人は道端で倒れる男を発見する。得意の酒癖が発動したソヒは、100キロを超える巨漢を負ぶって運ぶのだった。

ヨガ経典に出てくる木のポーズを行ったジヨンは、誰が一番長くそのポーズをつづけられるか勝負しようという。最初は「ヨガの世界でそういった賭け事は…」とジヨンを非難したキム・ソンジョン(ユ・イニョン)だったが、「自信がないんですか?」というジヨンの言葉に勝負を承諾。

一方、バイトの合間に“親切なジョンイさん”(ユン・シユン)の作業場の近くを通りかかったジグは、ボランティアに駆り出される。ジグが向かったのは、女子少年院だった。そこで少女たちに折り紙を教えるジグ。

ソンジョンとの勝負に勝ったジヨンは、茶の代わりに酒が飲みたいという。院長のソンジョン不在のなか、他のインストラクターたちと楽しい時間を過ごすジヨン。そんななか、見知らぬ番号から電話が。

電話の相手はなんと、酔っ払ったソンジョンだった。二次会に行こうと店を出たジヨンは、泥酔したソンジョンを見て仰天。なんとか他の先生たちには気付かれずにソンジョンを運んだジヨンは、ソンジョンの弟ソングク(チュ・オジン)に連絡を入れる。

どういうわけか一日中PDのカン・ブック(チェ・シウォン)が気になってしょうがなかったソヒは、酔った勢いでホテルに駆け込む。しかし、ブックの横腹にある傷痕に触れると、急に正気に戻るソヒ。

酔っ払って別人となったソンジョンを連れ、オブクチブへ向かったジヨン。普段から自分のなかの悪感情を押し込もうとした結果、ひどい酒癖を持つようになってしまったソンジョン。そんなソンジョンにソヒは酒は逃げ出すものではなく、自分の味方だと伝えた。

水と間違えてソジュを飲んでその場につぶれてしまったブックを運ぶため、ジヨンとジグを呼ぶソヒ。するとソヒは、軽々とブックを負ぶった。実は10年前、ソヒが負ぶって運んだのも実はブックだったのだ。

第7話感想

今回はそれぞれの酒癖とその対処法が登場しました。けんかっ早いジグを制すのがジヨンとは驚き。やっぱり3人がセットなのにはそれなりの理由があったんですね。

こちらも驚きだったのが、ヨガ教室の院長ソンジョンの酒癖。カバンを首にかけて、真顔で振り回す姿は最高でした。そんなソンジョンも、心の奥底に皆と同じ苛立ちや嫉妬などの悪感情を抱えていたようです。普段は必死にそういった負の感情を押さえつけていた為に、酒を飲むと普段とは別人になってしまうのだとか。他の先生たちにはその姿を見せないようにと気遣うジヨンに、また一つ感嘆させられました。

一方、ジグが訪れた女子少年院では、そこに収容される少女役でIZ*ONE(アイズワン)出身のチョ・ユリが登場。チョ・ユリがジグとどんな関係性を築いていくのか、注目です。

また、第7話では前回少しだけ登場したブックの過去についても明らかとなりました。死んだ母親にそっくりだからと、あえて少年時代は太ってその面影を消していたブック。それは母親にそっくりな自分を見て、嫌気がさすと言った父親に配慮してのことでした。

やはりブックの母親は、幼いブックの目の前で酒を飲んで息を引き取ったようです。シーズン2ではブックと母親のエピソードも描かれるのでしょうか。期待したいです。

第8話あらすじ

酔っ払って千鳥足でアパートに戻る3人。しかし、調子に乗って騒いでしまうと、隣のアパートから「黙れ!子供が寝ているだろ!ぶっ殺してやる!」と女性の怒鳴り声が。

翌朝、朝ごはんを作ってソヒとジグを起こすジヨン。一口食べて、ジグは「いらない」と席を立ってしまう。それは他でもない、ジグの母親が作った料理だったのだ。友人たちに少しでも食べればどうかと言われるも、頑なに食べようとしないジグ。

ソヒとジヨンが仕事に出かけた後、一人になったジグは家にあったシリアルで朝食を済ませる。その日のバイトを探すなか、子供を一時間だけ預かってくれないかという書き込みを発見。それはなんと、ジグらが暮らす隣のアパートの住人だった。

返事を送ってアパートへ向かうジグ。すると相手から、玄関の暗証番号が送られてくる。家の中に入ったジグは、酒の空きビンとゴミだらけの室内を見て驚愕。そして部屋の奥には、生まれて間もない赤ちゃんが横になっていた。

子供が泣き止まなくて困ったジグは、友人たちに連絡する。なんとかおむつを替えるも、どうやら何時間も前から用を足したおむつをそのまま放置されていたようだ。あまりにもひどい環境に腹が立ったジグは、子供の母親に連絡。しかし、チャットはブロックされてしまう。

その後も母親からの連絡はなく、約束の時間もとっくに過ぎてしまった。赤ちゃんを一人で放置するわけにもいかず、負ぶってオブクチブへ向かうジグ。しかし、子供を抱きながら酒を飲むのはよくないと、マスターのファン・ドンベ(キム・ジョンミン)に止められる。仕方なく、ブックを呼んで車で家に帰る3人。

あの手この手で子供をあやすなか、そこにやってきたのは“親切なジョンイさん”だった。ジグが子供のせいで約束をキャンセルしたのを受けて、心配して様子を見に来たというのだ。子供をあやすのには自信があると話すジョンイは、慣れた手つきで赤ちゃんを寝かしつける。おかげで少しの間休むことができたジグは、ふと向かいの部屋の電気が灯るのを発見。慌てて駆けつけるも、部屋には誰もいなかった。

そんななか窓から光が反射するのを目にしたジグは、屋上へ向かう。そこに置かれた望遠鏡を覗き込むと、こちらを睨みつける女性の姿が。女性は他でもない子供の母親だった。子育てに追われて余裕がなくなった女性に追い打ちをかけるかのように、夫も家を出て行ったという。何度も子供を捨ててしまおうとしたが、不思議と手元に戻ってくる我が子。

女性の話を聞いたジグは、怒りのあまり女性に水をぶちまける。すると女性は、何の心配もなく、楽しそうに毎晩酒を飲んではしゃぐジグたちが「羨ましかった」と語る。そんな女性に、グラスを差し出すソヒ。こうして4人は、夜が明けて朝となり、また夜が来るまで飲み明かした。

第8話感想

今話描かれたのは、子育てに追われて自分自身を見失ってしまった悲しい女性のストーリー。冒頭で酒に酔ってはしゃぐジグたちに罵声を浴びせたのは、他でもないこの女性だったのです。

ひょんなことからベビーシッターのバイトをすることになったジグ。あの手この手で子供をあやそうとするも、なかなか泣き止みません。生まれて間もない赤ちゃんを前に、悪戦苦闘する3人の姿がなんだか微笑ましかったです。

最初は育児放棄した母親に怒りがこみ上げるジグでしたが、事情を知って一緒に酒を飲むことに。女性に必要だったのは、こうやって何気ない話で笑い合える友達の存在だったのです。子供が与えてくれる幸せももちろんあるけれど、酒を飲んでたわいない会話を交わすこの時間も、同じくらい大切なものなんだと感じました。ジグたちと出会ったことで、いつしか女性にも笑顔が戻ります。

同じ酒好きな女性として、色々と感じさせられる部分が多くあった第8話。次回はどんなエピソードが待っているのか、楽しみです。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP